2018年 05月 18日 ( 1 )

2018年 05月 18日
桜からアイス、そしてイチゴ
ヒデキが死んだ。

小学生の頃、彼の振り付けが上手な級友がいた。
髪型も似せて結構良い感じでなりきっていた。

急性心不全。
いくつか持病を抱えていたとは言え、63才は若すぎる。

病名に「急性」なんてつけられた日には自分だって待ったなしの年齢に差し掛かっている。

仕事なんかしている場合じゃない、とは思うものの仕事をしないでこの先いつか来るかも知れない致死的「急性」疾患の日まで仕事をしないで生きながらえられるほどの潤沢な資産は持ち合わせていないので、やはりひたすら働くしかないのが哀しいところだ。

そんな訳で今年の桜をしかとこの目に留めたところで、今来た道を戻り岩見沢(いわみざわ)方面へ足を伸ばす。
次なる目的地はノースファームストックさん。
こちらはとあるSNS情報で緑色のスーパーカーにお乗りの方もご友人と訪れていた店だが、ちょっとだけ興味があったので自分も出掛けてみた次第。

高速道路を使わず一般道を走り、それも出来るだけ裏道みたいな所を通って店まで向かう。
店に入るとどうやら通常のレストランではなさそうだ。
物販が主な感じなのだが、その商品を使って喫茶コーナーを開いているというスタンスらしい。

1Fが物販、2Fが喫茶コーナーとなっているようで、ただ物販にしても強烈に贅沢なスペースの使い方をしていて、正直面食らう。
カウンターでアイスクリームとコーヒーをオーダーして2Fに向かう。
2Fはロフトのような感じで、1Fで流れている音楽がダダ聞こえ状態。
可聴域が狭くなったおっさんでも「ちょっとやかましすぎないか?」と思える音量で音楽が流れているのはどうなの?と思ったが、これが店の方針というのならそれに従うしかない。嫌なら店を出れば良いだけだ。

a0015198_09403477.jpg
物販がメインって事らしいが、折角コーヒーもしっかり淹れてるのだしアイスもそれなりのものなのだから、それ相応の価格を支払う側としては紙コップやアイスのカップがプラスチックってのは再考した方が良さそうな気がする。

アイスの写真をSNSに上げたら「チョコチップがダニにしか見えない」と業界あるある的なコメントをされてしまった。
確かにそう言われるとダニにしか見えなくなった。
トッピングの選択を間違った。

やややかましい感じのBGMを聴きながらボーッとして睡眠障害の負債をどうにかしようとするが、そんなものどうにかなるものでもない。
帰り際に1Fの物販(ショップ)でイチゴとミルクのジャムを購入。
そこそこ素敵なお値段だったが、これも旅の醍醐味、ってほど離れた場所でも無いけど、てことで1本ご購入。

店員さんに下がイチゴ、上がミルクに分離しているこのジャムの使用方法を訊いて、ついでに「ここの店のメインは何ですか?」とそもそもの店のコンセプトを訊いたくらいにして、それで初めて基本は物販がメインで、喫茶はその商品を利用しての片手間的な形の業態だと知る。
勿体ない、もっと喫茶に力を入れれば良いのにと思うのは素人の浅はかさなのだろう。
どんなものを購入したかは、お店のサイトを見て頂ければきっと判ると思う。

帰りもまた農道のような道をひた走り、気づけば南幌温泉にぶち当たって「あぁここに繋がってるのね」と知見を新たにする。

その道から野幌(のっぽろ)へ出て行くのだが、高速道路をくぐる手前で非常に懐かしいお店を発見。
学生時代に1〜2度訪れただけだが、チーズフォンデュとラムステーキのお店「エーデルワイス」。

a0015198_09391859.jpg
何もかもが手作り感満載で、当時と全く変わっていないその外観は驚きを隠しきれない。
a0015198_09391824.jpg
この店、高速道路を北から南に走っていると左手にチラリと見えるのでご存じの方がいるかも知れないが、ほんと素朴なお店だ。
今度チャンスがあったらまた訪れてみたいと思う。
でもちょっとだけ勇気が要るのよねぇ。

そんな感じで店の写真だけを撮影してあとはいつものコースを走って無事帰宅。

ただダラダラと車を走らせてるだけだが、これが結構なストレス発散リフレッシュ効果だからやはりやめられない。
きっと今の若者のようにスマホのゲームに課金してもこんな気持ちにはならないだろうね。
時代が違うからどうしようもないけど、つくづく今の若者は可哀想な気がする(あくまで個人の感想です)。


by Wonderfullifewith | 2018-05-18 12:09 | くるまのこと | Comments(6)