<   2010年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 30日
賞味期限
最近、車に乗る度にレーダーの時計が「1月1日」を示す様になっているのに気づいた。
これはとりもなおさず「レーダーの内蔵バッテリーがお亡くなりになった」事の証である。

さて、自分が使っているレーダーだが、前オーナーがディーラーで取り付けて貰ったであろう電源ケーブルがユピテル製だったこともあって、ずっとユピテルの製品を使っている。
別にマルハマでも何処でも良いのだが、ACCからの配線やらが面倒だからユピテル。
で今使ってるのも購入3年目の製品。
毎年のデータ更新料だけはしっかり払っている(これも年間5000円、馬鹿にならない)。
最近流行の大型液晶でもない、小さい表示しかない普通の製品。

車に乗る度、毎回元日って程自分はおめでたくもないので、内蔵バッテリーをメーカーにバッテリーのオーダー方法を聞いてみた。
ぶっちゃけ内蔵電池がダメになっても、機能的には何の問題もない訳だから、これは完全に自己満足的なメンテナンスだ。

購入方法はメーカー直での販売はなく、近所のカー用品店経由での購入らしい。
a0015198_1731757.jpg
価格は2100円。
色々ググってみると、同じ規格で多少形状が違う安いバッテリーを無理矢理取り付けてるオーナーさんもいる様だ。
他にヒットするのはオークションが殆ど。
それも2600円とかで出ている。
まさか普通に買う方が遙かに安いとはねぇ。

と言う問題ではなく、果たしてこの様な製品はいつまで使うのが適切なのだろうか。
バッテリーを交換してまでも使い続けるべきものなのだろうか。

パソコンのプリンターと同様、消耗品を何度か交換したら新しい製品を購入した方が結果として割安になるのではないかとか思ってしまう。
実際今日もプリンターの修理に9450円かかった訳だし。
ハナソレだが、CDレーベルは500枚印刷するとローラーが消耗する様だ。

プリンターも最初は5000円相当の新品インクが入ってるし、レーダーも確か1年間はデータ更新が無料だし。
賞味期限、どういう風に考えたらいいのだろうか?
とまぁ、一応の経済的な感覚は持ち合わせてる自分、偉いなぁ。


え?BMWの賞味期限なんてとっくに切れてるだろうって?
まぁそれは言わない方向で(^◇^;)


a0015198_17425044.jpg
頂き物のとちおとめは明日位までが賞味期限だろうな。
この時期にイチゴが食べられるなんて、有り難い有り難い。
次、何時食べられるか判らないからじっくり味わって、これぞまさしく「イチゴ一会(まただよ、ぷっ)」

by Wonderfullifewith | 2010-11-30 17:58 | 未分類 | Comments(4)
2010年 11月 29日
雪が降る前の日曜日の午後
営業終了後、サクッと家族車のワイパーを交換を行い、その後ヘッドフォンの試聴をしにヨドバシカメラへ向かう計画を立てる。
「私も行く」と娘。
体の良い子守となってしまった。
ま、そのうち父親の近くにも寄らなくなるらしいから、こんな事も今の内だけだろう。

「帰りに裁縫用ボンド買ってきて」
どの口がそんなことを言えるのか判らないが、いけしゃーしゃーとを言ってのける家族。
貴女は私の小間使いじゃなくても、私は貴女の小間使いですか。


日曜日、街中に行くにはやはり公共交通機関が一番。
家の前のバス停からバスに乗り地下鉄に乗り換える。
a0015198_1036415.jpg
「同じ種類の空き缶が落ちてる」と娘。
マナーが悪い人間がいたもんだ。

程なくしてバスが到着。
地下鉄への乗り継ぎもスムーズで、あっという間にヨドバシカメラへ到着。
道すがらガムの試供品を頂く。
結果三回ほどその場を通ったので、ガムには事欠かないこととなった。

ヘッドフォンの試聴コーナーには市販されている殆どが網羅されていた。
今回の目当てははオーディオテクニカのATH-AD700だ。
色々聴き比べてみたが上位機種、下位機種との違いがよく判らなかった。
でも最高機種との比較ではその差は歴然。
目の前(耳の前?)でギターが鳴っている感じがした。
AD700も良い音で鳴っているが、それはスピーカーから鳴っているという感じがどうしてもしてしまうが、最高機種はそのような感じを一切感じさせないものであった。
ただし、この辺はヘッドフォンのエージングの絡みもあるのかも知れない。

