<   2005年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2005年 03月 31日
耳鼻科
お嬢の鼻水が止まらないので、お腹以外の風邪の症状は「耳鼻科」という話をどこかで聞きかじった事から、近所の耳鼻科に行ってみた。
丁度一波終わったところらしく、待合室には数件待っているのみ。

診察室にはいると、何だかちょっと薄暗い。
悪い予感を察したお嬢は必死に抵抗を見せる。
ベテラン看護師さんも慣れたもので、幼児の「保定法」を指示してくれる。

「腕を回してしっかり抑えてくださいね」

涙を流して抵抗する瞬間をついて、耳の中と鼻の中を診察、その間ほんの数秒。
「やっぱり中耳炎はないですね。この年齢の時期の鼻水はどうしようもないです。何をどうしても薬を止めた途端にまた出てくると思います。あと1年我慢してください」
中耳炎がないだけ良しとするか。

先生から幾つかの治療法を提示され、症状が酷いときに薬で抑える方式を取る事とした。
そう言えば、自分も若いときには出ている鼻水を拭くものだから、セーターの袖が乾いて硬くなっていたような記憶がある。
それと同じなのだろう。最近そんな子供見ないなあと思っていたら、自分の娘がそうなるとは(苦笑)。

一通り診察を受けて、調剤薬局で薬を貰ったときには、財布から諭吉さんが半分程いなくなっていた。3割負担でも結構するのね。数秒の診察でこれだけの請求が来るのだから、時間給にすると結構オイシイなぁと、ちょっとだけ思った瞬間だった。
この商売方法、見習いたい。

病院のあと、鼻水の事は余所にガトーキングダムのプールに行ってしまった親子は、やっぱりバカですか?(笑)

by wonderfullifewith | 2005-03-31 23:45 | Comments(2)
2005年 03月 30日
プチストレス
何だかなぁ
全然気分が盛り上がらない。
モチベーションも下がりまくり。
何かワクワクする事でもあれば良いんだが。
明日はまた何かを求めてお嬢と出かけるか。

ガトーキングダムのプールにでも行く?

by wonderfullifewith | 2005-03-30 18:35 | Comments(4)
2005年 03月 29日
3月28日
結婚記念日だった。
夕食時、一人で食事をしつつ何気に「今日は結婚記念日だねぇ」と相手に聞こえるとも無しに呟いてみた。

巷では、この手の記念日(含む相手の誕生日)を忘れると色々問題があると聞くので、自分としてはし枯渇しつつある記憶力を駆使して、忘れないように努力している(つもりだ)。

すると一人用ソファー(と言うのか?)に座ってテレビを見ていた奥方が一言
「あ、そうだったわ」

そんなものなのだろうか。
「そうだったわ」だけなら良いとしても、その接頭語の「あ」は如何なものだろう。

何をしようと言う気もないが、憶えていて損の無い日ではないかなぁと思った瞬間。
結婚記念日も相手の誕生日も、普段の記憶から消されつつある我が家。
きっと忙しいのね、そうに違いないよね。3才児の相手してると大変なんだよね。

by wonderfullifewith | 2005-03-29 09:21 | Comments(4)
2005年 03月 28日
物忘れ
昨日の午後からの総会のあと、ちょっとした打ち上げの場を持った。
そこに参加した同業者諸氏の会話で
「最近物忘れが激しくて、こんな風に覚えていないのは自分だけなんでしょうか?」と真剣に悩んでいる人がいた。
年にして自分よりも3才位上の人だが、仕事の上ではバリバリの成功者である。
そこに参加していたのは本厄から50歳代までの8人。
皆異口同音に「全然心配ないレベルですよ、そんなのしょっちゅうですから」と誰を慰めているのか判らないような事を言い合っている。

居酒屋の小上がり一角は、
「職場に於ける物忘れによる職員からの失笑暴露大会」となってしまった。

「物の名前が出てこない」なんてのはもうみんな同レベル。
製品名は出てくるのに、商品名が出てこない。もう会話が成り立たないレベルでの話し合いである。

「あれさ、あれに効く?」
「あれって?」
「うーんと、うーんと・・・」
もう誰も止められない。

以前DHAを飲んでいる話を書いたが、今はそれすらも時々しか飲んでいない状態だ。
時々忘れるのならまだしも、時々思い出すといった感じ。

若年性のボケが話題になる昨今、諸氏は如何なものだろう。

by wonderfullifewith | 2005-03-28 14:42 | Comments(2)
2005年 03月 26日
ビデオ編集
久しぶりにビデオ編集などをしてみる。

