<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2017年 03月 24日
限定品
母校が出来た当時は「妾の子」とか散々悪口を言われたらしいが、今では私立の強みからか卒業生の数が圧倒的なために地元では一大勢力となっている。
そんな母校、実はミッション系大学って事からかは判らないが、昔から学内飲酒禁止らしい(笑)。
なのにこの度ワインの基礎研究を始めたとかで、学生が葡萄栽培を行い無事そのワインが誕生。
a0015198_18453914.jpg
ワイングラスが無い貧相な家庭、昔はいくつかあったんだけどグラスの扱いが雑なのでことごとく割れてしまって以来、わが家ではワイングラスの購入は見送られている。
何方かバカラのグラスとか余ってたら分けてくださいm(__)m。

ロゼの辛口とのことだが飲み口はとてもさわやかでグイグイいけてしまうと思ったらアルコール度数が10%と普通のワインよりもアルコール分やや低め。
だが良い気になってこのコップで三杯くらい飲んでるとやっぱり酔っ払ってしまう。
強烈なアルコール利尿作用が働き、トイレに何度も通わなければならない羽目になり、その結果見事なまでの脱水症状を起こし水をしこたま飲んで今度は通常の利尿作用が発生しいつまで経ってもトイレの往復は終わらない。

ちなみにこのワインは同窓生並びにその親族限定販売でその数1000本だとか。
12本まで送料が同じとのことなので勢い余って12本大人買い。
セコマのワインよりは高いが、のけぞるほど高いワインじゃないのでこれも同窓生としての務めと自分に言い聞かせている。
そう「仕方がない」「やむを得ない」行為なのである。
a0015198_18453819.jpg
こいつ、普通に酒飲みます(専門家立ち会いのもとに行っていますので、一般の方は決して真似しないでください(違))。
ソファーに座ってビールなどを飲んでると横にやってきては隙を盗んでコップに舌を入れてチャプチャプ。
酔っ払われて吐かれてもイヤなので直ぐに止めさせるが、アルコールの旨さが判るのだろうか?

おいおい、限定って言葉にそそられるじゃねーかと思われた貴兄、繰り返しますが1000本限定なんです。
あとどの位残ってるか判りませんが、たぶんまだまだタップリ残ってるような気がします(笑)。
なので飲んでみたい人がいれば手渡し前提にお分けしたいと思います。
飲んだら乗るな、乗るなら飲むなってことで、アルコールを摂取した日は大人しく寝ることにしましょう。

飲むと長くなって良いんだよなとか言ってる貴兄は下のバナーをクリッとな(笑)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-03-24 19:06 | まぜまぜ | Comments(4)
2017年 03月 20日
子育て失敗
いい歳してから趣味の繋がりで色々な世界の方とお知り合いになれて、人生って本当に楽しいなぁと思う。
地図に載る仕事をしている人、お医者様の次に人の人生を守る人、我々の年金を支払ってくれる次世代の命を守ってくれる人、他にはその会社名を聞けば国民の9割以上がどんな業種か判る会社に勤めていた人など多岐に渡ってお知り合いになれたのも共通の趣味があったからこそ。

BMW万歳!(別にメーカーは何でも良いと思うが)。


今回の娘のイベントで色々とお世話になり、娘本人は頭の中に?マークが沢山湧いているような事が起きているここ数日だが、ついにそれがマックスになるような出来事が発生。
紅白の水引付き熨斗袋がポストに入っていて、名前の部分に「知らないオジサン」とだけ書かれていた。

「知らないオジサン?、誰?誰?」
娘もそうだが、自分も暫くは一体何方がこれを投函して下さったのか見当も付かず暫く熨斗袋を見つめて玄関でオタオタしているうちに、仕事で出掛けるために乗るはずのバスに乗り遅れるという失態を犯す。

それでも時間軸を色々とたぐっていくとある方の名前が浮かんできて、その方に「もしかして知らないオジサンですか?」とラインを送ったところ程なく「そうです、私が知らないオジサンです」と予想的中のお返事。

なかなか楽しいことをしてくれる知らないオジサン、やっぱナイスミドルは違う。


その通称「知らないオジサン」だが世の中の誰もが知る超一流企業を定年退職され、老後は「仕事なんてしている場合じゃない」と豪語されていたがそんな優秀な方を世の中が放置するわけもなく、あっという間に次なる職場で活躍する羽目になってしまったらしい。

