人気ブログランキング |
2020年 07月 31日
三密避けて富良野へ その2
お腹も満たされたし、犬とも楽しい一時を過ごせたし、曇ってはいるが雨は降ってないって事で、ニングルテラスを散策。

三密避けて富良野へ その2_a0015198_15545972.jpeg
体全体からフィトンチッドを吸収して良い感じで森林浴が出来たが、そんな物を吸い込んだところで髪の毛が生えてくるとも思われないので、単に気持ちの問題であることは半世紀以上生きていれば誰でも判ることなのだが、雨の天気の中で雨に当たるのは車の中だけって言う環境であれば、それは色々なものに感謝しなければなるまい。

フェルト細工を販売しているお店でいくつか購入して店を出る。

ただ「Just looking」だけではここの人達も商売あがったりだろうからね。もしこの様なところに行く機会がある人は、何か一つでも購入頂ければ幸いだ。
それが経済を回すってことだし。

ニングルテラスを出た後は、再度トイレで用事を済ませてファーム富田へ向かう。

ここまで来てファーム富田に寄らないのは、ギリギリ良い感じの所までイッたところで「今日はここまでね、明日も早いからお休み!」って言うようなものだ(違うか)。

三密避けて富良野へ その2_a0015198_14533758.jpeg
はい、ファーム富田。
空の雲が厚くて青空が見えないのに加えて、雨が降ったせいだろうか紫が綺麗に出ていない。
黄色の大麦は良い感じで生育しているのだが、黄色のキンセンカやハルシャ菊、白い小さな花を咲かせるイソトマ、ピンクのコマチソウの生育がいまいち、且つ色が鮮やかに出ない。

三密避けて富良野へ その2_a0015198_14541407.jpeg
コマチソウを中心にパノラマで撮影してみたが、やはり生育が宜しくないのか他の作物よりも背が低くなってしまっている。
やはり高さも揃っていないと絵はがきのような写真にはならないね。
あと何と言っても空の色。
グレーではどうしようも無い。

フォトショやライトルームで補正しても良いのかも知れないが、まぁ面倒なので「撮って出し」。
綺麗な状態をその目に収めたい方は、現地に行って頂く事を強くお勧めする。

三密避けて富良野へ その2_a0015198_14541472.jpeg
別の畑も同様で、太陽が出ていない状態だとどうしても濁った色合いになってしまう。
iPhone7だとこれが限界かなぁ(と自分の腕を棚に上げてものをいう)。


お土産コーナーのドライフラワーは新しい作品が展示されていた。
三密避けて富良野へ その2_a0015198_14541413.jpeg
芸術のことは皆目わからないが、個人的にはこちらの方が何となく良いなぁって思う訳。
心地よい色な気がするのは、男色、もとい暖色だからだろうか?

店内も「三密」状態なので、ぐるっと回って早々に屋外に出る。

屋外行事だったら問題ないと思ってたら、キャンプに行って新コロに掛かったって話も聞くから、もうどうしようも無いね。

あれかい?、この調子で検査していって、万が一にも感染者数が国民の過半数を超えたらどうするの?。
もっと極端な話をすれば、陰性の人がたった一人になったら、その人を隔離するの?
確かに重症化して医療関係者の手を思いっきり患わせてしまう場合はあるんだけど、今のところ新型コロナによる死者数って餅を喉に詰まらせて死ぬ人の数よりも少ないんだわ。
(新型コロナ死者数1000名、餅の窒息死1300名)

餅を詰まらせて死ぬ分には、その人だけが問題になるから新型コロナで亡くなるのと根本的に比較するようなものでも無いけど、絶対値から言えばまだそんなものって事で、それよりも経済的に死んじゃう人の数がこれから先増えるんじゃ無かろうか?と思うのが「あくまで個人の感想です」ってヤツ。

正しく怖がって、その上で経済を上手に回すのが一番クレバーな行動だと思うのよ。
ワイドショーを見てそれに乗せられてわっしょいしながら怖がってるのが一番愚かに見えるわ。


あ、三密から話がおかしな方向に行ってしまった。
でも自分も2月頃に1ヶ月くらい体調不良が続いたのは、もしかしたらその時に感染発症していたんじゃなかろうか?なんて今更ながらに思うんだけど、それも昔の話だからもう時効ね。
抗体検査したら陽性に出るかしら?
まぁコロナだから抗体も消えてるかもしんないけどね。

で、やっぱりファーム富田に来たら外せないのは「芳香剤の味がするソフト」
三密避けて富良野へ その2_a0015198_14541492.jpeg
個人的には全然そんな感じはしないのだが、一部からは「トイレの芳香剤」って悪口を言われちゃってるのはちょっと悲しいなぁ。
これもここに来なければ食べられない味だから、ある意味貴重なのよね。
ただ今年はいつもと若干味が違うように感じたのは、自分の味覚がおかしくなってきたのかも知れない。

