<   2005年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 30日
オール
業界的に言うならば27時、ガレージのシャッターを開け車に乗り込む。
イグニッションキーを捻ると直ぐに目覚めるエンジン。
HID6000Kが闇夜を切り開く。

車を静かに走らせ、向かうは「夜間救急病院」

お嬢、腹痛が治まらず結局夜間病院のお世話に。
診察の後に浣腸、座薬、点滴の処置をしてもらう。
支払いを終え30時、帰宅。
瞬間で気絶するようにお嬢の横で眠るが、腹痛が襲ってくるのか1時間後に泣き声で目覚める。

31時(くどい?)、午前7時。
出勤身支度。
お嬢は泣き疲れたのか、寝息を立てている。
今日はかかりつけの小児科医院を受診予定。
何でも良いから、早いところ痛みが治まって欲しい。
そうじゃないと、変な薬に手を出しそうな位に、眠いよ。

にしても、仕事とはいえ、幼児の腕ににサーフローを留置するテクニックは、やっぱり凄い。
まぁ自分たちは暴れる1kg未満のにも入れるのだが。

つづく。

by wonderfullifewith | 2005-04-30 08:09 | Comments(0)
2005年 04月 29日
GW
「とうちゃん、暇あげるよ。好きなことして良いよ」と言われて、家族からの聞き慣れない宣言に浮き足立ったのが災いしたのか、見事に足下をすくわれる結果となった。

お嬢突然の発熱でダウン!

折角のGW「ゴールデンウィーク」が「ゴロネウィーク」に変更_| ̄|○。

天気も予報に反してまずまずなのに・・・。
お誘いに賛同してくださった皆さんには大変申し訳ないことをした。

今は居間で熱冷えシートをおでこに貼って、パジャマのままゴロゴロしています。食欲はまずまずです。
「ももちゃん、あなた甘えてるしょ?」
「うん、あまえてる」(笑)。

悪く考えてもどうしようもないから、大事に至らなかったと思うことにしよう。
発熱が一日ずれていたら、休日当番病院の長蛇の列に並ばなくちゃならなかっただろうし、そうなったら病人以外の人間の機嫌も悪くなって、こちらに降りかかってくる火の粉が大きくなるだけだし。
昨日のうちに熱を出してくれてありがとう(と言うことにさせてください)


「とうちゃんだいかいほう」の変換
×父ちゃん大解放
○父ちゃん大介抱

で、
添い寝したら寝違えました。背中の右の筋がゴリゴリです
かかりつけの先生によると、どうやら親にも感染するらしいです。
かなり強烈な消化器症状が、発熱終了後に襲ってくるらしいです。

by wonderfullifewith | 2005-04-29 09:16 | Comments(3)
2005年 04月 28日
あやかりたい
新聞の投稿欄に以下のような文章が掲載されていた。
無断引用だが、ご容赦願いたい。
夫には「幸せ増幅装置」なるものがついているそうだ。「だから君と暮らしていても、僕はこんなに幸せでいられるんだよ」などとのたまう。何だかバカにされている気がしないでもないが、確かに何時も幸せそうである。
お茶が美味しい。お菓子を貰った。探していたプラモデルが見つかった。珍しい洋書があった。新しいケーキ屋さんを見つけた。こんなささいなことが夫にとって、実に幸せなのである。
そんな夫を見ていると、つくづくそれは本物だと思う。
そう言う夫だから、13年前に娘が危篤に陥ったときにも、「今日までうちの娘でいてくれたことを、まず喜ぼう」と気負いもなく言えたのだと思う。数日後、幸いなことに娘の生還を喜ぶことが出来たのだが、無宗教の夫が、こんな視点から暮らしていたことに、私は心底驚いたのだった。
「喜ぶ」と言うことを本当に知っている人がそこにいる。そんな人が私の夫役を不平も言わずにこなしていることが不思議でたまらない。
さて、この「幸せ増幅装置」の最大の長所は、周囲にも幸せが増幅することである。娘二人は生まれながらに、装置が標準装備になっているのが判る。残念ながら私のは、夫に刺激されて備えたオプションなのだが、それでも十六年掛けて少しずつバージョンアップしてきたつもり。今ではかなり純正に近づいてきたとも自負している。
いいえもしかしたらすでにそれ以上にパワーアップしているかも知れないぞ。
引用ここまで。

