<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 28日
頑張るよ
いろいろ摘出っちゃったけど、元気だよ。
でも「てれーん」ってヨダレが出ちゃうんだよ。
a0015198_22152657.jpg
折角の写真が、鼻にピンが行っちゃって台無し。

by wonderfullifewith | 2011-11-28 22:20 | しごとのこと | Comments(4)
2011年 11月 25日
本当に何もない休日
こんな休日を過ごすのは、果たしてどれ位ぶりだろうか?
もしかすると年単位ぶりかも知れない。

そんな「何もない休日」を過ごす。
前日にレイトショーを見て帰ってきたので、帰宅はシンデレラタイムギリギリの12時ちょい前。

風呂に入って撮りためたビデオを流し見て、2時位に就寝。
こんな時間に目覚めることはあっても、寝るなんて事は殆どな自分の生活習慣。
そう、翌日は休日。

休日、内職もなく、これといった予定も入れず、最低限の職場の仕事をした後は、ただボーッとする。
映画恋の罪でも観に行こうかと思ったが、それも何となくスルーしてしまう。
これR18指定の映画なのね。
確かにあんなシーンやこんなシーンがてんこ盛りなら、R18は致し方なかろう。
にしても水野美紀がねぇ。

昼になり、ピザが食べたくなったため、何気なく家族を誘うも
「前日の夕食も実家でピザだった」という証言を貰いボツ。
一人でダルセーニョへ向かう。
こちらの店も「真のナポリピッツァ協会」認定の店だ。
全国で30店舗ほど、北の大地では2店目らしい。
ランチタイムのピザをオーダー、サイズは小さい方で。
a0015198_116588.jpg
小さい方でも充分なボリューム。サラダ、ピザ、パン、ケーキ、コーヒーが付いて1280円。
コスパ高いぞ。

帰宅してルンバをポチッとしたり、ビデオを見たり、DVDを見たりとダラダラして夜になる。
こんなていたらくな休日の過ごし方で良いのだろうか?

耳かき
a0015198_1039298.jpg
理髪店のサービスで行って貰うことはあるが、自宅でして貰ったことはない。
と言うか、頼んだこともないか。

「お嬢様はアホでいらっしゃいますか?」などの台詞で有名な物語。
a0015198_1041335.jpg
さぁ答案用紙に書かれる次の名文句は何だ?

自分の相手を優先しろと犬たちが集まる
a0015198_10412952.jpg
こうなると親子関係はどうでも良くなるらしい。

迷惑を被ってる猫
a0015198_1043303.jpg
体重差があるから膝の上で寛いでいても直ぐにはね飛ばされている。
つくづく不幸な猫に成り下がってしまった。

(殆ど)何もしない休日。
次に味わえるのは何時かなぁ。

by wonderfullifewith | 2011-11-25 11:07 | うちのこと | Comments(8)
2011年 11月 24日
ご自由に
妄想して下さい。
a0015198_177323.jpg


by wonderfullifewith | 2011-11-24 17:07 | しごとのこと | Comments(4)
2011年 11月 24日
配当?
仕事関連施設の株主総会が開かれた。
一応役員って事なので、出向いてみる。
会社そのものはそれなりに運営されているため、総会と言ってもほぼ「シャンシャン総会」でサクッと終わってしまう

総会に参加される株主様のお目当ては、総会後の懇親会だったりするわけで。

宴会にコンパニオンが付くのは何時以来だろう。
確か昭和の時代にはコンパニオンが付く宴会が多かった記憶があるが、昭和天皇が危篤となってからは一気に自粛ムードが広がり、また会社もそれに乗じて「経費節約」のためにコンパニオンを置かなくなってしまっていた。

綺麗どころが以内懇親会になれて久しかったが、今回は卓に1名ずつだがコンパニオンが付いてくれた。
謙虚な株主様達は「これが配当なのね(笑」と。
a0015198_16542552.jpg
サーブなどは入社と同時にキッチリレクチャーを受けるらしい。
また試験などもあり、レベルによってお給料も違うとか。
「客が一人でもお願いすれば来てくれるんですか?」
「それってデリ何とかじゃないの?(笑)」
そんな馬鹿話をして2時間ほどの楽しい時間が過ぎていく。
a0015198_16573056.jpg
酒を止めた自分は、ウーロン茶を手酌でついだが、臨席の知人が気を利かせてくれて0.00%の飲み物をオーダーしてくれた。
ボジョレー、本物、そして0.00。
a0015198_16585588.jpg
中華料理だったので、最後は杏仁豆腐か?と思ったがマンゴープリンのような締めだった。

