2019年 03月 21日
初めての夜 中の中の中位(18禁)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by Wonderfullifewith | 2019-03-21 09:41 | 妄想
2019年 03月 18日
オジサンだってパフェを食べるんだからね
かなり以前から出会い系サイトでお知り合いにさせて頂いている方と漸くオフラインでお会いすることが出来る機会に恵まれたので、日曜の昼から街中に繰り出すおっさん。

日曜日や祝日 ー今度の休みは世間様もお休みかぁー は街中に車で行くことがほぼ困難なので、いつもの如く地下鉄とバスで出掛けたのだが東京ほどではないにしろやっぱ休日は人が多い。
そして曜日に関係なく諸外国の観光客が目立つ。
スーツケースをゴロゴロ引きずりながら観光しているから、直ぐ判るのよね、声もデカいし。


そんな訳で今回の集合場所は「雪印パーラー」
以前食品衛生方面で色々とやらかしちゃったメーカーなんだけど、やっぱり北の人間としては人情として応援したいのよ。
こちらは昔からある老舗のレストランだが、駅前通から移転してからはお邪魔することもなかったが、今回お客様をお迎えするって事でこちらの店を敢えて選択。
こういうときは奇を衒うよりもド定番のお店の方が良かろうって感じね。
次はもっとディープなお店にご招待しますよ(笑)。

店に先について席に座っていると、程なくしてご来賓到着。
オンラインではずっと昔から知っているのに、初めましてのご挨拶。
それこそ7〜8年より前からのお知り合いではなかろうかと思う(オンラインではね)。

「東京と言えばって感じの物ですが」とお土産を頂戴し、こちらも「北の大地と言えばこんな感じなんですが」と自分の好きな北海道開拓おかき詰め合わせをお渡しする。
いつもは「どの味にしようかな?」と悩むのだが、一つ一つは少し小さいけど「詰め合わせ」を買えば良いのかとこんな所で再発見してしまった。

北海道土産、今更ながらに奥が深い。
だから石屋製菓が銀座に出店してるなんて話はあまり好きじゃないんだよなぁ。
「ひよこ」とか「東京ばな奈」が北の大地で売られてたらなんだかなぁと思いません?


今回はご家族同伴だったので、その方のリクエストを100%聞き入れる旅行プランらしく、その一つとして北の大地のパフェをとの事だった。
他のリクエストとしては「カニの刺身を食べたい」なんてのがあるそうなので、大層グルメな感じのご家族様のようだ。
恥ずかしい話、自分はテレビでは見たことがあるがたぶん実際には食べたことが無いと思う。

業務連絡:いつでも準備できてるので、カニの刺身を食べにつれてってくれる人募集してます!。

a0015198_11191528.jpg
ご来賓はベリーのパフェ、そのご家族様はフルーツパフェを、自分はチョコレートパフェ、薄ら禿げたおっさん1、イケメンパパ(通称シャン、笑)1、未成年のご家族1のこれまた妙な組み合わせでパフェを頂く。

こちらのご来賓、自分とはCanon5D2仲間でもあり、今回は16-35のレンズ一本勝負で挑まれているらしい。
「まだ壊れてないし、連写も秒間10コマなんて要らないし」とのことで自分も5D2を愛用しているが、通常使用であれば必要にして十分過ぎるボディだと思っている。
小さなご家族と一緒であれば被写体は当然ごく近くとなり、長玉を持ち歩く必要性も無いのでこの旅の中での選択は好判断と言わざるを得ない。

a0015198_15462875.jpg

角が立ったこのクリーム、脂肪の塊ってのは判ってるんだけど、やめられないねぇ。
ただ作り置きだったのか、チョコレートがあまりに硬くグラスに固着していたのはちょっと残念。
次回はもう少し生っぽいパフェに出会えますように(笑)。

隣の席では大人数で洗面器クラスのパフェに挑戦していたが、完食できたのだろうか?
たぶんI am a No.1ってヤツだな。
奈良のスイーツ男子ならきっと一人で逝けるはずなので、今度出張で北の大地にお越しの際は是非とも挑戦していただきたい。