実際最高機種ともなれば全く手が出ない価格帯な訳で、でも冷静に考えれば自動車のパーツ代や修理代から見れば安い訳で。

娘の飽き飽きした顔が近くにある状況では、父親の趣味分野に5分以上の長居は無理と悟りその場を後にした。

あとはお決まりのゲーセンやらマックやDONQやら。
a0015198_10443874.jpg
マックの牛乳には、ドナルドが描かれてると初めて知った。
父親はコーヒーのSをオーダーし、娘のミルクを少し頂いて「簡易カフェオレ」に仕立ててみた。
下膨れの顔は、上から撮ってもやっぱり下膨れだ。

by Wonderfullifewith | 2010-11-29 10:59 | うちのこと | Comments(2)
2010年 11月 29日
良い肉の日に
朝、たっぷりと睡眠を取った朝。

カーテンを開ける。
視界に入るもの全てが真っ白だ。

まぁそれでも今年は少しだけ降り始めが遅いから許す。
a0015198_9363852.jpg
公式発表では9cmらしいが、市内の東側では1cmくらいと少ない様だし、こちらは9cmでは済まない様だ。

雪の降り始めは来客も少ないだろうから、のんびりしてって訳にも行かないんだよなぁ。
経営的には「いつでも激務」が望ましい完全歩合給。

by Wonderfullifewith | 2010-11-29 09:38 | まぜまぜ | Comments(10)
2010年 11月 27日
ワイパー交換の儀
天気予報では明日から天気が崩れるらしい。
今日もかなり寒い。
てことで、愛車の冬支度第2弾を敢行した。

ワイパー交換である。
これは今でも苦い想い出となっている作業だ。
油断すると修理代10万円コースが手ぐすねを引いて待っているのだ。

用意するもの
「冬用ワイパー」
「緩衝材となる何か」。

これだけである。

今回は緩衝材に洗車スポンジを採用した。
普段は「グチャグチャに濡れた状態」で活躍するスポンジであるが、今回は「乾燥した状態」での業務となった。
乾燥状態での緩衝材方面での仕事が来ているが、どうか?と言う所に抜擢されて、まさに「白羽の矢」である。

取り敢えず車両を作業しやすい場所に移動する。
a0015198_15153659.jpg
車両の左右から作業するため、狭いガレージ内での作業は厳しい。
両サイドに広々とした空間がある様なガレージをいつかは持ちたいものだ。

スポンジをワイパーレバーの先端部分とフロントガラスの間に安置する。
a0015198_15185047.jpg
これで万が一にもワイパーを外した後のワイパーレバーが倒れても安心だ。

夏用ワイパーを撤去する。
今はこのクリップが欠品という噂も聞くが、真偽は如何なものだろうか?
a0015198_15174941.jpg
固着していることがあるので、注意深く繊細かつ大胆に外す。

運転席側の交換終了。
a0015198_15204257.jpg
無事に何事もなく交換が終わった。

次は助手席側に移動だ。
a0015198_15213347.jpg
助手席側の夏ワイパーは知恵の輪状態になっていて、いつも悩む。たぶん過去10年20回の作業で毎回悩んでいると思う。
それでも何とか夏ワイパーを外す事が出来た。

助手席側にも同様にスポンジを安置して作業を行うのは言うまでもない。
a0015198_15231164.jpg
冬ワイパーを設置する場合もかなり悩む。
初めて作業をする人は、間違いなく失敗すると思う。
やった人間しか判らないが、かなり難易度の高い作業だ。

完成
a0015198_1525446.jpg
これがメーカー指定の取り付け方だ。
ワイパーとレバーの位置関係が左右で違う。
運転席側ワイパーはレバーの下側に付き、助手席側はレバーの上に付く。

これで明日の雪の中でも大丈夫だ。
残る冬支度最終弾は「スノーブラシ車内設置」と「運転席足元ゴムマット設置」並びに「KAROマット洗浄」だ。
これは明日以降にでも行おう。

年に2回の儀式とはいえ、毎回毎回ドキドキしながらやってる自分、可愛いと思う。

by Wonderfullifewith | 2010-11-27 15:31 | くるまのこと | Comments(10)
2010年 11月 27日
少女時代
いい年して、填ってしまった。

個人的にはAKBより可愛いと思うが、如何だろう?
え?整形してる?
化粧の発展系だと思えば何も問題はない。
どうせこちらは見て楽しむだけのレベルなんだから。

by Wonderfullifewith | 2010-11-27 15:02 | まぜまぜ | Comments(4)
2010年 11月 26日
SHONAN
ある方の言葉を借りるなら、