就職難とか何所の世界の話ですか的に、出来る人には仕事の方からガンガン寄ってくるんだな。
潰しが利く仕事って羨ましいわ。

なわけでひとしきりお礼を述べて(ラインだけど)一旦終了。


娘にラインで「知らないオジサン」の正体を説明。


以下その内容

by Wonderfullifewith | 2017-03-20 23:40 | まぜまぜ | Comments(12)
2017年 03月 17日
2154番
斉藤和義の唄「遺伝」がエンディングで使われている「下剋上受験」を録画して観てる。
深キョンみたいな○○の奥さんだったら・・・・(以下自主規制)
東京の最難関中学を目指すってのは本当に凄い事なんだなぁとテレビを観ながら原作本を読みながら対岸の火事のように感じている。
東京って所は本当に大変なんですなぁ。


遺伝と言えばメンデルの法則ってのがあって、エンドウ豆がどうしたこうしたって話をほんの少しだけ覚えているけど本来はその辺はキッチリ覚えていなければ商売にならないだろって突っ込みを受けそうな所をすんでの所で躱しつつ棘の道に突入して早28年、よくもまぁ鳴かず飛ばずでここまでやってこれたと自分を褒めたいって言ってるようなていたらくな人間の遺伝子を見事に受け継いでしまった我が娘、すまん。

取り敢えずは義務教育を終えて次なるステップに進むって事で高校受験となり、通っていた塾の親子面談の時に「うちはあまりお金が無いので私立には行けないので、なんとしてでも公立に行かなければなりません」と塾講師に言ってのけた辺りは褒めてやりたいが、それを隣で聞かされる親の身にもなってみろって感じの状況でも全く返す言葉ががなくひたすら笑って過ごす親、情けなさ過ぎますか?。

それでも「高校に入ることは目的ではなく手段ですから、娘にしてみればその先を見越した先がある状況で希望する学校に行かせてやろうとバックアップするのが親の勉めであります。その結果玉砕したとしてもそれはそれで親が責任を取らなければならない事ですので、塾の売名に役立てないとしても勘弁して下さい。私立に行く事になった際の金は借金してでもどうにかしますので娘の希望を第一に考えてやって下さい。」と何を言ってるのか判らないような迷演説を面談予定時間を10分以上オーバーして熱演した自分は褒められるのだろうかと今考えるだけでも顔から火が出る位に恥ずかしい。
あとで娘に聞いたら塾講師はあんな面談は初めてだっとちょっとあっけにとられていたらしい。
確かに面談で娘が家の経済状態を前面に押し出して話をするなんて事はそうないだろう。

それでも鳶が鷹を生んだというか、満点の半分位しか取れなくても入れる様などこにでもある学校に通ってた両親を持った娘の頑張りは褒めてやっても良いと思うのは親バカだろうか、それともバカ親だろうか。

a0015198_03180098.jpg

モザイクを掛けても母親似ではなく父親似ってが一目瞭然ってのが悲しすぎる
高須クリニックの費用くらいは何も言わず黙って出す覚悟はある!


一応目標の学校への入学は許可されたようだが、何を隠そうこの娘、肝心の受験票を受験直後に何処かで紛失してしまっていた。
幸い番号は塾や学校にバックアップがあったために事なきを得たが、どこまでおっちょこちょいなのか「親の顔が見てみたい」と真剣に思った瞬間だった。
自己採点をしてそれなりの点数を取っていたらしいが、それとてこの娘のことだから何所まで信用出来るか判らない。
「自己採点」が「事故採点」にならないとも限らないのだ。

高校の掲示板に張り出される合格者一覧は正式なものではなく、高校からの合格通知が届いて初めて合格を認められるって事なので、早々にお祝いを頂いた方には大変申し訳ないですが万が一の際にはそのままそっとお返ししますのでその時は笑って受け取って下さいm(__)m。

取り敢えずは私立入学金分が浮いたので、と考える辺りで父としてはもう完全に終わってるな(笑)。

期せずして合格発表日と自分の棘の道突入開始記念日が同じってのは偶然にしてもちょっと嬉しかったり。
そんな嬉しい日であっても、トイレの便ふた自動開閉用人感センサーの電池交換や、トイレスタンピーをペタッとする日々のルーティーン作業は通常通りだったりするところが庶民の庶民たる所以なのだ。

てなわけでどうにか来月からは娘もJK。
JKになったらスマホ買ってやると言っていたが、iPhone7は充電しながら音楽が聴けないから嫌だって事で自分の持ってる6sと交換しちゃってちゃっかり漁夫の利的に7の128GBをゲットしてしまって喜んでる父、情けなさ過ぎますか?

