<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 31日
次なる活躍の場へ送り出す
「ちょっと関西で仕事してきます」
お仲間からそんな話がにわかに持ち上がった。

超一流企業であり続けるためには、そこで働く人間が一般人の見えないところで日々精進しているからこそであって、ただのうのうと過ごしているわけではない(と思う)。

そんな企業戦士であるお仲間さんを送り出すために、急遽送別会を開催。
時にふらっとやってきた関東のお仲間と合流して、いきなりの会を開くこととなった。

だからぁ〜突然「ラフィラ裏なう」ってのは止めて下さいって(笑)。


そんな訳で、歓送迎会を開いたのは、我が家から徒歩13分、中央バスでも4区間200円ほどの場所にある「ままかり」なる居酒屋。
自分が12年前まで営業していた場所と同じ町内会にあるお店だが、Motomachi Base主宰のイチオシの店であった。

カウンターと小上がりで20人も入れば一杯になってしまう店内だが、そこで出される料理はどれも美味であった。
さすが舌の肥えたMotomachi Base主宰が選ぶ店だけのことはある。

取り敢えず刺身の盛り合わせ
a0015198_9273052.jpg
ちょっとこちらでは珍しめの白身魚などが入っていて、当たり前の話だが美味。
醤油も刺身専用品を供された。

最初はビールだが、次からは別のお酒ってことで
a0015198_9251251.jpg
くまもんブランドの焼酎。飲んでいないので味はわからないが、酒豪の2名であっという間に空瓶に変身。


a0015198_9255363.jpg
マトンのタタキ。臭みがあるかな?とちょっと警戒したが、その心配は杞憂に終わった。
これ、オススメ。


a0015198_9285156.jpg
兄貴用におにぎり。やっぱ日本人は米食わないとダメだ。
昨今では炭水化物カットダイエットが流行っているようだが、すぐさまエネルギーになる糖質は働く人間にとって大事な食べ物である。
この様な食事をしっかりしているから、240Nmで締め込まれているボルトを「うっ」と言う声一発で弛められるのだろう。

蛋白質
a0015198_9304473.jpg
厚焼き卵、旨過ぎ。色味で判るように醤油だしが効いていてご飯何杯でも食べられそうな旨さ。

臓物
a0015198_93244.jpg
口に入れた途端、舌の上でフワッと溶けてしまう白レバー。
レバー独特の臭み?なんですかそれ?って位に旨い。

写真は無いがタチ(真鱈の精巣)の天麩羅、口に入れた途端に濃厚な旨みが一気に広がりそして喉の奥に溶け行ってしまう旨さ。
うちの娘をこの店に連れて行ったら、三皿は頼みそうな勢いだろう。

あぁ旨いしか書いてない。

写真がピンぼけで大変悔しいのだが、サービス?で出しててくれた白魚の唐揚げ、これは絶品。
a0015198_937252.jpg
来賓のお一人が女将に「(衣は)片栗粉ですか?」と確認。
小麦粉で上げるとここまでカリっとした食感にはならないらしい。
サービスで出してくれたにも拘わらず、思わず「これおかわり(笑)」と言ってもう一皿だして貰った自分たち、図々し過ぎる(笑)。

最後に今回関西に飛ぶお仲間。
a0015198_9334260.jpg
11月から赴任のようなので、見つけ次第「つくしんぼう」でも「吹田」でもどこでも連行して下さい。
良い仕事しますよ〜。

ちなみにこの花束、あのK氏が買ってきてくれたものだが、作って貰ってる間かなりの羞恥プレイの形相を呈したようだ。
そのプレイに耐えて頂いたK氏にはここに感謝する次第である。

もう一人の来賓は・・・・、写真撮影御法度って事になっているので割愛(笑)。

by wonderfullifewith | 2012-10-31 09:51 | くるまのこと | Comments(15)
2012年 10月 29日
冬仕様
今の車両には青いバネが付いている。
これはこれで良い感じの車高に落ちて、見た目には十分な感じになるのだが、蝦夷は冬期間に道路状況が全く変わってしまう状況が発生してしまう。
a0015198_11381767.jpg

そうなると余りにシャコタンだと走行に不具合が生じる恐れがある。

サンヨン時代、車体の下にはエンジン部分にアンダーカバーが付いている位で、他のカバーは何も無かったが、今のクルマは空気抵抗を最小限にする為なのか、はたまた「部品沢山=作業工賃上昇(笑)」のためかは判らないが、前から後ろまでアンダーカバーがガッチリ付いている。

