2017年 08月 18日
運じゃないよ決め打ちだよ
a0015198_20034580.jpg

年を取ると月日の流れが強烈に速く感じるのは異論の無いところだと思う。
お盆休みもとくになく普通に働いたある日、ふと脳裏に湧いてきた一つの問題、「そういや今年はまだ雲海を観に行ってないな」問題。

内職先の夏休みもそろそろ終わり、自由になる休日がなくなっていくので行くなら今しかねーってことで、トマムの雲海情報を調べてみると、中2日ごとに雲海が発生いるようだ。
自然現象だからプロ野球のピッチャーのように中何日なんてものは一切関係ないのだが、それでも雲海発生確率も雲海が発生しなかった日の確率は30%だったのが、自分が行こうと思ってる日の確率は40%で、発生が中2日ごとで確率が10%程上がってること、週間天気では雨の予報はないこと、自分の完全休日がその日しか無い状況であること、それらを総合判定して心の中で「行くしか無いでしょ!」と決意表明を自分にしようとしている中、心の何処かで反対勢力が「雲海出なかったらどうするのよ。睡眠不足に加えて高速代金やガソリン代が全部無駄になるんだぜ。お盆なんだから(もうその時期は若干終わってるが)大人しく墓参りに行けよ」と囁いてくる。

雲海推進派と雲海慎重派とせめぎ合いが始まる。
各種協議の結果、「やらずに後悔するよりも、やって後悔した方が良い」って脳内意見が過半数を占めたために雲海推進派が勝利。

こうなるといつもの如くだが、万難を排して定時に仕事を終えなければならず、関係方面に根回しを行わなければならないが、決定したのが前日って事でその辺の作業が出来なかったことが一抹の不安材料となってしまった。

どうにか定時に仕事を終え、さっさと帰宅してさっさと食事してさっさと風呂に入りさっさと寝る準備を開始するが、家族等からは「もう寝るの?」と疑惑の目を向けられる。

「早く寝るから朝早く目が醒めるんだ」と突っ込まれるが、とにかく今日はさっさと寝て翌日さっさと起きなければならない、てか起きるのは夜中2時だけど。

2時に目覚ましを掛けてガツッと寝る。
途中一度目が覚めてしまったがどうにか二度寝に成功して午前2時に無事起床。
静かに身支度を調えて家を出る。

途中のコンビニでサンドイッチとおにぎりと珈琲とメガシャキを購入。
車内で珈琲とメガシャキを煽りひたすら車を走らせる。

トマムまではドアツードアで150km程、その9割が高速道路なのであまり難しいことを考えずに走れるから有り難い。

大きな問題も無くトマムに無事到着。
まだ内地は夏休みのためか、4時過ぎにはゴンドラ施設前の駐車場はレンタカーや内地ナンバーの車で満車だった。
キャンピングカーも数台いたので、この人達はここで一夜を明かしたのかも知れない。

チケットを購入して乗り場の列に並ぶが、ゴンドラに乗るまでに30分ほど掛かってしまうほどに大盛況。
a0015198_20031064.jpg
列に並びながらゴンドラの先に目をやると山の頂上は全く見えない。
これはすなわち「空に雲がある」って他ならない訳で、第一関門突破である。
この時点で山の頂上がすっかり見えて「青い空に白い雲がちらほら」なんて状況だと「全面雲海」は全く期待出来ない。
てか全面雲海ありきで出掛ける自分ってのもかなりの自信家というか、基本的には山の上からすこしでも雲海が見られればそれで「雲海発生」って事なのにね。

ゴンドラに乗るまでは出銭ランドのアトラクションの列のように蛇行しながらひたすら牛歩の歩みを続けるが、周囲は大体家族連れかカップルばかりで、お一人様(ぼっちとも言うらしい)は自分くらいなもの。

それでも30分ほど掛けてゴンドラに乗ったのだが、お一人様は他の自分とは全く関係ない2名のグループと相席となってしまう。
なってしまうとか言いながら今回はニョシ2人組と相席。

聞くとはなしに会話を聞いているとどうやら初めての雲海見物のようだった。
途中で雲の中に入った頃、徐に「今日は全面雲海が見られると思いますよ」と伝えるとたいそう喜んでいたが、自分って何者?。
全面雲海の発生確率17%、これにいきなり遭遇出来るなんてこのニョシ達はとても運が良いと思う。


ゴンドラを下りるとそこには見事な全面雲海が広がっていた。
年に1回しか行かないのに、それが全面雲海ってんだから、雲海発生確率30%、全面雲海発生確率17%を見事に決め打ちしていく自分、この強運がどうして仕事に生かせない!、って呟いたら「ここで使ってるからです」とナイスなツッコミをしてくれる後輩がいたりする我々の業界、今国会を舞台に揺れに揺れてますがそれが何か?。

自分たちが反乱を起こしたら、この国の食の安全なんて全くなくなるんだからね、もっと大事にしないとダメだよ(笑)。
炭疽病だって口蹄疫だって鳥インフルエンザだって、見て見ぬフリするよ(しないけど)。
狂犬病だってコッソリ外国から入れちゃうよ(入れないけど)
a0015198_20031786.jpg
目の前に雲海が広がって見事な光景だが、残念なのがこの雲海の遥か上空に雲が存在していること。
そのため青い空と白い雲のコントラストが出ない。
グルメリポーターの彦摩呂さん風に言えば「雲のミルフィーユや」って言うかもしれないけどさ。
青い空と白い雲海とオレンジ色のご来光の見事なトリコロールカラーってのは拝めなかった。

テクテク歩いていくと良い感じの雲の所があったのでパチリ、こんな感じで何枚も撮影していくが、やはり空の色が少し鉛色なのが残念だ。
a0015198_20032201.jpg
雲の絨毯とは良く言ったものだと、こんな光景を見てちょっとセンチメンタルなことを思ってしまうアラフィフのぼっちオジサン。

雲海は時間とともに変化していき、ところどころで下界が顔を出してくる。
a0015198_20035043.jpg
トマムタワーが眼下に見えてくる状況も発生してくる。
毎年お邪魔してるんだから一度位は宿泊してみたいなぁと思うが、ここには売店とトイレくらいしか利用したことがない。

a0015198_20031375.jpg
インスタ用の写真撮影なんだろうか、こんな格好をして写真を撮っているカップルもいた。
もしこんな民族衣装のような格好で写ってる写真を見かけたインスタユーザーはご一報頂ければ幸いだ。


前回は頂上まで登山出来たのだが、今回は何やら山の上の方にも展望施設を作っているのか立ち入りが出来ない状況だったのが残念だった。
来年以降はもっと良い感じの展望台が出来るのかも知れない。
高い場所の方が雲海を見下ろす感じになる確率が増えるからね、来年以降見に行く予定の人はラッキーね。

元の場所に戻って来た頃には雲海の状況も少し変わってきていた。
a0015198_20032533.jpg
太平洋産の雲海が見えるが、手前は少し雲が切れてきている。

小腹も空いてきたのでセブンイレブンで購入したおにぎりとタマゴサンド、それから雲海テラスで売られているクラムチャウダー(700円!)で朝食。
ここの飲食物全般やや高めの価格設定だが、早朝の時間帯に働く時間外労働費、この標高にまで材料を運ぶ運賃、この時期にしか営業出来ない季節労働的なことを考えればこの強気の価格設定も止む無しなんだろう。
そう言えば宅配業者さん(ヤマト運輸だけど)が「社員の健全な労働環境を守るために運賃の値上げにご理解下さい」みたいな紙を持って来たが、労働賃金を払う所は何所も大変なのよね。

a0015198_20032874.jpg
タマゴサンドとクラムチャウダーでお腹が一杯になり、おにぎりまでは食べられず、結果お持ち帰り。

雲海見物の目的も達したので混まないうちに下山を決める。



そして久しぶりにここからクルマネタ

帰りも安全運転で高速道路を走行しているとき、「ポローン」と例の忌まわしいサウンドが車内に響く。

モニターには「右前輪の空気圧低下」

空気圧低下って事は、もしやパンク?
でも普通パンクって前輪で釘なりネジなりを踏んで跳ね上げたのを後輪が踏んで刺さるってパターンから、後輪の方が確率が高いんじゃなかったっけ?、とか思いながら走行に異常が無いので次のSAまでちょっとだけドキドキしながら車を走らせる。

車から降りてタイヤを見ても何がどうなってることは感じないのだが、そこは35扁平タイヤの悲しい宿命で多少空気が抜けていてもあまり変わっているようには見えない。
どうしようかと色々考えるが、取り敢えずはパンクの検証って事で車を少しずつずらしては止めてタイヤの表面の異物を確認する。

タイヤの表面を目視しつつ手の平で優しく触診するが、異物は確認出来ない。

パンクじゃないのか?

