<   2011年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2011年 05月 29日
芋成長中
薄目が開いてきたのも出てくる生後10日。
a0015198_22124066.jpg
ケージの隙間に鼻を挟んで寝てるヤツ。
家族の中では「大将君」と呼ばれている大きめのオス。

a0015198_22132470.jpg
こんな感じで芋成長中。
目が見えてくればそろそろケージから脱走するヤツも出てくる事だろう。

by wonderfullifewith | 2011-05-29 22:14 | うちのこと | Comments(12)
2011年 05月 29日
サイクリング
営業終了後、ホテルで行われている試乗会に出向き、アクティブハイブリッドX6でも観ようと計画していた。

自分「出掛けようかな」
娘「何処行くの?」
家族「あんた(娘)も一緒に行ってきな」
自分「全然興味ない場所だから、行っても絶対に面白くないと思うよ。自動車見に行くんだから」
娘「うーん・・・」

興味のない事に付き合わされる苦痛は判っているつもりなので、この時点で試乗会へ行く予定はすっぱり諦める。

で、友達の誕生日プレゼントを買うという事で、ジャスコへGOへ変更となった。
雨も降りそうもないし、極端に寒くないので車を出さずにサイクリングを兼ねて自転車で。
以前も自転車で行ってどの位の距離か判っているので、娘も自信が付いているのか直ぐに乗り気になった。
片道約30分、丁度良いサイクリング。

ジャスコでは文房具売り場でボールペンを購入し、無事ミッション終了。
ただ若干予算オーバーだったようだ。

碌な昼食をとってないので、おやつ時間にフードコートでカロリー摂取。
a0015198_2241685.jpg
今だけ100円のロッテシェークミックスベリー、100円のカラアゲット、150円のフレンチフライM。
相変わらず碌な昼食じゃない。
a0015198_2215271.jpg
娘は31のクリームソーダ。

ぼーっとおやつタイムを過ごし、無事帰宅。
ま、買えない車を見てもどうしようもないので、今日は娘とサイクリングを愉しんだ(と日記には書いておこう(笑))。

by wonderfullifewith | 2011-05-29 22:10 | うちのこと | Comments(2)
2011年 05月 28日
初夏2
無事名寄到着。
姉の娘家族の家に立ち寄る。
姉の娘の息子が幼稚園から戻るのを待って、姉と姉の娘の息子と一緒にケーキを持って母親の見舞いに出かける。

a0015198_140093.jpg
和栗と洋栗のモンブラン、チョコレートモンブラン、イチゴモンブラン。
「ほら、誕生日だからケーキ」
「どうも」
もしかしたら交わした会話はこれだけかも知れない。
あとは姉が愚痴を聞いたり今後の話をしていた。

病棟は寝たきり老人ばかりなので、空間が排泄臭と消毒薬と消臭剤の混ざったものに包まれている。
排泄も自力で出来ず、全て要介護の人間ばかりの空間。

a0015198_1413461.jpg
看護婦さんが優しくないとか、色々と愚痴を言っていたらしい。
確かに要介護でありながら、比較的呆けておらず、耳も遠くない患者だから、看護師としても何かと面倒なんだろう。

自分の娘の娘、つまり孫も看護師として他の病院に勤務しているのだが、そんなことは一切お構いなしに愚痴を言う。
やはり年を取ると「我慢をしない(出来ない)」ものなんだなぁ。

そんな場所にいたところで、姉の娘の息子は面白い訳もなく、自分に外で遊ぼうと病院から連れだそうとする。
「これはバイクなんだよ」と言って、歩道に設置されている遊具にまたがる。
a0015198_1455430.jpg
来年小学校に上がるので、
「ランドセル、何色が良い?」と尋ねると
「赤!(キッパリ)」
昔と違って今はランドセルの色も豊富で、赤と黒だけではない。青やピンク、黄色、その他諸々ある。
その中で赤。
その理由は「ヒーロー戦隊で一番強いのが赤だから」。

果たして来年本当に赤いランドセルを背負って学校に行くつもりなのだろうか?


