2006年 02月 15日
楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ
毎日生活していると、どうも何も楽しく感じられない時期があるのに気づく。

プチ鬱?(鬱にプチつけるな!)

こんな精神状態じゃダメだ!、仕事にも影響が出るしと思うのだが、なかなか脱出できない。
とりあえずヤクでも。


笑うことに何か抵抗を感じている自分がいる。
でもやっぱり無理してでも笑うようにしなくちゃならないんだろう。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ。

笑ってみるか。

色々悩むことはあっても、
「人生100年後には誰も知らない人」
あまり難しく考えない方が良いか。

そう言えばプロジェリア症の少女、アシュリー・ヘギちゃんがこんな事言っていた。

「人生、悲観するほど悪いものじゃないわよ」って、

凄すぎるよ、あんた。

by wonderfullifewith | 2006-02-15 12:05 | Comments(4)
Commented by boven7 at 2006-02-15 12:28 x
アシュリーちゃん、以前TVで見ました。
ものすごく前向きな考え方ですよね。えらいと思いました。
自分があの子の立場だったら。。。。。
なかなか出来ないと思いました。。。。
自分がどれほど恵まれているのかと言う事も。。。。(^^ゞ
Commented by えす at 2006-02-15 12:36 x
私が過去、他人には云えない程のどん底の時に
叔母さんに言われた言葉があります。
「悲しいとき、辛い時こそ笑顔でいなくちゃいけないよ。
無理してでも、顔は笑っていなくちゃ。でないと、
みんなが悲しくなる。」と。
頑張って笑顔をつくってみたけど、やはり涙が出てきてしまいましたが、
叔母さんも同じように涙を流しながら笑顔で喜んでくれました。
不思議なもので、私が笑顔でいれば周りの方々も笑顔になって、
そんなみんなの笑顔を見たら、やはり私も笑顔になって.....。

笑顔って素晴らしいと思います。
そして、「私の事を思っていてくれる人」が居るかぎり私は
せい一杯に生きていきたいと思います。
Commented by くーにゃん at 2006-02-15 14:37 x
そういうときってありますよね
(って、お前にあるんかい!っていう声が聞こえてきそうですが)

今朝、関西ローカルのワイドショーで「スマイル体操」っていうのを紹介していました。
高槻のおばちゃん先生がやっていらっしゃるみたいですが、笑顔で歌を歌いながら運動する(体を動かす)というものでした。
若いお笑いの兄ちゃんが体験していましたが「これ、むっちゃ楽しい!!」とハマってました。

どうですか?どさくさにまぎれて高槻(大阪)まで来て体験されては?(^∇^)
Commented by wonderfullifewith at 2006-02-15 14:57
boven7さま
アシュリーちゃん、「ちゃん」と呼ぶべきなのか「さん」と呼ぶべきなのかは判りませんが、とても素晴らしい女性だと思いますね。
本当に前向きな考え方には、頭が下がります。
笑わなくちゃ、ぐへへへ(だから笑い方が違うだろ)

えすさま
素晴らし叔母様だと思います。
「君が笑うとただ訳もなく、ボクは嬉しくて」
苦虫潰したような顔を見ているよりも、目尻に皺が寄るほどの笑顔の方がずっと良いですものね。
笑いますか、うひょひょひょ(これも違うなぁ)

くーにゃんさま
たまにはね、あるんです。
でもそれを表に出しちゃダメなんですよね。
やっぱり「どさくさにまぎれて」お互い行動しますか(笑)。


<< ミラー解剖      バレンタインデー前夜のスーパーで >>