晴天が続いた後だったら、美瑛まで足を伸ばして青い池の見物でもするところだが、雨降り続きの中で出掛けたので青い池は絶対に青くないのは想像に難しくないためにパス。

帰りも同じ道で帰宅。
高速も頑張って走って、平均燃費は16km/L位。
もう少し大人しく走れば17とか18まで伸びたかも知れないが、いやちょっと待て、1Lの3気筒エンジン(ターボ付き)が3LのNAエンジンの燃費の1.6倍くらいしか経済的じゃないってのはどうなんだ?
逆の考え方をするならば、F10って驚異的な燃費って言って良いのではないのか?。
F10がマックス12km/L位なんだから、軽くて排気量が小さいライズはせめて25km/Lは行って欲しいなぁと思う訳よ(プリウスか!)。

ま、何にせよ直接雨に当たったのは移動中だけって事で、自分はきっと雨男では無い!


# by Wonderfullifewith | 2020-07-31 19:11 | うちのこと | Comments(4)
2020年 07月 26日
三密避けて富良野へ その1
外出自粛要請が出そうで出ない感じの怪しい雰囲気の中、自宅に引きこもってばかりだと経済が破綻してしまうのは火を見る要理も明らかな今の状況、コロナ倒産は我々の業界だって何時襲ってくるか判らない。

手をこまねいていても国は何も手を差し伸べてくれないんだから、民間は民間で出来ることを頑張るしかない、って事で三密を避けつつちょっとだけどライブに出掛けてみた。

今はいつもの年なら富良野のラベンダーが見頃を迎えている時期なので、ちょっと天気がハッキリしない状況ではあったが富良野まで足を伸ばしてみた。

今回のテーマは
「そうだ富良野行こう」(BGMは勿論「そうだ京都行こう」で)

まぁこの時期毎年恒例行事なのだが、いつもと違うのはその移動アイテム。

折角新しい家族車を入手したんだから、それを使わない手は無いでしょ。
それに天気も良くないし、雨に当たった後に洗車する手間を考えたら絶対家族車でしょ。

なわけでライズに乗り込み高速の人となる。

今回も高速道路で先行車追随システムを使ってみたのだが、やっぱり「このクラスのは正直使い物にならん」ってのが偽らざる感想。
ブレーキとアクセルが初心者マークレベルで動きがギクシャクしすぎ。

結局それらをカットして普通にアクセルを踏んで高速を走り続ける。

その日はなぜか三笠インターから先が混雑していたようだが、こちらは三笠インターで降りる予定なので何の問題も無い。

ただその時に抱えていた問題が一つだけあり、それは「尿意」。


この日、休日だったのでいつもの如くコメダにしけ込んでモーニングを頂いていたのだが、そこで大盛り珈琲を飲んでいたために体内には良い感じでカフェインが作用していた。

「何となく溜まってきたような気がする」と思いながらも最初のチェックポイントのコンビニを通過、まだ大丈夫だろうと思いつつもそこから先は遙か先の「三段滝」までトイレポイントは無い。

膨らんでくる膀胱に意識を向けないように車を走らせてどうにか忌まわしき三段滝に到着し、トイレ休憩と思って車を駐めるがなんとそこのトイレの入り口には無情にもコンパネが釘で打ち付けられていた。

管理上の問題なのか、コロナの影響なのかは判らないが、トイレの使用は不可能な状況。

万事休す。

膀胱は満タン、はたして次のポイント(予定では沼ノ端駅)まで持つだろうか?と言う不安もありながら車に乗り込む。

暫くして渋滞情報に「この先2km渋滞」の文字。

完全に詰んだ!

どう考えてもこの先10分は持たないと判断し、どうしようかと背中に嫌な汗をかきながら走っていると、右側にラブホテルがあることを思い出す。

生殖器方面ならいざ知らず、泌尿器のために「ご休憩4000円」なんて金額は支払えないので、その敷地内に車を進めそこから徒歩で山の中に分け入り、どう考えても熊と狐くらいしか出てこないであろう地域まで入り込んで、自然の中に体内の液体を排出することを決め込む。

あまりの緊迫状態に排泄器官を外部に露出するのもまどろっこしいくらいに感じたが、これを怠ると自分自身の尊厳に関わる事態に陥るので落ち着いて作業を進め、その後に体の中央部の緊張を緩めると血圧が一気に下がる感覚に襲われしばし呆然。

暫くそのままの状態を堪能するが、今までに経験したことがない長い時間が流れてるのを第三者的に感じられる位だった。

恐らくはマキシマムに広がった膀胱の先にある腎臓も軽い水腎症に陥ってたんじゃないかって位に溜まっていたんだろう。

それが証拠に、この1時間後から何度かそれなりの量のものが排泄されたのだから。

この道を利用する貴兄がいたら、三笠のセブンイレブンを逃すと何かとアウトなので気をつけて頂きたい。

さて、到着したのは新富良野プリンスホテル敷地内
三密避けて富良野へ その1_a0015198_14533917.jpeg
北の峰スキー場には30年くらい来てないなぁ。