車の話は5分以内って訳じゃないけど、その辺の話は軽く流す。
「車、買い換えるんですか?(笑)」との問いには即答できない自分。
買い換えるには自分が今のF10を好きすぎているってのもあるし、家族車をどうにかしなくてはってのもあるし、そうだSUVの3クラスの中古(ディーゼルなんて最高)は減価償却の経営的観点からも良いなぁとさりげなく呟いてみるが、はてさてどうなることやら。
そうなったら家族へのプレゼンも頑張るんだけどなぁ。
そんな妄想を膨らませてる時に仕事の電話が鳴って「明日信販会社から確認の書類が届くから、ハンコ押して返信してね」って、またガッツリ借金したのを思い出してしまう。
きっとこうやって借金返済は一生終わらないんだろうな。


お互いの近況をお話ししてる内にご来賓のご家族様から「そろそろお開きの時間です」の号令が掛かり店を出るが、今年は雪解けが早いとは言えやはり気温は4℃程度なのでそれなりに寒い。
その後、ご来賓を営業車にお乗せしてプチオフは滞りなくお開きとなった。

今度はご家族全員でお越し下さいね。
きっとその頃には「じっとしていられる」お年頃になってると思いますので(笑)。


# by Wonderfullifewith | 2019-03-18 19:43 | カメラのこと | Comments(2)
2019年 03月 09日
休日
その他のサービス業に属する職種に就いている自分、平成6年から一人棘の航海に乗り出してもうすぐ23年かぁ。
きっとあと10年くらいはこんな生活を続けていかなければならないんだろうなぁと考えると、その先のことも少しだけ気になってくるが、この業界に携わってる諸先輩達の動きを見るに仕事をやめて数年以内に鬼籍に入るってパターンがやたらと多い。

仕事を辞めるから死ぬのか、死ぬ寸前まで仕事をしているのかは判らないが、余生をノンビリ暮らしているって人はほとんどいない。

そんな事を考えると自分もこの先どうなるんだろうと漠然とした不安に襲われながら、今更ながらに悪足掻きをする今日この頃だったりする。
結果休日の方が忙しい、そんなある意味逆転劇が発生していたりする。

休日の朝から出掛けて日だまりの空間で約束の時間までボーッとしていると、ふと直線的な虹を発見。
ガラスのプリズム作用なんだろうけど、そんな物にちょっと心が動いたりする。
a0015198_10145616.jpg
外はプラス気温とは言えまだまだ一桁、寒い状況なので室内の暖かさとこの様な幻想的な光りの帯を見ていると癒される。
誰の身にも1日は平等に24時間、それを如何に使うかは本人次第ね。

ダラダラしているとあっという間に死期が迫ってくるから、同年代の諸兄は心されたい。
習いものを済ませてから街ブラしていると、目を留めてしまったのが運のつき。
可愛いオネイサンから言葉巧みに勧誘を受け、気づけば体験レッスンからの正式申し込みみたいな流れになって、一体自分はこの先何になるつもりなんだ?と自問自答する間もなくカードを差し出していた。

FPの資格を持つ知人が「奥さんがヘルパー2級の資格を取り始めたら要注意ですよ(笑)」と教えてくれたが、うちのご家族様はしっかりと資格を取得されている。
その手の実務経験もしっかりあるので、要注意と考えても良さそうな気がしないでも無い。


そこで自衛策としてどう立ち居振る舞えば良いかを考えたとき、優しい声を掛けてくれた若い女性になびいてしまったのが運のつき。
今は少しだけ反省している、事はきっと無いと思う。

a0015198_10145627.jpg
「どんな風になりたいですか?」
「魚をおろしたいです」
そんな話をしたような気がする。
「ケーキやパンを作るのにはご興味はありますか?」
「それは余り無いです(笑)」
「ではこの様なプランは如何でしょう?」と提示されたプランを見ると、なるほど嫁入り修行ってのはそれなりにお金が掛かるのねって費用ではあったが、これもこの先人生100年時代を迎える身としては知っておいて何の損にもならないだろうし、万が一の時にはしっかりとした人生を歩めそうな気がしたので、休日は「お前は幼稚園児か?」と言われそうなくらいに内職やら習いもので身が持たないような本末転倒人生を歩むスタートに立ってしまった。

