<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2007年 01月 31日
1月31日
平成19年も1ヶ月経過しました。

で、天気は雨のち曇り、気温6度。

北海道ですけど?
来月は雪祭りですけど?
雪像大丈夫ですか?

雪が少ないのは非常に助かりますが、にしてももう少し寒くないと冬の行事が成立しなくなりそうなんですが。


奥方車、お陰様で無事綺麗になって戻ってきました。
今のディーラー修理は「交換」が前提なんですね。
板金だ、塗装だ、色あわせだなんてのはあまりしないような。
まぁまだ新しい車ですから、色あせも少ないでしょうから新品パーツに交換した方が楽なんでしょう。

これが10年落ちの車のテールランプなどだったら、新品に交換すると妙に左右の色味が違っておかしくなるんですけどね。
何にせよ、無事綺麗になって戻ってきてくれてホッとしております。

by wonderfullifewith | 2007-01-31 16:01 | Comments(4)
2007年 01月 29日
追突!
今朝方、家族から電話があり
「後ろから追突されちゃった」と。

ツルツル路面の交差点で停止したら、後ろからドン。
速度もほとんど出てなかったようなので、見た目はバンパーに擦り傷と、テールランプの破損くらい。

でも今回は停止してるところに追突って事で、相手様の保険(損保邪パン)で修理となりました。
念のため病院で首のレントゲンを撮って貰ったようですが特に問題もなかった様子で一安心。

この時期はこのような小さい事故が多発します。
皆様におかれましては、くれぐれも気をつけますようお願い申し上げます。

にしても、納車1年以内に3回目の板金修理ってのもどうなんだか(^^ゞ。
あと、一体家族はどこに行くつもりだったんだろう・・・。

by wonderfullifewith | 2007-01-29 15:27 | Comments(2)
2007年 01月 26日
かたやき
かたやき煎餅でもう少し引っ張ってみます。
まず、その実体をば。

a0015198_222148100.jpg

大きさは5cmほど。
形は綺麗な円形を呈しています。
ちょっと見には「カントリーマァム」に似ていますが、硬さは全く別物であります。

a0015198_2221144.jpg

厚みはこの程度です。
約1cmほどですね。
こちらの絵の方が硬さが伝わる感じがしますが如何でしょう?

a0015198_2220369.jpg

このように付属の木槌でたたき割って食べることが望ましいようです。
ですが、この煎餅をこの木槌でこのようなスタイルで割るには数十回ほど打撃を加えなくてはなりませんでした。

ちなみに煎餅を割らずにこのまま一口に口腔内に投入すると、しばらくの間会話不能、口唇閉鎖不能など、一般生活が不可能な状態になります。その後丸呑みしますと食道の粘膜に多大な損傷を与えることは、想像に難しいことではありません。

お勧めとしては大体6分割くらいに小片化するのが宜しいかと。
小片化した煎餅を口腔内に投入し、その後唾液腺から分泌される唾液により煎餅の軟化を試みます。
表面が若干湿り気を帯び、顎関節に付随する咬筋・側頭筋・顎二腹筋あたりの力で事態の解決が望めそうになりましたら、上下の臼歯により一気に煎餅の破砕に向かいます。

さて、食べてみます。
ボリボリボリ・・・・・・・。
硬さの中にほのかに甘みがあり、口腔内が至福の時を迎えていきます。

「しっかし(ボリボリ)、この硬さは(ボリボリ)、どうしたもんなんですかね(ボリボリ)」
「うん(ボリボリ)、でもこのどうしようもないくらいの硬さがなかなか旨いんだよね(ぼりぼり)、イテッ!(ボリボリ)」

日本は本当に色々なおやつがあるものですね。
ちなみにお嬢はぬれ煎餅が、奥方はみそ入り大垣せんべいの1枚ものが好みのようです。

私?
私は全部好きです。

by wonderfullifewith | 2007-01-26 22:45 | Comments(4)
2007年 01月 26日
休日その2
札幌テレビ塔です。
流石に昨日は登りませんでしたが、展望台からの眺めはまずまずです。
a0015198_171265.jpg


