人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2022年 09月 22日
健康のためなら死ねる勢いで
まずい、握力が40を切ってしまった。
50代男性の平均は42程度らしい。
これで名実ともに「色男」になってしまった気がする。

午前中に受診したクリニックで「サルコペニアに気をつけましょう」ってポスターが貼ってあったが、もしかしたらこの先寝たきりになってしまうのではないかと一抹の不安を覚える初老。

午前の受診は一身上の都合により「自費診療」となりそれなりの費用をお支払いしてきた。
健康って一番の節約なのかもしれないと再認識したが、クリニック受診で休日の午前中が潰れてしまって、やっぱり健康ってのは本当に大事なもんだとこれまた再々認識。
結果として今のところは「変化無し」って事でまた来月ねって事になったが、ここは今回人間ドックの施設からの紹介で行ったので初めましてのクリニックだったが、朝から待合室がびっちりって世の中どれだけ病人がいるんだよと自分のことは棚の奥にしまい込んでの暴言を心の中だけで吐きまくる。

クリニックを出たときには昼時になっていたのでショッピングモール内の餃子の王将で麻婆ナスみたいなあんかけ焼きそばを掻き込んで3時間無料の駐車場を後にする。

休日のルーティンをこなすために別の場所の路面店のスタバに立ち寄る。
健康のためなら死ねる勢いで_a0015198_12450276.jpg
白いビーエム軍団、そしてドライブスルーにはゲレンデ。

店の反対側にも白いビーエムが1台(ただしセダンは自分だけ)となかなかのビーエム率にオフ会でも開かれてるのか?と錯覚するレベル。

レジ待ちしていると前の客がどうにもアプリの調子が宜しくないようで、アプリ決済が出来ずにもたもたしてるので「出来んかったら小銭で払ってそこをさっさとどかんかい!」とこれまた心の中だけで叫んで顔はニコニコ、こんなところでも「その他のサービス業」の哀しい性が出てきてしまう。

咳についてさて仕事をしましょうかとマックを開いてごそごそしていると、向かいの席の若いあんちゃんがオンラインでずっと話し込んでいる。
あれかね、今の流行なのかね。
マックを立ち上げて片方だけの会話を聞かされる周りの人間の気分たるや、店内のBGMが流れていてそれぞれの席の三方にアクリル板が立てられている中、加えてノイキャンのイヤフォンをしてても声が聞こえてくるんだからそれなりの声量で話しているんだろう。
隣のオネイサンも時折そちらを見ながら「常識ないのかしら?」的な雰囲気を醸し出していた。

一仕事を終えて帰るときもマックに向かってずっと話し込んでいて、仕方が無いので店員さんに「あそこの席の若いお兄さん、ずっとオンラインで話していて隣の女性が迷惑がってましたよ」と伝えておいた。
飲み物が空になったんだから追加を頼むとかさっさと帰るとかすれば良いのに、500円ちょっとで1時間以上も席を占有するのはどうかと思うわ。

スタバを出て銀行業務を済ませて昼からもまた病院通い、初老は本当に辛いわ。
次の病院でも結果は変わらずでまた来月ねって事になった。
暫く休日は病院通いが続きそうな悪寒だわ。


でもってさ、折角の晴れの休日に病院通いだけなんて辛気くさすぎてやってられないわって思ったわけで、そうなりゃひとっ走りイクシ家内でしょって感じでGoogleマップで計算したらギリ間に合うって感じのお店に車を走らせるわけさ。

到着まで16分って予想を立てられて、そんなに掛かって堪りますかいなってことで高速道路を急いで走ったら到着まで8分まで縮まってしまって、一体自分はどのくらいのスピードで高速道路を走行したんでしょう?なんて物理の問題になりそうなことをして頑張ったのに、まさかのICで渋滞にはまって今までため込んだアドバンテージを一気にここで消費してしまう。
健康のためなら死ねる勢いで_a0015198_18321830.jpeg
なんでこんなに混んでるんだ?と思ったが、もしかしたら世間様は明日から三連休だからかしら?と思ったが、そんな世間様とは時空が違うところで暮らしている自分にはさっぱり判らない、実に難解だと福山を気取ってみるが福山と同じなのは年代と性別だけ。
下ネタを喋ってもエロくなくてイケメンで高身長で歌がうまくて奥さんが綺麗で、あこれはうちも負けてないか(とさりげなく自慢してみる)一体どのくらい前世で徳を積んだらあんな風になれるのか一度訊いてみたいわ。

それでもどうにか閉店3分前にお店に到着、車屋さんのサイドビジネスなのね。
健康のためなら死ねる勢いで_a0015198_18321778.jpeg
どういうお店なのか判らないが、車方面には用事が無いのでアイスのお店にだけ突入、隣はアウディか?

