<   2010年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 29日
320i
代車はアルピンホワイトの320i。
エンジンのかけ方は判ったけど、それ以外はなかなかどうして難しい。
ミラーが開くのはどこだ?
ラジオはどうやって鳴らす?
ライトはどうやって点灯させる?
シート調節はどうする?
幾つかの機能を理解するまでに15分ほどかかってしまった。

今日は街中でセミナーがあったので、仕事が終わってからホテルまで乗っていく。
a0015198_2324625.jpg
320iって4気筒なのか。
てゆーか、4000km弱って新車の卸したてじゃん。

エンジンも軽快で、普通に3000回転まで行ってしまう。
パワーは全然必要にして十分というか。
ただ0スタートの時に何となく一呼吸置くのが気になっただけ。
これもアクセルの踏み方で対処出来るんだろう。
街中を流すには何の不自由もない。
シートが何となくしっくり来ないけど、これも設定でどうにかなりそうだ。
ステアリングがやや内側にオフセットしているのかな?
気になったのはその位。

やっぱり20年の歳月は色々なことを変化させていると言わざるを得ない。
素晴らしい。
一瞬グラッと来たのは内緒だ。
そうか、これがディーラー営業さんの技なのか。

でも新車価格450万。
ははは、現実ムリムリ(笑)。
自分は代車で時々乗せて頂くのが、己の身の丈に合ってる様だ。

by Wonderfullifewith | 2010-09-29 23:36 | くるまのこと | Comments(4)
2010年 09月 28日
定期入院
愛車が車検に旅立っていった。
営業さんが代車と引き替えに持って行ってくれた。
金もないけど暇もない自分には、本当に有り難いサービスである。

昼過ぎに電話があり、各種ベルト類交換、ブレーキオイル交換、マフラー遮熱板の応急処置的溶接、以前修理したミッションのアウトプットシールの再修理(無償)、フォグ脱着等々が必要って事らしい。
金額も一応想定の範囲内ってところで一安心。

昔は
「ディーラーに車検出したら、10枚の修理明細と100万の見積もりが来た」とか言う話を良く聞いたものだが、そんな事にならない我が愛車は、本当に親孝行だ(と思いたい)。

退院は3日後の予定。

それまではこいつが相棒だ。
a0015198_2135388.jpg
いつかは自分も、ボタンを押したらエンジンが掛かる車に乗りたいものだ。

「そんなに仕事の道具買わなかったら、いつでも買えるじゃないですか」と言われ続けて早幾年。
今の車も一生乗れるものでもないだろうから、買い換える日はきっと来るとは思うが、それが何時になるかは蟹の味噌汁、じゃなくて神のみぞ知るってところ。

by Wonderfullifewith | 2010-09-28 21:40 | くるまのこと | Comments(16)
2010年 09月 27日
明日から
ちょっと早めの車検。

世の中持ちつ持たれつ。
車検費用は64270円だ。
これになんだかんだと同じ位の費用が掛かって、どこかに不具合があればそれが加算されて、全くアリ地獄そのもの(苦笑)。
何時になったら抜け出せるの?

そんな事をしていたら、何やらスピードメーターの動きがぎこちない。
どこかに引っかかってる様な動きをする。

もう、この忙しいときに拗ねちゃダメだよ。
仕方ないなぁ、と言いつつもいそいそとバラしに掛かる(バカ)。

ステアリングを外して、メーターパネルの上のネジ2本を外して、吸盤をメーターパネルに貼り付けてグイッと剥がす。
裏のコネクタ4つを外して分離完了。
a0015198_16215297.jpg
うちの裏ぶたは青だ。

昼休みには簡易工房作業や、Wooな会社の商品搬入や、クレジット契約をしなくちゃならないのに。
そこに来て今度は洗濯機のパルセータが壊れて急遽交換作業を余儀なくされる。
弊社で洗濯機が壊れたら、店長が不在よりも仕事にならない。
パーツをサービスセンターまで買いに行くのに、スピードメーターが無くちゃ車を走らせることも出来ないので、一気に仕上げる。
まぁどこが悪いか判らないから、取り敢えずメーターリング辺りをグイッと弄って組み立てるだけなのだが。

検証をかねてサービスセンターまでひとっ走り。
うっ、ハンドルセンターがずれた。
良くやるのよねぇ(^_^;。
エアバッグ付いてない車は、こういうときに楽。
十字レンチさえあればどこででもステアリングを外してゴソゴソ出来る。
今度は決まったか?

