<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2008年 01月 31日
たまには車ネタ
天気も宜しくないですが、折角の休日、月末なので事務仕事もあるんですけど、ちょっとだけ疲れてるので、車いじりをしてみたいと思います。

えーっと、まずは本当にどうでも良いパーツ補修から。
先日ライト裏カバーを購入したんですが、本当に欲しかったのは左側だけだったのに、何をとち狂ったか右側まで買ってしまいました。

「別に気持ち良く左右とも併せて新しくしても良いじゃん」と思われるかも知れませんが、右側のパーツは1000円以上するんです。それに今使ってるモノも壊れてないんです。
そして新品のパーツは微妙に形状が違うのか、きちんと固定されません。
どうもウォッシャータンクと干渉するようです。
それは良いとして、買ってしまったのも良いとして、私はその新品パーツを取り付ける時に、一瞬にして壊してしまったのでした_| ̄|○。

どこを壊したかというと、固定するプッシュピンの穴の部分です。
厳寒時に無理すると、プラスチックパーツはジグソーパズルのように粉々に壊れます。

警告
「プッシュピンはまずプラスチックパーツに通してからボディに差し込むこと」
これを怠って、パーツとボディを合わせた状態で一気にプッシュピンを穴に挿入すると、間違いなくプラスチックの穴部分が割れます。

これに気づかず、私は今まで使っていたカバーまで同じ事をして壊してしまいました。
それがあまりに悔しくて、それを補修したわけです。

が、この製品はどうやら「ポリプロピレン」で作られてるようで、このプラパーツは接着剤泣かせと言われてる製品な訳です。
試しにお手元にある接着剤の裏を読んでみてください。
大概の接着剤の裏には「ポリプロピレンは接着できません」と書かれてますから。

それで取り敢えずポリプロピレンが接着できる接着剤を調べてみましたら、一応あるようですね。
コニシのGPクリヤーです。

ところで、「ボンド」とか「セメダイン」ってのは商品名であって、エレクトーンはヤマハの電子オルガンを示す言葉のようなモノのようで、一般名は「接着剤」なんだぁと、変なところで雑学を入手したりして、だからといってジェームス・ボンドはジェームス・接着剤なんて絶対言わないぞとか、昔はセメダインを「セメンダイン」なんて言ってたなぁなんて古い記憶が蘇ったりするのは、恐らく老人力のなせる技ではないかと思ったりするわけです。

で、他にも調べたらホットボンドってのも使えそうだって事が判り、取り敢えずお近くのジョイフルAKまで買いに行きます。

接着剤が実売170円程度、ホットボンドもおもちゃみたいのが600円くらいだったので、迷わず両方購入です。

早速作業に取りかかりますが、よくよく考えたらホットボンドは「熱」を利用してる訳です。ロウのような物を熱で溶かして、それが冷えるときの接着力を利用しているわけですから、地球温暖化に一役買ってるような熱量を発するM30エンジンが搭載されてる場所(それでも540のV8には負けますが)に使うのはどうかと思いまして、今回は見送ることにしました。

これでまた工具箱の肥やしが増えました(^_^;)。

壊れた「新品」のカバーから惜しげもなく穴の開いた固定部分をニッパーで摘出します。つまりこの補修部品のために私は1300円を投じたようなものです(バカ)。

説明書通りに接着剤を両面に塗布して、待つこと10分ほど。部品を貼り合わせて圧着します。ドア内張などの補修時に使う圧着のクランプの小さいヤツがあると便利ですが、何故かそのような製品が私の工具箱にも2個ありましたので使ってみました。
結構しっかり固着してくれましたので、外に行って早速取り付けます。
a0015198_12653100.jpg
本当は買わなくても良かったパーツの補修後です。それも補修したのはオリジナルパーツであって、1300円も出して購入した新品パーツではありません。新品パーツは穴部分のみ使われてます。

a0015198_1275092.jpg
ボディとプッシュピンで留めてます。このプッシュピン、よく見ると時計回りに回すように出来ています。反対には回さない方が得策です。この時期だと壊れる危険性が極めて高いです。ちなみに63円/1個です。初めてこのパーツを弄った時、ネジ式だと思っていたのでドライバーでずっと回してました。でも全然取れなくてどうしたものかと途方に暮れたのは確か6年くらい前の話だと思います。
もうご存じだと思いますが、90度回せば良いだけですので(^_^;)。