「鯛は鯛でも、焦げ目の付いた甘い鯛は何だ?」
「鯛焼き」
「ぴんぽん」
幼稚園のなぞなぞの本を持ってきてクイズを出してくれる、姉の娘の息子と相手をして時間を潰すが、そろそろ4時を回ったので帰宅の人となる。

「帰るわ」
「え〜もう帰っちゃうの?」

姉の娘の息子の父は今被災地で救助活動をしているので、数ヶ月合ってないためとても淋しいらしい。

帰りも途中までは極めて遵法速度で巡航を心がけた。

あいらん堂にソフトクリームでフラれたものの、どうしても一矢報いたくて仕方がなかったので、砂川下りSAのフードコートでソフトクリームを購入。
こうなりゃ意地だ。

牛乳ソフトで甘さ控えめ。
でももう少し甘くても良いかな?と思う午後5時過ぎ。
a0015198_14125910.jpg
最後のクリームのフィニッシュをしっかり映し出すことに専念。
色々な角度でソフトを撮影していたら、事もあろうかフロントガラスとAピラーにソフトをくっつけてしまった。
我ながら馬鹿すぎる。

SAに寄ってちょっと時間が押してしまったので、ここから先は3.6krpm巡航で一気に全車ごぼう抜き走行。
我ながらやってることが若いというか、馬鹿。

この位の速度域だと、車両のブレが殆ど感じられなくなるから不思議だ。
午後6時20分、お上のお世話になることもなく無事自宅の人となった。

by wonderfullifewith | 2011-05-28 14:26 | 未分類 | Comments(12)
2011年 05月 27日
初夏
漸く暖かくなってくれた。
天気予報では予想最高気温が22度。
20度を超えると嬉しい。

親の誕生日って事で、見舞いがてらドライブに出掛けてみる。
ただ、このドライブも距離がちょっとなのでなかなか大変。
高速道路無料化実験のお陰で、掛かる費用はほぼガソリン代だけで済むが、さすがに往復400kmはきつい。
スイスイ走ることが出来るから行く気にもなれるってものだが、これで道路が渋滞するような状況だったら絶対に行きたくない。
何たって何処に行くにも基本「日帰り行動」だから。
それが飛行機に乗って東京に行くことがあってもだ。
基本は朝出掛けて夜には戻ってくる。
親が死んだときでも、片道70kmの距離を帰宅して寝た自分。

朝の仕事を終え、最近母親が気に入っているらしいモンブランを買うためにケーキ屋を探す。
行く道すがらにケーキ屋があったと思ったが、どうやらそこは改修工事中で営業していないとのこと。
仕方がないのでグーグルで検索してみると一軒のケーキショップがヒットした。
フォセットフィーユ
a0015198_142572.jpg
綺麗な店構えだ。
働いているお姉さんも好感度高い。
ショーケースに並べられているケーキのどれもが美味しそうに見える。
モンブランを買い占め、高速の人となる。
こんな天気の良い日にただ車に乗っているだけというのも勿体ないし、急いでいる訳でもないのでないので、SAなどにボチボチ立ち寄っていこうと思う。

ぶっちゃけこっちのSAったって、野幌か砂川くらいしかない訳で。
そうなると必然的に走り出して1時間ほどにある砂川が第一休憩ポイントとなる。
時間にして丁度昼時だ。

ハイウェイオアシスのレストランに入ってみる。
お店のオススメがあったのでオーダー。
と言うか、この手のレストランの定番メニューと言えば、ラーメン、カレー、丼物だろう。
奇をてらったメニューが並ぶことはない。
a0015198_14104085.jpg
土鍋とご飯。
その招待は・・・
a0015198_14112215.jpg
こうなると殆ど病気だ。
「お子様でも召し上がれるように甘口にしてあります」と書いてあったが、果たして本当に甘口だった。
辛さ調節のスパイスが一緒に運ばれてきたので、5振りほどしてみた。
スパイシーな感じはない。
うーん・・・、好き好きだな。

その後、定番のあいらん堂にてアイスを食べようと店に立ち寄るが、店員さんから衝撃的な言葉が出てきた。
「原材料が入荷されないために、今作ってないんです」
強烈なカウンターパンチを喰らう。
砂川ハイウェイオアシスに来てあいらん堂のアイスが食べられない?
何しに来たのか判らなく(見舞いに行く途中だが)なりそうになった。

あしたのジョー風に燃え尽きそうになりながらも踵を返すと、そこにはどこかで見たような体型の女性が居た。
「砂川ハイウェイオアシスの森久美子さん」らしい。
a0015198_14143847.jpg
テレビにも出たらしく、その時のVTRが店内で流れていたから顔見せはOKだと思うが、一応首から下の写真で。
もちろん髪を縛るのは体格に負けないくらいの大きなリボンであった。
どんな女性か興味のある方は砂川ハイウェイオアシスの売店へGO!