初めてだからよく分からずにお店のオネイサンに「初めてなんで勝手が分かりません」と言ってオススメをご教示頂く。

健康のためなら死ねる勢いで_a0015198_18321712.jpeg
お店はシトロエンを改造した感じのもので、なかなかおしゃれな感じだ。

再び横に回って、お金のやり取りは券売機で行うが自分の持っているお札がお札挿入口にどうにも入らなくてオネイサンに世話を掛けてしまった。
完全にジジイだな。
健康のためなら死ねる勢いで_a0015198_18324137.jpeg
朝5時に目が覚めちゃったから泡フォーム洗車しちゃったのよ。
先日の雨の日に走って汚れたけど綺麗に洗いこんだからバッチリ綺麗なのよ、ふふふ。

んで肝心のアイスがこれだ!
健康のためなら死ねる勢いで_a0015198_18321710.jpeg
どうするよこれ(笑)。
丸いクマちゃん(リラックマ?)みたいなアイスの下はソフトクリームだからね。
味も選べてこれはヘーゼルナッツだったかな?、だから茶色いクマになったけど他の味を頼むと違う色のクマとかブタになるのかもしれないのでまた機会があったら行ってみたいわ。

高速道路を高速で走ってて銀の延べ棒の効果を感じようと思ったが、やっぱり良く判らずってのが正直なところだけど、終始安定して走ることが出来たのはきっと縁の下のチラリズム的な延べ棒のお陰だと思い込むことにする。

ありがとう銀のガーターベルト(違)。
休日は自力と他力で健康のことも考える初老、健康寿命を延ばすためにも、まずは握力を鍛えるか(大笑)。


# by Wonderfullifewith | 2022-09-22 20:30 | くるまのこと | Comments(2)
2022年 09月 20日
銀の延べ棒を入手する
小人閑居して不善を為す

教養もなくつまらない人間は、ひとりで暇でぶらぶらしていると、悪いことをしがちであるということ


連勤のツケがこんなところに来るとは、大方の予想を全く裏切らない自分を褒めてやりたい


そんなわけで、サンヨン時代からお世話になってる方がお勤めのお店に連絡をして「かくかくしかじかでこんなことをしたいんですけど」と伝える。

程なくして連絡が来て「同じF10でもワランティの問題とか諸々あるんですけどその辺問題なしって事で良いでしょうか?」と聞いてきてくれたので「全く問題ないです、後は自己責任の世界でありんす」と二つ返事。

そして予定日、高速に乗り込み一気に現場着、高速を使えば遠いようでそれほど遠くない場所にあるからとても有り難い。

銀の延べ棒を入手する_a0015198_10365511.jpeg
久しぶりに雨天走行をしてワイパー諸々の正常動作を確認する。
雨の日に乗らないのは洗車が面倒だから(笑)、だってやっぱり大きいんだわ。

家族車なんて(ほとんど洗わないけど)、5ナンバー枠で全長4mだからあっという間に洗車完了だからね。

店内に突入し受付けで「お前の欲しかったのはこの銀の延べ棒かい?」と訊かれたので
「左様でございまする」と恭しく頭を下げる
銀の延べ棒を入手する_a0015198_10332755.jpeg
これがどれほどの効果をもたらすかはよく分からないが、悪い話は余り聞かないので今回取り付けてみることにした次第。
にしても結構大きいのね。

以前の青い車にはこれじゃなくてCOXボディダンパーを取り付けていたが、今は本家のメーカーのラインナップからも消えててBMW用はスタディさんが販売しているようだが、それも今売られているのはG系からでF系は絶版かな?。
なので取り付けられてるあの青いF10はラッキーと言って良いだろうって誰に言ってるんだか。