個人的にはニセコのスキー場に行くくらいなら絶対富良野がお勧め、もしくはそれよりも北のスキー場ならなお良し。

絶対的な気温が低いから雪質は完全にパウダー、雪玉なんて作れないくらいにサラッサラ、完全に小麦粉状態の雪だ。

新雪に入ったら「ブフォッ」って感じで雪が舞い上がるし、もし転倒しても全く痛くないが、起き上がるのに苦労するくらいだ。



敷地内に車を駐めて、向かうは敷地内にあるこちらのレストラン。
三密避けて富良野へ その1_a0015198_14533879.jpeg
倉本聰さんがプロデュースした店らしい。

看板を頼りにテクテク歩くこと30秒、すると緑に映える平屋の建物発見。

三密避けて富良野へ その1_a0015198_14533880.jpeg
どうやら完全予約制らしいが、事前に予約していたのでその辺は無問題。

色々なお料理を頂いたが、それも大変美味しい物だった。

料理はコースとなっており、メインは数種の肉と魚の中でチョイス出来るのだが魚料理を選択してみた。

三密避けて富良野へ その1_a0015198_14541430.jpeg
決して狙った訳ではないがこの魚は「アイナメ」だそうだ(謎笑)。

パリパリの皮目が良いアクセントであっという間に完食、お皿に残ったソースもパンをこすりつけて「犬が舐めたのか?」ってレベルで綺麗に頂いた。

自家製パンに添えられるバターも自家製とのことだが、まさか無調整牛乳を瓶に入れてシャカシャカ振り回して作っている訳じゃ無いよなとか(さとらんど爆)思いながら、美味しい一時はあっという間であった。

デザートは桃のプルプルッとしたものだったが、これまたとても美味で、何よりもその揺れ具合が最高過ぎた(笑)。


窓の外からは緑の芝生が見え、その先に犬が繋がれていたので、食後にちょこっとだけ往診。
三密避けて富良野へ その1_a0015198_14541490.jpeg
あら、コーギーじゃないですか、それもこの仲良し具合と年の感じから親子?

若い方(オス)の犬には立派な尻尾が、てことは自家繁殖かな?(敢えて断尾せず)。

とても愛想の良い犬たちで、近寄っても警戒心を抱くことも無く、逆に「きちんと接待しろよ」って感じで体を寄せ付けてくる。

背中やお腹を撫でてやるとずっとそれを享受しているし、どうみても我が家の犬よりも綺麗に管理されている。

たぶん夜は家の中にいて日中だけ店に通っている犬なんだろう。

三密避けて富良野へ その1_a0015198_14533851.jpeg
でれーんとお腹を見せてる雌犬の警戒心のなさったら半端ないが、これが「世渡り上手」の証。

やっぱペットは愛されてなんぼだね。

お腹も満たされたので次なる目的地へ。

つづく


# by Wonderfullifewith | 2020-07-26 23:16 | うちのこと | Comments(6)
2020年 07月 21日
何でもないようなことが♬
最近の話で個人的には全く身に覚えがないのだが、頭頂部を何処かにぶつけたのか傷を負ってしまった。


大学生の頃に思い切り頭頂部を切ってしまって流血騒ぎになり、最寄りの外科病院に飛び込んで処置をして貰ったのだが、その時対応してくれた院長先生が若い看護師さんに「術野の毛刈りをして」と指示を出したところ、これが何の遠慮もない位に広く剃られてしまった。

あまりの術野の剃毛の大きさに院長も「ちょっと刈りすぎだわ(笑)」と言っていたが、当事者は「術野は広い方が良いんです」と自分の行動の正当性を訴えていた。

傷口は何針か縫合されて事なきを得たのだが、あれからだと思いたい(何がだ?)。

そういや犬でも短くバリカンを掛けた後に半年位全然毛が生えてこなくて焦ることがあるんだよなぁ(そのうち生えるんだけどね)。


そして今回、大きな出血にはならなかったが、頭頂部には1平方センチ位のカサブタが出来ていた。

それを見た娘(JK→JR)が一言

「あれ?どうしたの?、毛がないから怪我したの?(爆)」

「毛がないから怪我したんだよ(再爆)。誰が上手いこと云えとwww」

毛がない→怪我ない


毛というのは大事なところを守るためにあるのに、何故に毛がない?。

もしかして頭は自分にとってもはや大事な場所では無いと言うことなのだろうか。


ひとしきり親子で笑ったある日の夜、今日も我が家は平和です。


# by Wonderfullifewith | 2020-07-21 16:45 | うちのこと | Comments(2)
2020年 07月 20日
久しぶりの車弄り
正直な話、今年になってほとんどまともにドライブなんて出掛けたことも無い。