さてSAにあるGSは営業が8時から(現在7時20分)なので、このままGSが開店するまで待つかそれとも・・・、って所でトランクに電動エアーポンプを常設していることを思い出し、トランクから引っ張り出してシガープラグに差し込んで空気圧をチェックすると1.9kgf。
20インチの適正空気圧は2.4kgfだから0.5ほど抜けていた。
a0015198_20034523.jpg
エアーポンプのスイッチを入れて強烈にしょぼいサウンドを聴きながら待つことしばし。
2.4kgfまで空気を入れてセット完了。
窒素充填してるのになぁとちょっとケチくさいことを考えたが、背に腹は代えられないし、窒素は家に帰ればボンベで保管してあるだろって事で気を取り直す。

a0015198_20034502.jpg
タイヤ空気圧監視装置をリセットして走行再開。
無事帰宅して再度空気圧チェックを行ったが、抜けている様子はなかった。
エアーバルブからのスローパンクチャーってやつなのか?

だが災い転じて福となすとはこの事で、そろそろタイヤが限界領域になっててタイヤ交換をどうしようかと思っていたときなので、渡りに船とばかりにポチッとしてしまった。
久しぶりの清水ダイブに震えた。

これであと3万km位乗る事になった。

翌日、事の顛末を職場のスタッフに話したところ「何でそんな物を積んでるんですか?」と言われたが、スペアタイヤが無い車だから出先でパンク修理が出来る機材(ジャッキ、エアーポンプ、パンク修理キット、タイヤ交換が出来る工具一式)を積んでおくのは基本だと思っていたが、世の中的にはどうも違うらしい。


タイヤが届いたらエアーバルブ共々交換だ!


# by Wonderfullifewith | 2017-08-18 17:38 | くるまのこと | Comments(4)
2017年 08月 14日
桃好きなので
果物は嫌いじゃない、むしろ好き。
甘い物は全般に好き。
なのでビール飲みながら普通にケーキも食べられる。

ただ最近の果物は品種改甘が進んで果糖摂取量が高くなるのがちょっと心配。
ま、血糖値も尿酸値も正常値だから良いんだけどね(軽度の貧血だけど)。

好きな果物の中でも「桃」が好物の上位にランクする。
が、やはり桃はお値段がちょっとねぇってことでそうそう易々と庶民の自分は口に出来ないのが現状だったりする。

桃の皮をつるりと剥いて、てか桃の皮をつるりと剥くのもちょっとしたコツがあって、いくつかの方法があるが自分はトマトの湯むきと同じ様な感じで「熱湯20秒、すぐさま冷水投下」方式を採用している。
ツルッと剥けるととても嬉しいが、実は桃の甘みの最高点は皮と実の間なんだとか。
先日の鉄腕ダッシュでもやっていたが、本当は皮についてるヒゲを取った状態で丸かじりが1番甘く感じるらしい。

いやそうじゃなくて、桃ってのは果物の中では高価格帯に位置しているので、スーパーで見つけても「今度ね」とか「内職のお給金が入った時にでもね」とか呟いて後ろ髪を引かれつつ(本人の後ろ髪はかなり減ってきたが)果物コーナーを素通りすることが多い。

それに値段が高いだけ高くて甘さがイマイチだったときにもショックも大きいので、ちょっと桃でもなんて容易に手を出せないってのも正直な所なんだが。

そんな桃好きがじゃらん(好きだねぇ)を見てて、近場で桃を丸ごと1個使ったパフェを出す店を発見してしまったものだから、それは行くしかないでしょ!って事になるのは当然のことなのは誰もが否定出来ないだろう。

出掛けたのは市内でもちょっとオサレな地域、円山(まるやま)地域。
北海道神宮や高校野球の地区予選が行われる円山球場がある方面だ。

そこに出来た「マルヤマクラス」なる商業施設にあるお店で桃丸ごと1個使用したパフェが提供されているらしい。
とにかく「ある!」だけを確認した一行はそのお値段なんてものまでは調べることをせずにマルヤマクラスを目指すのだった。

マルヤマクラスには施設内に駐車場があるのでそちらに車を進める。
a0015198_18451863.jpg
さすがセレブが住む地域だけあって、自分の後ろには銀色のおベンツ。
他にもサソリだったり四つ輪だったりVWだったりが普通に駐められている駐車場、自分の住む地域ではなかなかないなぁ。


車を駐めてお店へテクテク。
店内は昼下がりにも拘わらず優雅なマダム達が談笑している。
こんな光景、自分の住む地域にはなかなか見られない。

そんな店内に紛れ込んで店員さんに桃のパフェをオーダー。
さすがに桃のパフェのみって訳には行かないので、お飲み物もオーダー。

そして程なく出て来た桃のパフェがこれ。
a0015198_18451937.jpg
桃1個丸ごと使われてるパフェ、ホイップクリームがのせられているが、非常に崩れやすいので食べるのにテクニックが必要な感じだ。
撮りようによっては「インスタ映え」すると思うが、センスの無い自分では「インスタバエ」って何だか虫が集ったような写真しか撮れないのが残念だったりする。

このパフェ、桃の味が良く判らない。
その要因はホイップクリームじゃないか?と自分は推理している。
ホイップクリームは桃の甘みを引き立てるためにケーキのそれよりもやや甘みを抑えているような感じがしたのだが、桃の甘みを引き立ててるか?と訊かれれば、何となくだが「桃の甘みをぼかしているんじゃないか」と思われた。

あれ?これってもしかして逆効果なの?
お店には申し訳ないが、桃ってのは他の人工的な食品を押しのけるような強烈な甘さを前面に主張しているグループの果物ではなく、どちらかと言えばみずみずしさってのも魅力の一つとして売り出していると思う。

想像して欲しい、桃を丸かじりするときの様子を。
果肉が潰れないようにそっと手に持った桃の表面に唇を当てて、桃の果汁を一滴たりとも逃さぬよう若干の吸引を掛けつつジュルッと音をさせつつやや線維を感じる果肉に歯を立てて口腔内に果肉片を搾取せしめる行為を行うと思うのだが、やはり桃の魅力は「果汁」だと自分は思っている。
その果汁こそが桃のみずみずしさの根底てか全てだと自分は思うのだ。

皮を微かに押すだけで果肉が凹むほどに軟らかくなり、果肉への果汁飽和点が最高潮に達したような桃、まさに「完熟」「熟れ熟れ」」「こんなになっちゃってもう(謎)」の状態の桃、想像しただけで唾液が分泌される。