さてさて、てことでお立ち台に上る愛車
銀の延べ棒を入手する_a0015198_10332766.jpeg
DIYでも取り付けられないことはないが、そのためには車両の馬がけが必要となりその下にごそごそと潜り込んでの作業となるわけだが、赤いちゃんちゃんこの仮縫いが見え隠れするお年頃になるとそれもなかなか億劫になってきて、尻は軽いが腰は重いの弊害と言ってしまえばそれまでか。

折角お立ち台に上ったのでフロントスポイラー部分を観察したが、今のところは擦った形跡もなくてホッと安堵、作業して頂いた方やお世話になってる方も「ザザッって音がしたら間違いなく悲鳴上げますよね(笑)」と言ってたのでこの人達もきっと自分と同じレベルで(良い意味でね)頭のネジが少し緩んでると思う(良い意味でね)。

リップは消耗品ですとは時々聞く言葉だが、このスポイラーは流石に消耗品ではないので大事に大事にしていきたいと思う。
それに万が一オーダーを掛けても納期は数ヶ月だろうからね。


銀の延べ棒の交換作業そのものはそれほど難しいものでもない感じで、今まで付いていた純正のものと交換するだけ。

銀の延べ棒を入手する_a0015198_10332729.jpeg
これがどのくらいの効果を示すのかは判らないが、帰り道感じたのは「なんとなくバネが一所懸命動いている、気がする様な感じ」って完全にプラセボじゃねーかよって?。うんそんな感じ(笑)。

COXの時も似たような感想だったので、鈍い自分にはよく分からないが、それでも下周りを覗き込んだときに見えるこの銀の延べ棒は、言ってみればストッキングを留めるガーターベルトみたいなものと考えて頂ければ容易に想像出来る人は多分変態なので仲良く出来ると思います、はい。

マフラーパイプ、ずっと2本で行ってるんだと今更ながらに気づく。
防錆剤処理もしているし、冬期間はほとんど乗れないので錆に関してはまだ大丈夫だろうけど、この先も大事に載って逝ければと思う次第。


次なる不善はまた今度
やっぱりヲバカは死ななきゃ治らないんだと再確認したある日だった。


# by Wonderfullifewith | 2022-09-20 11:41 | くるまのこと | Comments(4)
2022年 09月 15日
やっと休日
4週位ずっとなんだかんだ連勤で、そろそろ色々とあれになってきたところだったのでようやく休みになったのであんなことやこんなことをしてみようとつい予定を盛りだくさんにして結局休みが休みじゃ無くなるという負の連鎖。

それでもやりたいことばかりやったのでよしとしよう。

やっと休日_a0015198_21083311.jpeg
いきなりのショパンTシャツ、動画サイト出来ている人を見つけて、これは買うしかないでしょとつい買ってしまった。
恐らくこの趣味は死ぬまで続けていこうと思っているが、ぼけの防止になるのだろうか。

下手の横好き

一体何になるつもりなん?と訊かれると困るのだが、やりたいことをしないで何が人生だ!って感じに思えるお年頃なので、今からでもやりたいことはやった方が良いと思うのよ。
スタートはいくつになっても遅すぎることはない(と思いたい)。
と言いつつもかれこれ何年になるだろうか。

やっと休日_a0015198_21083323.jpeg
いつもの百貨店の駐車場に車を駐めるが、未だに駐車券をCDスロットに軽く挟み込んでいる。
そのうちいつかスルッと飲み込まれて泣きを見る事になる前に他の方法を講じなければならないとは思っている(思っているだけ)。
サンバイザーにお弁当箱に使うようなゴムバンドを巻いてそこに挟む方式か、カーショップに売ってるようなバネが横置きになっていてそこに挟み込むグッズとかありかな?と思っているが、はてさてどうしたものか。
レーダー以外に車両に何かを取り付けるって余りしたことが無い様な気がする、ってことは車両内部にあまり何かを付けることには肯定的じゃないのかもしれない。

