2018年 04月 19日 ( 1 )

2018年 04月 19日
車と戯れる休日
現在内職がなくて無職なもんだから、天気の良い休日は好き勝手し放題の自分、この日も朝からせっせと車と戯れる事となった。

取り敢えずは家族車のタイヤ交換をサクッと行う。
今回はちゃんとインパクトレンチを持って出掛けたので作業はあっという間に終わってしまう。
タイヤが軽くてナットの数が少ないとあっという間って感じで作業が終わって、次はホイールをナットで固定する小さい車にしようかしらなんて事をちょっとだけ思ってしまう。

そんな一応の家庭内義務を遂行した後は個人的なことに思いっきり時間を使ってしまおうってことで、以前からの懸案事項だった愛車の車高問題。
フロントを1cm上げようと思っていたのに、なぜか行った作業は「リアを1cm下げる」って行為。
車高短にしてどうする?みたいな感じだが、冬期間に愛車に乗る機会なんて本当に少ない事を気づいたので、こうなったら「車高の低さは知能の低さ」の格言を信じることにした。

それにリヤの車高を下げる作業の方がフロントを上げる方よりも遥かに楽って事も影響している。
と言うか、車高を下げる方がバネの抵抗が少ないので基本的に楽なのだ。

知ってる人は知っている公衆の面前の拙宅駐車場で、でもちょっとだけ羞恥心が邪魔をするものだから微妙に端っこに車を駐めて後輪をジャッキアップしてウマを掛けて(命賭けずにウマ掛けろ)タイヤを外し車高調整のお皿をクルクルと5回転。
車高を下げる方は色男の力を持ってしても本当に楽ね。
再度タイヤを装着して少し動かして測定。
見事に1cm程車高は下がっているが、「前倒しさん」の記載の通り右の後ろが左のそれに比べて1cm程低くなっている。

何でだと思ったところでそうなんだって事で納得するしかないわけで、自分に特別なコネでもあってメーカーの開発者にその辺の真意を聞いてみることが出来れば何か出来るかも知れないが、サードバーティの製品ですら右後ろは1cm高く設定するように設計してあるくらいだから極東のエンドユーザーは根本的にそのような事になっているんだと思うしかない。
諦めるときはすんなり諦めた方が世の中幸せなこともあるのだ。

実はなぜだか愛車はフロントも若干5mm程度右の方が低くなっているので、本来ならそれも直すべきなのだろうが、土木関係で使う水平器も持ってない状況では絶対的な車両の水平状態を作ることが出来ない現実では、それとてどんなものかも正直定かではないので、最大の妥協点としてお皿をそれぞれ右後ろのお皿を3回転だけ戻してみることで自分を納得させることにした。

今度は片輪だけジャッキアップしてタイヤを外してお皿をクルクル。
勿論術前にはお皿のねじ山はケルヒャーで思いっきり洗浄することは忘れない。
加えてパーツクリーナーでねじ山を綺麗にしておいた。
本当はスプレーグリスをちょこっとだけ塗ればもっと楽なのかも知れないが、生憎手元に無かったのでそれは割愛。

まぁそこまでしなくてもお皿はクルクル廻ってくれて再度タイヤ装着。
何やってるんだと自問自答しないわけではないが、こういうことも楽しかったりするから始末に負えない。

結果的には右が約5mmほど下がってるような感じだが、ぱっと見にはきっと良く判らないと思う。
これを詰めていくために軸重を測定する秤を入手するって所までの根性は持ち合わせてないし(調べると諭吉様が10人くらい必要とくらいするのよね)。

結局車高を上げるどころか下げてしまったというどうしようも無い事に落ち着いたのだが、それでも個人的には納得がいく結果となった。
a0015198_18372353.jpg
BMWに乗っているのだからって訳ではないが、「べんべや」ってケーキ屋さんまでドライブしてケーキを食べるおっさん。

a0015198_18372302.jpg
写真を撮ろうと思ったら隣に中途半端に車高短にした状態のこ汚いミニバンが無神経に隣に駐めてきたために、上手いこと写真が撮れなかった。
にしてもたった1cm位しか後ろを下げてないのに、シートに座った瞬間に後ろが下がってるのが判ったのには驚きいた。
そこまで人間って敏感なものかね。

べんべやで頂いたのはこんなケーキセット。
そこそこ良いお値段だが、まぁ仕方あるまい。
a0015198_18372437.jpg

a0015198_18372333.jpg
眼前には白樺が見えるような良い感じのロケーション。
ケーキセットのうち300円くらいはこの場所代と思うことにした。

右下がりのダンディに関してはその内また機会があったら検証したいと思うが、その時が何時になるかは神のみぞ知るってところだ。


by Wonderfullifewith | 2018-04-19 21:05 | くるまのこと | Comments(6)