もしかしたらそのみずみずしさをパフェのホイップクリームはマスクしてしまってるんじゃないか?とまで思ってしまった。

この桃のパフェ、お値段は確か1400円だったと思う。
正直ビックリだった。

確かに原価が掛かっていてそれなりに技術も必要な桃のパフェ、当然高価格になるのは想像に難しくない。
だがこの時自分はハッキリと確信したことがあった。

「桃は桃のまま桃として頂くのが最高に旨い!」。

妙なアレンジをするのではなく、素材そのものの旨みを感じた方が断然良いのだと(あくまで個人の感想です)。
桃のパフェはインスタ映えはするが、桃そのものを味わうにはイマイチなのではないか(あくまで個人の感想です)。

a0015198_18451919.jpg
一緒にオーダーしたトロピカルなジュース。
オタマジャクシの卵みたいなフルーツをトッピングして飲むように指示された。
20年近く前にハワイに行ったときに乗ったハワイアン航空の機内でだされたジュースを思い出す味だった。
それ以来自分は海外には行ったことはない。
娘は「パスポート2冊目」だというのに・・・・。


甘い桃が食いたい!
こうなりゃ今流行りの「ふるさと納税」で桃を購入してやろうと思ったが、悲しいかな桃の収穫には季節が少しずれていたのが今年の残念な出来事。
来年は桃をゲットしてやろうと、この時心に誓ったのだった(来年以降もふるさと納税制度があればだけどね)。


自分が桃好きだから娘の名前に桃の漢字を使ったわけではないことを最後に記す。
結婚して名字が変わっても「木」の文字が残ってくれればとの思いからと、王貞治氏の娘さんの名前には王偏の付く漢字が使われているという話に倣っている(王貞治氏の娘さんはまた王の名字に戻ったけどね、苦笑)。

いやぁBMWは一枚目の駐車場ショットだけだなぁ(何時もの事だろ)


# by Wonderfullifewith | 2017-08-14 22:31 | くるまのこと | Comments(4)
2017年 08月 13日
お盆休み前だから
それは一本のLINEから始まった。

「俺を慰めろ」。
意味深な内容である。
深読みすればちょっと照れる。
でも良い仕事をする自信はある(笑)。

なのでそう言われれば一も二もなくはせ参じなければならないのが我々の務め。

「自分は寿司を用意します」
「了解です」

そんな短いやりとりを終え何事もなかったように仕事に戻る。


実際繁忙期には冗談抜きに24時間働く様な人達なので、何処かで息抜きや慰めや癒やしが必要になるのは当たり前の話で、少しでも貢献出来ればと思うのが近所にいる仲間の務め、だと思っている。
人間、色々なものが常に張り詰めていたらあるとき突然ポキッと音を立てて折れるのだ。
そうならないためにも誰かが誰かを慰めるのは世の中の基本なのだ。


弊社の営業終了時刻になった時、駐車場に一台の銀色の外車が駐まる。
「残業か?」と職場内に一瞬緊張が走るが、状況を把握したスタッフは
「(お友達が)来ましたよ(笑)」と訳知りな事を言う。

そう、銀色の外車の人は知人であることが周知の事実なのだ。
そして自分の早上がりの免罪符となっているのだ。

銀色の外車の人は「不必要に待たせてはいけない人」なのだ。
なぜなら神だから。
ちなみに弊社の看板の蛍光灯は最新式のLEDだ。
除雪車が残していった15cmもの厚さの氷の地面が、一瞬にしてアスファルトが出るほど綺麗になるのはうちの前だけだ。
オレンジ色の作業員さんが、おっとこれはヤバイ話か。
市販のものなら数千円で買えるのに、なぜかちょっと長いだけで9万円もするシャワーホースが、おっと壁に耳あり障子にメアリーだった。
なので当然職場でも神であることは周知の事実となっている。
神は待たせてはいけない。

「ではそゆことで」と言葉を残し、スタッフを残してさっさと職場を後にする。


車に乗り込みT氏が張り込んでいる回転寿司屋に向かう。
平日だというのに回転寿司屋の駐車場はほぼ満車だ。
店の入り口へ最短距離で向かうと、駐車場内を移動している他の車が道を譲ってくれたように見えたのは気のせいだと思いたい。

店の前で待つT氏を乗せ、チキンヘッドに焼き鳥盛り合わせを頂きに向かう。
待つこと1分、T氏の息がどっぷり掛かってる店だから仕事が早くて助かる。


その後、地元のコンビニへ移動。
駐車場にドカッと乗り付けおっさん3人が店内に突入。

各種飲み物をカゴに入れレジへ向かう。
レジでは「セイコーマートカードはお持ちですか?」と訊かれるので、財布からポイントカードのみを差し出す自分、その横で金を払おうと「これしかねーわ」と言いながら作業着のポケットから無造作に諭吉様の束を出すK氏、そこから1枚を受け取るT氏、そして我々と目を合わせようとしないレジの店員さん。

コンビニの店内にちょっと異様な空気が流れたような気がしたのも気のせいだと思いたい。


a0015198_22382531.jpg
冷凍物じゃない生のマグロが妙に生々しい色なことに一瞬頬が赤くなってしまった。

おっさん3人なのにこの量、大丈夫なのか?と一瞬思ったが、きっと何か意味があってのこの量だろうからあまり深いことは詮索しない。
話には「なんで2皿ずつなのよ、ケチくせーな」と言われたらしいが、そこはT氏も頑張って「3人ですから」と防戦したらしい。
3人だから3皿(計6貫)ずつだと宴会がフードファイトの様相を呈してしまうのは想像に難しくないのが判っていたからだろう。
「自分ら1貫ずつで充分っす」と頑張ったと聞く。


a0015198_22382520.jpg
ウニの軍艦巻きも一応査収。
塩水ウニだけ食べてれば良い年になったので、ここは一応「彩り」って事だったらしいが、K氏一言「あまり色かたちの良いウニじゃねーな」。
回転寿司のウニなのでこれくらいで勘弁して下さい。

a0015198_22382526.jpg
チキンヘッドの盛り合わせ。
ササミチーズ、つくね、軟骨、鳥串、豚串・・・。

役者は揃った。
そう思った自分、徐に寿司の全ての「パッカン」の蓋を鋏で切り取る暴挙にでる。
もう後戻りは出来ない。
蓋のないパッカンは保存容器としては成立しない。
つまりは完食必須なのだ。

「あ〜あ、またやっちゃったよ」と呆れられる。
「オムレツ作るって言ったら卵6個全部割って出した人ですから」とも言われる。

自分は途中で寸止めが出来ないらしい。
畳の目を数えて我慢の修行をするしかないな。

a0015198_22382611.jpg
全員半袖の貴重なショット(笑)。
左手は大丈夫らしい。
危惧していた注射痕も見当たらない。

あーだこーだとおじさんたちの日頃の鬱憤を、寿司や焼き鳥とともに肴にしながら盛り上がる。
盛り上がった内容を書くと関係各所で色々な事がとんでもないことになるので書けないが、その辺を知りたい人は直接来て頂ければその内容の一部くらいならお話し出来るかも知れない。

一部話の内容を例えるなら、事後承諾的に「39買ったから」って言われて、その言葉の余韻に浸る前に「うっかり全損しちゃって、また買い換えたから」みたいな事を言われてどうする?的な話とか、今は結婚祝賀会の会費も2万近いとか、そんな話。

ちなみに北の大地の結婚式は披露宴ではなく祝賀会ってパターンが多くて、ご祝儀じゃなくて会費制。
だから気楽っちゃぁ気楽ね。
さすがにこの年で祝儀に呼ばれるとなればそれなりに包まなくちゃならないから、もしかしたら招待制の方が会費分だけでも安く済むんじゃないか?って思わなくもないけど、祝儀不祝儀はケチったらダメって昔のTVCMで見てからは出来るだけ頑張るようにはしてるけどね。