皆、良い感じで出来上がり、宴会終了後は三々五々それぞれの行動に散らばっていったようだ。

自分はこの後篠田麻里子を観に行ったのだった。
篠田、可愛いねぇ(笑)。

by wonderfullifewith | 2011-11-24 17:02 | しごとのこと | Comments(3)
2011年 11月 22日
だ、大丈夫なのか?
娘が学校のテストを持って帰ってきた。
普段は答案の内容までは殆ど見ないのだが、今回は答案用紙に書いてある文字にちょっと目が留まってしまった。

たぶんその文字サイズによるものでは無いかと思うのだが、答えを書くには余りに小さすぎる字が書かれてある。

老眼の目を擦りながらその文字を読むと・・・
普段家では殆ど笑わない自分が、声を上げて笑ってしまった。
a0015198_13205612.jpg

アリガトウ。━━━━ソシテ、サヨナラ━━━━

(しんこくなエラーが発生しました。しんこくなエラーが発生しました。しんプツッザァァァァァァァァザッザツ・・・)

答えの他に漫画は書いてあるし、はたして大丈夫なんだろうか?

by wonderfullifewith | 2011-11-22 13:28 | うちのこと | Comments(20)
2011年 11月 21日
523i
メーカーから定期的にDMが送られてきて、普段なら軽く読んでオシマイの所を、時間を作ってディーラーまで見に行ってしまう自分。

見だけなら無料だし。

展示されている車両は523iセダンのMスポーツ仕様。
シートは電動でファブリック、シートメモリー機能が搭載されている。
これは家族数名で運転をする場合に非常に役立つ機能だ。
a0015198_1001336.jpg
各所にエクセーヌ生地が使われていて、目一杯立派って感じがする。
でも革シートには革シートの高級感があって良いなぁ。

インパネを見ると「バッテリー残量97%」って表示が出た。
やっぱり今の時代になっても電気系統は鬼門なのか?

a0015198_1005940.jpg
Mスポーツだからか、ステアリングが小径でグリップ径もかなり太い。
この太さはちょっと好みが分かれるかも知れない。
パドルシフトも付いて、マルチファンクション機能付きだ。
大した使わない機能かも知れないが、ボタンが沢山付いているとなんだか嬉しい気がするのは、やっぱり自分は精神的に子供なのだろうか。

シートに腰掛け、着座位置を調整してみる。
かなりの調整幅がある。
これは好ましいなぁ。
この状態から後部座席に移動して、居住性チェック。
げっ、膝からフロントシートバックまで楽に拳一個分以上の空間が確保されている。
こりゃまさしく高級車だわ。
ホイールベース延長の恩恵なのだろう。
実際20年前のフラッグシップ、E32のロング以上のホイールベースなのだから広くて当たり前か。

エンジンルームに目をやると、そこには「良いか、電子制御バリバリエンジンなんだから、シロウトがヘタに手を出すんじゃねーぞ」的な感じの樹脂製のカバーがエンジン周囲を取り囲んでいた。
何かをしようにも、先ずはこの樹脂カバーを外さなければならない様だから、ここで単純に「作業工程」が増加しそうな勢いである。

エンジンは4気筒ターボ。
ずいぶんとコンパクトにお成りになっちゃってって、てのが正直な感想。
重量配分を考えてのマウントらしく、エンジンがかなり後方に位置してラジエーターとエンジンまでの空間がかなりある。
こりゃ作業するにもかなりの腹筋背筋を必要としそうな体位を要求されるだろうなぁ。

当然ながらラジエーターファンは電動。
SSTを駆使して反時計回りに回してファンを外す、なんて儀式は要らなさそうだ。
いや、その前にそんな事をするオーナーが出てくるのは、少なくともあと5年は先になるだろう。

エンジンルームで一番に目を引いたのが、クーラントのサブタンク。
丸い形状が何ともカワイらしかったが、これが目立つって事はやっぱり今になってもBMWは「水廻りも鬼門」って事なのか。

a0015198_1074863.jpg
何時か購入出来る日が来ますように。
「おとうちゃんも毎日頑張ってるから、クルマ位新しいのに買い換えたら?」とポーンとお金を出してくれるって事は・・・・、きっとないだろうなぁ。

身の丈を知る生活。
「見るだけだから」とショールームレディーに伝え、しばし夢を見て帰宅した。

帰り際に一応、
「限定車の528は完売したんですか?」と訊いてみたが、
「売れたという話は聞いてないですね」との答えが返ってきた。
ショールームレディーだから、その辺が何処まで認識あるか判らないが訊くだけ無料だからさ。

帰宅途中で

by wonderfullifewith | 2011-11-21 11:02 | くるまのこと | Comments(6)
2011年 11月 18日
ステキな金縛り
ステキな金縛りを観に行った。

