2018年 08月 06日
ランチドライブ
休日、午前の用事を済ませて一段落したところで親族からの申し出。

「ランチは白老牛(しらおいぎゅう)が食べたい」

食べたいと申すものを断る理由もないというか、断れないので車を出す自分。
てか、そもそも白老がどこにあるかも判ってない人からの提案なので、正直な話「昼飯食べに行くだけに高速飛ばして白老に行くのかよ」って気がしないでも無いが、そんな事はおくびにも出さずに行動する辺り、家長の鏡と言っても差し支えないと誰か言って頂ければ少しは救われるってものだ。

車を走らせること1時間、白老到着。
a0015198_16000807.jpg
予想最高気温30度位の北の大地ではあったが、それでも太平洋岸は若干気温が低く28度位。
気温が高くても、なんて書くと内地の人に怨まれそうだが、湿度は低いので過ごしやすいって一言もきっと怨まれるだろう。
ポテチの袋を開けても直ぐに湿気ったりすることもないし、勉強ノートが腕の汗でふやける事も無いの。

そんな感じでたどり着いたのはこちら。
a0015198_16000936.jpg
ファームレストランウエムラ、白老牛を見ながら白老牛を食べられる牧場直営の店のようだ。
平日だし、予約なんて要らないだろうと高をくくっていったのだが、意外や意外、店は予約の客でそれなりに混雑していて、自分たちはレストランの方ではなくBBQの建物での食事となった。

a0015198_16000819.jpg
BBQの建物はレストランの隣にある訳だが、こちらは空調はなし、天然の風を楽しむスタイルとなっている。
つまりは窓全開ってことね。

案内されるまで外のベンチで座っていたのだが、そこで白老町の復興を考えてる団体からアンケートを申し込まれる。
どうやらこの辺りは「アイヌ民族」絡みの施設が多いようだ。

ただどうかねぇ、アイヌ民族方面の話でこの地に客を呼び込めるかねぇってのが正直な所で、それでも一所懸命に色々考えてくれてるようだけど、厳しいかな?ってのが正直な感想だったりする。

アンケートのお礼はアイヌの缶バッジ。
他にはホタテの燻製などもあったが、食べて無くなってしまう返礼品の方が良かったかも知れないと後で思ったのはここだけの話にしないで言っておけば良かったと後悔先に立たず。

a0015198_16000891.jpg
そうそう、ウニとかね、牛とか、あとは後で出てくる卵とかね。
ちょっと外れるけど「たらこ」もこの辺の名産だったりするし、そこ推しの方が少なくともアイヌ方面よりは客は集まるような気がするんだけど(あくまで個人の感想です)。

今年はウニもあまり採れないから、どうしても良い値段になっちゃうけど、ウニと牛肉のにぎり1貫600円ってのはなかなか強気の値付けだわ。
貧乏性の自分はビビって頼めないもの。

程なくしてメインディッシュてか、それしか頼んでないけど到着。
a0015198_16000806.jpg
白老牛とウニの丼、ウニソースを掛けて。

肉スキーの人はこんな肉肉しい物を食べたがる傾向にあるが、個人的にはちょっとなぁってことでいつものように肉のアレンジメニューをオーダーする自分。

a0015198_16000868.jpg
ハンバーグ(170g)、デミグラースソース。

ソースは別盛りで運ばれてきたが、一気に掛けてしまった後に写真撮影でちょっとインスタ映えしにくい絵柄になってしまった。
これに「牛汁」なるものとご飯が付いてくる。

牛汁って何だ?、テールスープみたいなものか?と思ったが、なんてことはない恐らくは牛肉でダシを取った味噌汁。

丼は肉の下にご飯があるから良いのだが、ハンバーグは当初ハンバーグ単品で運ばれてきて暫く放置民となった。
「あれ?、もしかしてハンバーグって単品で注文したんだっけ?」と思ったが、その異変に気づいたリーダー格のオジサンが牛汁とライスを持って来てくれた。

ご飯の炊き方、少しだけ残念。
歯がなくなってからも食べられるような柔らかさだった。


ハンバーグの味は、ハンバーグだなぁって感想。
逆にハンバーグをマズく作る方法があるのなら教えて欲しい位って感じの料理だと思うが、劇的に感動するなんて事も無く食べ終わってしまった。

丼に関しては「タレが少ない」というのが感想らしい。
あとは「少し脂っこい」って事だった。
いわゆるA5ランクとかその手のヤツね。
おっちゃん、おばちゃんの世代になるとロースよりヒレを好むというか、脂身はもう良いわってお年頃になったので、次回はもう少しあっさりした部位の肉を食べることにしようって話になった。


腹も膨れたし、さて何をしましょうかと言っても何も見所は無さそうな白老町、これで町の復興は大丈夫なのかしらんと思わないでもないのだが、それでももう一つの目玉が「卵」であることが判明したのでそちらに向かうご一行(と言っても1台)。

a0015198_16000792.jpg
マザーズなる卵料理などを供するお店。
敷地には卵の自動販売機や、卵かけご飯(TKG)や親子丼などが食べられるレストラン、お菓子やソフトを販売する建物がある。
マザーズは札幌にも支店があるようだ。
a0015198_16000833.jpg