そんな歓びの余韻に浸ってる暇もなく、職場では「専門業者さんに頼んだら何十万も掛かるんですから自分でHP作り直して下さいね。それに今はスマホでアクセスする人が多いんでスマホ用のサイトもちゃんと用意して下さいね」とか言われて、素直に夜なべしながらしこしこHPを作ってるって自分の本業って一体なんですかと思わなくもない。


てなわけでクルマとは一切関係ない話でありますが、娘の合格祝いに下のバナーをポチッとして頂ければきっと娘も喜ぶ・・・訳ないです(笑)。
当然のことながら家族達は私の車好きに関しては一切の理解を示してくれてません(泣)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-03-17 23:41 | うちのこと | Comments(8)
2017年 03月 15日
弥生も中旬となり
世の中が新しい季節に向かってそろそろ動き出そうとしている3月、北の大地も段々雪が少なくなってきて、日中の幹線道路だけなら夏タイヤでも走れるんじゃないかと思われる気温となってきたが、そもそも今年は年末の災害レベルのドカ雪がずっと尾を引いていただけで日々の降雪量はそれほどでもないって事くらいはこの呆けた頭でも理解が出来て、そうなるとその方面のお仕事をされてる方にしてみれば「商売あがったり」なんて話も聞くけど、やっぱり世の中ほどほどが一番ってことを感じながら年間契約している排雪費用が毎年のように値上がりしていることにちょっと不満を覚えつつ、それでも生命保険と同じできっと契約を辞めた年にはドカッと雪が降ってどうしようもなくなるんだろうなぁなんて思うと費用が多少高くなっても辞められないって所に小市民の小市民たる所以があったりして、BMWも4月から車の値段が値上がりするって案内が来て「ご購入は今月中に」ってそんな簡単に買える金額じゃないことくらい判らないのか!と誰に向かって怒りをぶつけたら良いか判らないのでグッとこらえて500円玉貯金に精を出すことで忘れようと努力する小市民。

やっぱり経済を回すにはそれなりにお金を回さなくちゃならないんで、どうかうちの職場に入ってくる金額が大きくなりますようにとお星様にお願いすれば良いですか?と夢見る夢子ちゃんみたいなことを言ってるから色々な支払いに四苦八苦せざるを得ない状況になっていることにまだ気づかぬかこのボケが。

そんな感じで日々を過ごしていると業界の夜の部の施設に於いて全国レベル学会で何やら大きな賞を頂いたスタッフがいるって事だったので折角なのでお祝いしましょうと言う流れになり、そうなれば会社の金で旨いタダ飯が食えると喜んでその日が家族の誕生日だというのにいそいそとお店に出掛けてしまうダメな家長、そのしっぺ返しが百貨店の1階に鎮座しているお店の水色の箱に入った宝飾品だったり、娘の卒業にかこつけてほとけさま料理だったりに化けそうなんでプラマイゼロどころか思いっきりマイナスてかこの先3ヶ月に渡って内職の仕事がないというのにこの大出費は吉と出るか凶と出るかと考える以前に大凶以外に答えがないような気がする事位誰だって判るわって話。

お祝いに使われたお店は鮪とモツがメインのお店だが、結局モツは頼むことなく自分は添え物の大根のツマをせっせと食べてご満悦って辺りでこの施設における「取り締まられ役何にも専務」の立場があらわになってきて、所でどうして業界的にも鳴かず飛ばずの自分がそんな役員になってるのって疑問が周囲から湧き上がってきて、やっぱり飛び抜けた人間ばかりだとどうしてもバランスが取れないからこの様などうでも良い人間を混ぜ込んでプラマイゼロに持って行こうとするのが世の中の組織の基本なんじゃないかって事で職員一同納得されたけど結果自分の立場が完全崩壊したような気がしないでも無いけど事実だからどうしようもない。

