<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2013年 04月 28日
お皿交換
我が愛車、吊し状態で車高が調整できるようになっている(と頑なに言い続ける)。

ちょっと車高が下がりすぎていたのでそれを修正しようと思っていたのだが、車高調整用のお皿ってのが難儀なことになっていて、バネ式の車高調の場合、お皿がバネの受け皿になっているため常にテンションが掛かっている。

車高を上げるためにはそのバネの力に抗う様にお皿を回していかなければならない。

お皿を回す専用レンチが付属しているのだが、これもイマイチの精度なのか、例えるならばホームセンターで購入する安い「DIYで組み立てる棚」に付いてるドライバーやレンチの類に近い物(の様に思われる)。

そんなレンチでお皿を回してたら、レンチが引っかかる角を舐めてしまいにっちもさっちも行かない状態になってしまった。

車高調なのに調整出来ない状態で一冬を過ごしてしまったら、せっかく塗ってもらったバンパー下には無数の擦り傷、そしてエンジン下のアンダーカバーにも見事なささくれが出来てしまっていた。

これはやはり常識的な高さに戻した方が良かろうって事で、お皿交換の儀を執り行うこととなった。

奇しくも季節は黄金週間。

当方はそんな物には余りご縁がない仕事をしているが、一部のセレブは「しっかり休みます」って感じな訳で、そのような方の数名にお力をお借りして作業を行った。

F10の足回り交換はサンヨンやE39から比べると遙かに簡単。

ボルト(ナット)を5本の脱着でサクッと作業が出来る。

必要なのは場所とお仲間のお力、そしてそれなりの工具。

簡単に手順を紹介するが、F10の足周り交換をDIYでやっちゃう人って、自分が知る限りでは「前倒しで行こうよ」の方位かな?

一般的オーナーさんなら、行きつけのショップさんがあって、そこに「じゃぁお願いね」って感じなんだと思う。

でもそれを敢えてやらない(やれない?)のが北のオーナー(笑)。

先ずスタビリンクを切る。
a0015198_9574922.jpg
T40のトルクスのコマと18mmのナットがついている。

E39などは薄い17mmのスパナがないと交換が難しい様だ。ナットの位置が違うので一般的なメガネレンチで作業可能。

a0015198_102349.jpg
スタビリンクが外れた。

次にショックの下部分を外す。
a0015198_1033575.jpg
18mmと21mm。前回何処かの色男(金と力が無いオッサン)がかなりの力で締め込んだために、作業を行ったK氏を持ってしても緩める際に思わず「うっ」という声が出てしまうほどに締まっていた。

下のネジが外れたら次はエンジンルーム内のトップボルト(ナットではない)を緩めて、ロアアームを下げるとアームからショックが外れる。
a0015198_1075458.jpg


下からショックを支えつつトップボルトを3本抜くとショックはするするっと降りてくる。
a0015198_10103676.jpg


摘出されたステンレス製の筒を持つショックアブソーバー一式、ちなみにアッパーマウントは純正流用。
a0015198_10114827.jpg


今回の作業の目的はお皿交換なので、トップナットを緩めてバラバラにするためにスプリングコンプレッサを装着。
a0015198_10133155.jpg


バネを縮めたところでトップナットを外し、バネを撤去。
a0015198_10135873.jpg


ダメになったお皿をクルクル回して外す。
a0015198_10144948.jpg
ねじ山の汚れをパーツクリーナーで洗浄。
土埃が付いている状態で皿を回すと傷が付くので注意。

新しいお皿と交換。ちなみにこのお皿のお値段「新渡戸さんお一人」。
a0015198_1017148.jpg
なぜにこの部分がプラスチック製なのか甚だ疑問に思うわけで。
ここもしっかりステンレスのお皿にしてくれていれば、回すのも楽なのに。
何か良い方法でもあるのだろうか?