ものの10分前に牛が見える施設で牛を食べた一行はこれ以上何か固形物を胃袋に入れることが出来なかったので、それでも何も飼わないのもしゃくって事でソフトクリームを1つご購入。

a0015198_16000877.jpg
室内も冷房が効いている訳ではなく、自然の風を取り入れた状況で、やはりここでも白老の観光をどうにかしようプロジェクトの一員の方がアンケートを客にお願いしていて、自分たちの所にもやってきたが「別の施設で今書いてきました」的な返事でその場をどうにかしのぐ。
だって「アイヌに関してどう思うか?」って聞かれても、正直「全く関心がない」なんて事しか掛けないんだもの。


馬鹿娘に土産物を購入し、さて帰宅の途につきましょうかと駐車場に向かった時、自車右前方に見慣れたT社ハイブリットミニバン発見。
ナンバーを見ると見覚えのある数字、もしや?と思ったらT氏。
仕事の帰り道だとのことで、こんな所でバッタリかよ、やっぱ悪いことは出来ないものだなとつくづく思った次第。
ただ自分はT氏の顧客なので、万が一悪いことがあったとしても彼は墓場までその事実を持って行ってくれると信じて疑わないが、万が一にもバレた暁には、親族の前で一緒に土下座して貰う覚悟でいる。

お互いこれから帰りますって事で、氏が先に旅立つ。
自分たちはただ同じ道を帰るのもシャクなので、帰りは下道をチンタラ走って帰ろうと決めて支笏湖(しこつこ)経由で帰宅することにした。

a0015198_16000764.jpg
これだけ走ってもハイドラは2台、その内1台はT氏(笑)

支笏湖の駐車場はそれなりに人がいて、きっと富裕層の人達は「水の謌」にでも泊まって涼を取りに来ているんだと横目で見ながらひたすら走る一般庶民。
後は基本道なりに道路交通法を遵守しながら無事帰宅。
走行距離で200km弱位だろうか。

たかだか昼飯にここまで来るのもどうかと思うのだが、折角晴れた休日に家に籠もってるのも宜しくないって事でこれはこれで良かったことにしよう。

基本親族からの依頼の用件は断らない自分だが、ある程度は行き先の雰囲気は下調べしておいて欲しいなぁと心の中で思ったのは偽らざる事実。

ただ「富良野でも良いけど」って言われたときには、白老にしましょうって意見をしたのは自分としてせめてもの抵抗だったのかも知れない。


by Wonderfullifewith | 2018-08-06 18:37 | くるまのこと | Comments(8)
Commented by たくみちゃん at 2018-08-07 15:35 x
僕もビックリしましたよ(笑)
眠気も冷めましたし

奥様に軽く無視されて、
その日の晩は、
濃い目のハイボールをあおりながら、
泣きました(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2018-08-07 17:23
たくみちゃんさん
そちらに行くって話は聞いていましたが、まさかあのタイミングで遭遇するとは思いませんでしたね。

人見知りなもんですから勘弁してやって下さい。
次回はきっと軽くハグ位はしてくれると思います(笑)
Commented by 地区男 at 2018-08-08 07:55 x
いやぁ~、降参です(;^ω^)
ブランド牛の上にウニですもんねぇ~。
今、流行の『ウ肉』っちゅーヤツ」っすよね!?
これって、社会の階級では一部の上流階級の方々しか注文できないって聞いてます。
流石、代表様。更にブランド牛の塊までオーダーとは・・。

そして、恒例のお土産購入&ドルチェは別の場所で。
セレブの生活を垣間見た感が否めません(遠い目)
今日の僕の昼ご飯は、この画像で飯くえますわ(貧)

Commented by Wonderfullifewith at 2018-08-08 10:45
地区男さん
白老牛って一応ブランド牛なんですね。
でもね、原材料を鑑賞しながら食事をするってのはなかなかシュールな感じがしないでもありません(笑)。

ウ肉って言うんですか?
基本的に私はメニューに乗ってる中で最安値のものを注文するのがデフォですので、ハンバーグの肉が合い挽き肉か加工肉かも判らない状況であります。

当然財布なんて出しません。
「ご馳走様でした」と言って一目散でレジ前を華麗にスルーです。

おみやの店でまさか地元のお仲間とばったり鉢合わせなんてのは、ラフィラ裏のお店の待合室で逢うのと同じくらい照れますね。

自分も精を付けるためにそろそろ鰻屋さんの店先におにぎり持って出掛けなくちゃ。
Commented by つっち~@過疎地 at 2018-08-08 12:52 x
昨今は赤身ブームですからね。
自分も遂にそういう年齢になったのか、脂は少な目の方が食べやすいです。

過疎地は街中パパラッチばかりです(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2018-08-08 18:52
つっち〜@過疎地さん
脂身が多い肉が辛いお年頃になりましたね(笑)。

過疎地では好むと好まざるとに関わらず、世間の目がそのように向けられてしまいますね。
他にネタも無いから仕方ないのかも知れません。

ほんと噂の伝わる速さの凄い事ったらありゃしませんわ(~_~;)
Commented by f10-d5 at 2018-08-08 23:19
こんばんは、マル運です。

日帰りで白老牛を食べになって、いいなぁ~
って、1度食べてみたいと思いながら・・・白老の店の前を通過することが何度と。。。だって、高いですよ(笑)

これだけ走っても2台・・・そうなんですよ、こないだは、稚内から北見、600キロ以上走っても誰ともハイタッチ出来ずでした(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2018-08-09 11:59
マル運さん
基本、言われたことはやるスタンスなので、白老牛だろうが神内和牛だろうが、行くまでです(^_^;)。
それにお金出すの自分じゃないですし(ここポイント)。

こちらはハイドラ立ち上げてるドライバーさんが少ないですね。
ちょっと寂しいです。


<< 墓参で空知ドライブ      夏なので >>