路面状況が悪い中で走行すれば、路面の雪との干渉でアンダーカバーがボロボロになっていくのは誰の目からも明らかだ。

よって対策を施すことにした。

その方法とは「バネを青から黄色にして、ストラットも錆びないステンレス製に交換する」だ(ご意見受け付けず)。
a0015198_11383376.jpg
作業を行っているのは小さな事しか出来ないが(本人談)、大きな山なら踏んでいる(と噂される)K氏、場所は通称Motomachi-Baseと称されるT氏邸の地下ガレージ。

色々とネタ満載の作業であったが、無事交換終了。
これで冬は車高を高めに、夏場はスッキリスタイリッシュに変更が可能となった。

作業を行うに当たり、道具が無ければどうしようも無いことも色々と勉強させられた一日だった。
a0015198_1141255.jpg
リヤのマウントを外すの図。

シンデレラボーイなので

by wonderfullifewith | 2012-10-29 11:49 | くるまのこと | Comments(10)
2012年 10月 26日
男の恋愛は
男の恋愛は「名前を付けて保存」、女の恋愛は「上書き保存」。

久しぶりにツボにはまった名言。
この違い、きっと脳の作りから来るんだろう(と思う)。

女性の「一晩泣いたら忘れちゃった、てへ!」なんて台詞はドラマの世界では良く聞くし、男の「焼けぼっくいに火が着くかも?」みたいな未練話も良くテーマにされてしまう。
哀しいかな実際の現場で焼けぼっくいに火が着くなんてのはほとんど無い。
女の人は男が思ってる以上にドライなわけだ。


a0015198_17173943.jpg
市販のレトルトカレーにはない位、そのタイトルに嘘は無しって感じにゴロゴロとした牛肉が入った逸品。

蝦夷でも対抗して「組長カレー」ってのを作りますかね(笑)。

by wonderfullifewith | 2012-10-26 17:22 | うちのこと | Comments(4)
2012年 10月 25日
働きます
キャンセルが出て急遽洗って貰えることになった我が家の犬。
a0015198_942047.jpg


築12年、暖房と給湯ボイラーがそろそろ限界領域に達してるらしい。
万が一にも真冬に壊れたらとんでもないことになるんで、必要経費と諦め数社に相見積もりを出したら、安いところでも一流ブランドの20インチホイールとタイヤセット並の金額 _| ̄|○。

犬のようにのんびりとマイクロバブルに浸かることも出来ず、店長はひたすら働くのである。

休日だけど、2コマの内職と4時間のセミナー受講で一日が終わる(予定)。

頑張れ自分。

by wonderfullifewith | 2012-10-25 09:12 | しごとのこと | Comments(8)
2012年 10月 22日
キリ番
もしかしてデキてる?(笑)
そう言われてもおかしくない位に、毎週の日曜日毎にK氏とは逢ってるような気もする。

その日も自分が午前の営業を終えた後、家族の動向を探って自分の必要性を感じなかったために、床屋に行く序でにK氏の元に車を走らせた。

果たしてK氏はいつもの如く愛車をジャッキアップし、車体の下に潜って作業中。
今日は左右のタイロッド交換、これで基本足周りは全交換になるらしい。
それをサクッとDIYで行ってしまう技術は素晴らしい。

自分は時折写真を撮ったり、レンチのコマを手渡したりする程度の事しか出来ないが、それでもE39の足周りならサンヨンよりもじっくり見たような気がする(笑)。

目視でタイロッドの長さを合わせて取付(後日要アライメント調整)、老眼の目でタイロッドの長さを見たから、もしかしたら真っ直ぐ走らないかも知れない(笑)。
締め付けに32mmのレンチが必要らしいが、これが「カップリングファン」を外すときのレンチがピッタリ。

作業はやっぱり道具ね。

小一時間で作業も終わり、本来の目的である散髪へ向かうその時、K氏がインパネを見て一言
a0015198_10191748.jpg
おや、キリ番っすね。

納車10ヶ月で6000km、なかなか良いペースで乗ってる。
半分位が高速道路の移動なので、通算平均速度は40km/h弱。
このまま行けば5年で4万km、10年で8万km位か。
次のキリ番はいつ?