投稿者は40才の女性だから、ご主人もほぼ同じ位の年齢ではないかと想像出来る。少なくとも70才とか80才とかの年齢の人ではないはずだ。
考え方ひとつでこうも人生が変わるのか。
あやかりたいものだ。やっぱりプラス思考って大切だなぁと思った瞬間だった。

「生きてるだけで、丸儲け」
この精神で暮らしていきたい。

by wonderfullifewith | 2005-04-28 13:03 | Comments(6)
2005年 04月 27日
また事故
我が家の前の交差点、普通の信号機のある交差点なのだが、非常に事故が多い。
年に1回以上の車両事故が発生している。
昨日の事故は乗用車と軽自動車の事故。
丁度昼時だったので、食事の準備をしているときに外で「ドーン」と大きな音。それは例えるなら何かが爆発したような感じの音。
一般的に事故が起きるときは、タイヤのスキール音の後に衝突音が聞こえるのだが、昨日のはそれは無し。
窓から外を見ると交差点中央付近に止まっている軽自動車(車両A)のエンジンが規則的に「ヴォーン、ヴォーン」とうなって、その後停止。車両前部が大破、エアバッグが運転席助手席ともにご開帳。ドライバーさん放心状態。
側面を凹ませた車(車両B)のドライバーも放心状態で動けない。

にしても、信号のある交差点の事故なのに、解せないことが多い。
直進と右折の事故なら、右折車(車両B)の左サイドが潰れているはずなのに、損傷は右側。
信号無視でどちらかが交差点に進入したと考えるなら、車両Bは車両Aの前方に押し出されて止まって然るべきと思われるのに、何故か車両Aの左後方に停車。

信号無視して交差点に進入した車両Aが車両Bに衝突した際に180度向きを変えたと考えるのが妥当なのか。

事故処理に来たのは警察車両、消防車(ガソリン流出?)、救急車。
野次馬多数(弊社職員含む)。この辺の住人は事故を見慣れているので、見方も礼儀正しく、捜査、作業の邪魔にならないように見ている(苦笑)。

何だか理解に苦しむ事故であったが、それよりもここの交差点の事故の多さの方が理解に苦しむ。ただ、人がはねられたという事故は今までないようなので、それだけが救いかなぁ。

by wonderfullifewith | 2005-04-27 10:14 | Comments(0)
2005年 04月 26日
GW
世間は29日からGW突入のようだが、本日突然奥方より
「29日の午後、お嬢の友達の家に遊びに行くから、トウチャン好きなことして良いよ」と言われてしまった。
どうもお友達の家のお父さんも、GW関係なく仕事らしいので、それで集まって遊ぼうって事になったらしい。

いきなり言われても、何も予定してないんですが。
それに木金(28.29)と天気悪いんですが_| ̄|○。

でも自分にとっては初めての

「家族公認好き勝手し放題デー」

(ただし午後から夕方まで)なわけで。

お暇している方、遊んでやって下さいm(__)m。

by wonderfullifewith | 2005-04-26 16:12 | Comments(16)
2005年 04月 25日
ひさびさの
工房夜作業でお疲れ様。
本当は日中に行えば良かったのだが、今日は非常識非常勤講師の日だったので、夜に持ち越し。
まぁ良いか、実家の仕事だし(苦笑)。

彼女、5年前にも同様の事件を起こして当工房で「切腹!」したというのに、全く懲りないというか。

前回出てきたのはお人形、そして今回は吸盤
お人形、吸盤と来たら、次はフロントガラスなんて事にはならないと思うが、もう勘弁願いたい。

もうお年(12才)なんだから、養生して貰わないと。

でも過去から今に於いても、同じような理由で二度も工房台に上ったのって、彼女だけかも?
正直、作業代金も請求しづらいんだよなぁ・・・・。

一応今回のはビデオに撮影して講義に使おうと思う。
今の学生さんは「動画」好きだからねぇ。

by wonderfullifewith | 2005-04-25 21:03 | Comments(3)
2005年 04月 22日
ミニオフ
昨日、ちょっとしたミニオフがあった。
参加者3名、参加車5台(笑)。
2台は工場にに入庫していたお仲間の車。
オフの目的は、最近の流行の「あれ」装着である。それも「程度極上」
世の中まさに「捨てる神あれば、拾う神有り」「地球に優しいリサイクル」。