テレビCMでしつこいほど宣伝していたから、何となく自分の中でストーリーが判ってたような気がしたが、やはりそんな事は無いわけで、三谷幸喜の才能が遺憾なく発揮された映画と行って良かろう。

確かにあのしつこいCMの中の台詞はそれなりの意味があるわけだが、何故そんな事になったのか、その辺は映画を観てみないと判らない。

久しぶりに声を出して笑える映画だった。そして目尻にほんの少しの体液貯留を伴いつつ。

子供が見ても大丈夫な映画だから、小学生の中学年以上なら理解出来ると思うので、家族で是非観て貰いたい映画の一本に入れよう。

主人公の深津絵里、そこそこの年齢の女優だが、シーンの中で時折見せるその表情はとてもカワイらしいものだった。

今までその様な感覚で彼女を見た事は無いが、本当に一瞬、アップの瞬間などに「可愛いじゃん」と思えてくるから女優というのは不思議な職業だ。

年齢を感じさせない可愛らしさは、果たしてどこから出てくるのだろうか?

もしかしたら年齢がそれなりだから単なる若いその辺にいるようなアイドルのそれとは違って、逆に見えてくる可愛らしさなのかも知れない。

そしてこの映画、エンドロールまで見逃せない。

別の番組でその裏話を見ていたために、そのことに関してある程度の事は知っていた自分だが、それを目の当たりにするとやはり大声で笑ってしまった。

監督、面白すぎる。

映画が終わったからと行って、そそくさと席を立つことはやめた方が良い。

ステキな金縛りは、やはりステキな映画だった。

by Wonderfullifewith | 2011-11-18 19:33 | うちのこと | Comments(8)
2011年 11月 17日
ANTICA PIZZERIA BISON
気がつけば11月4日からずっと休日無しで某かの営業活動を行っている自分。

次の休みの予定は来週23日の木曜日。

「働けど働けど・・・・、じっと手を見る」の詩が脳裏を過ぎる。

そんな休日の内職日。

いつものように内職に精を出し、さて昼食時間となった。

「何を食べようっかな?」

と何気なく口にすると、学生さんの一人が

「先生、ピザはお好きですか?」

「うん、好きだよ」

「恵庭のCervoってお店ご存じですか?」と聞かれる。

恵庭のCervoと言えば、真のナポリピッツァ協会のお店1号店だ。

「行ったことは無いけど、名前は知ってるよ」

「そうですか、その店の姉妹店が大通りに出来たんですよ。良かったら行って見て下さい。そして感想を教えて下さいね。」

おいおい、何だか良い感じの展開じゃないか?

まぁこれが映画の「モテキ」や、フジの月9ならこの辺から何かが起きそうな感じもしないでも無いのだが、生憎現実の世界ではその様な事にも発展しないし、第一が親子ほど年が離れている間であり、ましてや先生と生徒という関係だ。

何かが起きてはどうしようも無いし、こっちにも曲がりなりにも家庭がある。

いかんいかん。

にしてもただピザ屋を紹介して貰ったことでここまで話を膨らませても良いのか?と言う意見もあるが、ぶっちゃけ妄想だけなら自分の脳内だけの話なので、誰にも迷惑を掛けるわけでは無いので続ける。

いや、続けない(笑)。


そんな訳で店の名刺をもらい、その店に向かってみた。

店名BISON、住所は南2条西1丁目17番地。

住所的には判りやすいが、実際は普段殆ど出掛けないような場所だ。

何度か迷いながらも何とか近所の駐車場に車を入れて店に向かう。

店内は殆どがミニ女子会と言う雰囲気。

男の客は殆どいない。

一人であることを店員に伝え、カウンターに通される。
a0015198_21432469.jpg
Rの付いたカウンター。

目の前にはエスプレッソマシンが鎮座していた。
a0015198_2153552.jpg



視線を右に移すと薪釜が店の特徴を無言で物語っていた。
a0015198_21474763.jpg
この薪釜が見える店で、ピザを頼まないってのもどうかと思うわけで。

ちなみに我が家からそう遠くない場所にあるダルセーニョも真のナポリピッツァ協会認定店だ。

こちらは師匠の同級生が経営されているため、自分も時々寄らせて貰っているが、ここで初めて体験した「シェフの気まぐれビシソワーズ」が未だに忘れられない。

戻って、
ピザランチをオーダーし、飲み物はエスプレッソを選択。

ピザは軽めで、オリーブオイルが良い感じで効いている。
a0015198_21463414.jpg
ピザハットやピザーラのものなら1枚を一人で食べるなんて全く無理だが、これならペロリとイケてしまう。