とにもかくにも何とか全部の作業を終え、午後からまた営業開始っと。
今月も残り3営業日、ひたすら働きます。

by Wonderfullifewith | 2010-09-27 16:38 | くるまのこと | Comments(6)
2010年 09月 27日
余市から小樽へ
取り敢えずリンゴもブドウも堪能したので、アップルパイとプルーンを買って帰り支度。
a0015198_10415618.jpg
じゃぁいつもの鶴亀温泉に行って、小樽で夕食して戻りますか、と最高首脳会議中。

a0015198_1042618.jpg
駐車場で木イチゴ?を見つける娘。
おいおい、目が矢口真里になってるぞ。

さて移動。
鶴亀温泉の露天風呂でしばしマッタリ。
ここの温泉は濁り湯で、かつ塩泉。
タオルが黄土色になる位の色だ。

塩泉だからか、ボディソープが全く泡立たない。
ちゃんと洗えているのか判らない状態だが、取り敢えずタオルで体を擦る。
シャンプーもしかり。
洗い上がりはバサバサ。
結局帰宅後にシャワーを浴びて再度髪を洗った。
いや、そんなに立派な髪の毛ではないが、数的にレアメタルレベルなので大事にしないと(^_^;。

さぁ風呂にも入ったし、小樽の食事はどこに?
知人がいきなりauのスマートフォンを取り出し検索開始。
ををを、その方面では全く疎いと思っていたのに、自分の遙か先を行ってるぞ。
やっぱり自分もiPhoneかなぁ(-。-) ボソッ。

だが、遅いぞ(笑)。
携帯サイトが見れないので、フルブラウザで表示されるものの、遅い。
「遅いなぁ、いつもはもう少し速いんだけど」と呟いていたが、これでは56k時代のモデムを思い出す。

「庄坊番屋」あったね、と提案してみる。
「それ、どこ?どんな感じ?」
うーん、聞かれても20年位前に行ったきりだから。
知人夫人も「私も25年位前に行ったっきりだから」。
そんな微かな記憶の元に、あとはナビに任せてひた走る。
a0015198_1042079.jpg
こんな感じ。
はたして自分の持っていた記憶通りの所にあった。

昔、マウイ島に行ったとき一度行ったきりのキヘイの知人宅に、翌年レンタカーで行けた自分が凄かったと思ったが、変な記憶だけはちゃんと残ってる様だ。

え?一昨日の晩ご飯に何食べたって?
何ですかそれ?

a0015198_1042370.jpg
ぞろぞろと入店。

「おとうちゃん、何これ?」と壁に貼ってある剥製を指さして訊いてきたので、
a0015198_10421186.jpg
「あぁそれ?ムササビ」
「え〜!ムササビってこんなに大きいの?」
「そう、北海道のムササビは大きくなるの」と答えておいた。

適当に余り物を処理して夕食を済ませる。
料理の写真を撮ろうと思ったが、余りに空腹な人間ばかりで料理はあっという間に何もなくなっていた。

ここから先は代行運転手と早変わりして、小樽を後にした。

余市フルーツ街道、来週位が果物も甘みが増して旨いかと思われる。

by Wonderfullifewith | 2010-09-27 11:04 | うちのこと | Comments(6)
2010年 09月 26日
フルーツ狩り
秋だからフルーツ狩り。
午前中に雨が降ってどうかと思ったが、昼からは幸いに晴れ渡り、風もなく絶好の秋の行楽日和。
てことで余市のいつもの果樹園に、いつものメンバーで出掛ける。
a0015198_21404436.jpg
農園から見える景色はスカッと澄み渡った青空に白い雲。

今はリンゴとブドウがシーズン。
入場料を支払い果樹園にいざ行かん!
高いところのリンゴは知人息子におまかせ。
a0015198_21585726.jpg

さすが「ヒコザル」の異名を取るだけあって、高いところはお手の物。
出来るだけ赤く熟したリンゴを採って、幾つか頬張る。
酸っぱいのやら甘いのやら各種取りそろえてある。