テキパキとした作業で、あっという間に装着完了。
作業を行う上で、一人で行うときと二人で行うときは、時間も半分以下で済むことを実感した(と言っても自分はほとんど手を貸していないが)。
オーナーさんも大満足で、作業後一緒に食事をしてお開きになってから、にわざわざ遠回りをして帰宅の途に付いたとか。
やっぱり身体に触れる部分が変わると、とても嬉しくなるモノだ。

by wonderfullifewith | 2005-04-22 15:25 | Comments(7)
2005年 04月 19日
ふぅ・・・
職場の工房で60kgを相手に格闘。
専門的方法にて不動化を行っているから何とかなるものの、久しぶりの大物に職員一同疲労困憊。
さすがに一仕事終えた後は、数十分記憶を失ってしまっていた。

普段は5kgとかそんな軽量級が主な相手だが、人間並みのと対決すると何だか充実感がある。けど不動化が消失したあとは言うこと聞かなくなるからこれまた大変。
オーナーもその辺判ってる人だから大丈夫だが、何かあったときには「労災」とか言う以前に「生きて」いるかどうかって事までも心配になってしまう。
何たって、一噛みで指なら数本無くなってしまいそうな力持ちだから。

今は細分化が進んでいる世の中なのに、我々の仕事はあまりにも一括りになりすぎてるような気がする。

対象:人以外

確かに自分の中で相手を選択する権利はあるのだが、あまりに大雑把すぎるくくり方ではないだろうか(笑)。

でも仕事があるだけ有り難いと思うことにするか。
感謝、感謝。

by wonderfullifewith | 2005-04-19 17:48 | Comments(5)
2005年 04月 18日
今日から
専門学校の非常識非常勤講師の仕事が始まる。
70名あまりのうら若き女性に囲まれての講義だというのに・・・。
なのに体調の方は絶不調。
昨日も営業終了後に昼寝を2時間、夜も10時には早々に床に入ったのだが、朝になってもこめかみ辺りの痛みは全然取れない。
発熱はほとんど無い(普通の人に比べて)のだが、自分としてはかなり熱っぽい感じがする(36.7度)。
食欲もないが、無理矢理押し込む。
インフルエンザも一段落した時期に訳のわからない風邪様症状、本当に困りもの。

静かに寝ていようか。
と言うことで、午前中は「一時早退希望」願いを出してみよう。

by wonderfullifewith | 2005-04-18 09:44 | Comments(4)
2005年 04月 17日
少し復活
体調不良から少し復活してきたので、リハビリと称して車いじりを。
iPodの車内電源供給経路を、今までのシガーライター部分(常時電源)から、シート下のACC電源へ変更。
ミッチョさん、おくさんには技術情報提供を感謝する。にしても全然基本が判ってないから困ったモノだ。検電テスターを駆使しプラス線を探し出し(白付線でした)、ACC線に割り込ませる。アースもいつものアースポイントに割り込ませる。
これでiPodを車中で使っていても、常に充電状態で使用が可能だ。

ついでにビーコンユニットも取り付けてしまうが、果たしてこれはこの田舎町でどれほどの効果を発揮するのか疑問。渋滞なんてほとんど無いし。

そうそう、ナビのマップも新しいバージョンに変更する。動作は完璧。

春になり、iPod電源供給も確保し、DVDも付き、ナビのマップも新しくなり、ビーコンも付いて今年の春の煩悩炸裂はこれで終焉を迎えたいと思う。

作業途中でキーレスのハザードスイッチがおかしくなったが、割り込みコネクタの接触不良であることが判明。やはり割り込みコネクタは簡単な分、異常も出やすいモノと実感した次第。
自壊からは半田かギボシ配線などのしっかりした工程で作業に挑みたいと思う。

車をいじってると、気分が高揚して身体が楽になっていくような気がする。これはやはりリハビリと言って良いだろう。

by wonderfullifewith | 2005-04-17 11:15 | Comments(2)