a0015198_19165309.jpg
手前二つの鮪は陶板で焼いてお召し上がり下さいって事だったが、他のお刺身で頂ける部分に「のうてん」なんて部分があって「のうてん」てのはあの「のうてん」なのか?と疑問符だけ湧いたけど食べた人間に聞いたらとても美味しかったって事なので結果オーライ。
焼いて食べる部分に関してはかなり脂がのっていて鮪の部分によっては味が全然違うんだなぁと半世紀以上生きてきて改めての気づきを感じさせられる宴会。
大根のツマも陶板の上で焼いてみたがそれはそれで旨かったと言うことを書き加えておこう。

a0015198_19165335.jpg
だから鮪とモツがメインのお店って言ってるのに和牛の握りとか頼んじゃう辺りが若者らしいチョイスだと思うけど、若くて可愛いニョシ相手に楽しい会話を繰り広げられるのも「取り締まられ役何にも専務」の役得と感じながらこの瞬間を堪能する。
普通の状況なら薄ら禿げた50過ぎのおっさん相手になんて、お金をタンマリ積まなければお話なんて絶対してくれないからね。

夜のお仕事ゆえこの様な宴会が始まるのは比較的早い時間で、それでも一次会の途中で本日ご出勤される職員さん達はノンアルコールで盛り上がった後に元気に職場に出掛け、残された職員さん達と役員さん達とで引き続き盛り上がる。

宴もたけなわになって二次会も用意されてて地元では有名どころのニューハーフのショーが観られるお店に出掛けるとのことだったが、さすがに本日お誕生日の家族を持ってる家長としてはそのような二次会に参加することは憚れるためにここで断腸の思いでおさらば。
この辺がまだ状況を把握出来ている人間と言って良いと自分では思い込んでいる辺りがメデタイですか?

a0015198_09225971.jpg
卒業式も無事終わり、義務教育が済んだので取り敢えず親の義務は果たしたと思っているが、世の中的にはまだまだそんな事は許されるわけもなくヘタしたら今までと同じだけの年月の学生時代を過ごす勢いの娘を持った父親はその行く末を最後まで見届けることが出来るでしょうか?ってのが今のところの最大の課題だったりする。
死んだら死んだでお金で解決って事になって一件落着とか言われるのも悔しいけど、結局家長の立場ってそんなものだよ。
a0015198_09225927.jpg
お前も舌を出してる場合じゃなくて、最期の看取りを娘がしてくれるかどうかの瀬戸際の第一関門なんだから心して生活しろよと言ったところで判る訳もないか。


ふーん、若いニョシと楽しいおしゃべりが無料で出来るとはずいぶんと恵まれた環境にいるじゃねーかと思われた貴兄、まさにその通りでございましてこれを「役得」と言わずして何を「役得」と言いましょうか。
そんな環境に身を置く自分ではありますが、B5が発表されてその内M5が発表されて、うっかりD5が発表されてその金額に卒倒して悶絶する姿を自分でも想像しながらこれからの繁忙期を乗りきろうと思っていますが、何やら身の回りでお金が沢山必要になることが必至な状況で528iをずっとずっと骨の髄までしゃぶるくらいに乗り続けなければならない事になっても笑わないで下さい。
えぇクルマは長いことのる事に慣れてますから(謎笑)。
てか4945mmなんてサイズの車が5m車庫に格納されるのかって問題の方が本当に大きいんですけどね。

てな訳で卒業式と言えば第2ボタンでしょって事で、斉藤由貴クリック!(懐)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-03-15 17:28 | まぜまぜ | Comments(12)
2017年 03月 06日
楽しい夕食会
よくよく考えたら、と言うか考えるまでもなく今シーズンの冬期間に於いて愛車の洗車回数ゼロ。
強烈にこ汚い状態でガレージに入ったままになっていて、稼働率もガックリ減ってしまって給油も2ヶ月に1回なんてレベルだからどうしようも無いなぁと思いつつ、それでもクルマ仲間との交流は公私にわたって絶賛開催中だったりするからどうしようも無い。
関西では「車の話は5分以内」なんて法則もあるようだが、北はもう少し長いな(笑)。

先日、湘南のT氏がこちらにいらっしゃるって事だったので、そうなれば超秘密基地にて宴を繰り広げなければならないって感じだったのだが、その1週間位前から体調不良に襲われて頭痛や発咳に悩まされ、左肋間神経痛がとんでもないことになって咳をする度に痛い胸を押さえてるもんだから端から見たら「大丈夫かこのおっさん」的な視線が職場内で痛く突き刺さる。