他のオーナー様は駐車券をどのように一時保管しているのだろう?
ドリンクホルダーにそっと安置するって方式が一番多いのかなぁ。


連勤と言っても休日の全日が仕事ってわけではないので、数時間は余暇時間を取ることが出来て、それをどのように使うかって言うと晴れていればやっぱりソロツーって事になるのは異論が無いだろう。
やっと休日_a0015198_21083439.jpeg
ぶらり一人旅で車を走らせ、今日は西に行こうか東に行こうか、はたまた北に行こうか南に行こうかなどと考えているときが一番楽しかったりして、この日は東方面に進路を取って道の駅を散策したりする。
別に道の駅スタンプを押すために行ってるわけでもなく、何なら道の駅のスタンプ帳も持っていないし、大体がご近所の道の駅にしか行けないような身分なので、スタンプ帳にスタンプを押すと言ってもきっと10コもおせない位しか行動出来ないと思う。

恵庭の道の駅にはスタバが入っているので、そこで店の前でいきなりのモバイルオーダーを決める。
いや、店内で注文しても同じかより短時間で済むようなことなのだが、一度やってみたかったのよ「モバイルオーダー」ってヤツをね。
オーダーする商品も「何ちゃらフラペチーノソイミルクに変えて」とかそんな訳の分からないものではなくて、いつも決まって「本日のコーヒー、ホット、トール、マグカップで」しか言ったことがないような自分だし、今回はToGo(お持ち帰りね)だからマグカップってわけには行かずに紙コップ。
やっと休日_a0015198_21083443.jpeg
にしてもこの日は空が青かったねぇ。
無理して外に出て良かったよ。
時々気分転換でもしなければやってられないからね。
何のために生きているのか判らなくなってしまう。
もういつ死んでしまうか判らないお年頃だし。
命短し遊べよオヤジだよ。

そんな訳で、この日は恵庭からD117を走って地元に戻ってくると言うショートツーリング。
数年前にこの道で大型バイクとベンツのゲレンデの事故があって、そのときはライダーの人が亡くなったと記憶している。
事故は本当に悲しいものなので、我々は常に傍観者でありたい、安全運転は基本中の基本だ。


さてさて
仕事終わりに出掛けた日もあったが、ようやくほぼ全休となったのでごそごそと動き出す。
やっと休日_a0015198_21083436.jpeg
久しぶりにコメダでモーニングを頂き、少しだけ週一の恒例業務を執り行う。
いつもならそこそこ混んでいる駐車場が、この日は時間帯も早かったのか空き空きだったので入り口付近に車を駐める。
人通りが多いところに車を駐めるのは危険っちゃぁ危険なんだけどね、これも身体が疲れていたからだろうか、余り遠くに駐められなかった。

やっと休日_a0015198_21083525.jpeg
いつものようにモーニングセット、たっぷりコーヒー、ゆで卵のセット。
以前は550円だったと記憶しているが、この日は580円だった。
ここにも値上げの余波が来ているのか。
世知辛い世の中よ。
まぁ我々の業界も「これでもか!」って位にものが値上がりしていて、営業さんが持ってくる話の8割は「値上げ」ばかり。
円安、戦争、輸送費高騰、人件費高騰、原材料高騰、何から何まで値上げの理由として申し分ない。
ただ円安が円高に戻ったときに価格が下がるかって言うと、それがないのがなぜか不思議。

午前中の用事を済ませて、そういや実家方面の話をしに行かにゃならんなぁと思い車を走らせることにするが、なぜか夕張から桂沢湖を経由してのルートを選択してしまった。
実はこの道を走るのは初めてだったのだが、めっちゃ気持ち良い道じゃん。
超オススメルートだね。

走ってる途中で何やら湖に橋が架かっているのを見つけたのでちょこっと寄り道。
やっと休日_a0015198_21083575.jpeg
ここは道幅がほぼ一方通行位しかなくて、車を駐めた場所は避難場所的な空間、勿論左ステアはデフォだ。
Uターンも難しい場所なので、写真を撮った後はひたすら直線バックで来た道を戻る。
久しぶりにドキドキしながらサイドミラーとバックカメラを交互に凝視しながら数百mをバックして戻ったわ。