ホワイトイルミネーションの電飾が掛けられているものにカラスが一羽。
a0015198_17132271.jpg

天気が良いですね。

2時過ぎには家に着いたんですけど、特に何をする出もなく家の中でウダウダと。
風船でキャッチボールしたり。
友人の家族と一緒に食事しようって事になり、拙宅でピザーラを注文。
デリバリーのお兄さん、新人さんなのかもの凄く緊張していて、ハーブスパイスの袋をくれませんでした。電話でその旨を伝えたところ、10分ほどで持ってきてくれましたが、もうガチガチ(笑)。
頑張れ、君の未来は明るいぞ。

宅配ピザ、やっぱり割高ね。
ピザ1枚(Lサイズ)とスパゲッティダブルサイズ2皿とサラダ1皿で8000円弱掛かりましたよ。
写真はビーナで遊ぶお姉ちゃんとお嬢。
婆さんネコに興味津々の末っ子。
何故後ろにおもちゃの犬が。
a0015198_17194251.jpg


最後は子供達みんなで風呂に入って大騒ぎ。
うちは兄弟がいないから、時々こうやって疑似兄弟みたいな事をさせて貰ってます。

by wonderfullifewith | 2007-01-26 17:21 | Comments(2)
2007年 01月 25日
休日
ほぼ1ヶ月ぶりくらいの休日です。
冬休み中は、個人的な用事を済ませる時間など無いですから。

てことで、朝一番に床屋さん。
うーん3ヶ月弱ぶりにサッパリとカットして貰いました。
で、床屋さんからディーラーさんに電話して、こんな風になってしまったパーツを注文。
取り敢えず透明なテープで蓋を固定して貰いました(^^ゞ。
お嬢に蓋が付いてないのを見つかったら、今度はどのようなコメントを頂けるか判りませんからね。
a0015198_1503061.jpg

確かここの部分の修理に関しても、何方かが詳細に解説していただいてましたよね。
何方だったかなぁ。
不確かな記憶では、どこかは壊して外さなくちゃならないとか、そんなような記事を読んだことがあるんですが・・・。

でもディーラーさんは
「明日部品が届きますし、取付は10分くらいで済むと思いますよ」と。
DIY?
何ですかそれ?状態です(笑)。

注文が終わった後に、ジャスコ東苗穂店で何年かぶりに革靴を買いまして。
普段室内で仕事をしているので、革靴って年に数回しか履く機会がないんです。
なもんですから、革靴も5年くらい前に買ったっきり。
Gパンより上等な格好がスーツって生活も考えものです。
その靴屋さんではちょうど2割引だったので、少しだけお安く買えました。

昼近くなったので、急いで例のお店に例のブツを修理に出しに。
「あ、毎度様です」
うーん、この手の店には毎度様になりたくないんですが(^^ゞ。
ブツをクルクルっと回して、
「うーん、この前も来てくれてるんで2万円と消費税で」
うっ、完全に予算オーバー_| ̄|○。
まさかここまで来て「やっぱり止めます」とも言えず、そのまま入院。

さて、タイムリミットはあと2時間。
先を急ぎます。
次なる場所は札幌テレビ塔っす。
まず道民は買わないだろうってものを幾つか購入。
今までじっくり見たこと無かったですが、色々あるんですねぇ。
何時も思うんだけど、あれってイメージアップに繋がるんですか?

それそれ急げ、時間がないぞ!
テレビ塔地下のラーメン屋さんでラーメンを食べ、結構美味でしたが全部食べるとリバースの危険性があるので、(残り少ない)後ろ髪を引かれつつ半分くらいで断念し、外に出ます。

大通公園では雪祭りの雪像造りが急ピッチで行われていますが、やっぱり雪祭りはテレビで見る方が絶対に綺麗ですわ(笑)。

そのまま日産ギャラリーまで足を伸ばし、新型ZのNismoバージョンを見てきました。
車もそうですが、ギャラリーのおねいさんの綺麗なこと。
化粧もケバク無く、でも清楚で、言うなれば「タイプです」(違)。