リンゴが一段落したら次はブドウだ。
個人的にはこの緑色のよりも黒いブドウの方が好き。
え?種類?そんな専門的なことは判らない。
全ては色。
デラウエアとか巨峰とかって名前は知ってるけど、それがどれかはサッパリ。
a0015198_2129525.jpg
美味しい。

黒ブドウの房を取りご満悦の人。
a0015198_21323859.jpg
果物ってお腹一杯になっても、後から直ぐ空腹になってしまう。

続く

by Wonderfullifewith | 2010-09-26 21:41 | うちのこと | Comments(2)
2010年 09月 23日
hula
結婚式の披露宴の時、元職員さんから
「今度、フラの発表会があるんですけど、もし良かったら見に来て頂けませんか?」とお誘いを受ける。
「チケット、ちょっと高いんですけど・・・」
「どこでやるの?」
「教育文化会館の大ホールなんです」
「へー、大ホールでやるんだ」
「そうなんですよ、参っちゃいますよ」
「で、チケットって幾ら?」
「後ろの席は4000円なんですけど、前は7000円なんです、ホント高いですよね。」
「ふーん、じゃあ前の席で良いよ」と二つ返事。
後輩の結婚式に出て散財させてるし、自分もハワイアンは大好きだし、フラに興味が無い訳ではないので前の席で観る事にした。

公演日は「9月23日」
ははは、ダブルブッキングだ。
まぁ最初の仕事は2時で終わるから、それから行けば3時には間に合うだろう。

取り敢えず最初の現場を後にして街まで降り、コンビニでサンドイッチとコーヒーを入手して遅い昼食を採る。
a0015198_21151070.jpg
期間限定商品って事で買ってみたが、これは期間限定で良いと思った。

a0015198_21154421.jpg
女王の時代。話せば長くなるが、ハワイにはそう言う時代があったらしい。

事前に「カメラ撮影OK?」と訊いてみたが、案の定NGであった。
仕方がない、一眼カメラは車に置いていく事にした。

座席は一番前の所謂かぶりつき席だ。
「踊り子さんにはお手を触れない様にお願い致します」の場所だ。
さすがコネで入手しただけあって素晴らしい席だ。
嫌が応にも気分が盛り上がる。
ついでに体の一部も盛り上がるかも知れないという淡い期待を抱く。

発表公演が始まる。
どうやら元職員さんはかなり上手な様で、何回もステージに出てきていた。
静かな踊りから激しい踊りまで、また衣装もワンピースのものから、へそがそこに見えてるって事は、その腰蓑の位置がもう少し下がってしまったら、警官乱入、踊り子並びに観覧者全員逮捕、翌日の新聞で実名報道、免許剥奪、閉店の憂き目、一家離散も辞さない状況ではないかと想像され、また自分の体の一部の変化に対するする処遇に関してもその場でどのように対応すれば良いかしばし迷う様な、ある方の言葉を借りれば「ほぼ全裸」に近い格好で踊ったりもしていた。

幸いな事にそれら全ては起きず、当然自身の身体的変化も一切起きることはなかった。

途中20分ほどの休憩があったので、トイレに立ってみたが、場内後方には白い砲弾がずらりと並んでいた。
a0015198_21162051.jpg
3本合わせて幾らになるんだ?一番左側は白い砲弾からはすれば大人しい感じで存在しているが、そこには赤線がきらりと光っている。
こんな大砲で「ほぼ全裸」を捕らえていたのか。
これは内部告発も持さない覚悟で挑まなければならないだろう。

なんだかんだで4時間の公演が終わったときには、日はとっぷりと暮れていた。
でも物凄く元気を貰った気がする。
ハワイアンソングはやっぱり良い。
たぶnメジャーコードのオンパレードだからだろう。
またウクレレを練習したくなってしまった。

なるほど前の列のセレブな値段には、本場ハワイから呼び寄せたハワイアン演奏者などのアゴ足枕代とトートバッグとカレンダー代も含まれていたらしい。
a0015198_21161734.jpg
実際には1週間も仕事休んで旅行なんて行けないし、写真だけ見て妄想を膨らますことにしよう。

by Wonderfullifewith | 2010-09-23 21:42 | しごとのこと | Comments(12)
2010年 09月 23日
休日出勤
休日、業界の行事でかり出される。
a0015198_20354429.jpg
3日前までは雨の予報だったが、天気予報が外れてくれて雨は免れた。

だが予想最高気温17度。
いきなり寒さの洗礼を受ける。
この調子だと「初ポーン日」は何時だろうか?

