<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2018年 06月 11日
三島さん家の芝桜2018
「つかぬ事をお訊きしますけど、雄犬って散歩の途中で何度も排尿しますよね、でもあれって異常なことじゃないんですか?」

ある方にそんな事を聞かれた。

今まで全く気にした事も無いが、よくよく考えたら人間がそれをやったらとてもじゃないが先っちょから根元まで痛くて堪らないことになりそうだし、大体がそんな事をしようと思った事も無かった。

ただ「骨盤底筋を鍛えると尿漏れなどを防ぐことが出来るから、排尿時に何度かオシッコを止める訓練をした方が良いですよ」と言った話を何処かで聞いたような気がしないでも無いが、それはきっとお産を経験した女性の話で男性はあまり関係ないと思っていたがそんなことではない。

やはり犬と人間は何かが違うようだ。

そんな比較解剖学的な話から始まるのは今回のネタとは全く関係ない。



先日、滝上の芝桜見物に出掛けたが、倶知安(くっちゃん)にある三島さん家の芝桜もギリギリ間に合う事が判ったので頑張って出掛けてみた。
「死と税務署と男女の秘め事のチャンスは突然やってくる」とはとあるAV男優の言葉だが、後ろ2つは自分にとって余りご縁の無い話としても、最初の一文字は冗談抜きにいつ来てもおかしくないので、やれることはやれるときにやった方が良いと思う様になってきている。


午前中に別件の用事を済ませてから、高速を使うか峠を使うかちょっとだけ迷ったが往路は峠経由で出掛けることに。

中山峠までの道すがら、車両搭載のレーダーがけたたましく「キュイーン、キュイーン、ステルスです、ステルスです」と連呼し始めたと思ったら程なく路肩には特別納税徴収担当者の方々が待ち構えていた。

a0015198_21250221.jpg
カメラの準備は良いか!、我々は常に傍観者でありたいの合い言葉の元に連写を行うこと数枚。
レーダー探知機と対向車からのパッシングの助けも借りて事なきを得たが、やはり交通法規遵守、常に安全運転でいきたい。
加えて間違ってもアクセルとブレーキの踏み間違いなどといった愚かな行為は起こしてはならない。


関門を無事突破し、中山峠到着。
ここは「峠の揚げいも」が有名な道の駅。
蒸かしたジャガイモにアメリカンドッグの衣を付けて揚げて、割り箸の串にいもを3つ刺して350円(当時)。
立ち寄るほとんどの観光客が購入するベストセラー商品だが、こんなものを一人で食べたら最後、この日の食事はこれで終わりになってしまうこと位判りきったことなので、ここは一つ敢えての定番外しで厚切りハムカツをチョイス。

a0015198_10420713.jpg
ハムの厚みも1.5cmほどあって非常に食べ応えあり。
炭水化物のジャガイモよりもタンパク質のハムの方が今の自分の体は欲しているような気がしたし、価格も50円安いし、この位のものなら夕方まで胸焼けが続く事も無かろうとの賢明な判断だ。

遥か彼方に蝦夷富士の異名を取る羊蹄山を眺めつつハムカツを頬張るおっさん。

適度に腹も満たされたので車を走らせ、羊蹄山の裾野を走り日本の名水100選にも選ばれている「名水の郷(さと)きょうごく」で一休み。
a0015198_10420918.jpg
折角の名水の道の駅なのに、湧き水も飲まない天邪鬼。
過去に何度か飲んだことがあるから今更あえて飲む事も無かろうってそう言う問題じゃないだろうに、お一人様なら本当に何もしないでただひたすら移動することに専念するおっさんは本当に質が悪い。

名水の郷きょうごくを出て、この先にある蕎麦屋で昼食でもと若干の空腹に耐えながら車を走らせ、いざ店前で車を止めてドアを開けた途端に鼻腔に飛び込む周囲の畑に撒いたと思われる鶏糞の臭いにさすがの百姓の倅でもこりゃ堪らんと早々に退散。
店の中までこの臭いが入っているとは思えないが、食欲を増進する臭いとは対極に位置するものなのでどうにも耐えられなかったのはまだまだ修行が足りないのか。
てことでまた昼食難民になってしまった。

