2018年 05月 19日
赤字丼を食らう
長沼(ながぬま)町に面白い丼を出す店がある情報を入手した。

その名も「赤字丼」
商売あがったりみたいなネーミングだが、それがどんなものなのか自分の目で確かめてやろうじゃないか、それで少しでもその店の赤字が解消されるのなら、消費者としては本望だぜとばかりに車を走らせるが、高速の降り口を2つも間違えちゃったくらいにして、店の心配をする前に自分の脳味噌の心配をしろよとノリツッコミのように呟きながら北広島インターを降りる。

長沼って所はどこから下りてもどうにか為る場所だから良いんだが、最近はとみにこの様なことが増えてるような気がするのはきっと気のせいなんかじゃなくて・・・・。

まぁ過ぎてしまったことをとやかく言っても仕方がない、先を急ごう。
長沼の店までは40分くらいで到着。
店の場所はグーグルマップで店の名前と町の名前を入力すれば出てくるので心配は要らない。

a0015198_18081129.jpg
店の名前は「いわき」
店前の幟には、風が強くて良く読めないが「赤字丼」の他に「黒字丼」「白字丼」があるようだ。

店内に入ると先客は後期高齢者のご夫婦と思われる人が2組、そのどちらもが「赤字丼」をオーダーしている。
恐るべし赤字丼
自分もそれにならい赤字丼をオーダー、程なくして丼到着。

a0015198_18081128.jpg
大ぶりのえび天が5本、丼ご飯の上にデデーン。
インパクトありすぎ!。
インスタ映えしそうな勢いだ。

セット内容としては丼、味噌汁、漬け物、もう一品、それから店特製の山椒漬けはサービスの豪華ラインナップ。


果たして完食することは可能だろうかと一抹の不安をぬぐいきれないまま、とっかかりとして1本目のえび天に箸をつける。
当たり前だが衣はサクサク、えびの揚がり具合も丁度良い。
ご飯にもたれが染み込んでいるが、微かに感じるのは山椒の痺れか。
これがやもするとフライの油で口の中がしつこくなりすぎるところを抑える良い感じのアクセントとなっている。
だが中高年の皆様の括りにされるおっさんにとって、えびフライ5本は流石に強敵だった。
それでもここで負けたら男が廃ると意味のない気合いの元に見事完食。
頭の中ではロッキーの挿入曲が流れていた。

後で知ったことだが基本的には残しても持ち帰りOKのお店のようなので、あまり無理せずギブアップして持ち帰って夕食の足しにしても良かったかも知れない。
実際老夫婦達はみな残ったものを持ち帰っていたようだ。
一組の老夫婦は「えびの尻尾」だけを持ち帰り「うちの犬が好きなもので」と言っていたが、犬も出来れば尻尾よりも身の部分の方が好きだろうと思ったが、それはグッとこらえた。

動物には普段のフード以外に余計なものを与えない方が何かと面倒なことが起きなくて良いのだが、あまり面倒なことが起きないと商売あがったりの職業の人もいると聞くので、その辺は適当に面倒なことが起きてくれた方が世の中的には良いのかも知れない。
ただその辺のことを一切黙秘した状態でどうにかしてくれと言うのだけはやめて頂きたい。
その解決する方面の人は「占い師」ではないのだから「黙って座ればぴたりと当たる」なんて事は間違っても起きないのだ。
何の情報も持たない人が「(家族に)連れて行けって言われたから連れてきました」ってのは勘弁して貰いたい。


一応、黒字丼と白字丼の写真だけでもアップしておこう

a0015198_18081131.jpg
黒字丼はカニの天ぷらバージョン、数量限定。

a0015198_18081112.jpg
白字丼は豚肉の照り焼きの丼か。
パウチされたメニュー表にも出ているが、ここのお店は火曜日と週末が休みっぽいので来店を考えてる人は注意が必要だ。
客商売なのに週末に休む、なかなか強気の経営方針のようだ。
これで生活が成り立つのだから羨ましいと思うが、この店は1Fの他に2Fにも座席があるようなので、もしかしたら単なる定食屋以外の商売も行っているのかも知れないが、どこかの施設のように週末もしっかり働いている店長に爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい。