新コロの影響もあるが、それ以前に時間が取れない。

午後から休みの時も14時くらいに強烈な睡魔に襲われそのまま床に伏せてしまうていたらくな日々を送っている。

そんなどこにも行けないのに、今更のように「取締対策をしなければ」と普段の行動から全然逸脱したようなことで重い腰を上げてみた。

と言うのもF10繋がりの方が「レーザー探知機」を取り付けたって記事を読んでしまったから。

レーーでは無くレーーね。

最近はちょこちょここいつに捕まってるって記事を読むんで、何所にも出掛けないのに取り付けるだけはやっておこうと思った次第ね。

メーカーサイトからポイントを利用してちょびっとだけ安く購入して届いたものはユピテルの「LS10」って製品で、大きさは昔の喫茶店のマッチ位のサイズの黒い物体。

これをダッシュボードかウインドウ上方面に取り付ける事になっていて、電源はシガーライター経由のものとレーダー探知機から分岐出来るケーブルも同梱されていた。
久しぶりの車弄り_a0015198_10170392.jpeg

これも同一メーカーの製品の特権だなとか思いながらそれなら作業は簡単と、ピッキングツールとトルクスドライバー、あとは内装剥がしを持って車両に向かう。

取付場所は運転席右上で良かろうって事で、取り外す部品は電源を這わすためにダッシュボード右横のパネルとAピラーのカバーだけ。

レーダーの電源から分岐して長い配線を束ねてダッシュボード右横から奥に押し込み配線をAピラー内を通して、Aピラーの中にエアバッグがあるからそれの邪魔にならないようにしないとなとか思いながら、でもこれが破裂した時には自分の身にそれなりのことが起きている時だからそれはそれで別に深く考えなくても良いかとか思ったりして、兎にも角にも配線を這わす。

さて分岐用の配線を既存のレーダーに差し込もうと思った時、悲劇は起きた。

自分が今使っているレーダー探知機はGWR53sdと言う10年くらい前の骨董品的商品(一応データだけは新しい物に書き換えて使っている)で、これも新しい物に買い換えても良いのかも知れないが、OBD2経由で車両情報を入手していて、そのディップスイッチの設定が新しいレーダー探知機だとそのまま踏襲出来るかも判らない、またOBD2経由だと何かと不具合も起きるような話も聞いているので(と言いつつ使っているが)、使える内は使い倒してダメになったら車を買い換えるくらいの男気が欲しいところだが、聞くところによるとGシリーズはその辺の制御がもっとシビアになってるからそもそもOBD2から情報を取ることは止めた方が良いなんて話も聞くので、残念ながら車の買い換えは無いかも知れない。

買い替えをしない理由はそれだけじゃないかも知れないが、まぁ取り敢えずそんな理由にしておいて頂ければこちらとしても都合が宜しいのでどうかひとつ。

あ、そうそう悲劇の話だが、電源を分岐して配線を這わせて、いざレーダーに分岐用のコネクタを差し込もうとしたら、何と言うことでしょう、ミニジャックの向きが逆じゃないですか!。

何言ってるのか判らない人はそのまま読み進めて頂いて良いが、L字型をしたミニジャックのコネクタ、ちょうどマイクロUSBみたいな感じって伝えれば判ってくれるかも知れないが、それが入らないような向きなの。

なんてこったいって事で、またバラシに掛かって、てか最初に予行演習して接続しろよって話も無い訳でもないが、配線分岐用のケーブルを撤去して、もう一つ付属されていたシガーライターからの配線ケーブルを使う事にした。

まさかこの後に及んでシガーライターからケーブルをダラダラと伸ばしていくのか?と思われた貴兄もいるかと思うが、いつぞや作業したダッシュボード横からアプローチする空間に3つ口のシガーライターソケットを付けていたことが判明しちゃった訳で、これを見た時には「昔に作業した自分、GJ!」と汗だくになりながら心の中で叫んだわ。

スマホの電源や何か他の電源に加えて、今回レーザー探知機の電源をそこから確保して、それでも最初はあまりの固さに上手いことシガーライターのケーブルを挿入することが出来ず、ACCにしても通電されずに焦ったが、試しのセンターコンソールのシガーライターに挿入したところ、結構奥まで挿入しなければ通電しないことが判明、それならばと普段はアダムタッチを信条としている指先に渾身の力を込めてグイッと挿入したらどうにか通電してくれたので、安堵の中で吹きまくった潮、もとい汗を拭ったのであった。

あとは長すぎる配線を纏めその辺に適当に共締めしてレーダー探知機の電源を元通りにしてダッシュボード横のカバーを填め、Aピラーのカバーを元に戻し、作業は無事完了。

気温28度でこのしんどさなので、内地の人(中高年)が湿度の高い30度の炎天下で車弄りをするなんてのはある種の自殺行為のようなものだろう想像するのは容易であった。

今回はメーカーの説明を鵜呑みにしてしまったために遠回りをしてしまったが、挿絵にあるようなレーダーのコネクタ部分が付いているのであれば、何事も無く電源分岐用ケーブルを使って配線すれば良いと思う。
いや、この際だから金にものをいわせてオールインワンの「レーザー対応型レーダー探知機を購入」ってのが一番良いのかも知れない(家族車にはそれが付いている)。

