2006年 02月 07日
このザンギなまらしゃっけ〜
ザンギ
鶏の唐揚げのことをこちらではこのように言う。
語源の諸説は色々あるが、そんな七面倒なことはどうでも良くて(良くない?)、とにかく行楽の弁当や安いパーティ料理には大体入ってる定番というか。

ただ、厳密に言うと内地の「鶏の唐揚げ」とは微妙に違うらしく、
ザンギは「肉に味が付いている」
唐揚げは「衣に味が付いている」
とか。

内地で鶏の唐揚げを食べたことがないので良く判らないけど、果たしてこの説は本当なのか?と、雪祭りが行われてる大通公園の前の大渋滞の石狩街道を愛車で通りながら思う冬の一時。

OBCのCONを押してみれば3.8km/L。
さすがM30エンジン。なかなか素敵な数字を叩き出してくれる。

で、タイトルの「このザンギなまらしゃっけ〜」だが、通訳すると
「この鶏の唐揚げ、とても冷たいね」

by wonderfullifewith | 2006-02-07 06:11 | Comments(9)
Commented by boven7 at 2006-02-07 07:32 x
管理人様、どもども。。。(^^)v

「このザンギなまらしゃっけ~」ですか。。。(^^ゞ
では、「なまり節をくれ!」ってなんです?(笑)
どうも。。。「鉛」が頭から離れないんですよ。。。。(^^ゞ
Commented by 管理人 at 2006-02-07 11:40 x
boven7さま
「なまり節をくれ」ってのは、漫画What's Michelの中の一文なんです。
無性の猫好きのやくざ(だったかな?)が、住宅街にいるかわいい猫を見て、手なずけようとして乾物屋に飛び込んで叫ぶ一言なんです。
どんなものかは「なまり節」で検索すると出てきます。

このザンギなまらしゃっけ〜は、こちらのお仲間ミカミンさんがオフミの居酒屋で言った一言でした(笑)。
Commented by boven7 at 2006-02-07 12:53 x
どもども。。。(^^ゞ
「なまり節」分かりました。。。燻製みたいな感じなんですね。。。
いやいや、勉強になりました。。(^^ゞ
Commented by くーにゃん at 2006-02-07 18:25 x
昨年、北の大地に遊びに行った時にに「ザンギ」を初めて食べました。
でもむーさんからは「鶏の唐揚げやで」といわれ、そう思って食べました。
なので、衣に味がついていたのか肉に味がついていたのかまでは確認しませんでした(^^;)

今年は北の大地へお邪魔する予定はなさそうなので、味の確認ができそうにありません(TT▽TT)
Commented by 管理人 at 2006-02-07 21:01 x
くーにゃんさま
確かに「衣」か「肉」か何て今まで考えたこともありませんでした。
今度は注意して食べてみたいと思います。

そうそう、今雪祭り期間中ですから、どさくさに紛れてどうです?
Commented by 小雪 at 2006-02-08 13:52 x
ザンギ・・・唐揚げよりは 味が濃いって感じがしました。

  作り方で述べるならば その味の濃さが違うって事から
  「つけダレの濃さ」「つけ時間の違い」
  或いは内地では使わないと思われる「卵」を使ってるせいかな?
  
ザンギ・・・名前の由来
  鶏肉をザンギリにするのだからと 思ってました(笑)
Commented by 管理人 at 2006-02-08 15:53 x
小雪様
どうも語源は中国語にさかのぼるような説もあるようです。
料理法に微妙な違いがあるんですね。
卵を使うか否か。初めて知りました。
ちなみにこちらでは「ザンギ名人」という粉が売られています。
Commented by くーにゃん at 2006-02-08 21:55 x
>そうそう、今雪祭り期間中ですから、どさくさに紛れてどうです?

紛れてみたい~~!号(┳◇┳)泣
って、なんの「どさくさ」???
Commented by wonderfullifewith at 2006-02-09 01:10
くーにゃんさま
札幌のホテルは空室あるそうですよ。飛行機も空いてるらしいです。
ほら、どさくさにまぎれて(笑)


<< ID for WebLife      初スキー >>