それでもどうにかこうにか体調を間に合わせて超秘密基地での宴の日。
ツンベで乗り付けたおっさん達がこぞって近所のスーパーに買い出しに行ってる姿は世間の目にはどう映っただろうか、考えただけでも思い出し笑いが出来る。
見ようによっては小料理屋の板さんみたいな人が今日のメニューを考えながら買い出ししている姿にも見えたかも知れない。


今回の宴はシェフとスーシェフがいるので何の心配も無い。

そんな感じで始まった宴の準備。
a0015198_09445197.jpg
なかなか見られない2ショット、これは貴重なバックショットと言わざるを得ない。
普段ならシェフとして仕事をする人がスーシェフだからね。
そのスーシェフもこの日の日中に街中の主婦のお料理教室のヘルプに借り出されて、そこで「料理したことありません」的な振る舞いをしようにもあまりに周りの主婦達のていたらくさに思わずいつものようにやっちゃったものだから、一瞬にして周りの視線が集まってしまったとかのレベル、言ってみれば主婦以上に主婦している主夫、今日も朝5時30分に起きてるそうです(笑)。
一緒に行ってたご令嬢も「パパがやった方が早いから」と言ってたとか、子供はよく見てるものです。

a0015198_09445029.jpg
シェフとスーシェフ、それを監督する兄貴、なぜここにZ氏がいないのかが不思議なくらいだ。
まぁ万が一にも四天王が揃った日には超秘密基地は大変な事になると思うけどね。

a0015198_09445010.jpg
草履みたいなサイズの和牛に粒コショウをゴリゴリ挽きながら掛けてるスーシェフ。
その向こうはモモ肉、食べ応えがある。

a0015198_09445092.jpg
この斜め俯瞰の絵柄、なかなか良い感じだ(笑)。
シェフが包丁を握ってる姿を見られるのは貴重だ。

a0015198_09445052.jpg
生サラミを切るシェフ。
生サラミってのは初めて聞いたが、これがまた良い味出していて通常のサラミのような塩味がきつくなくていくらでも食べられる。
これも食通T氏の行きつけの店で作ってるらしい。

いよいよ、肉を焼き始める。
a0015198_09445067.jpg
鉄板には一切の油は敷いていないが、肉の脂がドンドン出て来て肉が焦げる気配は全く見せない。
これお幾らの肉なんだろう?(笑)。
ちなみにこの日の会費は激安居酒屋の宴会費用よりも安いんだからやめられない。
この良の肉や魚や酒をお店で頼んだらきっと3倍の費用は請求されちゃうんだろうなぁ。

a0015198_09444918.jpg
肉が焼けたところで一度肉を取り出しシェフが切り出す。
肉を斜めに切ってるところに素人じゃ無い雰囲気が丸出し。
もしかしてその筋のお仕事の方ですか?と訊けば、いやいやナマポの親戚みたいなものですよ(笑)と笑い飛ばしちゃうこの方、なぜその方から○○とか○○とかの山羊のお名前がぽんぽん出て来るのかが不思議です(爆)。
あんな軽いセーター、初めて見ましたわ。

a0015198_09444956.jpg
モモ肉とホタテバター。
「子供の時に一生分食べたからもう要らね」とか言っちゃう兄貴、贅沢すぎますって。
「ホタテは切って広げないのが基本」とか、もう判らない世界の話をしている人の横で旨いなぁと言いながら食べてる自分、ヒエラルキーの底辺住人ですか?(笑)。

a0015198_09444926.jpg
料理酒が無いってんで美味しそうな日本酒をジャジャッと掛けちゃうT氏。
世の中色々理不尽なことがあるけど、みんな頑張って生きましょうねって話で盛り上がる当たりがおじさんたちの宴だったりする。

a0015198_09444986.jpg
モモ肉も焼けたのでサイコロステーキ風に切るシェフ。
いやぁこの俯瞰の画、思わず色々なことを想像しちゃいますわ(謎笑)。


肉だけじゃ何でしょうって事でお魚も登場。
a0015198_09444000.jpg
やっぱ鮭だよねぇ。
軽く塩をしてその上にバター。
「味はバターで決まります」ってCMがあったが、バターの生産調整ってのはどうなのかねぇと色々と思うところはあるのだが、難しい問題も沢山孕んでるのが酪農業だったりする。
取り敢えず世の中の方におかれましては、アレルギーが無ければ牛乳を沢山飲んで頂く事を切に願うのであった。