アイスを食べられなかったので、食後のデザート無しでの再スタート。
おや、Xタイプじゃないですか。
a0015198_1584965.jpg
AUDIもそうだけど、北の大地では4WDの需要が高いから結構売れたんじゃないかな?

急ぐ訳でもなく、周りの速度に合わせてゆっくり走る。
燃費は大体9km/L弱って感じで推移。
途中、覆面パトカーに捕獲されている車を発見。
今一度気を引き締める。

名寄に到着する頃、愛車のOBCは25度を示していた。
さすがに暑い。

つづく。

by wonderfullifewith | 2011-05-27 15:19 | まぜまぜ | Comments(10)
2011年 05月 25日
1週間経過
子犬が産まれて1週間経過した。
子犬らは1.7倍ほどの体重にまで成長して、大きなものは500gを超えるサイズになった。

そこまで大きくなったのは、他ならぬ母乳のお陰だ。
ただ7頭に連日母乳を吸われると、流石に疲れるのか最近は時々サボって別の部屋で寝ていることもある。
子犬たちも一度吸い付いたら多少のことでは離れない位の力も付いてきて、そこには生へのあくなき執着を感じる。
お互い必死って事だな。
a0015198_15484226.jpg
疲れるのは判らないでもない。

7頭いればサイズに差が出てくるのも仕方ない訳で、やや成長の遅い小さめの個体もいるため仕方なく人工哺乳を追加する運びとなった。
ほ乳瓶の乳首も猫・小型犬用、人間のSサイズ、中型犬用と取りそろえ、漸く丁度良いものにありついたらしい。
また子犬たちはどうやらエスビラックよりも森乳のミルクの方が好みのようだ。
a0015198_15435848.jpg
上手に飲める奴、まだダメな奴、色々いて面白い。
もう個性ってのが出てくるようだ。


自分の愛娘に母乳を拒絶された人が、今度は犬の乳母となってせっせと頑張っている。
a0015198_1550787.jpg
「次は4番ちゃんか〜い」

楽しんでいるようだから、苦労ではないんだろう。

by wonderfullifewith | 2011-05-25 16:03 | うちのこと | Comments(10)
2011年 05月 23日
プチメンテオフ
昼食をとって帰宅すると、娘が開口一番
「ゲオに行ってDVD借りに行こっ!」

天気は余り宜しくないが、雨は降ってないのでゲオまで昼テク。
目的のDVDを無事ゲットして帰宅。

外遊びも出来る気温じゃないので、自分が家庭内で何かの役に立ちそうなこともないと判断し、K氏に電話をしてみる。
やはりK氏は一人でゴソゴソと楽しいことをしていたようだ。

「お邪魔して良いですか?」
「どうぞどうぞ」

ってことで、車で5分ほどのK氏邸へ。

丁度後輪をジャッキアップして準備が整ったところであった。
ゴッドハンドがナットを緩める。
「あれ?左に回すんだから・・・」
a0015198_952913.jpg
天地逆だとどっちに回すのか一瞬悩む。
お約束の新旧比較。
a0015198_952558.jpg
ステンレシュメッシュホースだ。

自分は現場撮影とエア抜きのためのブレーキ踏み係。
5月の中旬過ぎだというのに肌寒い中で2時間弱の作業であった。

K氏邸では、また新たにブラウンダップル(って言うのかな?)なご家族が増えたらしい。
a0015198_10393732.jpg
家の中がまた一段と賑やかになることだろう。
暫くは新しい家族中心の生活になると思われるが、K氏には頑張って頂きたい。
常日頃お世話になりっぱなしなので、出来る限りのことはさせて頂く所存である。

by wonderfullifewith | 2011-05-23 10:41 | くるまのこと | Comments(10)
2011年 05月 22日
SAMURAI
クライアントさんから教わったスープカレー屋さん。
住所は判っていたが、枝番が判らなかったので先日近くまで行ってみるも、残念なことに店を見つけることが出来ず断念していた。
同業の後輩さんが別の支店に行ったことをFB(Facebook)で書き込んでいたのを見て、これは是非とも行ってみなければと一念発起。