バンプラバーを取り付けてバネを元に戻し、アッパーマウントを載せてトップナットを締める工程に入る。
a0015198_10174717.jpg


トップナットを何とか留めようと必死のおっさん3人(一部部分的にモザイク処理)。
a0015198_10212844.jpg


だが、なかなかどうしてトップナットを掛けられない。
力的には充分なのだが、どうしても皆笑ってしまい力が上手く入らないのだ。

実はこの車の作業前に1台足回り交換を行っていた強者のお二人、加えてこの後にも実はブレーキ交換の作業が待っているのであった。

そんなわけでなかなか力が入らないのも致し方ないのかも知れない。


出来るだけ楽に作業をしようって事でバネの縮みを最大限にとコンプレッサーを締め付けたのだが、ここで軽いチョンボが確認された。
a0015198_10201491.jpg
スプリングコンプレッサーの爪の一つが上手く掛かっていなかった(笑)。
安全のために工具は適切に使用しましょう。

バネを縮め直して再度トップナットを留めることに挑戦したのだが、そこでバネを縮めるためには上から圧縮する力を最大限にした方が良いだろうって事で編み出されたのがこの技。
a0015198_1113866.jpg
名付けて「水子式バネ圧縮法」(笑)。
K氏の余りに突飛な作戦にナットを持つ自分は笑ってしまいなかなかネジを掛けられない。
水子に乗られたT氏も笑って力が入れられないが、それでも総重量150kgオーバーで押さえつけると、さすがのバネも縮んでいった。

何とかナットを留めることに成功し、その後キッチリ締め込んであとは外した逆の手順で足周りを装着した。

これでお皿も新品になったのでいつでも自由自在に(って訳には行かないが)車高の調整が出来る様になった。

ただ、バネ式の車高調の特性なのか、上げ下げしたい量とお皿の移動量の法則がイマイチ良く判らない。
この辺は全長調整式の方がすんなりいく様な気がした。


軽い全身筋肉痛に襲われながらも楽しい一時を思い出す黄金週間前半の営業時間(仕事しろよ)。

いつも作業を行ってくれるお仲間には感謝感謝の次第。

by wonderfullifewith | 2013-04-28 11:47 | くるまのこと | Comments(12)
2013年 04月 26日
大人のおもちゃ
ちょっと前から気になっていた大人のおもちゃをついにゲット!。
a0015198_22115132.jpg
バラエティ番組などで、芸人のヘルメットや車載カメラとして活用されているGopro。
スチルカメラにもなるし、とんでもない画質の動画も撮影可能なカメラだ。

大きさはこんな感じでiPhoneと比較しても恐るべき小ささ。
a0015198_22115560.jpg

本体重量も70g程度だから凄く軽い。

メディアはMicroSDカードでクラス10の物が推奨となっている。

今回は家電量販店の店頭で購入したが、その際にメディアも一緒に購入した。

32GBで約8000円!。

え?そんなに高かったっけ?と思いネットで検索したら、並行品は3000円弱。

この違いはなんだ?と調べたら、どうやら並行品の品質はかなり当たり外れがある模様で、購入後直ぐに使えなくなったという話がちらほら。

この様な事もあるので、やはり日本正規品が良さそうな気配。

そんなこんなで結構な散財をしてしまったけど、まぁまた頑張って働けば良いか。

さてさてこのカメラを購入する上での下準備として、iMovie以外の動画編集ソフト(プレミアエレメント、勿論アカデミックパック)も入手していた。

iMovieは部分的なモザイクが入れられないため、車両撮影の際のナンバー隠しが上手く行かないのだ。

さて、どんな動画を撮ろうか今からワクワクしてしまう。

サクションカップも必要だろうし、他には何がいるかなぁ。


Goproの詳細はこのYoutubeを見て貰えば良く判る。

てゆーかこの動画を見なければ、箱から本体を出すことすら困難な状況であった(笑)。


ぱっと見だけど、この人「タイチョー」に似てる気がする。

by wonderfullifewith | 2013-04-26 22:26 | カメラのこと | Comments(14)
2013年 04月 23日
宝の持ち腐れ
普段も時々この様な加工をしているが、あらためてその凄さを確認した。

先日の祝賀会の際に記念撮影を行ったのだが、撮影時にテーブルを左右ギリギリまで避けてもどうしても見切れてしまう。
a0015198_9315227.jpg


これはイカンだろうって事で、Photoshopでチョチョイと加工って程のことでもなく、テーブルを囲んで塗り潰しを選択し「コンテンツに応じる」をポチッとな。

すると見事にテーブルが消えてくれた。
a0015198_9405167.jpg
絨毯の模様が規則正しいことも手伝って、ぱっと見にはほとんど判らない。

さすが高いソフトだけのことはある。
バージョンアップ版、それも学生教職員対象のアカデミックパックだから買えるようなソフトで、商売でこれらのソフトを使ってる人には頭が下がる思い。