焼鮭は少し残ったので翌日の料理の食材にしましょうって話が纏まっていたが、翌日はどんなお料理が飛び出すのかとても楽しみだと思ったのもつかの間、自分は親族の色々な進路の問題から家を空けることが不可能な状況に立たされたので翌日の宴には参加出来ないという大失態。

鮭がどの様に化けたのかその行く末を見送れなかったことが唯一の心残り。


やっぱシェフがいるんだからイタリアンも欲しいよねぇって事で、トマトクリームパスタをリクエスト。
a0015198_09444037.jpg
タマネギの薄切りがサクサク出来上がっていく。
これから何が出来るかがとても楽しみと思って何気なく台所を見ると、今まで何品も料理を作ってきたはずなのにシンク内が一切汚れていない。
三角コーナーにゴミは溜まっていて、その手前にビールの空き缶が並んでいるだけで、それ以外は全く何も汚れていない。
何気なく料理をしているようで実は洗い物までが同時進行されているんだからやっぱり違うわ〜。
最後にはコンロの壁まで綺麗にしちゃってるんですよ。
こちらはいつでも養子縁組の準備は出来てますんで、パパと呼ばせて下さい(笑)。

タマネギをスライスして軽く炒めそこにトマトの缶詰を投入、少し煮込んだところで生クリーム投入、スーパーで購入したカニのほぐし身も投入だ
a0015198_09443999.jpg
あとはこのまま暫く煮込んでおけば美味しいトマトクリームソースの出来上がりらしい。
「本当はフュメドポワソンを入れると旨いんですけど、さすがにそれは今手に入らないんで(笑)」と言っていたが、これはもしかしたらその内本当にもしかするかも知れないぞ!と思ってしまったのは自分だけでは無いはず。
いつかはフォンドボーとかも用意して待ってます。

a0015198_09444031.jpg
ちょっと細めの麺、ゆで時間は6分らしい。
a0015198_09443916.jpg
「浅い鍋の場合は」とか言いながら綺麗にパスタをこの様にばらけさせるってのは素人には出来ない技だね。
向こうのフライパンには良い感じで煮詰まったトマトクリームソース。
麺を6分ほど茹でてソースと絡めて出来上がり。

a0015198_09443868.jpg
パスタのゆで時間を計るんだってキッチンタイマーじゃねーぜって当たりがおじさんたちの宴。
王冠マークの時計で時間を計るのだ。

やはり自分の体は本調子じゃ無かったようで、缶ビール2本でストップとなってしまったが、シェフとスーシェフは「冷蔵庫整理をしなければならない」との大義名分の元、一所懸命ビールの消費に余念が無かった。
やはり健康ってのは大事だと痛感した次第。
やっぱ風邪ひいて咳き込んで胸痛がってる場合じゃないわね。

食後のデザートはミカンまんじゅうと海老せんべい
a0015198_09443878.jpg
ミカンの形をしたまんじゅうだが、これがミカンの風味が口に広がって甘くどくなくてなんとも良い感じ。
温泉まんじゅうとは一線を画した味に、お腹が一杯なのについつい手が伸びてしまった。

a0015198_09443968.jpg
お上品な海老せんべい、この辺のチョイスに我々のような底辺人間との差が出てくると痛感。
旨いなぁと思いながらボリボリ。

美味しい料理と楽しい話、最後にはハライチの澤部の様な感じで乗りまくって喋る人が出て来て、笑いすぎて咳き込んで胸が痛くなるわ後頭部が痛くなるわであっという間にお開きの時間。

超秘密基地、今期最高の盛り上がりだった。


おいおい、料理がドンドンレベルアップしてるじゃねーかと思われた貴兄、大正解!。
もうね、頂点を極めていく勢いですよ。
アルピンですよ、アルピン(謎笑)。
そんな訳ですから、今度は湘南で盛り上がりましょうって事で話が纏まりつつありますんで、その辺に関係のある各位におかれましてはご準備の程宜しくお願いいたします。

クルマの繋がりでこんな楽しいことまで出来ちゃうお仲間に乾杯、てかさっさと風邪治せよ。
下のバナーをポチッとして頂ければこのしつこい咳も治りそうな気がします。
ゲホッ、ゴホッ、カーッペックリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-03-06 23:21 | くるまのこと | Comments(14)