目元の青さも美しい(って車を見に行ったのかおねいさんを見に行ったのか判らなくなりました)。
ぶっちゃけ、凝視するのが恥ずかしくなるくらいの美人さんでした。
「綺麗なお姉さんは好きですか?ハイ大好きです」
だけど、こういうおねいさんはこのような仕事場だけでお会いするのが良いんですよね。
プライベートは知らない方が身のためなんですよね。
こうやって仕事着をまとった状態でお会いする方が、夢が壊れなくて絶対良いはず!(何を力説しているんだか)

一説には店員さんには肖像権がないなんて話を聞いたことがあるのですが、キャンギャルでもあるまいし「写真撮っても良いですか?」とも言えず、車の写真だけを数枚撮ってきました。
どんなおねいさんか興味のある方は、中央区の日産ギャラリーまでどうぞ。
a0015198_15284999.jpg

マツダCX-7は220km/hまで数字が振ってあるるようですが、さすがZ、260km/hまで刻まれています。きっとリミッターを解除すれば、メーターを振り切るんでしょうね。

ブレーキは前後ブレンボ。
ホイールサイズはフロント18インチ245/40、リヤ19インチ275/35。タイヤ交換時の支払い時に眩暈がしそうです。
6MT、ステアリングのチルトはメーターパネルも連動して上下しました。
450万位なので、月々87kの頭金ボーナス無し60回均等払いって所でしょうか?
個人的には新型GT-Rがちょっとってデザインなので、宝くじ当たったらこっちでも良いかなぁと。

ここまで回ってタイムアウト。
アップルストアは目の前だったのですが、街を後に帰宅です。

久しぶりに4時間ほどのフリーダムを満喫して充電完了って所ですね。
行動を見ていたかのように帰宅途中でお嬢から「おとうさん、どこにいるの!」って電話が来ました。

by wonderfullifewith | 2007-01-25 15:41 | Comments(7)
2007年 01月 23日
元祖かたやき
「ぬれ煎餅が好き」って話題から、硬〜いみそ入り大垣せんべいを頂戴することになって、その煎餅もほぼ職場の人間達と食べ尽くす頃となった今、
「元祖かたやき煎餅を送ります」という、これまた大層嬉しい連絡をとあるお方から頂きまして。

「元祖」と「本家」みたいな戦いを呈している我が職場のおやつタイム(^^ゞ。

お送りいただいたのは、本州で活躍されている車繋がりの方ではありますが、そのご厚意に大変感謝している次第でありますm(__)m。

さて、いただいたのはこんな感じの包装紙です。
a0015198_955391.jpg

その名もずばり「かたやき」
ネーミングに潔さを感じるというか。

製造元はこちら。
a0015198_9554286.jpg

お問い合わせはこちらの電話番号かHPまでお願いしますm(__)m。

箱を開けますとこんな感じで「木槌」が同梱されております。
a0015198_1014037.jpg

味も各種揃っているようですが、何よりこの「木槌」の存在がこのお菓子の硬さがただならぬ事を物語っているような気がします。

箱の中には木槌の他に、せんべいに関しての説明が気が入っておりました。
一部を抜粋しますと
「この珍菓たるや堅いこと鉄の如く」と。うむ、食品に対する対比語に「鉄」を持ってくるあたり、商品の硬さにかなりの自信があるようです。

他には
「伊賀の忍者が、敵方の屋敷に密かに忍び込み、屋根裏や床下、物置などに隠れ、敵状を視察し、時に攻撃の機を待つとき、かさが少なく、かつ滋養にとむ「かたやき」を食料として携帯した。当時伊賀の忍者は刀の鍔や柱の基礎石などに打ち付けて食べたものです」と書いてありますが、この堅い煎餅をぼりぼり噛んでいたら、その音で敵に見つかってしまうような気もするんですが(^^ゞ。

読み進めますと、「木槌や煎餅同士で細かく割り、暫く口に含んでいるとかみ砕きやすくなり」と書いてあるところからしましても、やはり昔の人もいきなりこれをボリボリすることは、その硬さにより自らの口腔粘膜の損傷を引き起こすことは理解されていたようです。

何にせよ、今日のおやつタイムが楽しみであります。
今回の煎餅の「イテッ!」度は如何ほどでしょうか。

いや、マジに「硬度計」が欲しくなってきました(笑)。

by wonderfullifewith | 2007-01-23 10:15 | Comments(3)
2007年 01月 21日
冬休み最終日
明日から幼稚園再開のそんな日曜の午後、午前の営業が大きくずれ込んでしまい、昼食が2時近くになってしまった1月のセンター試験2日目ですが、特に大きな予定もないのでお出掛け場所は「発寒イーオン」です。