最近は何所にも行ってないし、ほとんど速度超過して車を走らせることも無いが、5000円程の出費で安全と安心が買えるのならそれは安いものだと思う。




# by Wonderfullifewith | 2020-07-20 17:27 | くるまのこと | Comments(6)
2020年 07月 10日
30年の時間がもたらす変化
真夏にこんな話題もなんだが、降雪地域で車両を維持する難しさを思い知らされる写真を頂いたので、オーナー様の許可を頂いて掲載してみる。

30年の時間がもたらす変化_a0015198_10501112.jpg
この車両にピンと来た方がいれば、それはかなりのサンヨンフリークと言って良いだろう。
各部位に惜しげも無くメーカー純正品を組み込んで、最高ランクにお金と愛情を注がれた535iである。

そんな愛車もはや30年、豪雪と融雪剤はオーナー様の愛情やディーラーメカニックの技術をもたやすくはねのけ、どうにかして土に返そうと虎視眈々と狙っていたようだ。

この頃の車両はほとんどの部品が鉄で出来ている。
鉄と塩が戦えば、残念ながら塩が勝ってしまう自然の摂理、この状況をまざまざと見せつけられる写真を掲載したいと思う。

30年の時間がもたらす変化_a0015198_10501510.jpg
この写真を見て言葉を失った。
運転席下の鉄板が朽ち果てている。
運転席の床面から地面が見えるのだ。
30年の時間がもたらす変化_a0015198_10491289.jpg
朽ち果てた部分を切除して、修理しやすい様に綺麗にトリミング加工さている。
30年の時間がもたらす変化_a0015198_10491136.jpg
外から見るとタイヤハウスの後方からこんな感じにトリミング(と言ってもプードルのそれではないし、Photoshopによるそれでもない)。

その昔、大学生の頃に友人が乗っていた軽自動車では良くある光景だが、ドイツのあの厚い鉄板をしても塩には勝てずに朽ち果てていた。



30年の時間がもたらす変化_a0015198_10500681.jpg
健全な部位までデブリードマンを施し、その後は傷口に他所から持ってきた被覆材(鉄板)をあてがって修復を試みてくれたと聞く。

寸法通りに被覆してその部位を縫合、いや溶接しているようだ。



30年の時間がもたらす変化_a0015198_10491146.jpg
溶接し終わったところはシャシブラックのような塗装を施し、その後に防錆剤をたんまりと塗布して治療終了。


ディーラーでも「今回は修理出来たけどこれが最後かも?」との最後通達を受けているらしい。

自分の時も20年目でドア下のサビ、フロントガラス周囲のサビなど、本当に元気を吸い取られるシーン満載だったが、プラス10年の歳月は想像以上のものだった。

雪の降らない地域のオーナー様には完全に「対岸の火事」だろうが、雪の降る地域のオーナー様には、融雪剤に対する処置は「これで十分」と言うことはないので、しっかりと対応して頂きたい。

今回貴重な写真を頂いたオーナー様に感謝する。
ねぶた、一度実際に観に行きたいと思っているので、その時まで元気でいて下さい(何十年後だよ)。


# by Wonderfullifewith | 2020-07-10 11:47 | くるまのこと | Comments(11)
2020年 06月 25日
M340と言う選択は果たしてありか?
免許返納年齢を何歳にするかなんて事がそんなに非現実的な話じゃなくなってきた今日この頃、人生最後の車は果たして何なのだろうか?と考えたりする。

G30も選択肢に入るかもしれないがG30までになると物理的な問題からALPINAは候補から消えてしまう。
非常に残念至極である。
だってさ、全長が5mに2cm位しか足りないくらいに大きいのよ。
もうそこまで大きくなったら流石にガレージに入れることは不可能だわ。

まぁ今の住処から移動するようなことがあればまた話は変わるのだろうが、それとて10年先位の話だからその時には収入的に黄色いナンバーの車になってる事もあり得なくもない。

F10からF10ってのも無い訳ではないが、仮に新車でとなればG20も候補に挙がってくるかも知れないと勝手に思い込んで、取り敢えず「試乗でも」って事でDまでのこのこ出掛けてみた。

やっぱ4発はなぁって妙な拘りがあるので、そうなると選択肢は一択となりM340i。
丁度試乗車にM340iがあるって事なので試乗させて頂いた。

その前に、新しいBMWはインパネ周りの意匠ががらりと変わってしまった事に、個人的にもの凄く違和感(食わず嫌い)があったので、それを果たして克服出来るであろうかってのも課題であった。

担当営業さんに「適当に乗ってきてください」と言われて運転席に座ると、飛び込んできたのがこの絵柄。
M340と言う選択は果たしてありか?_a0015198_16164001.jpeg
うーん、やっぱタコメーターに違和感しかない。
慣れるのだろうか?(いやそんな心配要らないけど)。

よく見ると制限速度表示なども出るようだ。
親切だねぇ。
あとは居眠り防止装置も付いているとか。
つくづく親切だねぇ。
メーターの間に小さいナビが出るようだが、ここってどの位見るの?