目指す店は「路地裏 侍」

店の名前は路地裏なのに、事もあろうか北大通りに面した大きな道沿いに店はあった。
「責任者、出てこい!」状態である。

また店の看板らしき物もなく、気づかずに通り過ぎてしまうこと必至だ。
地図で店の位置を調べて出向き、店の前に1台分空いていたのでそこに駐めさせて貰う。
a0015198_20585547.jpg

店内から見るとこんな感じ。
a0015198_212461.jpg


にしても、この辺りは大学が近いせいかこの手の食堂が多い。
激戦区だ。

そんな中、旬菜23品目をオーダー。
ライスはSSサイズの80gにしてもらう。
a0015198_215195.jpg
野菜たっぷり。

スープを一口・・・、あれ?
スパイシーと言うより、豚骨のベースが強く、甘みの中に辛さがあるって感じで、スパイシーとは対極にある味。
今までのスープカレーとは全くと言って良いほど違う。

うーん・・・、好きか?と訊かれると嫌いじゃないけど・・・。
こればかりは好き好きだね。

by wonderfullifewith | 2011-05-22 21:18 | うちのこと | Comments(6)
2011年 05月 20日
足湯を求めて
休日、曇りのはずが朝から雨。
仕方がないので仕事場に出向いてゴソゴソと仕事の段取りをする。

昼前になり雨も上がってきたので、夕食がカレーだと言う事も知らずにランチでカレー屋へ。
オーダーは
スープは日替わりの「夏風」(豚骨ベース)、
「野菜ノススメ」、
辛さ2番、
ライス半分で。
大変美味しゅうございましたと。

食事をしながらiPhoneで足湯を検索。

市内の足湯は「定山渓」と相場が決まっているが、調べたら朝里川温泉にもある様な記載を見つけてしまう。

街中の混雑を抜けて定山渓に向かうより、バビューンと高速を爆走して朝里に行った方が気持ちも良かろうって事で、いざ朝里川温泉を目指す。


ネット検索の結果では武蔵亭に足湯があるらしいが、車を駐車場に駐めて辺りを見渡しても、それらしき物は無い。
フロントで訊いてみると
「足湯、無くなったんです」
_| ̄|〇

最新情報
「朝里川温泉武蔵亭に足湯はない」

仕方がないのでそのまま朝里峠を登ることにした。

地元でおなじみのループ橋
a0015198_10334830.jpg
来年の年賀状にでも使うか(無事出せればだけど)。

ダムの展望台
a0015198_10344750.jpg
スカッと晴れてないので、全体にぼんやりした絵になってしまう。
もう少し空が青く澄んでくれてると、コントラストが付くのに。

桜が良い感じで咲いていて、近所の幼稚園の遠足のような団体が来ていた。
a0015198_1036388.jpg


朝里峠の頂上付近のトンネル手前で「春の交通安全週間特別集金部隊目指せ夏期賞与査定上昇風」の方々が集金額設定装置を設置(撤収?)されていた。
この山の中、それも平日にご苦労様な事だ。

札幌国際スキー場前を通過して定山渓温泉街へ向かう。
目指す足湯はもうすぐだ。

足湯の駐車場到着
a0015198_1040772.jpg

a0015198_10414328.jpg


先客(男1、女2)が居たが、
「わっ、虫に刺された~、血が止まらな〜い!」とか
「もう熱くて足が真っ赤だよ」とか言って、出ていった。
a0015198_10425721.jpg
10分ちょっと足湯に浸かり体を温める。
時折温泉ホテルの観光バスが通過する以外は、本当に静かな場所でノンビリ。

休日はやっぱりドライブと温泉だね(足湯だけど)。

市内近郊の足湯は、とうとう定山渓だけになってしまい足湯ファンとしては非常に残念。

by Wonderfullifewith | 2011-05-20 11:00 | くるまのこと | Comments(8)
2011年 05月 20日
ふーっ
疲れ切った目と、これからいざ鎌倉の足
a0015198_10242235.jpg
20g~30g/日で日々増加中

by Wonderfullifewith | 2011-05-20 10:26 | うちのこと | Comments(6)
2011年 05月 18日
テスト
iPhoneアプリで投稿してみる。
a0015198_1905954.jpg


by WONDERFULLIFEWITH | 2011-05-18 18:57 | マックのこと | Comments(4)