で、披露宴と祝賀会の最大の違いは新郎新婦の親が高砂に近いか遠いかって事かも知れない。
祝賀会だと親は高砂に近い方に座ることが多い。

「最後に新郎のお父上であります○○様より一言ご挨拶を頂きます」なんてのがあるんだけど、どうします?(笑)。


話が盛り上がって盛り上がって、なぜかその流れでいきなり冷蔵庫を開けて叫ぶT氏。

「チャ、チャカだ!」(笑)。
a0015198_09570088.jpg
すかさず写真を撮って自分に送ってくる。
いや、送らなくても目の前にいるから(笑)。
「だって自分だけでは処理出来なかったっす」って、そう言う問題なのか?。

「チャカがそんなに分厚いわけ無いべや」
「うん、確かに油紙で包まれてないね」
我々はそういうことにしてそっと冷蔵庫の扉を閉めた。
これ以上は詮索無用ってことだ。
a0015198_22382647.jpg
寿司も無事完食し、アルコールによって大脳皮質全域が麻痺された頃にちょうどシンデレラタイムを過ぎたので基地を後にしていつものように家まで送って頂く。


次はいつ頃開催ですかね。
そしてお盆休み前でしたけど慰めになったですか?。

次はあんなことやこんなことで月末開催ですかね。

来月もあんなことやこんなことで開催予定ですね。

お盆休みが無い人は下のバナーをクリックして仕事に励んで下さい。
一緒に乗り切りましょう!
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-08-13 11:28 | くるまのこと | Comments(4)
2017年 08月 08日
マッサンは見てなかったんだけど
小樽運河を離れて所謂観光客が沢山いる方に足を向けてみる。
a0015198_16382178.jpg
お父さん預かりますの看板を上げてる土産屋発見。
「お父さんはここで休んでるから好きに見学してきなさい」って感じなのかも知れないが、なんと道を挟んだところにはこんなお店が存在していた。
a0015198_16383537.jpg
お母さんも預かります。
お父さんもお母さんも預かってくれちゃって、誰が何所に出掛けるんだ?。

まぁ何にせよ疲れた時にはこの様な場所で休憩して、思う存分小樽を観光してくれれば有り難い。
そしてがっつりとお金を使って貰えれば街も潤うってものだ。


小樽運河を満喫して、車を駐めていた駐車場に戻った訳だが、ここは一般的なコインパーキングにあるような車の下ににょきっと出て来る板のようなものも無ければ、ボンネットの上にせり出してくるバーもない、完全にドライバーのことを信用したような方式の物だった。
帰ろうと思えば何もせずに出てこれるタイプなのだが、さすがにそれでは商売あがったりだから、掲示板には「料金を支払わずに出庫した際は、後日請求させて頂きます」と書いてあったので何処かから監視しているのだろう。

実際自分も車を出す際に精算機に駐車番号を入力したらしっかりと請求額が提示され、それは真っ当な金額だったので間違いなくどこからか見ているんだろう。
何だかのぞき見されているようで、それはそれでちょっと気持ちが良いものではないなぁと思ったが、この方式の方が余計な初期投資がない(監視カメラと精算機のみ)し、造作物もないから更地に戻すのも簡単だし良いのだろう。
a0015198_16383625.jpg
こんな感じで黄色い線と輪留め、あとは番号が書かれているポールがあるだけ。
でも精算機に番号を入力するとちゃんと金額が出るんだから何処かで監視しているのは間違いない(と思う)。

この時間でもまだ2時過ぎってことで、このままご帰宅ってのも芸がなかろうと言う話になり、帰途とは真逆へステアリングを切ってみる。

またまたじゃらんのお世話になるわけだが、そこで見つけたのは「余市のパフェ」。
動って事は無いんだろうけど、写真写りが良さそうなパフェで世間的にはインスタ映えするってやつだ。

大した興味はないが一応行ってみますかって事になりその店を目指すのだが、何をどう間違ったか着いた先はこちら。
a0015198_16383600.jpg
北の大地の有名メーカー、ニッカウヰスキーの工場。
朝の連ドラ「マッサン」で一躍有名になってしまった感のあるこの施設、てか工場そのものはずっと昔からあるわけだが、どうやらマッサン効果で一気に立派になった感じがする。

ニッカウヰスキーって、大日本果汁株式会社が前身会社で、それを略して日果(ニッカ)になったとか。
高校の歴史の先生が言ってた「サントリーって会社の名前は、社長の名字が鳥井だから鳥井さんをひっくり返してサントリーにした」ってのを信じて疑わないんだが、今となってはWikipediaでも何でも調べればその真偽は判るけど敢えて調べないでいる所にこの情報化時代の今において自分の何か妙な拘りを感じてる。

そんなわけで余市に来てニッカウヰスキーを何十年ぶりかで見学することになった(パフェはどうした)が、丁度タイミング良く団体客がいてそちらは解説員が色々と説明をしながら工場内を移動していたので、ちゃっかり紛れ込んで解説を聞いて歩く。
a0015198_16383620.jpg
すすきの交差点で有名なこのキングオブブレンダーのオジサン、右手はグラスだけど、左手に大麦を持ってるって知ってた?。


どうやら今の時期はウイスキー作りをしていないらしい。
ウイスキー作りも季節があるのね。
そしてウイスキーを作るために使用する大麦の粕も牛の飼料に再利用しているのね。

工場見学は創業者マッサンとその妻リタとの出会いなどもちりばめながら事前情報を何も知らない自分でも充分楽しめるものだったが、ここでも奴らはしっかりと侵略していて、ところどころでスマホの画面に指を滑られている人がちらほら。
ポケGO!、恐るべし。
「団体じゃないと倒せないポケモンもいる!」と言っている声が聞こえたが聞こえないふりして一人だけ先を急ぐ。

見学コースの最後には「無料試飲コーナー」が設けられていた。
ちなみに見学コース途中には「有料試飲コーナー」ってのもあって、そこでは15ml位ずつ試飲が出来るようになってる。
ウイスキーを嗜む習慣の無い自分はあまり何とも思わないが、ウイスキースキーな方は間違ってもマイカーで出掛けるような事はしない方が良いと思う。
a0015198_16382000.jpg
無料試飲では竹鶴、スーパーニッカ、アップルワインの3種類を頂く事が出来るが、飲んだ人の感想では「竹鶴は濃い!」そうだ。

無料試飲を終えて外に出ると売店が目に飛び込んできて、そこには誘蛾灯に吸い寄せられる蛾の様にぞろぞろと店内へ。
a0015198_16382170.jpg
宮城峡、竹鶴などのミニボトルもずらーっと。

良い感じで財布の紐を緩められ、気づけばアップルワインやら何やらが手元に。
まぁこんなのもたまには良いよね。


拙宅から余市までは気楽なドライブコースだが、ここはアルコールを扱う施設なだけに車で行くのはちょっと憚られるが、運転手さん付きで出掛けて、有料試飲やら無料試飲やらで良い感じに出来上がって後部座席で寝て帰るようなツアー、誰か組みません?(笑)。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-08-08 22:08 | くるまのこと | Comments(3)
2017年 08月 07日
観光客かよ!
とある晴れた休日、じゃらんを見ながら余市のパフェの店が目に留まり、北の大地の短い夏を満喫しますかって事で車に乗り込む。