〆はエスプレッソ。
a0015198_21515612.jpg


強烈な濃さに、イタリア製のお砂糖を少々入れてグイッと飲み干す。

サラダ、ピザ、飲み物で1050円。

店を教えてくれた生徒さんに感謝感謝。

次回の内職の時には、しっかりと感想を伝えよう。

by Wonderfullifewith | 2011-11-17 21:57 | うちのこと | Comments(4)
2011年 11月 14日
メンテの集い
この時期、業界的な集まりの後始末でバタバタしてしまう日々が続く。
今年も例年通り朝から晩まで、営業の合間を縫ってDVD作成。
今年は録画許可が取れた演題が多く、10枚17組って感じの大作になりそうだ。
そんな大してお金にならない仕事をシコシコしていると、

「今晩メンテするから来い」とK氏から召集令状が届く。
自分が可愛い身故、やや風邪気味なのも何のその、二つ返事で「はい喜んで〜!」。

定期営業終了後に、出張営業をこなしていざT氏邸の秘密基地まで車を走らせる。
ここは各種設備完備の屋根付き秘密基地である。
間口奥行きとも申し分なく、いい大人のおっちゃん達がワイワイやるには最高の場所となっている。

今日は39のメンテ。
なので集まっているクルマは皆39ばかり。
T氏の530ツーリング、K氏の525、えーっともうお一方、お名前はまだお聞きしてなかったが仮に「23万kmの白な方」、それからオイル漏れ漏れの若頭号。

そこにサンヨンを乗り付けるのはかなり勇気の要ることであった。
夜も更けた時間なのでそーっと家の前に車を着ける。

「こんばんは〜」と挨拶をして事の流れを確認。
執刀医はK氏。
前立ちは若頭。
外回り&監視役はT氏。
照明さんは自分。
そこに23万kmな方が見学。
そんな布陣である。

自分が到着したときには、タペットカバーは既に外されており、元パッキン、現プラッチックな物体をラジペンやスクレーパーなどで撤去する作業中であった。

程なく硬化しまくったパッキンが取り外され、パーツクリーナーで洗浄だ。
a0015198_9255941.jpg
何故ここまで硬化するのかが良く判らない。
ドイツのゴムは製品精度が宜しくないのだろうか?
やはりゴムは日本製に限るって事なんだなとしみじみ思ってみるが、全くご縁の無い生活を送っているので余り考えないことにする。

新しいパッキンを取り付け、カバーを元に戻す作業に移行する。
15カ所のネジ止めを行い、右後ろの一番面倒なところは
「ここはお施主様に締めて頂いて」とK氏が若頭に工具を手渡す。
四苦八苦しながらも若頭が最後のボルトを締め込む。

カバーを取り付ける段階になったが上手く嵌まらないため、K氏が再び執刀。
「若頭、ここを曲げちゃったんで上手く入らないんっすよ。これを元に戻してっと」
a0015198_9424257.jpg
そう言いつつねじ曲がった遮熱板を元に戻しカバーが無事元に戻った。
その後エンジン始動し、オイル漏れが無いことを確認して今回の作業は無事終了となったのだが、若頭号には次なる懸案事項がしっかり留まっていた。
「カシラ、これかなりヤバい漏れ方してますって。帰りの高速は余り回さない方が良いっすよ。」
よく見るとラジエーターの上部分からクーラントが漏れている形跡を発見。
「次のメンテっすね。クーラントの入れ替えもバッチリマスターしたんで、何時でも大丈夫っすよ」
K氏の心強い発言に、皆「北の大地でも39の維持は大丈夫だ」と思ったに違いない。

若頭号の足
a0015198_9462142.jpg
39は19がデフォになりつつあるのか。

今回久しぶりにクルマ関連で集まったが、やはり楽しい一時であった。
また呼んで下さい。
何時でもはせ参じますm(__)m

by Wonderfullifewith | 2011-11-14 09:53 | くるまのこと | Comments(8)
2011年 11月 11日
事故
年末になって道路工事が至るところで行われている。

内職の往復も所々渋滞してしまう。

てことでいつもと違う道を通って帰宅しようと南9条から石狩街道に入ったところでいきなりの渋滞。

五・十日でも無いのにどうした?と思ったら、JAFのクルマが道をふさいでいた。

「事故かよ」

そう思いつつもノロノロ進んだところで強烈な状況を目の当たりにした。

「どうやったらそこにその体勢で落ちるわけ?」
a0015198_1715365.jpg
テンパータイヤだから滑った?

それとも衝突した衝撃で落ちた?

スピードが出る場所じゃ無いからたぶん大事にはなってないと思うが、来週には雪が降る北の大地、いつかの冬みたいな事にならない様に気をつけようっと。

「リース満了のお知らせ」なんて通知が来た。

by Wonderfullifewith | 2011-11-11 17:33 | まぜまぜ | Comments(2)