<   2010年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 31日
年を取ると言う事
2010年もあと少し。
職場に掛けた新しいカレンダーには、西暦で2011年の他に年号で平成23年、それとなぜか「昭和86年」の文字が。
いくら昭和の時代が長かったと言っても、そろそろ平成に慣れても良いんじゃね?とツッコミを入れたくなる。
大体が平成天皇に失礼だろ(笑)。
「こんにちは、平成天皇です」と自己紹介しても(そんな自己紹介の仕方をするかどうかは判らないが)、
世間からは
「あぁ、亡くなった昭和天皇の息子さんね」って言われてる様なものだ。

ま、そんな与太話は良いとして(大体がこのブログが与太話のオンパレードみたいなものだが)、年を取ると体の各機関に色々な変化が起きてくる。
幼少の頃から青年期に差し掛かるときにも色々な変化が起きてくる訳だが、それはどちらかというと「プラス」の変化であり、「前途洋々」な変化であり、「今はマズイ、落ち着け落ち着け」と制御が利かなくなった体に鎮静化を促す様な変化だ。

比べて青年期から壮年期へ移行する際の変化は、どちらかと言えば「マイナス」の変化であり、「前途多難」な変化であり、「ほら、どうした!」といざ鎌倉に対して己を叱咤激励する様な変化だ。

先日、玄関先に置いてある時計の電池が切れたために、娘をホームセンターに電池を買いに行った。
娘を連れて行ったことが、結果として正解だったことが後に証明された。
果たしてその電池は、水銀電池の中でも一二を争う様な小さいものであった。
時計からそれを取り出し、無くさない様にポケットに入れるも、そのポケットの中で所在が判らなくなる様なサイズだ。

ホームセンターには日本で使われてる主な水銀電池が所狭しと置いてあった。
その中から目的の物を選ぶのだが、この様な商品を選ぶ際には「型番」や「品番」と言われる物を基準に探すのがセオリーである。

さて、ポケットに入れて置いた電池を颯爽と取り出しその型番を見ようと思ったとき、事件は起きた。

「書いてある文字が全然読めないっ!」

時計から取り外すときには、どちらがプラスかだけは認識していた。
新しい電池を入れる向きを迷わないようにと言う配慮は出来ていた。
だが、その時も数字までは読み切れていなかった。
こんな小さな電池なんて一種類しかないだろうと高をくくっていたのだ。
だが、商品陳列棚には、似た様なサイズの電池が3種類ほど置かれてあった。

恥を忍んで娘に
「これ、なんて書いてある?」と電池を見せて訊いてみた。
「えーっとね、エスなんとか626エスなんとかって書いてあるよ」。
娘、まだ3年生。
アルファベットは殆ど判らないので数字だけをなんとか読んでくれた。
答えは「SR626SW」
a0015198_19412761.jpg
パソコンのキーボードの上に電池を置いて撮影してみた。
手元にあるキーボードの文字を確認して貰いたい。
そのサイズの電池の、その中に書かれている数字が読めるだろうか?

年を取ると言う事はこういう事なんだなぁとしみじみ感じた年の瀬も押し迫ったある日の午後であった。
ま、年を取った際の変化は目だけに限らないんだけどね(謎爆)。

by Wonderfullifewith | 2010-12-31 19:55 | うちのこと | Comments(12)
2010年 12月 30日
マット洗い
タイトルを読んでいけない想像をしてしまった御仁、一歩前に出なさい状態である。

愛車のフロアマットはいつぞやにオークションで入手したカロマットだ。
まともに買えば数万円の物らしいが、当時で1万位で入手した様な記憶がある。
それを今も大事に使っている。

冬期間は雪が車内に入り込むためゴム製のマットに交換するので、その機会に毎年洗浄している。
ちなみに洗浄するのは運転席のみ。
他の座席のマットは「ほぼ新品」状態を維持出来てしまう、何とも不思議な車だ。

ちょっと深めのシンクにマットを安置する。
a0015198_17223698.jpg
プロテクターのゴム部分よりも後方が大層汚れているのが判る。
きっとフットレストに足を置かずに、この辺りに左足を置いているんだろう。
怠惰なドライビングポジションだ。