自分の使用レベルでは宝の持ち腐れ感がハンパないが、それでも「良いものは良い」が証明された事例。

宝の持ち腐れと言えば

by Wonderfullifewith | 2013-04-23 09:46 | カメラのこと | Comments(9)
2013年 04月 22日
いかつい?
4月は業界の仕事が目白押しで、結局毎週日曜日の昼からは何某かの行事が入っていた。

先週はフリーだったような気もするが、天気が宜しくなくて結局何も出来ず終い。

漸く晴れ間が出た昨日、意を決して洗車を敢行することにした。

娘に傷つけられたバンパーの確認もしなくちゃならないしね。


電源ドラム、ケルヒャー、洗剤、そしてマキタのブロアーを持ち出して家前でいざ洗車。

車体が大きいので一気に泡だらけにすると最初の部分が乾いてしまうため、パーツ毎に洗ってはすすいでを繰り返す。

左後ろの傷を確認すると、前回確認した部分の他にも傷が_| ̄|○。

濡らしたら目立たなくなるレベルだから、コンパウンドで消えるかなぁ。


落ち込んでいる間もなく業界の仕事に出掛ける。

本当ならこんな晴れた日曜日、あの人は間違いなく愛車をジャッキアップしてるだろうに、そこにお邪魔してお手伝い出来ない自分の立場が恨めしい。


仕事は第一部を滞りなくすませ、第二部の仕事場はとあるホテルだが、ホテルなのに10時が門限(笑)。

駐車場に車を入れたら「夜遅くまで(宴会場を)利用するお客はホテルの玄関前に車を駐めて欲しい」と言われ、渋々承諾。

受付や写真撮影のセッティングなどを行っていると、会場にはどんどんと客が押し寄せてきている。

後輩が何気なく寄ってきて「今ホテルの前に何だか厳ついビーエム止まってたんですけど、見ました?」と。

「ふーん」と聞き流すと、続けて
「ホイールも何だかデカいし、ちょっと普通っぽくない出で立ちなんですよ。全くイヤですねぇ、ああいうのに乗ってる人」。
「へーそうなんだ」と自分。
「そう言えば確か似たような車に乗ってましたよね」って言うから、
「あれ、オレの(笑)」
「あ、・・・・」

個人的にはなかなかエレガントだと思うんだけどねぇ。
a0015198_1745058.jpg


by Wonderfullifewith | 2013-04-22 17:10 | くるまのこと | Comments(26)
2013年 04月 19日
歓送迎会
朝カーテンを開けたら、隣の家の屋根が白くなっていた、そんな4月中旬。

なかなか天気もスッキリしないので、ドライブに行く場所も無い。

早くスッキリ晴れた天気になってくれないかなぁ。

こんな天気なら、桜の開花はきっと黄金週間開けだな。



と言う前置きは良いとして、

業界の夜間部の仕事をしている関係上、そこの人事異動の式典の場に出席。

主賓がノロウイルスに襲われて欠席というハプニングもありながらそれでも式を強行する辺りが何とも業界らしい。

今回は狸小路の8丁目にあるオステリアクロッキオを貸し切ってのパーティ。

うーん、優良経営施設はやっぱり違うわ。

カメラ女子御用達のミラーレス一眼
a0015198_1646751.jpg
こちらの黒いカメラを見て一言、
「あんな風にはならない」って、どんな風だよ(笑)。

帰国子女で英語がペラペラなので、別件で個人輸入のお手伝いをして貰うことにでもしようか?と職権乱用を企てる悪いオジサン。


新規社員を激写するそのカメラ女子を盗撮。
a0015198_16482141.jpg
触ったら手が後ろに回るが、写す分には大丈夫だろう(たぶん)。

今後の事を真剣に話し合う職員達、頼もしい。
a0015198_16503480.jpg


この日のために体調を整えてきたという職員達は、それこそ呷るように酒を飲み干していた。
a0015198_16511886.jpg
こんなことで仕事のストレスを発散してくれるのなら、我々はいくらでも聞き役に回りましょう。

a0015198_16551028.jpg
コース料理だったので、パスタ料理は本当に軽めにウニソースのフィットチーネ。

リハビリ中なのでアルコールもビール、スパークリングワイン、シャングリア、ビールと順番に頂いたが、体調はまだ完調では無いようだった。

by wonderfullifewith | 2013-04-19 17:02 | しごとのこと | Comments(4)
2013年 04月 16日
よその土地
地球儀的に見れば日本なんて国は本当にちっぽけな国なわけで、そんな小さな国の小さな島の、その小さな街の中の一区画で生きている自分。