「アウディよりも見やすいと思います」と言われたが、VWグループもここに色々と表示するようにしているが、最近の流行りなのかね。

M340と言う選択は果たしてありか?_a0015198_16163171.jpeg
エンジンスタートボタンがシフトレバーの横に移動されていた。
この辺のボタンはもう少し凹凸があった方がブラインドタッチの際に親切な気がするが如何なものだろう?。
そう思いながらブレーキペダルを踏みながらボタンを押すと、車両後方から勇ましい音。
Mの文字を冠にしてるだけあって、早朝の住宅街でエンジンを掛けることを憚れるようなレベルだ。

M340と言う選択は果たしてありか?_a0015198_16163644.jpeg
ステアリングは太くてやや小径な感じは嫌いじゃない。
緩急色々なボタンやパドルシフトも付いていて、てんこ盛り。
たぶんほとんど使わないボタンもありそうね。

M340と言う選択は果たしてありか?_a0015198_16162436.jpeg
エンジンは勿論6発。このカバーの長さがそそられる。
前方が空いた瞬間、右足にグイッと力を入れてみるとタコメーターが一気に跳ね上がって速度計がスンゴイ領域まで到達してしまったが、それをしっかりと受け止める大径ブレーキのお陰で不安感は皆無。
サーキットなどに持ち込むと話は別なのかも知れないが、少なくとも一般ユーザーが通常の使用領域に於いては全く不足は無い制動だと思う。

3シリーズに1000万かぁなんて思いながらも、ほとんど1人しか乗らない自分、またガレージのキャパなどサイズ的にはベストなんだろうけど、最後の最後に「やっぱここは・・・」と見てしまったのがこちら。
M340と言う選択は果たしてありか?_a0015198_16162702.jpeg
コーディングメニューの中でEasy Entry Systemが一番重宝している身としては、ステアリングのチルト機能が手動なのはいただけない。

もしここが電動だったらM340iは人生最後の車の候補として大いにありだったと大見得を切って終わりにしたい。


ただね、違和感しか無かったタコメーターの動きだけど、実際に乗ってみると「あれ?それほどでも無いかも?」ってのが正直な感想だったのはここだけの話。


# by Wonderfullifewith | 2020-06-25 17:00 | くるまのこと | Comments(8)
2020年 06月 22日
ステイホームなので
訳の判らない感染症のお陰で何所にも出掛けられない日々が続いていた。

職場のスタッフは日ごとに「スイッチが欲しい、スイッチが欲しい、どうぶつの森やりたい」とことある度に「呟く」の音量を超えたような叫び声を上げながら、それでも仕事はそれなりにしっかりと行ってくれていた。

そんなある日
「イオンカード持ってます?」
「GGカードなら持ってるよ、悪かったなジジイで(笑)」
「いやそんなこと一言も言ってないし(笑)」
「じゃぁそのカードでスイッチの抽選に応募してください。他のみんなにもお願いしてるんです」ってことでイオンカードを使ってスイッチの抽選応募をばポチッとしておいた。

そして抽選の日、見事に無欲の勝利!
当たるもんなんだねぇ。
ステイホームなので_a0015198_22345310.jpg
無事定価購入!
いや、ワオンのポイントが貯まったので少しだけお安く入手可能となった。

自分は基本的にゲームをやらない。
やるとサルの何とかみたいに、ゲーム攻略のために寝食を惜しんでずっとやり続けるのが過去の事例から判りきっているからだ。
なのでゲーム関連には極力手を出さないと決めている。
それ位に意志が弱い人間なのだ。

プレステも5が出るらしいけど、勢い余ってVRなんて入手したら、それこそ間違いなく「廃人」になると断言出来るわ(どんなソフトで遊ぶんだか)。



# by Wonderfullifewith | 2020-06-22 18:45 | まぜまぜ | Comments(2)
2020年 06月 14日
まったり
雨の中を走って汚れたのでケルヒャーを引っ張り出して洗車を敢行する!
まったり_a0015198_22345378.jpg
洗車のあとはお隣の喫茶店の牛乳ソフトでクールダウン(ランチ時に駐車場を貸してるので大盛りサービス)。

纏まった時間が取れないためツーリングにも行けないので、家の前でまったりするしかない。
まったり_a0015198_22345353.jpg
お隣が喫茶店なのでこんな時は便利なんだけど、出来ればちょっとは走りに出掛けたいよね。

さてさて、F10も何時まで乗っていられるかなぁ。
アクティブステアリングから聞こえる独り言以外に全く問題はないので、出来ればあと数年は乗っていたいなぁと思う初夏であった。



# by Wonderfullifewith | 2020-06-14 22:59 | くるまのこと | Comments(4)
2020年 05月 21日
ソーシャルディスタンスしつつ
一部地域では漸く非常事態宣言が解除されてきているが、流行の最先端を進んでいる北の大地は当然の如く解除はまだ先のようだ。

