2007年 04月 13日
慰労会
最後の実習と、その成果を試す試験も終わり、最後は主催者様のおごりで慰労会でした。

場所はプリンスホテルのハプナというバイキングレストランです。
お一人様3900円と飲み放題が1500円、締めて5400円。

取り敢えず食事で元を取るって事は出来そうもないので、アルコールだけでも頑張ってみます。
生ビールを2杯飲めばクリヤーなので、そこはどうにかなりました(都合3杯いただき)。

頂いたのは越前ガニ、鮨、麻婆豆腐、あんかけ焼きそば、エビチリ、酢豚、天ぷら、ほたて焼き、エビのサラダ、アイスクリームってところでしょうか。

ではそのお料理達を。
a0015198_051276.jpg
辛そうに見えますが、それ程辛くなかったです。

a0015198_062543.jpg
天ぷら、ホタテと鮨とあんかけ焼きそば。少しずつでも結構お腹に来ますねぇ。

a0015198_074416.jpg
エビチリと酢豚です。酢豚は余りすっぱくなく、ゴロゴロとした野菜も入っていませんでした。パイナップルもなかったなぁ。私は入ってるのはそれほど好きじゃないけど、入っていない画も好きじゃない(何じゃそれ?)。

a0015198_09959.jpg
頑張って元を取ってます(貧乏性なので、「放題」が付くとどうしても頑張ってしまいます)。

a0015198_093427.jpg
ケーキですが、ここまでは到達できませんでした。
アイスで勘弁して貰いました。

仕事のためとは言え、久しぶりの試験でとっても緊張。
ドキドキしながらあとは結果を待つだけ。

帰りは夜間施設によってウダウダ、その後大通りまで歩いて地下鉄で帰ってきました。
車中に白い杖をついたご婦人がいらっしゃいましたが、最近風の若い兄さんが「どうぞお座り下さい」と席を譲っている姿を見て、まだまだ日本も捨てたもんじゃないなぁと思い、自分もせめてものお手伝いと終点で一緒に降りてタクシー乗り場まで同伴。
目が不自由な人って、本当に大変だと思いますが、そう言う方も普通に暮らせるような世の中になれれば宜しいかと。
いつ自分がその立場になるか判りませんからね。
情けは人のためならず、なんて言葉を残し、寝不足で頭ガンガンの本日はお終い。

by wonderfullifewith | 2007-04-13 00:23 | Comments(2)
Commented by imo at 2007-04-13 08:18 x
便利さ、豊かさばかり追い続けた世代に育ち、今一度振り返れば。

大事な忘れ物たくさんしてきました、やり直しはできないけど、

それに気づきはじめてきました。

旧車もそうですが、愛情を注いで残りの人生過ごさねば・・・・
Commented by wonderfullifewith at 2007-04-13 18:07
imoさん
人生、一度きりですから。
やり直しは利かないですけど、それでもやっぱり自分の人生。
大事に活きましょう。


<< 男の脳と女の脳      試験 >>