1Fのフロアーではみのや雅彦さんのミニライブなんかがあったようですが、そんなものを見学するような権利は私には与えて貰えず、モーリーファンタジーのコーナーに向かいます。
特に何をするわけでもなく、いつものように「きらりん」や「リカちゃん」のカードゲームに興じたり、コインゲームで500円を元手に1時間以上遊んでしまうほどの強運の持ち主のお嬢の見張りをしたりしているわけです。

ゲームをしているお嬢の横で、お仲間に「発寒ジャスコにいます」なんてメールをしたら、「私はアリオです(笑)」みたいな返事が直ぐに来たりと、日曜日ってのは何かと皆さんお忙しいようですわ。

でもって夕方、
「家に帰っても何も食べるものはないわよ」って事で、食事をしていくことに。
2時前に昼食(昨日の昼から連続4食目のカレー)だったので、それ程お腹も空いて無く、かといって胃酸は十二分過ぎるほどに分泌されていて、胃粘膜は少々ただれ気味ですから「何を食べたい」というリクエストはナッシング。
家族の向かう方向に向かいます。

入ったお店が
a0015198_21393696.jpg

所謂チェーンのスパゲッティ屋さんですね。
店員さんはとっても元気が良く、こちらが恐縮するような勢いで色々と説明をしてくれてますけど、オーダーはこんな感じのスパゲッティ。
取り分けた後ですので、若干絵が汚いですが、味は和風の醤油味で美味しゅう御座いました。
a0015198_21413366.jpg


もう一品は半熟卵の載ったミートソース。
これは酸味がちょっと強くて・・・・私の口には及第点。
a0015198_21424315.jpg


二皿を3人で分けて頂きましたが、帰宅後にリバースこそ無かったものの、胃粘膜からすっぱいモノが大量に分泌されたことは、ある意味「当然の報い」でありまして、速攻で制酸剤やら蠕動改善剤やらを投入し事態の収拾を図った次第であります。

そうそう、夕食前にソフトクリームを少々頂いたのですが、この時公衆の面前にもかかわらず思わず身を屈めてへたり込んでしまう失態を演じてしまいましたが、これは弱った胃に冷たいソフトクリームを投与したことに因る胃の血管の急速な収縮によるものではと推察いたしましたが、ソフトクリームと言えば、常日頃行く旅先々でいくつもそれを堪能されている御仁の胃袋の強さに、今更ながら尊敬の念を抱いた瞬間でもありました。

さて、明日から幼稚園開始。
我が家にも少しだけ安息の時間が流れることでしょう(笑)。

by wonderfullifewith | 2007-01-21 21:54 | Comments(5)
2007年 01月 20日
堅い煎餅
みそ入り大垣せんべいですが、缶にパンフレットが入っていたのでちょっと読んでみました。

二つ折りタイプの説明が
a0015198_1541738.jpg

赤ちゃんの歯固めにって・・・・(笑)。
是非「たまひよ」とか「私の赤ちゃん」とかに広告を載せていただきたい!

そして四折りタイプの説明が
a0015198_156264.jpg

日本一堅いと評判。

そうですか、日本一ですか。
でもそれはどうでしょうねぇ。
日本にはこの手のことに命をかけている職人さんはきっと沢山いるはず。
日夜「うちの煎餅が一番堅いっ!」と叫びつつ焼いている匠の方々もいると思うんです。

仕方がありません、我こそはと思う職人さん、私が受けて立ちましょう(何をだ?)
こうなったら工業系で使うような硬度計とかで、どこの煎餅が一番堅いか調べてみたいような気もしてきました。
でもそんな機会なんて持ち合わせてないんで、どこちらか工業系の大学や民間企業の方、検証していただけないかなぁ。

「日本一堅い煎餅は○○!」みたいな結論を出していただいて、
「○○大学工学部△△教授認定、日本一堅い煎餅」とか
「○○重工業株式会社硬度検査部認定、日本一堅い煎餅」とか。

三菱とかIHI位が出てくるとハクもつきそうですよね。

しゃれの判る会社の方、やってみません?