桂沢湖(かつらざわこ)から三笠(みかさ)に出て、久しぶりにR12をちんたら走って地元のセコマで買い物をしてご挨拶を済ませて今回のミッションを終える。

そのまま直帰も芸が無いだろうと思い、これまた地元空知(そらち)のソウルフードである「美唄(びばい)焼き鳥」をモバイルオーダーという名の電話注文。
やっと休日_a0015198_21083502.jpeg
知る人ぞ知る名店、態々ここまで着て食べる価値があると言えるお店だ。
開店とほぼ同時の時間だったからか店内には客はいなかったが、ひっきりなしに掛かってくる電話、注文をした商品を取りに来る客で賑わっていた。

また落ち着いたらW211で襲撃したいですなぁ。
焼き鳥は言うまでも無いが、ここのもつ鍋がまた絶品なんだから。

やっと休日_a0015198_21121336.jpeg
これまたSNSで見つけたおもしろいトートバッグ、これも海外から直輸入して娘とおそろ。
娘はなぜか狂喜乱舞、久し振りのヒット商品だった。
ちなみに自分は4番目のヤツを経験済み(それもショートラン)で、普段内臓の位置って基本認識しないものだが、これが連発したときには「心臓ってここにあるのね」ってはっきり判った。
もしかしてこのまま死んじゃうの?とも思った。
発症原因は「ストレス」って言うんだから、やっぱりストレスって侮れない。

ストレスで死んじゃっても仕方が無いので、仕事もほどほどにしないとね(と思っているのになぜか連勤しているこの矛盾)


# by Wonderfullifewith | 2022-09-15 22:16 | くるまのこと | Comments(10)
2022年 09月 03日
連勤中盤のある日のあれこれ
内職は休日にねじ込まれるスケジュールなので、どうしてもこの時期は休みなく仕事が連続する。
労基もあきれるレベルに某かの仕事をずっとしてしまってる。

それでもこんな初老のオヤジにでも声が掛かるうちはその期待に応えようと色々と頑張ってしまい、気づけば資料作りでスタバにしけ込んだりして、趣味と仕事と実益がリンクしていると言えば聞こえは良いが、何も副業しないでも普通に暮らしていけるように本業を頑張れよってツッコミは自分でもある程度理解しているので勘弁して下さい。

連勤中盤のある日のあれこれ_a0015198_18205611.jpeg
コンビニに立ち寄って休みの日に頑張って仕事をしているんだから、コーヒーだって少しだけ高いのを頼んでもバチは当たらないよね、でも寝不足気味だからメガシャキも買っちゃってやる気は満々(結局これは飲まなかったけど)


連勤中盤のある日のあれこれ_a0015198_18225360.jpeg
デジャブのような写真から始まる休日、職場の前の歩道にちょっとだけはみ出して市民の皆様ごめんなさい。100m先には派出所があるんだけど、余り露骨にはみ出ると注意されちゃうから注意が必要なのだ。

朝一番から数十名の若いニョシ相手に爆裂トークを繰り広げて、昼には喉がガラガラになった状態で現場を後にするが、昼で仕事が終わることを我々世代では「半ドン」と呼ぶが今の若者に半ドンと言っても通じない、そうなぜなら彼女らは生まれたときから完全週休二日だから。
この先もずっと週休二日を経験しないで終わるのかと思うと切ない気もするモーレツ社員世代。

え?半ドンって休日に働いてるのも半ドンの括りとするのか?なんて言わないで、涙が出ちゃうから。


天気は余り宜しくないけど、このまま直帰してもつまらないし仕事しながら「今日はスパゲティかパンケーキの気分」って思っていたので、初志貫徹でパンケーキを選択。

店内を見渡すとそこには若いニョシの二人連れかカポーばかり、おっさんお一人様なんてどこにも居やしないなか堂々と店内に飛び込んでいく勇気、誰か買って下さい。
連勤中盤のある日のあれこれ_a0015198_18205623.jpeg
がっつり甘い系だと食べ終わったときに胸焼けがするだろうなぁと思ったので、サラダがメインのメニューをオーダーしてみるが、これが良い感じで正解だったりした。葉っぱが旨い、チキンが旨い、アボカドも旨い、チョイスしたバジルソースも旨い。メープルシロップもくどくなくて旨い。
今回は当たりのランチとなった。え?勿論おっさんお一人様ですけど、それが何か?