写真右下にチラリと見える「9」の数字。
これは何を隠そうこの日の外気温。
段々外での作業が厳しくなってきた。

by wonderfullifewith | 2012-10-22 11:06 | くるまのこと | Comments(6)
2012年 10月 20日
しばれるねぇ
暑い夏が終わり、もしかしたら秋は来ないんじゃないか?と思っていたつい数週間前。
ビックリする位の急激な温度変化とともに、秋を通り越して冬の足音すら聞こえてきそうな気温の北の大地。

しばれるねぇ、こんな日はおでんでも食べたいよねぇ。
てことで、おでんを仕込むことにした。

おでんを仕込むと言っても、大半の具材は市販のものだし、自分が何かをするのは「大根の下ゆで」「こんにゃくの下処理」と「ゆで卵作り」くらいのもの。

休日、午前中の内職を終え、リベンジで「奥芝商店」でスープカレーを頂き、そのままどこにも寄らずに帰宅の途につく。

途中のダイエーで食材を仕入れる。
「大根、にんじん、フキ、がんもどき、焼き豆腐、こんにゃく、はんぺん、タケノコ、つみれ、ちくわぶ、牛すじ、他練り物数種、おでんのだし」

ちくわぶと牛すじって、蝦夷のおでんには余り入らない具材だけど、今回はにわか関西風でちょっと買ってみる。

おでんだけだとちょっと味気ないので、先日テレビで見て旨そうだった「鯖の味噌煮」の鯖。
店頭には塩鯖しかなくてどうしようかと思ったら、鮮魚コーナーに特売品的に生鯖(魚醤づけ)が。
多少味が付いているが、まぁそんなに濃い感じじゃなかったのでそれを購入。

お買い物って楽しい(笑)。
たまに無意味に買い物カゴ一杯に買い物すると、もやっとした気分もスッキリするから不思議だ。

早速家に戻り、大根の下処理。
皮を剥いて輪切りにして、隠し包丁と面取りをして下ゆで。
本当は米のとぎ汁で茹でると大根臭さが抜けて良いんだけど、残念かな我が家は「無洗米」。
それも炊飯器に朝炊いたご飯がある状態。
仕方ないからお湯で下ゆで。
調べたら米粒をお猪口1杯位入れて下ゆでしても同等の効果があるのか。
でも無洗米は糠もへったくれもないんじゃね?

こんにゃくはが味を染み込みやすくするために細かく切れ目を入れて三角形に。
休日にこんなちまちましたことをしている自分、好き(笑)。

ゆで卵は10分も茹でれば良いだろう。

さ、あとは煮えにくい具材から入れていって、最後に練り物を入れて、おでん全国津々浦々版の完成!。
a0015198_17155892.jpg


鯖は皮目に小麦粉を叩いてかりっと焼くと、味噌煮にしても皮が剥がれず、鯖の臭みも出ないらしい。
付け合わせは茹でたインカのめざめとピーマン。
インカのめざめ、ジャガイモらしからぬ甘みが特徴。
a0015198_1719298.jpg
この後ピーマンを取り出し、合わせ味噌(味噌75g、水75ml、酒75ml、砂糖大さじ3/4、みりん大さじ1.5)を入れて5分ほど煮たら完成。
味噌だれのとろみは、仕上げにバターを入れることで付く。
今回の味噌は頂き物の赤味噌をメインにしてみた(にわか名古屋風)。

鯖の味噌煮も美味しく出来てさて頂きましょう、っていつもの時間になっても家族が仕事から戻ってこないし┐('〜`;)┌ 。

せっかくの鯖味噌が冷めちゃうわって、自分は主婦か(爆)。

しばれる夜はおでんをつついて温まる、これ日本の冬の定番。
翌日、おでんの残りは職員の胃袋に収まったのであった。

by wonderfullifewith | 2012-10-20 17:53 | うちのこと | Comments(6)
2012年 10月 16日
オイル漏れより
お仲間が家族車をユーザー車検で通すとの情報を得たので、鞄持ちとして出かけてみた。
やはり何事初めての時は不安だし、そんな時話の出来る人間が近くにいれば心強いと思ったし、と言うのは表向きで職場から逃げたいってのが一番の理由(笑)。