てことで、三時のおやつは赤ちゃんの歯固めに最適な二つ折り煎餅でも頂きましょうか。

by wonderfullifewith | 2007-01-20 15:19 | Comments(2)
2007年 01月 19日
みそ入り大垣せんべい
この前、「ぬれ煎餅が好き」なんて書いたら、とある方から

「そんなしけったようなヤワヤワな柔らかい煎餅を嬉々として食べている様は日本男児としていかがなものか、これぞ男の煎餅!こめかみに響くほどの煎餅の固さを味わえ!」

とばかりに田中屋煎餅総本家さんのミソ入り大垣せんべいを送っていただきました。

ちなみにお店のHPはこちらです。

さて、缶を開けてみますと
a0015198_1435078.jpg

こんな感じで入っていまして、まずは普通の丸いせんべい、そしてそれを二つ折りにしたせんべい、そして究極が四折りにしたせんべいと、硬さも三段階。

まず、おそるおそる普通タイプの丸いせんべいを頂きます。
袋から取り出し口腔内へ投入。
「バキッ」という音と共に何とか二つに割ることが出来ました。

「バキッ」から「パキッ」というこれまた乾いた音も混じり、時折口腔粘膜にそのせんべいの尖った部分が容赦なく襲いかかり、パキッ、ゴリッ、イテッという感じでそれでも負けじとばかりにぼりぼりとせんべいを細かく咀嚼していきます。

永久歯のほとんどが人工物で被覆されたり置換されたりしている我が口腔内では、この食品を嚥下するまでの行程は並大抵のことではありませんでした。

私でこの程度の難易度ですから、全てが人工的なもので置換(所謂総入れ歯)されてる中高年の方には、この硬さは少々辛いものがあるかも知れません。

ですが、苦労して咀嚼を続け相当な唾液の分泌と共に口腔内に広がるのは、香ばしいゴマの匂い。

「ん?硬いけど旨いかも?」(^.^)

ビフォーアフター風に言えば、
「何と言うことでしょう、今まで硬さだけが目立っていたせんべいが、口の中で永久歯により細片化し唾液と混ざることで、口いっぱいに薫り高いゴマの風味を放っていたのです。匠はこんな所にも日本の文化を取り入れていたのでした」なんて事になるかと。

ただ、今のところまだ二枚重ねまでしか挑戦しておりません。
二枚重ねは職員にも勧めてみましたが、なかなかの評判の様子。

さて、今日のお昼にでも強敵四枚重ねに挑戦してみましょうか。

ぬれ煎餅は醤油味、そしてみそ入り大垣せんべいはゴマ味と、おやつの楽しみが増えました。
でも、みその風味は余り感じられないような気もするんですが、どうなんでしょう?
噛むのに躍起になってみそ味を感じる間がなかったのかな?

何より、私を「漢」にすべく今回せんべいを送っていただいた某氏におかれましては、重ねてお礼申し上げますm(__)m。

by wonderfullifewith | 2007-01-19 15:02 | Comments(3)
2007年 01月 17日
リンゴ病
この前の日曜日くらいから、お嬢のほっぺたが赤くなってまして。
最初は「遊んでるときにぶつけたのか?」と思ってたんですけど、どうやら「リンゴ(ほっぺ)病」だそうで。

調べてみると「ヒトパルボウイルスB19感染症」とか言う名前ですけど、ヒトはこんな風に皮膚病としてでるんですね。
お医者さんの話では、年末くらいに罹ったんじゃないか?って。
確かにその頃ちょっと熱を出したかなぁ。

にしても、おたふくの時もそうでしたが、うちのお嬢さんはほっぺたが豊満なのか、この手の病気が余り気づきにくいってのが難点で。

特に治療法も何もないらしいので、経過観察だそうです。
三ヶ月疼痛に次ぐ、「へ〜」な病気でした。

a0015198_11121853.jpg

関西名物(笑)、黒目線。
これでうちのお嬢も犯罪者の仲間入り?

by wonderfullifewith | 2007-01-17 09:35 | Comments(5)