ただ出掛けた時間がちょっと遅めだったために余市にはパフェの時間としては若干早い「ランチ以上おやつ未満」の時間になりそうな予感がしてしまい、それでもそんな事知ったこっちゃ無いって感じで出掛けたが、下道をチンタラ走ったとしても案の定小樽付近でランチちょっと前に着いてしまい、こうなったら小樽でランチでもって話になるのは当然の成り行きだったりする。

小樽でランチ?、観光客でもないのに?と思いつつもそうなってしまったからはそうするしかないという自然の流れに逆らわない自称自然派の自分としては「これも人生」と気持ちを決める。

そこで選んだ店は「マンジャーレタキナミ」なる店。
ここは元海猫屋があった場所の隣にある洋食屋だ。

海猫屋はなぜか閉店して店長が別の場所で店を開いているという噂も聞いたが、果たしてその真偽の程は良く判らない。

この辺は小樽の所謂観光地からはちょっと外れている場所なので、海外観光客の目には余り留まらない場所なのでとても静か。
開店10分位前に到着したので店の前に車を駐めて開店を待つ。

a0015198_16383528.jpg
ややハイキーな感じに白飛びしたか?って絵柄になってしまったが、何となくこの方が「コーティング効いてる!」って風に見えるからこれはこれでありだね。
ただし駐めた場所が木の下ってのが気になる。
変な樹液や鳥の糞などが落ちてきたら泣きたくなるわ〜。
ちなみに元海猫屋は写真右側にある(あった?)。

a0015198_16383647.jpg
夫婦二人で切り盛りしているようなお店で、混雑すると料理が30分くらい掛かるようなことが書かれていた。
でもこんな感じでビストロを営業しているのも悪くないね。

開店同時に数組の客が入店、その中の一組に我々がいるのだが、店内は大体20人くらいのキャパで室内装飾はあまり華美では無く自然の感じが良い感じで地元のお店って感じで雰囲気最高。

ランチタイムはドリンクバー的に飲み物が1箇所に集められている。

a0015198_16381907.jpg
ちょっと贅沢してペスカトーレ。
海の幸の出しがガッツリ出てとても美味。
お値段は1380円くらいだが、この食材を全部揃えて自宅で作ったら間違いなくこの金額を超えるね。
最近料理の値段が「何となく高いなぁ」と思うと原価計算をしてみるようにしてる。
すると「これだけの食材を一品ずつ用意するとなれば間違いなくこの金額では作れないな」って事に到達して、提示された金額を納得するようにしている。

a0015198_16381900.jpg
トマトの冷製パスタはやはり日産本社近くのビストロで食べた物が忘れられない。
個人的にはあれを超えるトマトの冷製パスタはない。
トマトはフルーツトマトを使っているのか、ビックリするくらいの甘さだった。
最近の果物はみな総じて「甘い」方向に品種改良していて、言うなれば品種改甘。
酸っぱい果物は売れない時代になってるんだな。
でも甘くなれば果糖が豊富になってしまって、カロリーアップ!必至。
何でも甘くすれば良いってもんじゃない!と声高に叫んだところで世間は果物は甘い物って認識が定着しているのでこればかりはどうしようもない。
世の中に受け入れられなければ売れないのは経済の原理だ。


満腹になったのでこうなったら観光客丸出しで行っちゃおうじゃないかって感じで、小樽運河方面に向かってテクテク歩く。
途中でガラス工房に立ち寄ってみるが、その店はガラス細工体験も出来るらしい。
あの溶鉱炉のような所からドロドロに溶けたガラスを取り出して長い吹き矢みたいな棒でガラスを膨らますあれだ。
さすがにこの体験は費用と時間が掛かるため、エセ観光客はそのような事は体験しない。
サクッと店内を散策して店を後にするのだ。
よって写真は無し。

工房を過ぎてテクテク歩いていると程なくして小樽運河到着。
小樽運河ってのは学生時代に地元の同級生に「強烈に短いから瞬き禁止だよ」と言われて車中から見学したのが初めてだったが、当時は本当にどうしようも無い感じだったのが今ではきちんと整備されて一大観光スポットとなっている。

a0015198_16381881.jpg
運河沿いには通路が整備されており、そこからは運河並びにレンガ倉庫を見る事が出来る。
運河には船が浮かべられて舞浜の出銭ランドにも同じ様なアトラクションがあったと思ったが、残念ながらこちらの船頭さんは「さんた〜るちあ〜♪」とは歌ってくれてはいないようだ。

a0015198_16381912.jpg
どうやらあの辺が船の乗船場のようだが、エセ観光客は船には乗らない。
話のネタに乗っても良いのだが、きっとそこそこ良い値段なんだろう。
でも次回は乗ってみようかとちょっとだけ思ったのはここだけにしておこう。

a0015198_16382062.jpg
テクテク歩いていたのはこんな感じの運河沿いの石畳で、そこには許可を得てるのか得てないのか判らないが、露店が並んでいた。
いくつかの露天を覗きながらダラダラと歩いていたが、その中の一店でつい買い物をしてしまうエセ観光客。

相田みつをみたいな文章と可愛いイラストが描かれているものを600円で購入。
職場の待合室に飾るようにと思ったが、そのイラストには見事に「小樽運河」の文字。
結果職場のスタッフの視線が痛い。

だが生まれて初めて運河沿いを歩いてしまってちょっとだけ感動。
きっと地元民は歩いたことはないだろうね。
加えて人力車になんて乗ったことがある地元民なんていないだろうね。
話のネタに今度乗ってみるか。

a0015198_16381876.jpg
初めて見る消防犬ぶん公の銅像。
消防署員に助けられた恩義を感じてその後は火消しに貢献していたらしい。
24歳で死んだと言うから強烈な長寿としか言い様がないが、当時はパルボもフィラリアもなかったかも知れないね。

観光客を装った小樽散歩、つづく。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-08-07 10:57 | くるまのこと | Comments(4)
2017年 07月 30日
夏の定点観測 その3
腹も満たされたご一行は美瑛の街を後にして富良野方面へ再び進路を取ることとなった。

ファーム富田のラベンダーイーストってのが新しく?出来たらしいので、そちらに向かうことに下のだが、そこは本家の場所から車で約7分くらいの場所にあるらしい情報を得たので、グーグルマップに入力して車を走らせる。

果たしてそのラベンダーイーストは、素人的な感想としては「ラベンダーの畑」。花畑ではなく畑の様相を呈している状況で、ファーム富田の代表的な花畑は山の傾斜を上手く利用した見せ方をしているのに対して、平坦な畑にラベンダーが行儀良く植えられていると言った印象だ。
見世物と言うよりも農作物の様相だ。

そんな感じだから一応駐車場や見晴台のような物が作られているのだが、客はほとんどいない。てか全くいない。
自分も「畑だな」という判断の下、その場所に止まることなく本家のファーム富田へ進路を変更した。

本家の場所に着いたのは午後3時頃だというのに、相変わらずの満員御礼、そして大陸方面の人9割5分。
もしかしたら大陸の人口の半分位来てるんじゃ無かろうかと思えるほどに、何所に行っても聞こえるのは日本語以外のやや声量の多い言語。そして片手には自撮り棒を持ち何所で買ったの?と訊きたくなるような大きなサングラス男性と、80年代アイドルか?と思うようなフリフリのワンピース姿の女性。

こっちはデジイチを持っていたせいもあって、大陸方面のご家族に英語で「写真を撮ってく下さい」と頼まれ、観光客のiPhoneで何枚か撮影した。
そこで「縦と横」で写真を撮ってくれとジェスチャーでお願いされたのだが、逆にこちらから「縦向きと横向きで撮りますか?」というようなときはどう言えば良いのだろうと。