本当は年を取ったら動物性タンパク質を摂るのが良いのだと思うが、肉を消費するのに結構なエネルギーを使う感じがして次の日は逆に疲れてたりする、気のせいかもしれないけど。

特にステーキなんて食べようものなら、顎から何から疲れちゃってダメ。
え?安くて硬い肉だから?、それはあるかもしれないなぁ。
ヒレ肉とかだったらそこまで疲れないのかもしれない、でもそれを財布は許さない。

食後は少しまた仕事をしましょうって事で、自分のノマド的なオフィスと思い込んでいるスタバへ。
コーヒー代で1時間ほど場所を占有させて貰う。
連勤中盤のある日のあれこれ_a0015198_18332298.jpeg
キーボードにもテカリが出てきたからソロソロ新しいのが欲しいと思うが、円安の影響なのかMacBookAirもまた高くなったのでどうしようかとこれまた財布のひもが緩まない。大した重たい作業をするわけじゃないが、8GBのメモリーだと結構足りないようでメモリーのメーターを見ているとしょっちゅう圧縮や解放を繰り返しているみたいな表示が出る。
やっぱりいつもの教訓通り「メモリーは積めるだけ積め」で16GBにしておけば良かったと後悔。
誰だ?メモリーは8GBで十分なんて記事を書きやがったのはと思っても後の祭り。


仕事を終えて天気が余り宜しくないので、雨雲の切れ間を追いかけるように旭山公園。
連勤中盤のある日のあれこれ_a0015198_18205621.jpeg
この界隈だけ雨が降っていないがここから数km走ると雨。
ヤフーの天気予報を見ながら雨雲の動きを観察、良い時代になったもんだ。

やることもないので静かに公園内を一人散歩を決め込む。
外を歩くなんてゴミステーションまでのゴミ出しと朝の犬の散歩位しか経験が無いような生活をしているので、こんなときはちょっと新鮮な気分になってしまう。
連勤中盤のある日のあれこれ_a0015198_09390586.jpeg
この辺りは普通に熊出没注意の看板が出てるし、時折ニュースでも熊の話が出てる地域なので油断は出来ない。
射殺なんて可哀想なんて言ってる余裕は皆無、その時になればやるかやられるかの事態なのだから。

気温は高くないが湿度たっぷりの中をテクテク歩く。
一歩間違うと徘徊で山に迷い込んだぼけ老人にも見えなくないなぁと自分を俯瞰で見てみるちゃんちゃんこの裾が見え始める初老。
その後、無事車に戻ることが出来て家族からの捜索願は出されなかった。
え?もし迷っても捜索願なんて出されないだろって?、なぜそれを!


帰り道にちょっとだけ浮気してアウディのA5を見に行ったりしたが、A5ってA4のスタイリッシュ版なのね。
BMWで言うところの3シリーズに対する4グランクーペみたいな位置づけのようだ。

一緒にA6も飾られていたが、こちらが5シリーズか。
4気筒エンジンで1000万にちょっと足りないプライスタグが付いていた。
4気筒ターボで何ら問題ないだけの出力を発揮する技術が素晴らしいのは判るが、やっぱり多気筒崇拝主義者には響かなかった。
この上は5気筒エンジンがありますって言われて、5気筒エンジンって何よ、40年位前にフォルクスワーゲンのサンタナとか、ホンダのインスパイアとかにあったけど当時からなんで奇数気筒エンジンなの?って思ってたわけさ。

そうそう先日の赤いアウディはこちらのお客さんだそうで、オプション込みでびっくりする様な金額らしい。
そもそもRS6ってのがびっくりする様なお値段だからね。
きっとお金持ちなんだろうなぁ(棒読み)。
お金持ちには沢山お金を使って貰って、この冷え切った日本の経済を思い切り回して貰わなくちゃ。

A4に座ってみたがフットレストが結構に深い位置にあってこの辺もメーカーによって違いが出る所なんだろうなぁ。
実際営業さんも「アウディはフットレストが深い位置にあります」と言ってたから、ぶっちゃけ他社とは違う「違和感」なのかもしれない。
何も感じなければ言わない話だと思うので、気になる方はアウディのお店でシートに座ってみては如何だろう。
アクセルからブレーキへの踏み替えもBMWのそれとはやや違う感じがしたのは、もしかしたらアクセルペダルがオルガン式じゃなく吊り下げ式ってのも関係があるかもしれないが、その辺までは実際に走ったわけじゃないので試乗よろ。