仕方が無いので中山峠のハムカツのエネルギーのみでどうにか目的地まで到着し、しばし芝桜の鑑賞を。
a0015198_10420937.jpg
ほんのちょっとだけ見頃を過ぎてしまった感はあるが、それでもしっかりと頑張って咲き誇ってくれて今年も桜を観ることが出来て良かったなぁとそっと胸をなで回す、なんてことを万が一にも見知らぬ女性に行ったら直ぐにその時点で前科一犯。
但しその時点で金銭の授受が行われているかその約束が存在しているのならその限りにあらずって話は何処かで聞いた事がある。

a0015198_10420851.jpg
花が終わってる部分もあって、自分の身体の一部の状況と重なる思いがして一抹の寂しさを感じる。
ただ違うのは芝桜は来年また咲くって事。

a0015198_10420902.jpg
JKらしき三人組がキャッキャ言いながら写真を取り合ったり、見学に来ていたおばさん達を巻き込んで「インスタに載せる写真撮ろう!」と盛り上がっていた。
おばさんにスマホで写真を撮って貰おうと奮闘していたが、なかなか上手く行かずに「動画になってる、キャハハハ」とか「ピントが合わない、キャハハハ」とかとにかく何をしても楽しそうな姿を見て「若いってスバラシイ」と思わざるを得なかった。

a0015198_10420920.jpg
羊蹄山にはまだ残雪がある。
SNSでこちらの朝の気温が一桁って話で盛り上がって、そこで内地の人が「まだ寒いのか、もう寒いのか」と恐ろしい発言をしていた。
誤解が生じないように言っておくが、「まだ」でも「もう」でもなくこの寒さは「たまたま」だからね。
6月のうちから除雪機とか排雪とか吹雪のことを思い出したくはないのよ。

a0015198_10420842.jpg
ゴミ箱の横に佇む愛車、まださすがにゴミ箱に入れられるような車じゃないと自分では思っている。
次の車をどうするか、その辺も大変悩ましいところではあるのだが、次は出物の中古車かなと密かに思ってる自分がいて、そこにはやはり5m問題ってのが大きくのしかかったりするからどうかメーカーの開発者の皆様、日本の事情ってものも考慮して開発して下さい。


芝桜も見たし、少しだけ睡魔も襲ってきたし、空腹もそろそろになってきたし、知らぬ間に脱水にもなってるような気もしてきたので、近所のコンビニ駐車場で休憩を取る。
ここから余市経由で帰ろうか、それとも大人しくメープル街道経由で帰ろうか考える事30秒、体の疲労度を考えると遠回りは避けた方が良いだろうって事で、大人しくメープル街道経由帰ることに決定。
体力の衰えは本当に進んでいるようだ、てか若干の寝不足とまともな昼食にありついてないってのが大きな要因かも。

赤井川(あかいがわ)の道の駅に立ち寄り、まめパン1個(140円)を購入、これでどうにか飢えをしのぐことが出来ると気持ちに余裕が出来たことで、農産物の直売所も覗くとそこには白いアスパラガスが。
a0015198_10420855.jpg
a0015198_10420884.jpg
一般的にはグリーンアスパラガスばかりで、白いのは缶詰として売られている物しか見た事が無かった自分は店員さんに「これはどうやって食べるの?」と聞いてみる。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。
そしたら店員さん、「普通に炒めたり茹でたりして食べます」と。
なるほど、そうだわなって事で、一束お買い上げ(300円)となった。

道の駅では同業の後輩さんがZのオープンに乗ってやはり芝桜見物の帰りだとかで一休みしていたが、オープンカーってちょっと非現実的な感じで羨ましいなぁと感じる自分。
自分なんてサンルーフすら「雨漏りするかも知れないから」って理由で取り付けないのに、雨漏り以前に屋根がないって潔さがあまりに素敵すぎる。
ただしこっちだと間違いなくもう一台堅気の車が必要にはなるけどね。

a0015198_10420839.jpg
メープル街道を走ったなら、ここは外せないでしょう。
山中牧場のソフトクリーム。
生クリームではなく牛乳で作られたあっさりタイプのソフトクリームを頬張ってしばし休憩。
その後は毛無峠ににらみを利かせて朝里(あさり)ICから高速の人となり、帰り際にジムによって一汗かいて無事帰宅。

てか、何所に立ち寄ってもトイレ休憩をしている自分、泌尿器の何処かが悪いのだろうか、それともオス犬のようにマーキングするが如く何度も排尿するテクニックを身につけてしまったのだろうか。
そうなったら後はぐるっと後ろ向きになっても大丈夫になれれば完璧なのに、と馬鹿なことを考える休日の夕方。

ハムカツと豆パンとソフトクリームを携えた三島さん家の芝桜見物ドライブ、これにて終了。


by Wonderfullifewith | 2018-06-11 10:19 | くるまのこと | Comments(4)