「ほぼ全裸のうら若き女性が多数闊歩している地域」の方から頂いたお菓子。

惜しくてずっと保管していたら、賞味期限から数日経過していたので、慌てて開封。

職員さん、何の躊躇いもなく
「いた〜きや〜すっ」
「賞味期限切れちゃったけど」
「へ?」
全く問題無いらしい。
a0015198_1714090.jpg
なまら旨いっしょ。
このお礼はお花畑にご招待がよいのだろうか?

by Wonderfullifewith | 2010-11-26 17:15 | くるまのこと | Comments(4)
2010年 11月 26日
ギシギシ
先日来、どうもリヤシート廻りから金属がこすれるような音がする。
それも車両が捻れる時に音が出る。
耳を澄ますと、どうやら運転席後部方面からの音だ。

リヤシートに回り、色々動かしても、それに相当する音は出ない。
シートベルトキャッチ部分にグリスアップしてみるが、音は消えない。

シートを外してキャッチ部分を見ると、プラスチックのカバーが動いた。
最近GMやらなにやら弄る機会が多くて、リヤシートを外したり付けたりしたことで、プラスチックの留め具がおかしくなったらしい。

何度かガタガタ動かしてからシートを取り付けたら、無事音は消えてくれた。
出先の名寄のホーマックで買った198円のCRCもどきが無駄になってしまった。

高速道路420km走行時の燃費、8.5km/L。
大人しく走ればこんなものよ、ふふふ。
え?長距離走ったら普通に10km/L以上走りますよって。
そんなの古いBMWじゃないね。

オイル漏れ、来週直すのさ。だってオバカだもん。

by wonderfullifewith | 2010-11-26 08:14 | まぜまぜ | Comments(8)
2010年 11月 24日
準備不足
起立性低血圧症から来る目眩で動けない家族の代わりに、娘の用事に付き合う。

「集合12時30分だけど間に合う?」
「どこ?」
「北翔大学」
「ほくしょうだいがく?何それ?」
「江別だって」
「・・・・(どこだ?)」

母校が江別にあるというのに、北翔大学とやらの知識が全くない。
まぁ卒業してから20年以上経過しているんだから、大学の名称も変わっているかも知れないし、新設校もかなり出来たって噂も聞いたし。

はたして北翔大学も実は「北海道女子短期大学」が名称変更されていたのであった。
昔は「道短の女子と付き合う」なんてのが流行ったっけなぁ(遠い目)。

集合時間が12時30分って事は、営業終了後の12時にでてもギリギリかアウトって感じだ。
取り敢えずコーチには「少し遅れるかもしれません」と連絡を入れて貰う。

ギリギリになり営業がばたつく。
何でもっと早く来てくれないんだよ〜と心の中で叫びつつ、最後の仕事を終えたのが20分押し。
一気に着替えて家族車に乗り込む。
三脚、デジイチカメラ、コンデジ、スリッパ・・・。
とにかく自分が用意しておこうと思ったものを全て持たずに車に乗り込む。
準備不足だ。
行けないなら行けないって、もっと早く言ってくれないと、どうしてギリギリ2時間前になって言うかなぁと心の中だけで呟きつつ車を走らせる。

高速に乗り込む。
床が抜けるんじゃないか?と思う位にアクセルを踏み込む。
ダメだ、幾ら頑張っても145度までしか出ない。
それに横風をもろに受けてふらつく。

それでも江別のあの辺は勝手知ったるだから、思いの外スムーズに大学内に入ることが出来た。
うーん、感慨無量。
a0015198_14432962.jpg

当時は敷地内に入ることなんて出来なかったからなぁ。
正門の前には白い「ハイソカー」(死語だよ)が並んでたっけなぁ。
何たって「女子大生」ばかりが居たんだから。

体育館に入り、娘は仲間と合流。
入館が15分遅れ程度だったので、練習には全く影響はなかった。
ここでサンダルを忘れたことを悔やむ。
足下が冷たい。
サンダルや上履きを履いて無い人はほとんどいない。
惨めだ。

競技開始は13時45分。
まだ1時間はある。
何をするわけでもなく、ただボーッとしている意外にない。
持っているのは安物のHDDビデオカメラのみ。
a0015198_1444484.jpg
こんな1Dボディに白い大砲テレコン着けて一脚でズババババっとシャッターを押しまくってる人もいるというのに。