おもむろにシャワーで微温湯を掛ける。
a0015198_17224388.jpg
ちなみにこのシャワーヘッドは、阪神淡路大震災前の製品なので、レバーを下げるとお湯が出るタイプだ。
これだと万が一の差違に上から物が落ちてくると、その衝撃で水が出てしまい、辺り一面がとんでもないことになってしまう。
震災の教訓で、以後の水道レバーは殆どが下げ止まりタイプになっているはず。
このシャワーヘッド、一般のそれとちょっと規格が違うために、価格がビックリする様な事になっている。
たった30cmホースが長いだけでそこまでいうか?と言うほどの値段だ。
今回このホースが壊れてしまったために新しい物を取り寄せているが、納期2ヶ月。
まぁ果報は寝て待てだ。

で、その辺にあった洗剤をちょいと拝借。
a0015198_172248100.jpg
ホームセンターで安売りの時に箱買いをするので、その時によってブランドが変わる。
今回は「酵素パワーのトップ」だ。
一度洗いでしっかり落とす。
CO251%カット。
新ハイブリッド植物原料+トリプル酵素。
何だかよく判らないが、とにかく頼もしい。

洗濯洗剤は物凄く手を荒らすので、この様な作業をする際は必ずゴム手袋を着用しなければならない。
もしそれを怠ると、作業終了後に漏れなく「強烈な肌荒れ、ひび割れ、後悔」が作業者を襲う事となる。
嘘だと思ったら、一度素手でこの作業を行って貰いたい。
先達は・・・の言葉を痛感することとなること間違いない。
a0015198_17225297.jpg
今回はたまたまその辺にあった厚手のビニール手袋を採用した。

適当に洗剤を撒く。
a0015198_17225741.jpg
本当なら予め微温湯で洗剤を溶解してからが洗剤使用のセオリーだが、面倒なのでマットの上で撹拌することにする。

あとはタワシでひたすら擦る。
再びあらぬ想像をした御仁、二歩前に出なさい状態だ。
a0015198_1723057.jpg
泥汚れが出てくる。
暫く擦る。

もうそろそろ良いかな?と思ってからあと1分位擦る。
a0015198_1723474.jpg
休日じゃないとこの場所でこんな事は出来ない。
以前この場所でタイヤを洗ったら、職員さんから液体窒素並みの冷たい視線を浴びせかけられた。

あとはしつこいほどすすぎを行い、洗濯機の中に表面を外側に向けた状態でセットして脱水する。
脱水後は自然乾燥して一晩もおいておけば綺麗に仕上がる。
最近流行の「すすぎが早いナノックス」とか言う洗剤だったら、もう少し短いすすぎでも良いのかも。

カロマットって確かウール?
それならエマールで優しくもみ洗いして、その後ハミングでも掛けておけばより良いのかも知れないが、まぁフロアマットだし土足で踏むものだからこんな程度の洗浄で充分であろう。
また来春までガレージのどこかに保管しておこう。

マット洗い、
たまにはやってあげると(マットに)喜ばれると思う。
やって貰うと自分が喜ぶが、懐が悲しむらしい。

by Wonderfullifewith | 2010-12-30 17:46 | くるまのこと | Comments(20)
2010年 12月 29日
ふと・・・
写真の整理をしていた。
a0015198_15231620.jpg
何気ない可愛い子猫の写真だ。
撮影したのは一年ほど前。
その時は何も感じなかった。
と言うか、仕事中にそこに目が行く事なんてあり得ない。
そう言う目で見る事は皆無だから。

だが、1年が経過してふと目が行ってしまった。

猫も可愛いが、唇もギザカワユスw。

by Wonderfullifewith | 2010-12-29 15:25 | しごとのこと | Comments(14)
2010年 12月 29日
癌の疑い
職員さんが居候の左肘に変なしこりを見つけた。
「肘にコリッと何か出来てるみたいです」
「大きさは1cm位だな。でもゴツゴツしてるねぇ」
念のためにそのしこりに針を刺して調べてみた。

「うーん・・・、宜しくない感じに見えるねぇ。小さいうちに処置した方が良いね」
と言う事になり、準備に取りかかった。

職員さんが走ってきて一言、
「肺に陰が見えますっ!」
「あらまぁ、ますます宜しくないねぇ」
転移なのか、原発なのか、レントゲン写真だけでは区別は付かないが、とにもかくにも体の幾つかの部位に宜しくないものが出来ていることは間違いない事実。