ぶっちゃけ自分の母校を退官した教授が、全く畑違いの夜の街で飲食の店を開いて頑張ってるんだから別に良いよね。
すすきのに来る予定がある人は、是非ご利用下さい。

私の名前を言って貰えれば
「あ、そうなの?知り合いなの?どんな知り合いなの?」と聞かれる様なことはないと思うのでお気軽に。
すすきのには他に同じ名前の店があるので注意してね。



予定の時間まで少し時間があったのでスタバにでも寄ってコーヒーでも飲みながら仕事でもしようかと、本日のコーヒートールサイズを頼んで席の一画を陣取る。
3月と4月は年度末で無職だから、その間に色々と新たに資料を作ったり去年までの資料の手直しをしたりして今年も内職を頑張ろうとは思っているのだが、諸般の事情で少しだけ時給が下がるって所が痛いところではあるがこれも致し方ない。
世の中とはそう言うものだ。
来年も働かせてやると言われただけでも感謝しなければならない。
もしクビになったら別の職場を探さなければならない、そうしなければ毎月のCardから引き落とされる保険料の支払いが出来ない自分なの。
a0015198_10145653.jpg
正月の初売りで24,000円分のiTunesCardプレゼントってうたい文句に思わずポチッとしてしまったノートパソコンだが、待てど暮らせど全然カードが届かないなと思って再度確認してみたら「MacBookAirは対象外」って文字を見つけて悲しみに打ちひしがれている。
まぁそれでもパソコンだって消耗品みたいなものだし、これで幾ばくかの金を稼がせて貰っているんだから、定期的に買い換えるのは仕方ないと自分に言い聞かせるが、なんだかんだで20万って金はやはり現実大きかった。

でもってその20万の傷が癒えないうちに今度は母艦のiMacの挙動がおかしい話になってきて、識者にお尋ねしたところ「それはHDDがお亡くなりになっている可能性もありますね」とのご指摘を頂いて、買換えの文字も頭に浮かびネットでポチポチしてその金額を見たら、何と言うことでしょう、学生教職員のアカデミック割引を使っているのにも拘わらず30万なんて数字が出て来て「神は我を見放したか!」とクリスチャンでも何でもないのに都合の良いときだけ「ミッション系の大学を出ていますとか」って言っちゃうようなキリスト教の方から来ました的な怪しいことを言おうとしたら「お前が見放されたのは神じゃなくて髪だろ」って至極真っ当なツッコミを頂いて座布団1枚って言いそうになりながらも、ポチポチネット検索したら直ぐご近所にパソコン修理のお店を見つけちゃって、そこで取り敢えず新型のiMacが出るまでの延命措置的な修理対応をお願いしようかと急に貧乏くさい方面に話を持って行こうとしている(イマココ)。

さしあたりメールの送受信はノートパソコンで行えば良いとして、写真の管理などはちょっと待っててね的な事になるけど、これは致し方あるまい。

データのバックアップは取ってはいるが、そのバックアップもとても怪しいようなバックアップだから、本当に必要なものだけをしっかり避難させて真っ新になっても誰も悲しまないようにしておきたい。
まぁ悲しむのは自分だけなんだけどね。


そして休日にしかネクタイをしないような、世の中の人とは真逆の生活をしている自分、職員さんからバレンタインにネクタイを頂戴したが、これがホントのネクタイ関係とか言ったら間違いなく「それセクハラです!」と言われるので言わないけど、これのお返しを考えるのがまた大変だったりする。
やっぱり3倍返しとかって風習はまだ残ってるんですか?
あれ?それって結納返し?
倍返しは半沢直樹だし、その辺のしきたりをすっかり忘れてしまったわ。

にしても世の中の人がラフな格好やオシャレな格好をしているときにネクタイ締めて街中を歩いてる頭頂部がシースルー風味のおっさんがいたら、それはきっと私です。
a0015198_10145637.jpg
これ、良く見えないかも知れないけど隠れミッキーのデザインなの。
黒い部分にミッキーが隠れてるが、本当に近く、恐らくは10cm位まで近づかないと判らないのでそんな至近距離に近づいてくれるような綺麗な女性がいれば何方かご紹介頂ければ凄く嬉しいです。