せめてビデオカメラの静止画ででも撮影しようと試みるも、
a0015198_14454684.jpg
こんな素敵な映像もノイズの嵐_| ̄|○。
完全に準備不足。

表彰の前に参加者全員で有名インストラクターと一緒に30分ほど踊る場面もあったが、ステージ上の人はまんまクリス松村さん(笑)。
a0015198_14482383.jpg
でもみんな愉しそうだった。
かけ声は
「はい、笑って〜」
「愉しいから笑うのではなく、笑うから愉しい。」
そんな言葉を思い出した。


娘達のチームは5位入賞だったようだ。
a0015198_1446999.jpg

次回の時は今回の教訓を生かし、準備万端完全武装で攻め込みたい。


カメラに走るか、車に走るか。
二兎を追う者は一兎をも得ず・・・。
難しい判断を下す時期になったのかも知れない。

え?両方得られるように働けば良いだけ?
やっぱり金儲けのためには、自分が働かずとも金を生む方法を考えなければならないようだ。

by wonderfullifewith | 2010-11-24 15:00 | うちのこと | Comments(4)
2010年 11月 19日
検証
昨日から今日に掛けてのお漏らし度。白い紙に真新しい滴が数滴。
a0015198_1415333.jpg
うーん、これは精神衛生上宜しくない。
それにこのボール紙だと染みて床に跡が残ってしまう。

新しい吸収紙を用意した。
a0015198_14152447.jpg
これなら「オシッコたっぷり一回分」は大丈夫だ。

そのうち「アテント」でも履かせておこうかと思う。

by wonderfullifewith | 2010-11-19 14:16 | くるまのこと | Comments(8)
2010年 11月 19日
漏れの結末
冬タイヤ交換の時に下周りを何気なく覗いたら、何となく光ってる風に見えた。
その時は余り気にしなかった、と言うより気にしない様に努力した。
翌日、ガレージから車を出してみたら床にシミがあった。
オーナーは現実を突きつけられた。
場所的にはミッション部分からのものだった。

「以前もこの辺から漏れて直したんだよなぁ。その時怪しい部分は2カ所あるって言われたんだけど、どうか前回と同じ場所であってくれないかなぁ。そうすれば修理保証期間だから」と思った。
ディーラーに検査予約を入れて、休日の朝一番に診て貰った。

「ミッションのアウトプットシール部分からの漏れが伝わってきてるようですね。まだ酷いものではないので経過観察で良いと思いますよ」との診断であった。
a0015198_98455.jpg
赤く塗った部分からの漏れらしい。
「交換にはミッションをバラして作業することになりますんで、今見積もりを取ってみますね。」

程なくして見積もりが提示された。
「あぁ費用の殆どが工賃ですね。」
見積もりは諭吉さん4人ほどであった。
正直「それほど高くないな」と思った。
素人考えで、ミッションを割るとなればそれなりの金額が掛かるものと考えていたからだ。
内訳を見るとシャフトのシールは2000円もしない。
そしてATF使用量が3Lと出ていた。
毎度この辺を開けてると、自然とATF交換をしている様なものだ。

「圧力が掛かる部分じゃないので、今今作業しなくちゃならないって所でもないです。」
「あぁそうですか・・・」
そう言ってメカニックさんがパーツクリーナーで油汚れを取ってくれた。
a0015198_9121676.jpg
確かにお湿り程度の漏れなんだろう。

「年数が経過しますと、色々なところがチョコチョコ壊れてきて、それで大体のお客さんは修理疲れから乗り換えをお考えになるようですね。ところで乗り換えのご予定などはあるんですか?」

「まぁこの車に一生乗っていられるとも思えないんで、そう言う意味では無い訳じゃないですが。」

「もし買い換えの場合は新車ですか?中古車ですか?」

「新車?まさか(笑)。中古車ですよ勿論。(社長は中古のベンツに乗れ」という本があるじゃないか)」

「いつ頃のご予定ですか?」

「車検取ったばっかりですし、ある程度の借金が終わったらと(こっちの借金なんて無限ループで一生終わらない)」

そろそろ買い換えなのだろうか?と一瞬いけない考えが脳裏を過ぎった。
だからDさんも敢えて修理の道を選択させなかったのだろうか?と。

ある人が言った。
「もし乗り換えなんかしたらブログ炎上するでしょうね(笑)」

工賃を稼ぐために、取り敢えずはひたすら働くことを心に誓った(って、やっぱ直すのかよ。ったく本当に残念にも程がある)

そう思いながら、Dを後にして内職現場に向かうのであった。

by wonderfullifewith | 2010-11-19 09:29 | くるまのこと | Comments(15)