ここの部分はM30エンジンの場合、エアインテークの丸いヤツも付きますから、この穴が一つ固定されて無くても全然構いません。てゆーか、本当にどうでもいい部分です。こんな事に1300円もかける方がもの凄く馬鹿げてます。

普通は「放置する」もしくは「自分の記憶から消えるまで経過観察する」が正しい対処法です。
大体こんな事をやってると、他のケーブルとかを引っかけて断線させたりと、余計な仕事が舞い込んできたりしますしね。

でもやっぱり直したかったんです。

でもこれくらいの気構えがないと、こんなぼろい車に乗ってる意味もないかも知れません(爆)。

これだけだったら、オバカ丸出しですので、少しは役に立つ情報でもと思いまして、バッ直の方法でも記載しておきますか。

電気を扱いますから、バッテリーのマイナスは外しておいてください。
これが元で車が壊れたり車両火災になっても、私は一切の責任は取れませんので、そのおつもりでお読み下さい。

バッテリーがエンジンルームにある車両は何も問題ないですが、リヤシート下にある車の場合、そこまでケーブルを引くのはあまりに面倒です。
バッテリー上がりの時にも然りです。
そこでこの手の車にはエンジンルームに12Vを取り出せる端子が付いています。
エンジンルーム後方右手ですね。ここにこんなのがあります。
a0015198_12161998.jpg
赤色で「+」と書かれてる場所です。この蓋を開けるとバッテリーのプラスに繋がってるコネクタが見えます。でもここにはねじ穴も何もありませんから、ここは無視します。ではどこから12Vを採るか。
この下のカバーの所に12Vが取れる場所があります。
a0015198_12181680.jpg
前横から見た図です。このカバーの奥に15mm(だったかな?)のナットが2個付いてます。ここに咬ませれば12Vが取れます。
で、このカバーなんですが、一筋縄では外れないように出来てます。多分一般人には触らせたくないのかも知れません。でも触りたい。
このカバーは車両前方にスライドさせれば外れるように出来ていますが、前方には障害物があり、外れません。
a0015198_12204461.jpg
丁度プラスと書かれてる右側の突起部分が、前方の丸いコネクタにぶつかって外れないように出来てます。上手いこと考えましたねぇ>メーカー。
だけど、組み立てたときには取り付けられたわけです。てことは外せるはず。
邪魔なのは前方の丸いコネクタです。このコネクタの前方にはインジケーターリセット用のコネクタがあります。
これをどうにかすれば良いわけです。
コネクタ周囲をよく見ると、コネクタ左側に何やら薄っぺらいものが見えます。
a0015198_12233773.jpg
こいつがどうやらカギを握ってるようです。
それをマイナスドライバーなどで軽く起こしてやると、コネクタは上に持ち上げることが出来ます。インジケーターリセット用のコネクタも同様に外すことが出来ます。
a0015198_12242382.jpg
ただその時に予めコネクタ上の蓋部分は外しておいた方が作業が楽です。と言うのも結構な配線の束ですし、テープでガッチリ固定されてる配線はあまり自由度がありません。
a0015198_12254920.jpg
ギザギザが付いている部分を回すのですが、これもクルクル回すのではなくて30度くらい回せば外れるようになってます。ヘッドランプを交換したことのある方なら判ると思いますが、あんな感じでちょっと回すと外れます。でももの凄く硬く固着している場合があるので、ウォーターパイプレンチなどがあると便利かも知れません。

丸いコネクタがちょこっと持ち上がれば12Vのカバーは無事外れます。

以上、電気知識のない人間が作業していますので、何か間違いがあればご指摘下さい。

by wonderfullifewith | 2008-01-31 12:52 | Comments(12)
2008年 01月 30日
一応
私は
にがり牛乳を飲んでも、ガンは治らないと考えてる人間である、と書いておきます。