不要不急の外出を控え、他人との接触を最小限にした生活をしてウイルスの爆発的感染を防ぎましょうなんてお達しが出ているが、普段接客業を行っている身としては「どうしようもないわ」ってのが正直な感想だったりするが、それは大きな声では言えない。

なのでせめてもの協力として「仕事中はひたすら手を洗う」事を行っている。
一仕事ごとに1分間を目処にハンドソープで手を洗っていると、いつのまにか手の脂がほとんど取れてしまうのか、夕方になると手が突っ張って思い切り開かなくなってくる。
その位に気合いを入れて手を洗っている。
ソープと共に生きるのはなかなか大変なのだ。

手を洗いながら手の中できめ細かな泡を作ってると、なんだかそれが楽しくなって、何時だったかSNSで綺麗な泡を作る動画がアップされていたが、それに近い物が出来るようになってきた。

そんな事を日に何十回も嬉々としてやってるおっさん、職場のスタッフからは「キモッ」と思われているに違いない。


そんな日々を過ごしていると、やはり時には外に出てみたい衝動に駆られてきて、気づけば愛車に乗り込んでいた。
出会う人を最小限にして出掛ける事を信条にちょっとドライブしてみることにしたのだ。

行き先は相も変わらず「小樽」
観光地としては全国的に知れ渡っているが、このご時世ゆえ全く観光客がいない。
ビックリする位にいない。
今回も有名なあの通りに人が2人しかいなかった。
路面店もほとんどシャッターが下がっていて、そこには「お休みします」の張り紙。

唯一と言って良い感じで開いているのが、かま栄のかまぼこのお店。
ソーシャルディスタンスしつつ_a0015198_14432503.jpeg
ここしか店がやってないことも手伝ってか、店内はそれなりの人混みとなっていた。
ソーシャルディスタンスを意識しつつ適当にかまぼこを購入。

現金(紙幣)には何が付着しているか判らないので、クレジットカードで会計を済ますこのスマートさ。
出来る男は違うな。

いやまて、実はここまで来たのは別の理由だったのだ。
テレビで「アジフライ」を見てしまったために、そうだ今日の昼食はアジフライ定食にしよう!と決めて車を走らせたのだった。
すっかり忘れていた。

ナビでアジフライの店を探し、颯爽と車を走らせ「目的地に到着しました」で見たその先にあったのはシャッターが閉まった目的の飲食店。
グーグル最高顧問は「やってる」って言ってたのに、何だよこの非常事態宣言は!と叫んだところで閉まっているシャッターが開く訳も無く、致し方なくかまぼこのお店に移動したって訳。

かまぼこを購入しても、その場で頂く(イートインね)訳にも行かないため、致し方なく最近はほとんど食べなくなったラーメンなんてものを食べる羽目になってしまった。
今は反省している。

ソーシャルディスタンスしつつ_a0015198_14432598.jpeg
初代さんの味噌ラーメン。
店内はきっちりソーシャルディスタンスが守られ、入店して着座しようとするとすぐさま店員さんが消毒薬とダスターを持って来て椅子からテーブルまで消毒していった。

運ばれてきたラーメン、「もしお味が濃いめだったらご遠慮なくお申し付けください」と言われて一口飲んだが、おっさんの口にはやや濃いめに感じたために薄め用スープを追加して完食。

この完食なんて事をしたが為に、この先自分に襲ってくる不幸をその時はまだ知るよしも無かった訳で。

食事を終えて車に乗り込み帰途につく途中、やはりここをスルーする訳には行かないであろうって事で、ここでもソーシャルディスタンスを守りながらケーキを購入。

ソーシャルディスタンスしつつ_a0015198_14432557.jpeg
べんべ屋到着。
店の駐車場満杯。
外出自粛、何それ?状態の繁盛っぷりに驚く。

こう言うチェーン店じゃないケーキショップって、こちらには余り無いのかも知れないなぁ。
店員もそれなりに抱えているからおいそれと休む訳にもいかないし、経営者も色々大変なんだなぁとどうしてもそんな目線で見てしまう。

100万円貰ってどうにかなるレベルの仕事なら良いけど、それ以上に金が動いている仕事をしている会社は大変。
公共事業なんかは1日で100万円レベルだからね。
止まったら即倒産みたいなレベルだわ。

ソーシャルディスタンスしつつ_a0015198_14432652.jpeg
ケーキが並んでいるショーケースを見ながら適当に「これとこれとこれ」って選んで購入。
何を選んだかはよく覚えていないが、、写真から見るに白いモンブランは頼んだようだ。イチゴのムースのケーキもあるなぁ。
もう一つは何だろう?
まぁ何でも良い、とにかく今は少しでも経済を回して世の中が潰れないようにするしかないのだ。


お上が下々の民に10万円ずつ配るって事で書類を送ってきたが(勿論すぐさま必要事項を記入して投函)、きっと倍返し的にお上は色々な方法を駆使して(所得税増税、消費税増税、住民税増税、市民税増税、社会保険料率アップ、年金支給年齢アップ等)我々には気づかれない様、ものの見事に取り立てていくのであろう。
まさに「損して得取れ」商法の最たるもの。
やっぱ頭の良い東大出の官僚の考える事は違うわ。
愚かな平民はこうやってごく一部の上級国民の懐を潤わせるために、せっせと働いて死んでいくんだろうなぁ。