仕事はカメラマン。
無料の缶バッヂを作るための素材撮影だ。
タダなのにやたらと注文を付ける変なおばちゃんが約1名。
一瞬にして会場内がイヤな雰囲気になる。
そう言う常識が通じない人は、さっさといなして気分を切り替えることにする。

そして今年も居たぞセントバーナード。
a0015198_2039432.jpg
くそっ、ピントが後ろだ。
まぁノーファインダーで隠し撮りに近い撮影方法だから致し方あるまい。
体重は70kgとか。
何時かまた飼いたい犬だが、やっぱり外だろうな。
こいつを抱えて2階には上れない(^_^;。

拘束時間の2時までしっかり働いて、現場を後にした。
駐車場に戻ると
a0015198_2043890.jpg
あら、いらっしゃってたのなら、一声お声掛けして頂ければ、缶バッヂを作って差し上げたのに(笑)。
業界の後輩さんから「お仲間の方来てるんじゃないですか?(笑)」って、もうバレバレですから〜、残念(な大人達)。

by Wonderfullifewith | 2010-09-23 20:44 | しごとのこと | Comments(6)
2010年 09月 22日
おどさん
新婚旅行はオーストラリア。

今の若い人は良いねぇ。

「おみやっす」
って差し出されたのは
「18コアラ入りです(笑)」という、味がいかにも外国のチョコって感じのチョコレート。
a0015198_173050.jpg
これが何を意味するかは、読んだ人が個人の想像を膨らませて頂ければと。

「マジ、食べ物ムリでした。」
「どうしてあんなもの(現地の人ごめんなさい)を平気で食べられるのか、全く判らなかったです」
多少偏食傾向のある新婦だが、言わんとしていることは判る。
まぁね、世界でもっとも美味しいものを食べるグループに属する日本人だからね。
諸外国に行って「これは美味しかった」ってのに巡り会うのはなかなか難しいと思うよ。
自分もハワイのハンバーガーを食べて、
「なぜにここに甘い味を入れる?」と思ったもの。

「あと、こんなのも売ってたんで」と出してきたのがこれ。
a0015198_173335.jpg
カンガルーのジャーキーかぁ。
アレルギー用ドッグフードにはあるけど、まさか自分がカンガルーの肉を食べることになるとはねぇ。
オーストラリアンテイストって書いてあるのが、別の意味で怖いw。

何に付け、有り難く頂くことにしますm(__)m

by Wonderfullifewith | 2010-09-22 17:10 | しごとのこと | Comments(14)
2010年 09月 21日
エネルギー充填
疲れたときには甘いもの。

そう、脳みそが使えるエネルギー源は「ブドウ糖」のみ。
てことで、疲れたときにはケーキが最高。
a0015198_18401688.jpg
パティスリーアンシャルロットのケーキがステキ。
あれ?ここのサイト、BiNDで作ってるような雰囲気ありありだなぁ。

ここはロールケーキも旨い。
お土産に持って行っても絶対悦ばれるお店だ。

弊社ではケーキ選択に関して、勤続年数の長短、労使等の関係なしに純然と全員でじゃんけんで決める。
あぁそれはもう修羅場さ。

by Wonderfullifewith | 2010-09-21 18:47 | しごとのこと | Comments(8)
2010年 09月 21日
ビートル
フォルクスワーゲンビートルってのは、一体いつまで製造されてたんだ?
その辺のことは全く詳しくないが、色々な国で「がわ」だけビートルで中身は余りオリジナルじゃないビートルが暫く作られてたとか。
もう2代目だって10年位経過するはずだし。

ビートルの上側。
a0015198_11435340.jpg
果たしてこれがそうなのかどうかは自分には判らないが、この車は今後若い女性達に囲まれて「かわいい〜」って言われながら第二の人生を歩むらしい。

そんな第二の人生なら、自分も送ってみたい。
あぁおっさんでもそんな風に思うのさ。

by Wonderfullifewith | 2010-09-21 15:45 | くるまのこと | Comments(8)