一部地域限定の治療法か?と訊かれると、その地域にも知人がおりますが、きっと違うと言うと思います。

ご自身が勝手に信じるのは良いかと思いますが、「にがり」を不当な価格で販売するのは如何でしょう?

by wonderfullifewith | 2008-01-30 07:57 | Comments(6)
2008年 01月 30日
月末
今日が一応今月の最終営業日なんですけど、来月は弊社の決算月。

店によっては「決算だから買い物しないと、ただただ税金に持って行かれちゃうだよ」なんてこの時代にワンダホーなことを言ってる店長さんもいるようですが、うちは「金集めて税金の準備しとかなくちゃ。無ければ社長から借りれ。え?あいつ、ダウンジャケットのポケットに1円玉しか入ってない?」みたいなノリで、それでも「右のお金を左に集めて」ってどこかのお笑い芸人みたいな感じで日々戦々恐々と暮らしております。
高額納税?何ですかそれ状態です。

なら車の部品なんて買ってないで少しは貯めておけよ!ってツッコミはしばらく封印してくださいm(__)m。

我が家では、配偶者>僅差で娘>ブッチ切りで私(桁が2桁違い)って感じの富裕度で、この前も職員さんと小遣い用通帳残高の話をしてたら、これまた桁違いで大敗しましたorz。

お金なんてね、最低限暮らすに足りるだけあれば良いのよ。沢山持ってたって、ろくな事に使わないんだから(と強がってみるのと同時に自戒の意味を含めてみる。)

で、景気の良い職員さんは「3月に有給消化するのに、また大阪と京都に行ってきますから」なんて軽く言ってましたので、例のごとく「同じ形の車を見たら片っ端から声を掛けて、もし知り合いだったら、美味しいお肉をご馳走して貰いなさい」と伝えてありますので、関西方面の青い車とか黒っぽい車とかの方は宜しくお願いいたしますm(__)m。

さて、今月もあと数日、風邪などひかないように頑張りましょう!

by wonderfullifewith | 2008-01-30 03:52 | Comments(7)
2008年 01月 29日
近況
ここ数日間、エクセルと格闘しておりました。
相対参照、絶対参照から始まり、自分の単純な計算式の入力ミスなどで、数字は合ってるのに答えが違うという、スパイラルに陥っておりました。
この手間賃、時給に換算すると、スタバでコーヒーも飲めません(;。;)。


で、
先日、ディーラーさんまで部品を買いに行ってきました。

なんて事のないショートパーツなんですが、左右でほぼ同じような形状なのに、価格が4倍くらい違います。

電話で注文するときにも、
「ホントですか?間違いないですか?」
「間違いないようですねぇ、変ですねぇ」

ディーラーさんも電話口で首をかしげているのが判ります。
片側が300円ちょっと、片側が1300円ほど。
今なら買いです!(普通買わないパーツだけど)

話ではこのようなことが時々あるようです。たぶん日本本社の値付けが間違ってるんでしょうとのこと。

そんな買い物をしているお店の中には、650カブリオレとか、7シリーズとか、325xiとか、華々しい感じの車がデデーンと展示されておりまして、商談コーナーでは
「先生のは7ですから、次も・・・・」なんてこれまた景気の良い話をされてる営業さんがいたりして。
やっぱり外車ディーラーはこのくらい景気が良くないとダメですね。
ねちっこい値引き交渉とか、そんな事しててはいけません。


私は合計6品のお買い上げで、財布から颯爽と2000円札を1枚出します。
一瞬周りから「おおッ!2000円札!」という歓喜の声が上がりましたが、何事もなかったように数百円のおつりをいただき、帰路につきました。

が、車の挙動が変です!
もの凄くぶれます。60km/hくらいから白蝋病にでもなりそうなくらいに車全体がぶれます。
ホイールバランスが滅茶苦茶みたいな感じです。
てことで、タイヤを組み替えたカー用品店に行き、事情をお話しして再度バランス測定してもらいました。
後ろが微妙に狂っていたようですが、一体何だったんでしょう?
まあ冬道はゆっくり走ればいいわけだから、余り気にしないことにします。