さてさてふるさと納税じゃないけど返礼品を何にしようかとデパートを覗いても、1ヶ月前のバレンタインのような催事は大きく取り扱わなくなってきているようで、困ったオジサンはどうしたら良いか妙案があればご教示頂ければ幸いです。

送ってくれた本人は「クリスピークリームドーナツが良いです」と言ってくれたが、ネクタイのお返しに似合うだけのドーナツを食べさせると、新年度に行う健康診断で引っかかってまた大変な事になるような気もしないでもないので、って所で誰がネクタイをくれたか判った人はうちの事をよく知りすぎている感じがするけど、業務連絡的に言えば4月に新しい人が入るので手続き宜しくお願いしますとこの場を借りてご報告する次第。
てかそろそろ新年会しません?(大笑)。


しかしあれだね、校閲って程のことでもないけど、本当にそれは現実に可能なのか?なんてことを実証するってのも大変な作業なのね。
電車を利用したトリックの作品を書く人だって、時刻表とにらめっこして色々考えたりするだろうし、辻褄が合わないと読んでる人の頭の中に?マークが沢山出て来ちゃうだろうから、その辺は如何に「本当っぽく」するかってのは大事なこと。
試したのか?と訊かれたら、それは想像に任せるとしても、きっとそれは可能なことなので何方か騙されたと思ってやってみて下さい。
恐らくは「あ、ほんとだ」って事になると思いますよ(謎笑)。
そんな事を考えてる時間も世の中は平等に24時間。

取り敢えず自分の業界は日々情報がアップデートされてるので、それに付いていくために業界紙を読みふけることにして、ここはひとまずさようなら。


# by Wonderfullifewith | 2019-03-09 11:23 | まぜまぜ | Comments(4)
2019年 03月 08日
初めての夜 中の中(18禁)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by Wonderfullifewith | 2019-03-08 00:16 | 妄想
2019年 03月 04日
ファン申請記事に関しまして
一部記事をファン申請頂いた方のみに公開とさせて頂きました。

ただファンになるためには、どうやらエキサイトに登録してブログを開設しなければならないようです。
ただしブログの更新は必要ありません。

全世界の誰もが見ることの出来るワールドワイドウェブにしょーもないネタをアップしてますんで、この辺は一定の線引きをさせて頂きます。

申請頂ければよほどのことがない限りはお断りしませんので、エキサイトへの登録の後にサイトブロック右(車の写真の下あたり)の「ファンになる」で登録を御願いします。

特に自己紹介も必要ないです。
して頂いたら嬉しい程度です(笑)。


# by Wonderfullifewith | 2019-03-04 10:26 | 妄想 | Comments(8)
2019年 03月 03日
G20に乗り込む
お世話になっているDの営業さんから「G20の展示車があります」と連絡があったので、いそいそと出掛けてみた。

ショールームにはイメージカラーの何とかって名前が付いてる青色(調べろよ)。
色々なサイトに出ているとおりのものだが、可愛いショールームレディーさんに「座席に座っても良いですか?」と確認を取ってから、車内に乗り込んでみた。

正直3シリーズだから5シリーズよりも狭いかな?と思っていたがさもありなんで、普通に乗り込むことが出来た。
全幅はクラウンよりも広い1800を超えてるし、全長もサンヨンとほぼ同程度だから、前席も後部座席も必要にして充分。

運転席に座りステアリングを合わせるが、やはりここで3と5の差を感じさせられてしまうとは不覚だった。
なんとチルトもテレスコピックも手動なのである。
「そんなの一度調節したら動かさないでしょ」と思う貴兄も居るかと思うが、どうしてどうして乗降に際してステアリングが上下するのはとても便利なの。
一度体験するとやめられないの。
他には乗降時にシートが前後するってのもとても大きなポイントなのだが(Easy entry systemね)、残念かなこれはメーカー標準では機能せずに車両のパラメーターを弄らなければならない。
個人的にはDRLよりも遥かにポイント高いコーディングだと思っている。