パワーチェック中
a0015198_15173831.jpg


ラインを通過して、一部不具合もあったようだが、それでも何とかギリギリで検査合格。

オーナー的には最大の懸案だったオイルパンからのオイル漏れ、そちらは大きな問題は無かったようだが、ハイマウントストップランプの部分的球切れにダメ出し。

マジかよって感じがしないでもないが、役所的には多少のオイル漏れよりも一部であろうが球切れの方が問題らしい。

それの対策法が「古い車ならハイマウントストップランプは無くても良し」って事で、車体から外してしまえばOKだとか。
オーナーさんもそれを聞いて、その場で一気にバリバリッとハイマウントストップランプを撤去したとか。
点灯しないものは撤去してしまえなんだから、法律って良く判らないわ。

もっと凄いのになると「発煙筒の期限切れ」とか、数年前に問題になった「シートベルト警告灯」ってのもチェック対象だとか。

一般ユーザーからしてみればどうでも良いじゃん?って思えることが、役所的にはダメらしい。

そういやサンヨン時代に、エンジンの刻印が見えなくて検査官と一悶着あったってDの主任さんが言ってた。
20年近く前の車の刻印なんて、黙ってたって消えるからね。
エンジン載せ替えるなんて、あの方とかあの方位しかやらないから(笑)。
まず載せ替えたくたって、ボルトが固着して取れないと思うし。

良く判らない日本の車検制度だけど、これ本当に必要なことなのかねぇ。

そうそう、蝦夷の車検は夏でもスタッドレスタイヤで受けるのが基本。
なぜって?なぜだろうねぇ(笑)。

by wonderfullifewith | 2012-10-16 15:32 | くるまのこと | Comments(8)
2012年 10月 13日
タイムアウト
休日、予定では内職が終わったあと、次の予定まで若干の時間があるスケジュールだった。

昼食はスープカレーだな。
そんな事を思いつつ内職をこなしていたが、予想を30分ほど押して終了してしまった。
終わった後も事務所で今後の内職の打ち合わせを20分ほどこなす。

仕事が押して、それでも当初の予定を遂行すべく近所の有名店である奥芝商店に車を走らせた。
さすが有名店だけあって、ランチ時を過ぎたのに店内には行列が出来ていた。
もしかしたらこれはヤバイかも?と一瞬思ったが、それでも初志貫徹とばかりにその列に並ぶ。

ラーメンやと違い、カレー屋は客の回転がイマイチ。
こりゃマズったか。

そう思ったが後の祭り、ここまで来たら気持ち的に引き返せない。
オーダーして直ぐに料理が運ばれれば何とかなる。
その一縷の望みを託して呼ばれるのを待つ。

待合のコミックを半分位読んだところで漸く席が空いて呼ばれる。
メニューを一瞥してオーダー。
さぁここからは時間との勝負だ。
タイムリミットは20分。
これ以上待つようだったら次の予定があるため、色々とアウトと成ってしまう。

くの字型カウンターの席の隣では、主婦のランチとおぼしき2名が食後の談笑に花を咲かせている。
「食べたらさっさと席を立って会計しろよ、こう言う客がいるから客の回転が悪くなるんだよ」と心の中だけで叫びつつ、iPhoneでYouTubeを見ながら料理が運ばれるのを待つ。

一日千秋の思いとはこの事か。
タイムリミットが刻々と近づいてくる。
次の予定のためには少なくともここを20分前には出なくてはならない。
あと5分。
やっと料理が運ばれてきた。
が・・・。

スプーンをとり、具材のレンコンを一齧りしたところでタイムアップ。
悲しみにうちひしがれ、カウンターの横にあるレジに向かう。

「次の予定があるんで、残しちゃってごめんなさい」
そう言ってお代の980円を払う。
店員もなにやら訝しげに見ているが、それも当たり前で「残しちゃって」ってレベルの残し方じゃない。
スプーンでカレーを一口啜っただけだから、見ようによっては
「こんな不味いものは食えん」と美味しんぼに出て来る海原雄山の様なことをしている客にも見えなくはないのだ。

来週も内職だから、その時こそはリベンジを誓う客だった。
a0015198_17172283.jpg


教訓
時間が無いときのランチはファストフードにすべし。

by wonderfullifewith | 2012-10-13 17:27 | うちのこと | Comments(2)
2012年 10月 12日
iDriveアップデート
BMWアメリカのサイトで、またまたiDriveのアップデートが行われたようなので、早速執り行ってみた。