よく見ると(見なくても判りますが)リヤタイヤのリムに左右同じだけのガリ傷が出来てまして、これは走行中に縁石に擦ったとかそんなことで付くような傷でないことは、車のことを何も知らない人が見たって明らかなわけで、そうなると考えられるのは・・・・(バイト君ぽい感じの人だったからなぁ、独白)。
いやいや、想像で言うのは止めましょう。

一応代表と思われる人にも確認してもらいましたが、さすがに動揺を隠しきれない様子でした。そりゃそうでしょ、ある時を境に左右で同じ長さの傷が同じ感じで付いていたんですから(笑)。それもタイヤをこうやってグイッとする金属のレバーの幅の傷ですから。
「もし傷を付けたら、報告が上がると思うんですよねぇ」と何だか歯切れの悪いご回答。

私もそれ以上は何も言わずにお店を出ました。


でも決定です。あの店にはタイヤ交換では行かないことにします。
ちょっと遠くてもちゃんとしたお店に行くことにします。

by wonderfullifewith | 2008-01-29 08:08 | Comments(9)
2008年 01月 26日
ずれてないか?
今朝も気合いの入った雪降りの札幌ですが、昨日の夜も念のために除雪してました。

除雪しつつハイビームの色味を見ようとライトオン!

ん?色味の前に、光軸ずれてないか?(爆)。
a0015198_116236.jpg

ライトそのものを見るとちゃんと違うのが判るんですけど、夜中のいい加減な撮影では色温度まではハッキリ判りませんね。

by wonderfullifewith | 2008-01-26 11:08 | Comments(7)
2008年 01月 24日
色味が違う
ハイビームを点灯してみました。

やっぱり色味が違います。

バーナーは恐らく同一のロット。

となるとバラスト?

バラストって高電圧を発生させてるだけの製品じゃないんですかねぇ。

バラストじゃなければバーナーの品質ばらつき?

外したバラスト、生きてるのかしら?生きているのなら再度交換して確認です。

が、年前の小雪のツケを返すかのようなドカ雪。外作業は全く不可能なので、腫れて天気の良い日に検証してみます。

by wonderfullifewith | 2008-01-24 11:41 | Comments(4)
2008年 01月 24日
コネクタの端子
防水コネクタの端子ですが、一般的なギボシ端子と違って、サイズがかなり小さくできてます。
配線を留める加工にとても苦労します。

一般的な電工ペンチでは(技術的な問題なのかも知れませんが)上手くカシメられないんですね。

で、その小さな端子とギボシ端子の違いを。
これが防水コネクタの全容です。
a0015198_8474823.jpg
防水キャップとオスメスのコネクタと端子が入ってオークションで売られてます(写真はオス一個使用済み)。
たぶん1000個単位で買えば、1個数円〜数十円のモノなんでしょうけど、このような単位になると、覚醒剤などと一緒で?末端価格は100倍くらいになります。
まぁ小さいモノですから「送料無料」って事で送られてきましたが、その送料だって80円くらいだし。

そして端子の拡大図
a0015198_8501424.jpg
金色が一般的なギボシ端子、銀色が防水コネクタの端子です。作りがもの凄く華奢ですね。

角度を変えて
a0015198_8511524.jpg
この金属の肉厚の違い。そしてそこに入るケーブルは高圧に耐えるモノですから、それなりの太さがあります。手持ちの電工ペンチでカシメても、なかなか上手く行きません。
それでも何処の家にもあるラジペンとかモスキート鉗子とかを駆使して何とかケーブルを固定してみました。それでもやっぱり固定が弱い感じですから(自分の電工技術に全く自信が持てないため)、最後の手段は「ハンダ付け」です(これもかなり怪しい技術ではありますが)。

ハンダ付け要員の「手助け君」も登場し、そして久しぶりにはんだごてを持ちましたから、一発目は当然のようにイモハンダ(笑)。まぁ何度かはんだを溶かし直したりして外れないよう(抜けないよう)に固定してみましたが、そんなことをしなくてもちゃんと固定できるようにこのタイプの端子はやっぱりそれ用の圧着ペンチがあるんでしょうか?