戻ってステアリングの位置決めが手動って所がちょっとなぁだった。
これは3シリーズ故のものだからどうしようもない、慣れるしかないだろうね。


そして個人的に一番の懸案事項がメーターの意匠変更
a0015198_21421144.jpg
今のところ正直違和感しかない。
メーターの指針はオレンジってのは良いとして、なぜに左右対称にした?
8みたいなスペシャリティ満載な車ならいざ知らず、メーカーの屋台骨を支える3シリーズにこれはちょっと冒険しすぎではなかろうかと。
自分の様なコンサバな考えから抜けきれないおっさんには、この大きな変化を受け入れるのに暫く時間が掛かりそうな気がする。
だって、清水ダイブでハンコ押してその結果多額の借金をそれこそヒーコラ言いながら支払いつつ乗り込む度に「なんだかなぁ」と思いながらメーターを見るのってどうなの?って思うの。
「頭から紙袋被せちゃえば一緒だ!」ってわけには行かない部分でしょ(笑)。

視線をセンターコンソールに移すと、そこには見慣れぬボタンが一つ追加されていた。
「そこにエンジンスタートボタンを置く?」
a0015198_21421016.jpg
何かの拍子に間違って押してしまわないだろうか?との疑問すら沸いてくる。
こちらで言うところの「(ボタンが)押ささる」である。
押ささるとは押した当人の意思とは関係ないところで受動的に事が起きる状態。
決して自分の意思で押した訳ではなく、何かの拍子にうっかり押されてしまったの意味。
これをこちらの人は「押ささる」と表現する。
他にも「食べらさる」もよく使う。
これはおかずが思いの外美味しかったり量が多かったりして、ついついご飯が進んでしまうことを言う。

戻って、走ってる最中に間違って押ささった場合はどうなるんだろう?
猛牛のようにスタートボタンにカバーでもしてくれれば良いのにと思ったおっさんであった。

エンジンスタートボタンがドア側ではなく内側にあるのは「運転手に万が一が起きた時に、助手席からエンジンを止めることが出来るようにとの考えなんです」との事だが、万が一ってどの程度起きる?。
それこそ万が一くらいだろ。
1日1回車に乗ると考えても、生きているうちにその日が来るのはないかも知れないわ。

ジョグダイヤルは高級感が増しているし、他のボタン類も何となく質感が上がってる。
5シリーズ顔負けだ。

運転席の乗降もシート座面のサイドサポートがそれほど高くないためにラクチン。


最後に後部座席に乗ってみた。
自分のシートポジションでは後部座席は十分な広さで不満は一切ない。
「うむ」
そう思って外に出ようと思ったときに問題発生!
写真に収めることはしなかったが、ボディのサイドシル部分、スカッフプレートが付く部分からBピラーに立ち上がる所に付いていたゴムの性質が生ゴムっぽい感じでもの凄く抵抗感あり、滑りが悪いのだ。
つまり車外に出ようとしたときに、靴がこの部分に触れると躓く感じになってしまう。
例えば右後部座席から外に出ようと思った場合、ドアを開けて右足を車外に出す際にサイドシルを跨ぐ感じになるのだが、その際にちょっとでも靴がその部分に触れるとゴムの抵抗で足の動きが止まってしまうが、体の重心は右側に移っているところに左足は外に出ようと力が入っているため、ヘタをするとそのまま車外に転げ落ちてしまう危険性がある。
そこまで気合い入れて外に出ることはないかも知れないが、もしかしたら「車両から落ちてケガ、集団訴訟問題」なんて事になったらどうしようと思ってしまう。

ちなみに5シリーズのそこの部分のゴムは全く材質が違うのか足(靴)が当たっても全く問題なかった。
スルッと外に出ることが出来る。
さてこれは由々しき問題だ。

エンジンルームを覗くと、久しぶりに見る「エンジンルーム越しの地面」。
てことはエンジンアンダーカバーがないの?
まぁその辺はコストカットなのか、最初から付ける気がないのかは判らないがここは個人的にはどうでも良いところ。

購入に対してインパネのメーターと同じく大きく気分が削がれる事となったので、今回はハンコを押すことは止めることにした(って最初からハンコなんて持って行ってないし、押す気もないんだけど)。


色々とネガティブな点を書いたが、きっと売れるんだろうなぁと思う質感。
もう3シリーズとは言わせないぜって感じの高級感が漂う車だった。
お金が余ってる皆様、消費税増税前にハンコ押しては如何でしょう?



