2018年 09月 19日
ぶらり一人100kmプチドライブ
地震が起きてから早2週間ほどが経過しようとしていて、でも内地の人達は「北の大地はもうダメだ」くらいに思われてるのか観光客などの足もパタッと途絶えてしまってる。
ただこの途絶えた客の大半は外国人っぽくて、地元の温泉地も聞こえる声は日本語だけらしい。

日本の観光が如何に外国人観光客に依存しているかが判る現象だ。
それだもの、大半の仲居さんが外国人な訳だわ。
でも流暢な日本語で話をされるんでその人が日本人なのか外国人(アジア系)なのか一瞬気づかないこともある位だから、やっぱ言葉を習得するのならその地に入り込むのが一番だね。

日本の皆さん、北の大地はほぼ安全ですし、皆さんが観光される場所は被害はほとんどないので安心してきて下さい。


ちなみに停電が回復してわが家の車も車庫から出せるようになってからちょっと市内郊外に行った際の写真がこれ。
信号がまだ点いていないために警察の方々が交通整理をしていた。

あ、今はもうこんなことはなくって信号はちゃんとついてますから。
a0015198_15435857.jpg
つくづく地震と停電がこの時期で良かったと思える。
暑からず寒からず、暖房も冷房もほぼ必要ない時期。

家族は「ポータブルのストーブ買っておかなくちゃね」なんて今更呑気なことを言ってるんで、被せ気味に「もう何年も前から用意してるよ」と説明。
ガソリンも念のために確保しているし、後は来月位にでもポリタンクで灯油を何個か用意しておけば大丈夫だろう。
ガソリンは長期保管するのもあれだから、1ヶ月に1回位クルマに移して新たに購入するようにしておけばきっと大丈夫だろう。


ある程度世の中が落ち着いたある日の午後、家族等全員別行動なので自分はぶらり一人旅と洒落込んで道の駅を目指す。
今回目指したのはあいろーど厚田(あつた)。
ついこの前もお邪魔した道の駅だが、海岸線にある道の駅なのでロケーションは比較的宜しく、道の駅的に何が名物って事も無いがツーリングのバイカーが立ち寄ったりする場所となっている。

オープン当時は渋滞で入場するまでに30分以上掛かっていたが、今はすんなり入場することも可能。
ただし時々観光バスがやってきて大勢の人を降ろすとあっという間に店内渋滞の憂き目に遭うのだが。
あまり施設そのもののキャパは大きくない、いやキャパは無い訳ではないが施設内の一部に地元の有力者の展示コーナー的なところがドーンと構えちゃってるものだから、他の施設がその煽りを食らってるって感じがしないでもないというのがその辺の利権に一切関係ない利用者の偽らざる感想だったりする。

売店には沖縄の物産もあったりして「なんで厚田の道の駅に沖縄?」と思ったが、どうやら姉妹都市提携のようなものを結んでいるらしい。
なんか違うような気がするが、ここは考え方を変えて「沖縄のアンテナショップがある」と思えば受け入れやすいかも?
海ぶどうも売ってたし。


2Fにはピザとパンの店とジェラートの店と寿司などを扱う店(ピザ屋のみ営業中)、あとはそば屋が1Fにあるが開店時間が午後4時までって銀行の窓口か!とツッコミ入れたくなるような営業時間に商売のやる気度合いが感じられる。

まともな昼食を摂っていなかったために、ここで軽く何かを摘まんでおこうって事で焼きたてミニクロワッサンを入手し、売店で購入した徳光珈琲とともに3時のおやつならぬ4時のおやつを頂く。
a0015198_17134772.jpg
雲の隙間から太陽が顔を出し、西日も綺麗になってきた頃だったので影が長く伸びている。
ミニクロワッサンもミニと言いながら3つも頂くとそれなりに満腹感を得られるのだが、クロワッサンってバターの含有量が半端ないので血液検査でコレステロールだけが上限の自分としては要注意だ。
ま、あまり気にしてないけどね。

a0015198_17134845.jpg
日没が見られるかな?と思ったが、水平線にガッツリ雲がいるので無理と判断。
この時期だと日没近くになると気温も20度を切るようになるので、この日のように風がやや強い日は半袖で外にいるのは少しだけ辛くなる。
a0015198_17134805.jpg
自分が来たときには駐車場も満車に近い状況だったのに、30分もしたらこんな感じでガラ空き。
道路を挟んだところにある駐車場には、ツーリングのバイク集団と思える一団が歓談中のようだ。
ハーレーのようなビッグバイク軍団か。