# by Wonderfullifewith | 2022-09-03 10:58 | まぜまぜ | Comments(6)
2022年 08月 26日
休日
休日は内職に出掛けたり習い事に出掛けたりして一日が終わる事も珍しくない生活をしているが、それも慣れてしまえば「こんなものかな」という感じ。

命短し恋せよ乙女って感じで命短し遊べよオヤジのつもりでいるのになぜか遊ぶ時間と金が捻出出来ない。

「お客様のためなら夜はいくらでも長くなります」という映画の中の台詞、チューリップの財津和夫が言ってたような気がするのだが、その映画のタイトルが思い出せない。

角川映画だったような気もするんだけど・・・。

まぁそんな事はどうでも良くて今日も今日とて内職にいそしむわけだが、内職先までたまには自分の車で行ってみようじゃないかといそいそと愛車で街中を走っていると、つい先日までビヤガーデンで盛り上がった大通公園を越えたところで、こちらではなかなかお目にかかれないようなハイパフォーマンスカーを発見!

休日_a0015198_17372283.jpeg
AUDIのRS6、それもコンピュータチューンのエンブレムを付けたヤツ。
車両本体もなかなかシビれる金額のようだが(お高いんでしょう?)、チューン費用がまたシビれるのようでざっくり諭吉様50名ほど。

ノーマルでさえバカっ速の車なのにコンピュータチューンなんてしようものなら免許証が何枚あっても足りないんじゃなかろうかと余計な心配をしてしまう。

正直今度のアウディA5の外観は気になってる自分がいたりするけど、内装は特にステアリング周りがうーんな感じなので(個人の感想です)、きっとこの先の候補には挙がらないだろうなぁ。


大通公園と言えばやはりテレビ塔
休日_a0015198_17372278.jpeg
暢気に車窓からテレビ塔の写真を撮ってる地元民、何が楽しいのかと訊かれると「何が楽しいんですかね」と答えるしかない、ただこれから若いニョシ相手に数時間トークの花を咲かせなければならない話のネタ探してでもしていたのかもしれない。

え?、若いニョシはテレビ塔なんて興味が無い?


じゃぁこんな人力車みたいな乗り物はどうだい?ってこんなのに乗るのは完全に観光客じゃねー通って思うんだけど、お代金は幾ら位なんだろうね。
観光でお越しの際はネタの一つに乗ってもらえれば幸いだ。
休日_a0015198_17372224.jpeg
これは「軽車両」扱いになるのかな?
人を乗せて走るとなれば、某かの免許や営業許可が必要になるのだろうか?

そして現着。
この無い職場に到達するまでには、ラフィラ裏を縦断しなければならない。
これがなかなかの試練だったりする(黙って通過しろよ笑)。
休日_a0015198_17372251.jpeg
内職現場に到着してこれからひたすらトーク、そして喉がガラガラになってその日は完全に廃人となり、あとは適当にぶらぶら近場をドライブして家に帰るだけ、これが充実した休日の過ごし方と言えるのだろうかと思わなくもないが、無い袖は振れないからその袖を少しでも作るために休日はひたすら働きます。

昔はトッパライで貰っていたお給金だが、ラフィラ裏通過の際に懐が温かいと碌な事を考えないのではないかと思い、振り込みにして貰った歴史がある、どれだけ自分を信用出来ないんだか┐('〜`;)┌ 。



直帰しての良いのだろうけど、ちょっとだけ足を伸ばして野暮用でキャンプ場事務所に出掛けたりする自分がいて、周りは逆輸入のトヨタのピックアップとかミニバンとかがひしめき合ってる中、完全に場違い感満載な車は早々に退散するしかない。
セダンでキャンプに行っちゃマズイっすか?
休日_a0015198_17372232.jpeg

命短し・・・遊ぶ暇と金が無い色男。


# by Wonderfullifewith | 2022-08-26 18:38 | くるまのこと | Comments(6)