でもやっぱりちょっとだけ不安に感じて調べてみたら、どうやら本業は仕出し屋の様で片手間に一般客に食事を提供しているようなスタイルらしく、休みの日だけを盲信して自分も休もうなんてアホな考えを起こさなくて良かった。
この店と同じ感じで休んでたら間違いなく廃業まっしぐらだった。


会計の際に目に留まった山椒漬け、つい手にとってしまいお土産にお買い上げとなった。
「天かすサービスですので、お一つお持ち帰り下さい」と言われ、そちらも有り難く頂く。

このボリュームのランチを14時に頂いてしまうと、当然この日の夕食はほとんど食べることが出来ず、つくづく年を取ったものだとこんな所で再確認してしまう。
ご飯の量はそれほど多くはないのだが、やはりエビ天5本はかなりグッと来るものがある。

こちらのお店は駐車場完備ではないが、道を挟んだところに無料(と思われる)駐車場があるのでそちらを利用すれば良いと思う。
a0015198_11381085.jpg
つくづく田舎ってのは土地が余ってるものだなぁと。
これが都会なら間違いなく1時間300円〜コースだからね。
大都会なら20分300円コースか?

赤字丼を完食して強烈な胸焼けに襲われながら、次なる宛て無きドライブは続くのであった。


by Wonderfullifewith | 2018-05-19 18:57 | くるまのこと | Comments(6)
Commented by f10-d5 at 2018-05-20 20:55
こんばんは、マル運です。

渡道前に、私宛にしたようなブログ(笑)
「いわき」記憶にとどめましたよ~
って、長沼って、一般道で行こうか、高速で行こうか迷いますよね
高速だと「江別東」で降りるのが良いのでしょうかね???
あのサイトによると、長沼界隈はレガシィが徘徊しているようなんで・・・気を引き締めて運転しないと(^^ゞ
Commented by 地区男 at 2018-05-21 07:21 x
赤字丼、ゴイスーです(汗)
この丼のお値段が掲載なされてませんが、その他の黒や白と同じぐらいっすか!?
かなり、インスタ映えを狙っている感がありますが、よく完食しましたね。

にしましても、商標登録してますが白字丼って、何ですかね?赤や黒なら、いざ知らず・・(謎)

Commented by Wonderfullifewith at 2018-05-21 10:16
マル運さん
長沼は一般道で十分だと思います。
どこからでもアプローチ出来ますよ。
それよりも営業時間が短いのがネックなので、そこは要チェックですね。

千歳や恵庭界隈はレガシーがチョロチョロしているようなので、常に傍観者で安全運転を御願いします。
Commented by Wonderfullifewith at 2018-05-21 10:18
地区男さん
赤字丼のお値段も黒字丼、白字丼と同じ様な金額でした。
ただし食後の胸焼けは3000円クラスです(笑)。
その日一日胃袋の存在がハッキリ判りました。

白字丼はきっと赤字と黒字があるんだからってレベルのノリで付けちゃったネーミングだと思います。
Commented by DORA-Q at 2018-05-21 22:02 x
こんばんは(^^)

先に行かれちゃいました「赤字丼」…(・ω・)
ずっと気にはなってて、テレビでも紹介されていましたが、お店の地域が目的地にはならなくて通過地域なんですよね(;'∀')(失礼)

写真を見ると食べたくなりましたが、自分が「赤字ドン」の場合はどうすればいいですか?(*´Д`)
Commented by Wonderfullifewith at 2018-05-22 17:17
DORA-Qさん
狙ってましたか(笑)。
確かに長沼はあまり目的地とはならないですね。
でも「ハイジ牧場」とかもありますし、道の駅もありますので是非!。

ご自身が赤字ドンだった場合ですか?
「こうなりゃ共食いじゃあ〜!」と叫びながら完食して下さい(笑)。
でもそれを言われたら、自分も験を担いで「黒字丼」にすれば良かったと反省っす(^_^;)。


<< 空知ダラダラドライブ      桜からアイス、そしてイチゴ >>