まずはアップデートサイトに飛び、国を選ぶ(BMW international English)。
そして車台番号の7桁を入力。
するとアップデートのサイトに飛べる。

そこで圧縮データをダウンロードし、解凍せずに適当なフラッシュメモリーにコピーして、車両のセンターコンソールボックス内のUSBコネクタ(オプション)に差し込み、後はiDriveを操作してアップデートする。

今回のアップデートは極めてマイナーアップデートのようで、電話のみのものであった。
以前は電話の下3桁が004だったものが
a0015198_16474890.jpg


アップデートすると
a0015198_16484176.jpg


電話の下3桁が005
a0015198_16483627.jpg


極めて小さなアップデートだが、iPhone5に対応するものなのかな?

by wonderfullifewith | 2012-10-12 17:35 | くるまのこと | Comments(2)
2012年 10月 10日
BMW F10 ジャッキアップポイント
BMWもFシリーズになってからは、Eシリーズの時とは違いユーザーがDIYで何かをしようと言う行為を極端に阻んでいる作りになっている(気がする)。

それを如実に表すのが、
車載工具は「ソケット式の±ドライバーのみ」と言う潔いまでの割り切りっぷりだ。
パンタジャッキはおろか、ホイールレンチすら搭載されていないのだ。
当然ホイールを取り付ける際に有用なあの棒もないし、スパナもない。
とにかく「弄るな」なのである。

ほんと住みにくい世の中になったものだ。


ただ、そうは言ってもどうにかしたいのが親心(なのか?)なわけで、車体の下に潜ってゴソゴソするには、ウマを掛けなければならないし、そうなればどうしても車体の前後をそれぞれ一気に持ち上げなければならない。

さて困った。
リヤは概ねデフ(ファイナルドライブ)にジャッキを掛ければ良いと思うのだが、フロントは?
E39やE60ならばホイールキャリア部分にジャッキアップポイントの台座が備え付けられてるようだが、F10にはそのような目印は無い。
なんたって「素人は弄らなくて結構」のスタンスの車両だから。

でも車なんて大方同じような構造になってるだろうから、きっと同じ部分で大丈夫だろうと思うのだが、やはり確信が持てない。
万が一とんでもない部分にジャッキを当てて。もちあげたは良いけどその後オイルダラダラとか、最悪真っ直ぐ走らないなんて事にでも成ったら、もう目も当てられない。

他の方法として考えたのが少し高めのスロープの上に車を載せ、その両先方に低床ジャッキを置き、そこに上手いことタイヤを乗せてそのままジャッキアップ、そしてウマ掛け。
この方法であれば余計なところには一切重量が掛からないため、車体に大変優しく持ち上げることが可能であるが、同形式のジャッキ2台必要、作業場所の幅がそれなりに必要などの問題も起きてくる。
ちなみにこの方法は以前国産車ディーラーでサンヨンの作業をして貰った際、床から持ち上がってくるタイプのジャッキにフロントタイヤだけを乗せて持ち上げたことの改訂版である。

馬鹿の考え休むに似たりで、判らないなら教えて貰えば良いと聞くは一時の恥とばかりに、数名の識者の方にご意見を伺うこととした。

その結果、やはり当方の予想は外れてはおらず、ホイールキャリア部分にジャッキを当てれば良いことが判明した。
a0015198_1512161.png
(たぶん)写真の3番のメンバー部分。

実車で確認したところ、丁度その部分だけカバーがなく、アルミの部材がむき出しになっている。
a0015198_15154333.jpg

写真中央の金属部分にジャッキを掛ければフロントが浮くようだ。

識者のご意見では、フロントアクスルなどの部材はアルミ製であるため、ここに長時間重量が掛かるようなことは避けた方が賢明で、車体が持ち上がればすぐさま所定の位置にウマ(リジットラック)を掛けた方が良いだろうとのこと。
やはり900kgをここの部分だけで支えるのは心許ないわ。

まぁね、あと5年もしたら判らないけど、現時点でこの車をウマ掛けしてDIYで何かしようなんて奇特な人、そんなにいないと思うんだけどね(笑)。

にしてもマフラー以外の部分は一面カバーが掛けられており、空力特性を最大限に発揮するような構造になっている。

冬期間の腹スリは極力避ける方向で考えた方が良さそうだ。

一言

by wonderfullifewith | 2012-10-10 15:42 | くるまのこと | Comments(6)