井の中の蛙、大海を知らずって言葉がある位、自分の地域はある程度判っているつもりでも、ひとたび海を渡った場所のことは本当に理解していないのが現状。

そんな事を端的に表している地図を発見。
a0015198_11481094.gif

北の大地だけでもツッコミどころ満載!(笑)。
オホーツクw。

ムツゴロウ王国デカ過ぎ。

道東地方が未開拓地。

北方領土が流氷になってるし。

本州に目を移すと、仙台の下の「謎」ってなんだ?(笑)。

そして静岡と名古屋の間にも「未開拓地」が!。

四国はお遍路さんで終わりかい。

九州なんて鹿児島が本当に島になってて、佐賀が離れ小島になってる。

他所の地域のことなんて、所詮こんなものよね。

だが、これは度が過ぎてるぞ

by wonderfullifewith | 2013-04-16 12:01 | まぜまぜ | Comments(8)
2013年 04月 15日
なまら良い音祭り
a0015198_1121329.jpg


今年で4回目となるカーオーディオの祭典、なまら良い音祭りを見学してきた。

会場には北の大地のオーディオショップが自慢の車両を持ち込んで、大試聴大会が繰り広げられていた。

車を換えてからはオーディオ方面はスピーカー交換だけだが、それでも「聴くだけならただ」だし、行くだけ行ってみようと。

にしても、イベントの告知がいまいちな気がした。
自分は何となく知っていたから行けたようなもので、告知はFacebook位でしか行っていないような気がした。
車関係のイベントだから、一応ラジオCMもやってたようだけど、みんカラとか各ショップのHPとかでもガッツリ宣伝して良かったような気もした。


車両の前のカードにはどの様な装置をインストールしてあるか書いてあるプラカードがあるが、どれも軽自動車が買えそうな金額の物ばかりで、これに工賃を入れたら優に諭吉様100人体制で動員されるような設備ばかりだ。

趣味の世界だから、興味の無い人には全くどうでも良いものかも知れないが、やっぱり拘りって大事だと思う。
それがモチベーションで毎日暮らすことも出来るだろうし。
ただ惰性で生きていくのは勿体ない。


今年はさらりと会場内を見学しただけにしたが、一番高価なのはメルセデスベンツに搭載されていた200諭吉オーバーのシステムかな?
「出るからにはトップ狙わせて頂きます」って感じで、車両横にいた営業さんも他のショップさんと違って、バリッとスーツ姿だったのが印象的。
他店の方々はそれぞれの店舗のスタッフジャンパーなどでカジュアルだったのに比べて、あの場のスーツ姿は車両の厳つさと相まって良い感じに場を締めていたような気がする。

去年はアンケートに答えたところ、抽選でショップさん特性のごつい腕時計を頂いたので、今年も「二匹目のドジョウ」を狙ってアンケートを記入。
ちなみに頂いた時計だが、余りにごつすぎてそのまま箱に入れて飾ってある始末。

本当なら全部の車両の音を聴いて心の洗濯でもしようかと思ったのだが、どの車両も何人かの客待ちがいたために、そそくさと会場を後にして家路についてしまった。

帰りは結構な雨降りで、足回り交換などの外作業は無理と判断して正解だったと思った日曜の午後だった。

by wonderfullifewith | 2013-04-15 11:03 | くるまのこと | Comments(0)
2013年 04月 13日
春作業
最近は車に乗ることもあまりなく、家から周囲数kmをちょこちょこ移動する程度で、大きなイベントと言えば娘に自転車でバンパーを傷つけられて事位。

なのでネタも無ければここの更新も無いって事。

それでもタイヤ交換もしたことだし、若干の足周りの調整をしてみたりする。
a0015198_15464293.jpg
リヤの長さは11cmに調整してみた。
今までよりも約1cmほど下げてみたが、どうも左右で1cm程高さが違ってしまい、左後ろが少し高くなってしまう。
これは車体の誤差なのだろうか。

前はあと5mm程あげたいのだが、紫色の皿のへこみ部分が舐めてしまったために、一度足周りをばらさなければならない。

あの人のお力を借りなければ。

てことで、もう少し暖かくなったら泣きつくことにしよう。そしていつもお世話になってる工場長にも泣きつこうっと。

皿を回すに当たり、バネの力が強すぎてなかなか廻らないのだが、車体に搭載された状態で小さいスプリングコンプレッサーを取り付けたらどうなんだろうか?と素人ながらに考える。

そうすればバネが縮んで皿を上に回しやすくなるんじゃないかと。


それと、どうもBMWのオートライトの設定が敏感すぎるような気がする。
真っ昼間でもライトオンになってたりして、これもどうにか設定変更出来ないものだろうか?。きっとどこかに設定箇所があるに違いないが、語学に堪能な先達にお願いするしか無いかなぁ。

a0015198_15545626.jpg
写真はデイライト状態の愛車。


さ、明日は札幌ファクトリーで「なまらいい音祭り2013」が開催されるので、ご用とお急ぎじゃ無い方は是非足を運んでみては如何だろう?