「腎臓も悪くなってますっ!」
検査データを持ってきた。
いやはやなんとも、次から次へと出てくるわ。

そんなことを言ってもいられないから、サクッと処置。
摘出したものを専門家に診て貰う。

「悪性度の高い腺癌です。原発巣は不明ですが、肺野に影が見えると言う事ですので病変は肺腺癌の転移の疑いが強いです。」
なかなかファンキーな答えが返ってきた。
a0015198_94525100.jpg
術後一週間。食欲安定、傷口良好。
年末サービスショットのお御足もなかなか(笑)。

by wonderfullifewith | 2010-12-29 09:50 | しごとのこと | Comments(6)
2010年 12月 27日
たかがオイル交換なのに
春と秋にオイル交換をしている。
で、冬は近所のカー用品量販店で済ませている。
上抜きだからドレンボルトを痛めることもないし、冬の交換時はエレメントを換えないんでお気楽にお願い出来るし。

前回5.5L位の交換量になったので、今回も4L缶を1缶購入し持ち込みの約2Lと合わせて交換して貰う手はずになっていた。
「4L缶だと足りないと思うので、残りはリヤシートの所に置いてあるので、それも使って交換して下さい」と受付の女性に伝えた。
「判りました、ではそちらの方から先に使う様に伝えますね」

程なくして作業終了のアナウンスが聞こえた。
ピットに向かって話を聞いたら、思っても見ないことを言われた。
「4L交換しておきました」
と言って、レベルゲージを抜いて見せてくれた。

は?
頭の中は?マークが飛び交った。
「リヤシートのオイルも使って下さいって、受付の人に言ったんですが」
「え?そうなんですか?そんなこと、何も言ってなかったなぁ」
リヤシートに置いてあったオイルを手渡し、追加で投入して貰った。

て事は何かい?
4L缶しかないから、取り敢えず上抜きで4L抜いて、そこに新油を入れたってことかい?
3.5Lエンジンのオイル交換量が4Lってのは、普通に考えてもおかしいだろうよ。
メカニックさんもその辺に気づかなかったかなぁ。

「自動○退のメカニックに、そこまで要求するなよ!」と言われると何にも言えないけど、ちゃんとやってくれるメカニックさんは、それがおかしいと思えば連絡入れてくれるだろうし。

とにもかくにも、これは受付嬢の連絡ミスが発端以外の何ものでもない。
その結果、迷惑を被るのは一般ユーザーだ。
今後この様なユーザーが増えないためにも、店長にしっかり忠告して置いた方が良さそうだ。
黙ってその店を去るのは簡単だ。
でもそれではこの店の為にならない。

by Wonderfullifewith | 2010-12-27 16:26 | くるまのこと | Comments(18)
2010年 12月 24日
役立たずじゃないぞ
E39方面ではインパネ周りのドット欠けが持病の様に言われていて、それがオドメーターの表示がダメだから車検も通らないなんてことが言われるほどの重大事件だが、自分のサンヨンも若干だがその傾向が見られる。
でもそれは冬限定。
ビールじゃないんだから、冬限定もないだろうって感じなのだが、なぜか寒い時期にしかこの現象が見られない。
そしてある程度暖まるとドット欠けは自然と治癒する。
a0015198_15475290.jpg
役立たずじゃない、どちらかと言えばブイブイ言わせて「峠じゃ負けないぜ」的な雰囲気さえ感じる「FD」。

何か問題があるのだろうけど、自然治癒するんだから敢えては弄らない。

by wonderfullifewith | 2010-12-24 15:52 | くるまのこと | Comments(12)
2010年 12月 24日
クリスマスショー
タヒチアンダンスを習っている業界の女性からお誘いを受けたので、クリスマスショーに出向いてみた。
ダンスとお食事とがついた発表会の様なものだ。

タヒチアンダンスで検索して貰えば判るが、腰蓑を着けて物凄い勢いで腰をくねらせる、あれである。
それはもうどうしたらそこまで腰がくねられるの?と思うほどのくねりよう。

衣装はほぼ全裸。
踊り子さん(と言うのか?)の年齢層も若く、二十代が大半の様であった。
二十代の女性が大挙して、ほぼ全裸である。
これがホテルの宴会場で腰をくねらせて踊るのである。
その興奮度たるや、想像に難くない。