# by Wonderfullifewith | 2019-03-03 22:38 | くるまのこと | Comments(4)
2019年 02月 28日
初めての夜 中(18禁)続きが気になる人はファン申請お願いします
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


ここからは18禁なので、未成年の方は入室をお断りします(笑)

# by Wonderfullifewith | 2019-02-28 22:48 | 妄想
2019年 02月 25日
地震
一応表向きの本業が休みの日、と言っても裏の仕事は色々あるから全然休みじゃなくて朝一からドタバタしていたその日の夜、いつものようにさっさと風呂に入って寝室のベッドの上に座ってテレビを見ていたとき、家の前を大型車両が通過したかと思う様な軽い揺れのあとに数ヶ月前の悪夢のような揺れが始まった。

ベッドから飛び出してリビングに向かうと、娘が「揺れた〜」と騒いでいる。
動物たちは何のことかサッパリ判らないような感じでぽけっとしていたが、もう一人の家族はポ○モンを捕まえるために外に出ていたようで、ってか本当に飽きずにやってるもんだなぁと感心するが、打ち込める何かがあるってのは人生にとってマイナスになることはないのでこちらとしては静観している。

取り敢えず、自宅は問題無さそうなので職場に向かって現状確認する。
大きな被害はないようだ。
ただ防犯システムが何か訳の判らないアラームを鳴らしていたので、それのリセットを行う。
被害、棚の紙粘土が床に落下、以上。

程なくしてポケモ○トレーナー帰宅
「外にいても揺れたの判った。外に飛び出してきたオジサンもいた」とはトレーナー談。 

前回の教訓の元に先ずは携帯の充電。
ラジオはOK、発電機のガソリンOK、ポータブルの灯油ストーブOK、ポリタンクの灯油、あ忘れてた。
この時期に暖房がなくなったらヤバイ事になることを今以て再確認。
近日灯油の確保をすることを決定事項とした。

20分ほど経過して、停電の心配もなさそうな感じだったのでおのおのがそれぞれの生活に戻る。
にしても自然災害の前には人はなんと無力な事よ。

明日も引き続き仕事のため、いつもの時間帯に床につき、どうにか眠りに入ったその時、寝室のドアが開く音が聞こえる。
寝静まったあとに寝室のドアが開く音が聞こえることくらい、ドキドキするものは無いのは自分だけだろうか。
このあと家族から「お話があります」なんて敬語で話された日には、心臓は間違いなく永遠の休息に入る様な感覚に陥る。


「テレビで地震が来るって言ってるから、念のために枕元に着るもの用意おかなくちゃ」
「ふーん、そうなの?準備良いね。」
どうにかその位の受け答えをしたような気がするが、何やら少し不安そうな声で独り言をの様に話しているので、仕方なく床から這い出してリビングへ向かう。

テレビを見ていた娘も「地震だ地震だって速報が出てるんだけど、全然来ないわ」と。
そう言われたのでテレビの画面を見てみると、確かにデータ放送の画面が左側と下側に出ていて何やら地震のことを言っている。

まぁさっき地震が来たんだから何か言ってるのはテレビとしては当然のことだろうと思うが、よくよく画面を見るとそこに流れていたのはつい3時間前に放送していたドラマ。

「あのさぁ、これって9時のドラマの録画じゃないの?」

この一言で漸く状況を飲み込んだ自分以外の家族達、夜中に大爆笑。
いやいや、大爆笑するのは良いけど、こっちは明日も仕事だから。
そんな事でたたき起こされて、明日仕事するのに睡眠不足は辛いんだから。


録画番組で慌てた人、大学時代にいたなあ。
冬のドラマを夏に見ててテロップに「大雪警報」って出たので凄く慌てて同じアパートの同級生にわざわざそれを報告しに行った本州出身の友人、今何してるだろう?