もの凄く単純な英単語のような気がしないでも無いが、縦と横ってどう言えば通じるのだろう?。
VirticallyとかHorizontallyで良いのだろうか?
a0015198_19315609.jpg
そんなわけでファーム富田の定点観測だが、花の色がおかしい。
色がはっきり出ていない
生育も遅れてるのか、麦だけが大きく伸びていてとてもアンバランス。

a0015198_19315514.jpg
坂をテクテク登って見晴台の下から撮影。
やはりラベンダーの咲きもイマイチで、畑の土が見てる。

a0015198_19315568.jpg
毎年頂いているラベンダーソフト、今年も異常なし。
売店でソフトを買うとき、あまりに周りが日本人以外の客ばかりだったので、少しは店員さんを安心させてやろうと思って「こんにちは、日本人です」とにこやかに話しかけたところ、イラッシャイマセと言ってきた店員さんがまさかの日本人じゃなかったというこっちの考えの斜め上を行く見事な返し。
そりゃぁ客の9割が外国人、それも一部地域の外国人なら店員が日本人じゃ無い方が都合が良い。

ソフトクリームの機械を操作する人は日本人だったので、自分とその人との間に何となく気まずい雰囲気が流れたような気がしたのは自分の勝手な思い違いではないと思う。


a0015198_19315491.jpg
丘の下の花畑方面に向かうと、そこでは日本人がある程度幅を利かせていたが、それでも生息率3割程度。
やはりほとんどが外国人観光客で覆い尽くされていた。
やっぱ人口比率10倍だと全く勝負にならない事を痛感した瞬間。

a0015198_19315446.jpg
参考資料(写真館の写真を撮影)

本来ならこんな感じで鮮やかな赤や黄色が映える景色なのに。
ことごとく残念な今年の富良野。


a0015198_19315499.jpg
一通り夏の定点観測を終えた一行は、その〆に富良野マルシェでソフトクリームを買い、夕餉の買い物をして富良野を後にする。

帰り道も同じルートを通ってきたが、ノットダウンサイジングノットターボな3L車としてはまずまずの好燃費と言えよう。
まぁ渋滞も何も無いルートだからこの位は平均値よね。
a0015198_21052095.jpg

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-07-30 21:14 | くるまのこと | Comments(8)
2017年 07月 29日
夏の定点観測 その2
自宅を午前9時に出ると、富良野へは大体11時に到着する。
ワイン工場をのんびり見学するとランチタイムになるのだが、ランチは予めじゃらんで検索して富良野ではなく美瑛のお店を選択。

以前お邪魔した映画「愛を積む人」のロケ地の隣にオシャレなレストランが出来たって事で、一行はそちらに向かうことにした。

にしてもこの時期にファーム富田を素通りしたのは初めてかも知れない(結局後で寄るんだけどね)。


グーグルマップに場所を入力して車を走らせるが、そのお店は去年お邪魔した美瑛選果にあるレストランの交差点を左に曲がってちょっと丘の上に上がった場所にある。

しかしあれだね、肉スキーの人間にとってはミシュランの星を取った人がプロデュースしたような地元の野菜を使ったオシャレな料理を出す店でも、一刀両断だわ。

「あの草みたいなものを食べさせる店」

白いお皿の上に綺麗にレイアウトされた地元の美味しい野菜に対してこの言葉、返す言葉がない。

それで今回は「肉が食べられる店」って事でチョイスした店が、フェルム ラ・テール美瑛
映画愛を積む人のロケ地に隣接したレストランだ。

前回ロケ地へお邪魔したときには砂利道を5分ほど歩かされたのに、この場所は店からロケ地の家が見渡せる距離。
土地勘がないから全然判らないけど、きっと道を舗装したんだろう。
a0015198_19325132.jpg
店から100mほど離れた駐車場に車を駐めてテクテク歩いていくと最初に目に飛び込んでくるのが白い壁に赤い窓枠。
超絶オシャレって感じでビックリぽん。
いやはやここまでのお店とは知らなんだって感じで一瞬怖じ気づくが、ランチタイムだからそれほど驚くようなお値段でもなかろうと気を取り直しずかずかと店の方へ近づく。
行楽地に遊びに来てるために短パンとTシャツ、ちょっとこすけた運動靴を履いてたのだが、ドレスコードに抵触しないだろうかと心配になってしまった。
a0015198_19325185.jpg
店の前には芝生が貼られて良い感じ。
白い壁の方はお菓子やケーキを販売するコーナーで、真ん中が入り口、左側がレストランとなっている。


a0015198_19325110.jpg
入り口はこんな感じでピザ窯に入っていくような錯覚さえ覚えるが、さすがに出来て1ヶ月の店だけあって何所も綺麗だ。
a0015198_19322143.jpg
レストラン部分の左端はオープンテラスになっていて、天気が良ければ外でも食事が出来るようになっている。
この日も外で食事をしているグループが数組あったが、この日は風もなく良い雰囲気が味わえたと思われる。


料理はフレンチらしいが、シェフのオススメのローストビーフは売り切れ。
1時過ぎに出向いて売り切れとは仕込みの失敗ではないか!と思うのだが、まだ開店1ヶ月では客の動きが読めないのかも知れない。
てか1ヶ月経過したんだったらそろそろ客の動きを読めよと思う気持ちも無いわけではない。

他のランチ料理は肉コースと魚コースがあって、それぞれをオーダー。
肉は牛ではなくてブタ、魚は白身の魚らしい。

最初にパンが運ばれてきて、それぞれ5種類の説明をしてくれたが、オジサンに5種類のパンの説明を一気にされても覚えきれないってことが判らないのだろうか。途中で「ちょっと待って、多すぎて覚えきれない。もう一度言って下さい(笑)」とお願いしてしまった。
a0015198_19325087.jpg
地元の小麦粉を使ったパンらしいが、覚えているのはジャージー牛の牛乳で作ってちょっとホイップしたバターの上にあるのが亜麻仁が混じったパンって事だけ。
それ以外は覚えきれなかった。

a0015198_19325095.jpg
牛乳を使っていないポタージュらしい。
大根がすり下ろされてたりして、あっさりした飲み口。
個人的にはもう少しこってりしたスープの方が好き。

a0015198_19322351.jpg
魚料理。
ホワイトソースっぽいものにはもしかしたら塩麹でも使っているのか?と思う感じの舌触り。
ちょっと魚の塩味が強く感じたのが残念。
塩味が強かったので、パンにつけてパクパク。
もしかしたらその食べ方を要求していたのかも知れないなぁ。
野菜に関しては言う事無し、この地域の野菜は間違いない。

a0015198_19322303.jpg
肉料理。
牛ではなくてブタ、一口食べた完食としては「ハム」の様な味付け。
ブロッコリーが肉にもたれ掛かっている姿が何とも妖艶。

a0015198_19322340.jpg
窓の外を見れば、食事に出掛けた飼い主を待つ柴犬去勢済みオス14kg(いずれも個人的感想です)が木に繋がれていた。
犬連れでこんな場所に来るなんて、ご近所の人なんだろうか、それとも犬を連れて美瑛に遊びに来たのだろうか。
取り敢えずフィラリア予防だけはして貰いなさいよ、と言っておいた。
にしても黙って待ってるあたり、柴犬としてはかなりマナーが入ってるような気がした。

「うちの犬なら黙っていられないかも?」と言っていたトイメンのご婦人、それは一も二もなく「躾の問題」です。

手前味噌だが、うちの犬は人を見る。
家人が散歩に行くときはアホみたいに吠えて騒いで首輪一つつけるのも大騒ぎなのに、自分が出掛ける時は一切吠えないし黙って首輪をつけさせる。
散歩中もリードを引っ張る事も無く、常にだらんとした状態でテクテク歩くが、家人が散歩に行くときにはチェーンリードを付けて行かなければ制御が効かないレベル。