胸にはお椀の様なカップがついているだけ。
そして何より「そこまで下げて果たして大丈夫なのか?」と思えるほどの場所に位置している腰蓑。
何が心配って、観ている方はそれが一番心配であった(何を心配しているのか)。
万が一にも「ポロリもあるよ」って事になると、会場にいきなり警察乱入、踊り子全員逮捕、観客もついでに任意同行、事情聴取、悪質な場合には書類送検もあり得るって事になりかねないからだ。

ショー自体は、第一部、お食事、そして第二部の構成となっているが、自分は仕事関係で呼び出されてしまい、第一部の後半でお暇せざるを得なかった。
非常に残念であった。

にしても、あの腰蓑の位置は気になるなぁ(やっぱりそこかよ)。

by wonderfullifewith | 2010-12-24 15:37 | うちのこと | Comments(10)
2010年 12月 19日
冬だし年の瀬だし
冬になると遠出も出来なくなり、もっぱら近場の移動のみとなってしまう。
a0015198_22211617.jpg
世の中は、やれハイブリッドだ、やれ電気自動車だと盛り上がっている様だが、自分の愛車の様に地球資源を無駄に使って移動する手段というのは、いつまで認められるのだろうか。

そう考えながらも、取り敢えずは修理代のお支払いをしなければ世間様に顔向けできないわけで。
「権利を主張する前に、義務を果たせ」が座右の銘である自分は、やはり借金を先延ばしにはなかなか出来ない。
もしこれが逆の立場だったら?
そう思うとね。
てことで、気持ちよくお支払いを済ませよう。

融通の利かない普通色のカードでの決済となるので、いつもニコニコ「一回払いでお願いします」。
分割が利いたところで、この先ずっとお金があるかどうかなんて判らない生活してるから、ある時にさっさと支払ってしまう方が世のため人のため(日雇いかよ!爆)。
a0015198_22232373.jpg
523iツーリングMスポ。
あらあら、タイヤのサイドウォールには、こんなおしゃれなデザインが施されてるのね。
にしてもタイヤサイズが245/45/18とは恐れ入谷の鬼子母神(古過ぎっ!)。

エアバッグが入ってるせいだろうけど、センターパッドがモリッとし過ぎてる気がする。
a0015198_22251880.jpg
Mスポだけあって、ステアリングの径が太いなぁ。


今年はこの車に幾ら貢いだのか?
そのお返し?がこれだ。
a0015198_22263516.jpg
いきなりの1シリーズ、それも赤。
1月だから1シリーズなのか?

1シリーズのギュッと詰まった感じが、また良いねぇ。

いつかは自分も定期的に「BMWマガジン」が送られてくる身分になりたい。

by Wonderfullifewith | 2010-12-19 22:37 | くるまのこと | Comments(16)
2010年 12月 18日
にわかハイブリッド
昨日の夜、日産の営業さんが「リーフ」のカタログを持ってきた。
電気自動車だ。
デザインはともかく、内燃機関はなくて完全電気自動車。
ハイブリッドじゃなくてEV。
勿論EDでもない。

フル充電で300km程走れるらしい。
ディーラー各拠点には充電器が設置され、自宅でも200Vの動力を引いて充電するとか。
高速充電なら30分で8割ほど充電出来るらしい。

これからは
「ハイオク満タン」ではなく、
「バッテリー満タン」だな。

そんな未来の車を他所に、我が愛車もこの時期から春までは
「にわかハイブリッド」となる。
a0015198_128476.jpg
リヤのシガーライターに生命維持装置のケーブルを差し込んでおく。
そうするとどんな寒い朝でもセルは勢いよく回ってくれる。
どんな寒い朝?
陸別の-23度でも大丈夫なのか?

そう言えば、オホーツク方面出身者が、
「真冬にエンジンスターターで一発でエンジンが掛かるって、凄いですよね」と言っていた。
どれだけ寒いんだよ>道東。

「そろそろ楽にさせて下さい」と思ってるかも知れないが、延命措置は今日も続く。
「そう簡単には死なせないよ」
ありがた迷惑以外の何ものでもないかも知れない。

by Wonderfullifewith | 2010-12-18 12:13 | くるまのこと | Comments(8)
2010年 12月 17日
生物の授業に使えそうな動画
グーグル、凄すぎる。
立体的で判りやすい。
次は出来れば動物編でお願いしたいところだ。

by Wonderfullifewith | 2010-12-17 17:25 | しごとのこと | Comments(2)