識者からは「そんなの使わなくたって、普通のギボシ端子と防水のカバーで良いじゃないですか。別に見える場所じゃないんだし。」って言われるかも知れませんが、製品としてこのようなものがついてきたら、やっぱりその様に着けたくなるのが素人の性ってヤツでございます。

てことで、すったもんだした結果に無事装着と相成りました。

もしあるのなら、このコネクタ用の電工ペンチ、ちょっとだけ欲しいような気もしますけど、次に何時使うんだ?と言うような素朴な疑問を考えると「全く無用の長物。工具箱の肥やし」になることは、素人にも判るわけで。

にしても中華製の精度はいい加減すぎます。
コネクタを軽く引っ張っただけで電線がすっぽ抜けるような作りってのはどうなんでしょう?防水コネクタだから固定は結構しっかりしてるんですよ。だからはめ込むときもそれなりに力がいるんで、ゴム部分にシリコンスプレーなんかをちょっと塗っておくと作業が凄く楽になります。

by wonderfullifewith | 2008-01-24 09:44 | Comments(5)
2008年 01月 23日
ハイビーム取付終了
明日から荒れ模様の天候と言うことですので、本日中に作業を行いました。

防水ワンタッチコネクタの分解方法が判らず、しばらく悩んでいましたが、やはり敵は防水用のゴムキャップでした。これがあるためにコネクタ内の引っかかりを外しても端子がすんなり抜けてこなかったんですね。

シリコンスプレーをちょっと付けたら、すすす〜っとコネクタが抜けてくれて、程なく分解終了。さすが中華製、カシメの仕事が雑すぎます。

ハンダで取り付けて、何とか外れないようにして組み直しです。

準備は全て整いました。

ボンネットを開けてリレーに噛ましてスイッチオン!

完成!

色味はどうなのか楽しみです。

by wonderfullifewith | 2008-01-23 17:21 | Comments(0)
2008年 01月 22日
笑っていただければ
業界内の有志が作った映像でした。

お笑い頂き、ありがとうございましたm(__)m

by wonderfullifewith | 2008-01-22 01:24 | Comments(24)
2008年 01月 21日
ETCマイレージのからくり
高速道路自動料金支払いシステム(って言いましたっけ?)ETC、お使いの方は結構多いと思うんですけど、数年前は引き落とし口座からある程度のお金をETC用に積んでおけば(5万くらい?)、8000円分のボーナスがついてましたよね。

それがあるときから制度が変わって、ETCを使って高速道路を利用したら、最大8000円分キャッシュバックみたいなのに変更になったんですけど(この辺ちょっと曖昧)、先日道路公団からお葉書が来て「そろそろポイントの有効期限が迫ってます」って事だったんで、電話してみたんですわ。

驚愕の事実が浮かび上がりました。
この日本って国は、貧乏人を切り捨てることに関しては「天才的」だと思いました。

ETCで高速道路を利用しますと、ポイントが貯まってキャッシュバックされます。でもそれは「ある程度の利用をした人だけ」。自動還元サービスにチェックを入れておいても、1000ポイント以上の人じゃなければ、自動にはなりません。
それ以下の人は手動でポイント還元をしなくてはならないんです。
そしてそれもちゃんと有効期限があります。
それを過ぎるとポイントはチャラになります。
上手いですねぇ。
ほんと、沢山乗らない人と申告を忘れた人は、一刀両断に切り捨てられます。

つまり規定ポイントに到達していないユーザーは何の恩恵もありません。
昔はとにもかくにも5万円入れておけば8000円プラスだったのに。

うち?
うちはねぇ、23ポイントと11ポイントってカードがありました。
これは全く無意味な数字です。
唯一600ポイントを超えてたのがあったので、それはポイント還元して貰うようにお願いしました。

でも何でこんな事に気づいたかて〜と、ETCのHPにアクセスする際のパスワードを忘れたので、電話で直接聞いたからなんです。

ETCカードを使ってる方、今一度ご確認下さい。
ポイント失効すると泣けちゃうような人が出てくるんじゃないですか?

by wonderfullifewith | 2008-01-21 16:30 | Comments(2)