それ、完全に舐められてるから。


食後に会計を済ませてケーキなどが売られているコーナーを散策。

a0015198_19322269.jpg
プリンが売られていたのでお土産に購入。
個人的には「出来損ないの半熟」タイプで、かつカラメルが下にあるタイプ。
瓶に入っていてスプーンでほじくって食べなければならず、イソップ物語のツルとキツネの物語か!とツッコミを入れたくなるこの形状、一体何時からはやり出したんだ?。

プリンはやっぱりカラメルが上に乗ったプッチンプリンタイプだろうが!。

と悪態をつきつつもスプーンでほじって口に入れれば「旨いじゃないか」と言わざるを得ない出来映えに、今まで散々出来損ないとか言ってすいませんでしたと心の中で反省。

a0015198_19322288.jpg
インスタ映えしそうなケーキ、「こちら白桃と杏のジュレになります」ってこの「ケーキにはいつなるんでうsか?」とか「このケーキはトランスフォーマーですか?」とか店員さんにツッコミ入れ始めたら貴方も充分おっさんですから要注意。

ところで何時から「インスタ映えする」ってのが一つの基準になってしまったのだろう?。
あの世界って、当初のコンセプトはお気軽に写真を投稿してってはずだったのに、今では「写真を撮ってインスタグラムに載せる」から「インスタグラムに載せるための写真を撮る」って風に何となく目的と手段が逆になった世界みたいに見えるんですけど、まぁ人それぞれの楽しみ方があるから上手に楽しんで下さい。

a0015198_19322222.jpg
お客さん、私をどうか買って下さいなと言わんばかりに彩り鮮やかなケーキ群が客に見初められるために綺麗にお化粧している、そこはまるで赤線・青線の世界ってケーキのショーケースを見ながらこんな妄想をするようになったら充分病気と言って何ら差し支えないだろう。

a0015198_19322178.jpg
愛を積む人のロケ地に積まれた石の壁。そこに一つだけあるハートの石を見つけられたら幸せになれるなんてことがまことしやかに言われていたが、自分もついに見つけてしまった。
これで幸せになれますように。

映画は佐藤浩市と樋口可南子が出ていたような映画なので、ロケ地を見学に来ている人も中高年ばかりだった。自分もだけどね。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-07-29 19:17 | くるまのこと | Comments(0)
2017年 07月 27日
夏の定点観測 その1
7月の下旬の休日に晴れれば、出掛ける場所は一つしかない。

北の大地が誇る観光地、富良野(ふらの)・美瑛(びえい)だ。
ちなみに富良野の発音は「ふ」または「ら」にアクセントがある(と思ってる)。
なので北の国からの黒板五郎が「の」にアクセントを置いて話しているのを聞くと、お尻が痒くなる。
きっと関西人がエセ関西弁を聞いたときと同じ様な感覚だと思う。

そんな富良野、ここ数年は災害に見舞われていて踏んだり蹴ったりな感じなのだが、経済復興のためにも非力ながら協力しようと思う自分は本当に空知(そらち)思いな人間なんだなぁと自画自賛。
a0015198_19315378.jpg
いつもの様に高速の人になり、三笠(みかさ)インターチェンジで一般道に降り、そこから携帯が圏外になる山道をひたすら走る。
途中「シカ注意」や「キツネ注意」の標識にドキドキしながら走る。
時々周りの空気を全然読まずに「周りの迷惑顧みず、自分だけ安全第一」をモットーな先導車にイライラするが、センターラインが黄色から白点線に変更になるやいなや、周囲の安全を確保して一気に抜き去る車が後を絶たないようなシチュエーションが何度となく繰り広げられるスリリングな、もとい素敵な路線。

そんな路線を走り、いつもならサクッと代表的なラベンダー畑に向かうのだが、今回は趣向を変えて別の場所にも立ち寄ることに進路変更を余儀なくされる。
a0015198_19330673.jpg
シャトーふらの。
富良野ワインの工場だ。
普段はセコマ(北の大地が誇るコンビニね)のやっすい500円ワインくらいしか飲んでないので、たまには贅沢して1000円オーバーのワインでもって事ではないのだが、ってかワインの値段が贅沢して1000円オーバーってのもどうかって話はこの際どこかに置いといて、折角富良野に来たんだからふらのワインってのを買うってのも一興ではないかって事になっただけ。

a0015198_19330577.jpg
ここにも当然のようにラベンダー畑があるのだが、やはり今年はどうも花の色味が今ひとつ。
去年の災害や先日の大雨がラベンダーの根を枯らしてしまったのだろうか。
それでも大陸方面からの観光客の皆さんは自撮り棒を駆使しながら一所懸命撮影に勤しんでいた。

ここで判ったこと。
ほとんどの大陸方面の観光客は自撮り棒を持っている(個人の見解です)。

a0015198_19330578.jpg
ラベンダー畑から見た工場。
愛車はこの後に前の車がいなくなったので前方に移動した。


a0015198_19330503.jpg
入り口はこんな感じ(自動ドアのガラスに愛車が映ってるでしょ)。

a0015198_19330425.jpg
社長近影、って訳じゃないよな。
でも場内に入って先ず目に入るのがこの置物だったりするから何か由緒ある物なのかも知れない。

a0015198_19325368.jpg
地下に進むとひんやりとした空間が広がって、そこには開所以来のワインがずらりと残っていた。
ワインってのは樽だけじゃなくて瓶の中でも熟成が進むらしい。
時が来ればいずれ試飲することになるらしいが、昭和47年くらいのワインの味って一体どんなものなんだろう。
個人的には「アルコールは酔っ払うもの」みたいなゲスな考えの持ち主にはその味は一生掛かってもわからないだろうね。

a0015198_19325244.jpg
この一樽で呑兵衛の1年分くらいあるらしいので、何方か一樽購入してみては如何だろうか?。
ところで一樽で幾らするんだ?。
てかそもそも売ってくれるのか?


こんな感じでこの手の施設の常套手段よろしく上記のようなワイン製造の見学コースが設定され、地下やら地上やら内部の貯蔵所など中をグルグル回って、ワインやぶどうジュースの試飲コーナーでお一人様小カップ各1杯を厳粛に守った後に売店があって、店員さんが見学してきた客を手ぐすね引いて待ち、商品お買い上げありがとうございますって算段。見事すぎる。

ただここの試飲コーナーは基本セルフサービスなので、高さ4cm程の小さなプラスチックカップになみなみ注いでも人道的にはどうか判らないが法的には問題は無い(たぶん)。だって一杯は一杯なのだからさ。
a0015198_19325261.jpg
この様な試飲の樽が3つ。
白ワイン、赤ワイン、そしてぶどうジュース。
運転手の自分はぶどうジュースだけを頂いたが、同伴者は液体の表面張力を最大限に生かした注ぎ方でそれぞれを美味しく頂いていた。その注ぎ方はもっきりか?って感じで無料試飲のレベルじゃ無いと思う。

「この前行った千歳のワイン工場はさぁ、同じサイズのプラスチックのカップに2mm位しか注いでくれなかったんだわ。そんな位呑んだって舌の表面から吸収されて喉まで届かないわよ」と試飲って事をどの様にお考えなんですか?と訊きたくなるような生粋の呑兵衛な持論をぶちまけていた。

ここで何本かのワインを購入して、じゃらんに付いていたクーポンを切り取って手渡し、店員さんからポストカードを頂く当たりが見事なまでに庶民。
ただ自宅にじゃらんを忘れて途中のコンビニで買い直すという失態を犯したのは大誤算。
本代の390円が惜しい・・・。
a0015198_19325203.jpg
工場のトイレ近くでポケモンを捕まえてる(らしい)おばさん、新しいポケモンはいましたか?