取り敢えず我々下々の民が出来ることといえば、
GSから送られてくる「明日からガソリンが値上がりします」の案内を入手してガソリンを入れるくらいだ。
ソーシャルディスタンスしつつ_a0015198_14432610.jpeg
往復100km程のドライブに使ったからか、燃費は10km/L弱とまずまず。
ライズのディーラー営業さんからは「次はクラウン如何でしょう?」なんて言われたが、いつかはクラウンの時代のデザインは好きだけど、乗ってる人には悪いけど今のはねぇ(どうしてもテールランプ周りがウルトラマンエースにしか見えないw)。

なわけで、忙しく仕事をさせて貰ってる中、会社のHPを新しくしたりと自分は一体何屋だよって感じもしない訳でもないが、病気にならないように気をつけて暮らしましょう!。

昼過ぎにラーメンなんて食べたものだから、その日の夜は全くお腹が空かなくて、結局翌朝まで胃もたれに苦しんだのはきっと加齢のせいではないと思いたいのだが、ぼんくらの頭ではそれ以外の理由が一切浮かばないので誰か何か良い言い訳を考えてください。


全然関係ないけど

# by Wonderfullifewith | 2020-05-21 15:48 | くるまのこと | Comments(6)
2020年 05月 03日
GWだけど
いきなりだが
GWだけど_a0015198_07130496.jpeg

どこかの拾い物だが、こう言うの考える人って本当に凄いと思う。
パクりというのかオマージュというのかは判断が難しいが、素直に尊敬する。
ちなみに自分はエバンゲリオンとかは全然判らないので、これ以上の質問には答えられない。
そこに書いてある内容に関しては少しだけ判るけど(少しかい!)。

GWだけど_a0015198_18023687.jpeg
でもってヒマに任せて(ヒマじゃ無いんだけど)、弊社のWebsiteの刷新を図ろうとソフトを立ち上げてシコシコ作ってあと少しって所まで来て、写真をどうしようかって話になったときに取り敢えず身バレしないレベルで撮影したけど、どうせなら少し盛って体の一部分を大きめにして読者を増やすのはどうか?って話になったが、実際に会う人がその写真を見て????って事になっても困るのでそれは止めることにした。
が、リクエストがあれば少し盛って貰うようにお願いしてみる予定(するのかよ)。


GWだけど_a0015198_18114073.jpeg
何所にも出掛けないでねって言われても、それではあまりに経済が冷え込んでしまって立ち居かなくなるであろうから、引きこもりのご褒美ってのを入手するためにコッソリとケーキ屋まで足を運んでみたりしている。
そこでも最低限の接触で美味しいケーキを入手、甘いものは正義!。
ちなみにこの店の名前は「べんべ屋」
ドイツ語のそれとは全く関係ないが、どうしても他人のような気がしないので時々利用させて貰っている。
そしてそこに豊田で乗り込む。

何所にも行かないでねって言ってるのに、豊平川河川敷でBBQに興じるようなことだけはしたくない。
BBQがしたいのなら自宅の庭ででもしなさい。
そんな事をするから訳の判らないJアラートみたいなのが一斉に職員さんのスマホに飛んできて、職場は一時「地震か?」とか「北からの飛翔物か?」とかあらぬ事で騒然として、スマホを開いてみたら「家に居てね」っていい加減にしろよって感じになるんだから。
最低限の自粛はしようね。
医療従事者の人達はギリギリの所で戦ってくれてるんだから。
もしどうしても「自粛したくない」って言うのなら、「自分の身に何か起きた時には医療者の方々のお世話になりません」と一筆書いてからにして欲しいわ。

今年は祝日と自分の休みが良い感じでシンクロして1.5連休を取得することが出来たのだが、このコロナ禍の影響で何所の観光施設も「自粛」「閉鎖」の嵐。
GWだけど_a0015198_18114049.jpeg
桜を見に行くことも出来ないのか!と自暴自棄になりそうな所に持って来て、拙宅から徒歩1分のグループホームの桜が綺麗に咲いている情報を得て、と言うか近所を歩いていれば直ぐに判るレベルなのだが、そこまでてこてこ向かって桜を愛でる。

今年は厚田の桜の名所も閉鎖かなぁ。
でもあそこは基本的には「墓地」だからなぁ。
どんなもんだろうね。


GWだけど_a0015198_18431661.jpeg
ソフトクリームが美味しい季節になったので近所のケーキ屋さんに行ってさくっとテイクオフ!(飛ぶのか?)。
少しずつ経済を回すお手伝いをしながら、それでも自分の身を守りながらGWを乗り越えましょう!



# by Wonderfullifewith | 2020-05-03 18:55 | まぜまぜ | Comments(4)