20万程度のリーズナブルな物から、車両本体よりも高い300万を超えるハイエンドなセット(昨年)まで色々と聴き比べられる機会はそうそう無いよ。

by wonderfullifewith | 2013-04-13 15:56 | くるまのこと | Comments(2)
2013年 04月 06日
春なので
北の大地の今年の冬の降雪量は半端なかった。

内地では各地で桜の便りが聞かれる頃、果たして春はやってくるのだろうか?と心配してしまうありさまだったが、それでも少しずつ道路の雪も溶け、家の窓ガラスを覆うだけの雪もなくなり、漸く春の気配を感じる今日この頃となってくれた。

なので、北の大地の春の風物詩と言えば、一にも二にも「タイヤ交換」である。

明日から天気が大荒れになるらしく、終日雨の予報が出ている。

雨は好ましくないが、雨が降るって事は「雪が溶ける」って事に他ならないわけで。

そうなれば雰囲気的に若干フライング気味ではあるが、タイヤ交換を敢行してみた。

自宅ガレージからジャッキとトルクレンチを積み込み、タイヤを保管してる例の場所まで車を走らせる。

ジャッキアップしてサクッとタイヤを交換。

冬タイヤは後日家族車のタイヤ交換時に綺麗に洗浄することにして、サクッとやることをやってしまう。

うーん、やっぱり良い(笑)。

3インチアップになるが、BBSとBSの組み合わせでは、冬タイヤとの軽さはほとんど変わらない。

加えて乗り心地も全くと言って良いほど変わらない。

流石と言うしかない。

清水ダイブの甲斐があったと言うもの。

残るはワイパー交換と車内のゴムマット撤去だが、道が汚いので車内のゴムマットはもう少し後にしようっと。

ブレーキは必要にして十分なだけの効きが感じられるので、大径にする予定は無い(とここで宣言しておかないと、関係各位からの誘惑が多すぎる)。

そう、当初の目標通りこの車は「吊しで乗る」が信条なのである。
a0015198_154916.jpg
黒バッジだけど、あの方とおそろ。

by Wonderfullifewith | 2013-04-06 15:06 | くるまのこと | Comments(8)
2013年 04月 05日
JL Audio tool
車のオーディオにこり出すとキリが無い。

どこかで見切りを付けなければ、それこそ本気で泥沼にはまり込むようなものだ。

サンヨン時代もそれなりに弄って、ヘッドユニットなんて何回交換したか判らない位。

スピーカーは匠の技術でしっかりしたバッフル版を作ってもらってたし、サブウーハーも然り。

何所までやっても「これで良し」ってのがない世界だから、ほんとタチが悪い(笑)。

なのでF10ではトレードインのスピーカー交換という最低限の弄りしか行っていない。

人間、時には諦めも必要なのだ。

と言いつつ、こんなiPhoneアプリを発見。

「JL Audio tool」。

無料で高機能。

取り敢えずは運転席と助手席の間位にiPhoneをセットしてピンクノイズをスピーカーから発生させると、聞こえてくる周波数が表示される仕組み。

赤い棒グラフがなだらかに右肩上がりになると良いらしいが、自分の設定ではいくつかの周波数帯で谷間が出ていたので、そちらを純正イコライザーで補正。

そう、Anniversary仕様にはちょっと高級はオーディオシステムが搭載されているので、この辺の微調整も可能なのだ。

自分の車両環境だと以下のような調整でそれなりの波形になった。
a0015198_1721306.jpg

500Hzをやや下げて、2KHzと5KHzをやや上げてみた。

音なんて基本は個人の好みだから、ドンシャリが好きな人もいれば中音がスッキリって人もいるだろうから、これは本当に一つの目安でしか無いと思うけど、まぁ迷ったときにはこれを参考にするのもありかも?。

だってこのアプリ「無料」だし(笑)。

by wonderfullifewith | 2013-04-05 17:28 | くるまのこと | Comments(4)