中型までしか持ってない自分には縁のない話だし、そもそもバイクは独立して仕事を始めてから禁止令が出ちゃったんでこの先もきっと乗ることは無いだろうな。
でも大型免許だけは取ってみたい。

ぼちぼち日も暮れてきたので帰宅の途につく訳だが、同じ道をただ帰っても芸がないので、山の中を通って軽くツーリング気分を味わうことにした。

a0015198_17134838.jpg
午後からぶらりと一人旅、距離にして約100km程のショートツーリングは今回も無事故・無検挙・無故障で幕を閉じたであったって程大袈裟なものでもないけどね。



by Wonderfullifewith | 2018-09-19 14:36 | くるまのこと | Comments(6)
Commented by 地区男 at 2018-09-21 10:26 x
ぶらり一人旅、お疲れ様です。

いやぁ~、自分も災害の際の事前準備をしないとなぁ~っと思いつつも、なかなか各種備品が揃っていないのが現状です。
水のペットボトル6本ぐらいしかストックしてません(涙)
でも、もし災害の際は代表様のトコの玄関でウ〇コ座りしてますので、お家にあげて下さいね!?

北の大地では、夏が終わると秋なんてサクッと過ぎ去っちゃって、冬の気配が速いっすもんね!?
冬本番になる前に、なんとか復旧されることを願っております!!



Commented by Wonderfullifewith at 2018-09-21 12:02
地区男さん
地震で色々と問題点が浮かび上がりましたが、食糧を確保するのに4時間も店の前に並ぶようなことがないよう少しずつ準備して備えていこうと思います。

あとは自宅の車庫のシャッターは停電になると何をどうしようと開かないタイプなので、シャッターのモーター交換をした方が良いかな?とも思ってます。

災害復旧に関してはあの方が強烈な勢いで頑張って下さっていますので、地元の復旧はほぼ終了です。

>玄関でウ〇コ座りしてますので、お家にあげて下さいね!?
野良猫じゃないんですから(笑)。
Commented by f10-d5 at 2018-09-26 10:47
こんにちは、マル運です。

当初、私も秋の北紀行は中止にしようかと思ったんです。
でも、震源地以外は停電の被害だったんですよね・・・
関東地方だけが、強震の被害が無い状態、いつも心に気に留めています。

今週の土曜日からお邪魔させて頂きます(^^ゞ
Commented by Wonderfullifewith at 2018-09-28 11:39
マル運さん
地震の影響は震源地付近を除きほぼ解決しています。
安心してお越し下さい、と言いたいところですが、今度の台風がちょっと厄介ですね。

停電で知ったこと、星空がビックリするくらいに綺麗だったことです。
北の大地が全部停電になってることを一瞬忘れるレベルの美しさでしたね。
あれだけの星空をプラネタリウム以外で見ることが出来たのはある意味一生の思い出になると思います。

夏はブラックアウト、冬はホワイトアウトの北の大地でした(笑、えねぇ)
Commented at 2018-10-18 08:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Wonderfullifewith at 2018-10-19 10:40
鍵コメさん
コメントありがとうございます。
当方では特に大きな問題が無く稼働しております。
時々ノイズが入ることがありますが、再起動すると消えます。
F10良い車ですよね。
G30と併売してくれたらなと思ってます。


<< 据え膳食わぬは男の恥のはず      冥土の土産その2、ポルシェとか... >>