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-07-27 22:55 | くるまのこと | Comments(8)
2017年 07月 26日
オイル?
何気なくフロントのダンパーをの頭を見てみたら、何やら茶色のやや粘稠性のある液体風なものを発見してしまった。

普段ここはカバーが掛かっているのでエンジンルームから異物が侵入することはないのだが。

それは運転席側で顕著に確認出来た。

a0015198_14544419.jpg
エンジンルームの埃もちゃんと綺麗に掃除しろよ、ときれい好きなオーナー様からツッコまれそうだが、そこは目をつむって頂きたい。

a0015198_14544471.jpg
もうちょっと近づいてみる
ダンパーのてっぺんに変な色の物体がハッキリ判る。


a0015198_14544422.jpg
なんだろね、これ。
ダンパーのオイル?。
KWのダンパーのオイルがどんな色をしているか知ってる人なんて、この国では輸入元のメーカーとあの方くらいしかいない、と思う。


ちなみに助手席側(左側)は何やら付着はしているものの、運転席側ほどではない。
a0015198_14544358.jpg
センサーライトの白熱ランプのせいでちょっとオカしな色味になっているが、異物の付着量は極微量。てか付いてること自体がおかしいんだろうけど。



オーバーホールと言う言葉が頭をよぎった夏の日。





# by Wonderfullifewith | 2017-07-26 15:01 | くるまのこと | Comments(6)
2017年 07月 21日
飛行機に乗らなくても
天気があまり宜しくないので、アイスのハシゴもどうかという感じになったは良いが、じゃぁ別のプランは何かあるのか?となれば、どうしてどうして曇天の千歳ではなかなかそれも思い浮かばない。

そう、今はどちらかと言えばアウトドアのシーズンだから。


それで考えついた場所がド定番の「新千歳空港ターミナル」ぶらりツアー。
ここ何年か飛行機には乗ったことが無いが、送迎などではちょくちょく出向いている新千歳空港、そこでお茶を濁すって訳じゃ無いけど、時間つぶしにちょっと色々回ってみようって事に決定。
天気が良ければ支笏湖当たりまで足を伸ばすんだろうけど、困った時の新千歳空港。そんな使われ方する空港も不憫でならない。

フードコートも充実しているし、土産物も色々あるし、ただただ見て回るだけでもそれなりに楽しめるのが今の空港施設の良いところ。
何時からだろうね、空港施設がテーマパーク化したのは。

車を駐車場に駐めていざ施設内へ!。
色々なお店を周りながらも、それでも観光客なのか飛行機を利用する人なのか判らない雑多な中を歩き回る。

お土産コーナーには北の大地の各地の有名どころのお菓子などが並んでいて、試食も出来ちゃうからそれをついつい摘まんでそれでも何処かに観光客の振りをしつつ、気に入ったものがあれば買うよのスタンスを崩さないように努力していくのは店に対してのせめてものマナーかと思うが、言葉の端々に地元民のアクセントや方言がちりばめられてしまうのはご愛敬だったりする。

北菓楼のあられを各種それぞれ1粒ずつ試食して「これで晩飯浮くな」とか思ってるあたりがさもしすぎる。
エビ味は強烈にエビ味だった。やはりおかきやあられの世界でエビ風味というのはかなりのインパクトが出てしまうようだ。
それに引き替え「タコ味」ってのがあったが、元々タコって同系列のイカから比べてあまり主張が無いんじゃないのか?と持論を持っている自分としては、タコ味って何だよと思いながら口に放り込むと、あら不思議、しっかりタコの味がするじゃないですか奥さん。
なかなか侮れないなと呟きながら全種類試食コンプリート。そして買わない。


口の中がかなりしょっぱくなったので次の試食は甘い物って事で、ルタオの店舗へ移動。

ルタオの店頭ではドゥーブルフロマージュのチョコレート版のような商品が試食で手渡され、これを一口。
うむ、しょっぱい口の中に広がる芳醇な甘み、自分の選択に間違いは無かったと感じる瞬間であった。
他にもルタオの新製品を頂いたが、そちらも甘い系のお菓子であったためにそろそろ口の中が甘ったるくなってきてしまい、味変を試みるために別の場所に移動。


カルビーの店舗ではその場で揚げたてのポテトスティックを頂く事が出来るらしく(残念ながらこれは無料ではない)、それがどうやらたいそう美味しいらしいのでそれをお一つ購入。
a0015198_19172385.jpg
ポテりこサラダなる商品だが、価格は判らないが揚げたてのポテトはとても美味。
これで別の店で缶ビールを購入してその辺にある適当なベンチに座れば簡易居酒屋の出来上がりだ。
湘南でその名を欲しいままにしているあの方にもビールとポテトは是非試して頂きたいと思う。
少なくともコンビニ前で一気飲みよりは場末感が少ないと思われる(笑)。
それからニンニクも強い香辛料も使ってないのでラフィラ裏での各種ビーサスには全く無問題であることをここに加えておく。


ポテトを頂き適当に口がしょっぱくなってきたところで、そろそろ「お帰りでーす」のお時間(なんで伸ばすんだよ)となってきたので、欠食児童の娘のために適当にお土産、てか晩飯か。
a0015198_19172320.jpg
「白樺山荘ってさ、ゆで卵食べ放題のあの店だよね」とか、「えびそば一幻って空港店もそうだけど本店も並んでる店だよね」とか一応知識だけは持ち合わせているので、一幻のラーメンは食べたことが無いのでお土産としてゲット。裏筋、もとい売れ筋No.1って書いてあるし。

しかしだ、空港の売店で地元のラーメン屋の製品を買う地元民ってどうなんだ?と思われるかも知れないが、こういう所じゃないとなかなか買えない商品ってのもあるっちゃあるのよ。
うなぎパイとか東京ばな奈って地元の人買わないしょ?、買う?

海産物コーナーもブラブラ見回してみたが、毛ガニが一杯5000円の値をつけていたのには驚いた。
5000円の毛ガニが冷凍庫にゴロゴロ入ってるあそこの部屋って一体・・・。
そして「一人1.5杯義務だから」とか言われる自分たちって一体・・・。

ウニもむらさきとバフンがあったが、どれも良いお値段でとてもじゃないがお土産に買うなんてレベルではなかった。
現地でもそれなりのお値段がするから観光地までやってくれば厭が応にも高くなっちゃうってもんなんだろうけど、ウニは年に一度か二度食べられれば御の字の庶民なので、「食べさせてやるから来い!」と言われればの大抵の場所へはこのこと出掛ける覚悟はあるので何方か誘って下さい。

a0015198_19172433.jpg
こんな可愛い七宝焼きのペンダントも売られていたけど、3500円位したので「また今度ね」と言ってお別れしたが、今度とお化けは見た事が無い自分はきっとこのまま知らなかったことになるんだろう。裕福な愛犬家の皆さん買って下さい。


業務連絡
コーンパン、大人気のようで売り切れてました(謎笑)。


そろそろお時間となったので「お帰りでーす」(だからなんで伸ばすんだよ)って事で施設を後にするが、帰りは何を血迷ったか千歳空港インターチェンジから高速の人になる。
苫小牧方面に帰る人なら使っても価値はあるインターチェンジだろうけど、逆方面に行く人にとっては単に料金が高くなるだけのどうでも良いような場所なのに時々この様な非日常的な行動を取りたくなるのは、やはり旅の感覚を持ちたかったからかも知れないと言う後付けみたいなことを書いているが、単に魔が差しただけだなきっと。





# by Wonderfullifewith | 2017-07-21 18:19 | まぜまぜ | Comments(4)