テロップとか、録画されないように出来ないものだろうか。
後日見るときに今回の天気のこととか選挙速報とか慌てることがあるのよねぇ。


世の独身の男性に一言言いたい。
「生きていると色々と訳の判らないことで家族に振り回されることもある」と。


# by Wonderfullifewith | 2019-02-25 11:51 | うちのこと | Comments(6)
2019年 02月 22日
初めての夜 序章
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by Wonderfullifewith | 2019-02-22 21:14 | 妄想
2019年 02月 17日
G20と言う選択肢はありか?
新3シリーズの発表もそろそろの時期となり、内地の一部ではフライング気味に実車が展示されているが、残念かな北の大地に居を構える身としてはそれを実際に拝むことは不可能。


だがディーラーさんは色々と営業を掛けてきてくれて、X2はどうですか?とか今度の3シリーズはサイズがジャストですよとかアドバイスを下さる。

確かにG30の5シリーズは「入らなくはない」がないが、それでも常に緊張を強いられる車庫入れが待ち構えている。
それに引き替え新しい3シリーズは全長的には何ら問題ないサンヨンレベルの全長、てか昔の5シリーズと今の3シリーズとサイズが変わらないってどうよって話もないが。

今回も3シリーズのカタログが入手したので見に来て!とラブコールがあったので、いそいそと出掛ける小市民。
だって見るだけなら無料だもん!。

てなわけでお世話になってるディーラーまで久しぶりのドライブ
a0015198_22380012.jpg
まぁネットに色々な画像がアップされてるし、目新しくはない。
第1印象、ぱっと見は悪くない。
悪くないけど外観デザインがちょっと日本車っぽい雰囲気も感じる。
あの「T社」派生の「L」マークのメーカーっぽくも見えなくもない。

日本仕様エンジンなのは320iらしいが、その上の330iってのもあるが、やっぱねぇどっちも4気筒なのよ。
だから何?って話もあるけど、近日四捨五入でアラ還になってしまう昭和のおっさんとしては、「BMWはストレート6だろ!」なんて変な拘りが邪魔をしてしまう。
きっと4気筒も良いエンジンなんだろうけどね。
遮音も確りしているだろうから、車内にいて6気筒も4気筒も判らないと思うんだけどね。

「遅れてM340iも出ます。xDriveです」なんて情報もあるらしいから、それって540iのxDriveと同じエンジンじゃね?。
となれば540iに乗ったときに感じたストレスのない加速がより軽い車体に積み込まれたら、それこそ凄い事になりそうじゃね?みたいな想像はそんなに無理がない。

ディーゼルも出ますって話もあるから、いやぁどうしよう。
まぁどうしようと思えるほど、実はどうしようもないんだけど。

a0015198_22380006.jpg
スクラッチくじを引いて貰って(?)、こんなカラビナを頂いたが、そこにもxDriveの文字が!。
やっぱね、冬場の車庫入れとか中通りなどを走ろうと思ったら、4WDってのは強い身方なのよ。
だからといってXシリーズはイマイチ食指が動かないの。
やっぱ車はセダンでしょって、これまた古い考えの持ち主なもんだからさ。

いつまでも今の車に乗ってるって事も現実不可能だろうから、次も出来れば5シリーズ、F10の最終型の中古にするか、車庫入れに気を遣いながら新しいGにするか(輪留めをあと2cm下げればもっと楽に入れるんだよね、ってそのレベルの車庫に車を入れるような人間が買う価格帯の車じゃないと思うのは重々承知済)、はたまた妥協して(って言いながらもM340iなら900位になるらしいけど?)F20の3シリーズにするか、次に購入する車がたぶん人生最後の車になるだろうから、この先2年くらいしっかり悩もうっと。
ただそのためにはあと2年はしっかりと生き続けなければならないし、免許返納なんて事になってないように頭も体も健常でいなければならないのは言うまでも無い。

てことで、近日アラ還になってしまうおっさんは今日も何某かを頑張るのであった。


そう言いつつも実はあの新型3シリーズのインパネがどうにも納得いかないのが正直な所。
この先、BMWの全てが例の「スピードメーターとタコメーターが左右対称タイプ」のインパネになるのなら、この先BMWとはさよならをするかも知れないと思う位にどうにも納得いかない(そんなに長く車に乗っていられるかって話はこの際置いておく)。
実はこれが新3シリーズにグサッとこない最大の問題だったりするのは内緒でも何でもない話なのね。


# by Wonderfullifewith | 2019-02-17 23:08 | くるまのこと | Comments(8)