あ、仕事でビデオ編集するの初めてかも?
映像を切り貼りして音楽を入れて、90分の映像を10分程に編集。
仕事もこの位の速度で出来ると良いのだが・・・。

奥方がお嬢のダンス(と言っても飛び跳ねているだけだが)を録画してきた。
練習風景は録画可能だが、いざ本番は録画不可。そしてDVDとして売りに出すとか。
本番も録画して編集してあげようと思っていたのに・・・。
全く商魂たくましいと言うか何というか、けっちいぞ!Z○Pスポーツクラブ。

ちなみにこのスポーツクラブの副支配人、小中学校の同級生だったりするから、世の中狭い物だ。

by wonderfullifewith | 2005-03-26 22:36 | Comments(2)
2005年 03月 25日
体験入園
本日お嬢が4月から通う幼稚園に「体験入園」に行ってきた。
道路を挟んだ家の前までバスが来てくれて、それに乗って出掛けたのだが、園内では母親から離れられないお友達を横目に、全く気後れすることなく気の合う男友達と騒いでいたそうだ。

この前の体験入園の時の様子観察でクラス分けをされていたようだが、どうも「うるさい元気な子グループ」のクラスに分けられていた。

そしてそのクラスは「玄関から一番遠い」教室らしい。
逃走を図る子供達を拉致る時に、いくらかでも時間稼ぎをするためだろう。園側も考えたものだ。

何はともあれ、元気に3年間過ごして貰えれば、親としてはそれ以上は望まない。
鳶は鷹を生まないわけだし。

ちなみにお嬢が4月から通う幼稚園は以前も書いたが、

こうほく幼稚園」

毎日「こうほく」に行けるなんて、ちょっとだけ羨ましい父親であった。

by wonderfullifewith | 2005-03-25 15:52 | Comments(2)
2005年 03月 23日
なごり雪
先日テレビで「なごり雪」が歌われていた。
1975年の歌だそうだ。
初めて聞いたのは、確か中学1年生の時に入院した病院のベッドの上。
同室の大学生のお兄さんから「イルカライブ」のテープをお借りしたときだと思う。

テレビを見ていて、当時の記憶が一気に戻ってきた。
こんな時、昨日の夕食のメニューは忘れるが、30年前の記憶は直ぐに戻ってくる脳みそに単純に感動する。
もちろん当時お世話になった看護師(当時は看護婦)さんの名前も顔もしっかり覚えている辺りは、やっぱりというか何というか。

そう言えばちょっと前のテレビで「警官コント」で名をはせた人がこんな事を言っていた。
「思い出の曲を2度目に聴いたときに、グワッと来る物がある」と。
上手い事言うなぁと思ったが、「なごり雪」を聞いたときにもちょっとそんな気分になってしまった。
とくにサビの部分「なご〜りぃ〜ゆきぃ〜もぉ〜」の「ご〜りぃ〜」のあたりのあの微妙にビブラートが掛かった声を聞いたときは、思わず目頭が熱く、そして全身に鳥肌が立った。

足を骨折して、結局中一の3学期は一度も登校しなかったので、今だに「概数」と「英語の時計の読み方」が良く判ってない自分が、ここにいる。
取り敢えず「なごり雪」でも何でも良いから、その辺の雪全部溶けてくれ。

by wonderfullifewith | 2005-03-23 08:10 | Comments(4)
2005年 03月 22日
署なるお役所
やり手税務署員に報償。
なんだかなぁ。
あくまで持論だが、「署」の付く役所にはノルマを課せない方が良いと思う。
警察、消防、そして税務署。
ノルマ達成なり、報償欲しさにとんでもないことをしでかさないとも限らないし。
調書欲しさに偽の事件をでっち上げたり、手柄欲しさに自ら火を付けたり、訳の判らない取り調べをしたりしそうと思うのは自分だけではないと思うのだが・・・。

この三つのおやくしょは「閑が一番」な所だと思ってる。

そして署の日誌には「今日も異常なし」と書いてあるのが一番。
だからやり手税務署員に報償なんて辞めましょうよ。
どうせやるなるなら、「やり手区役所職員に報償」の方が良いと思うんだけどなぁ。

by wonderfullifewith | 2005-03-22 15:08 | Comments(0)
2005年 03月 21日
金属バット殺人事件
久しぶりに聞いたなぁと言うのが正直な感想。
最初の事件は、優秀な家族の中の落ちこぼれ息子が、親を金属バットで殴り殺したと記憶している(間違いがあるかも知れない)。
今回はどのようないきさつがあるか判らないが、それにしても金属バットで親の頭を数十回も殴れば、間違いなく死んでしまうことくらい想像に難しくないだろうに。
殺そうと思って殴ったのなら、まぁ仕方ないか(仕方なくナイナイ)。

で、記事を読んだらこの息子の職業が「新聞配達員」。
ちょっと前も新聞配達員が少女誘拐殺人事件を起こしたばかりなのに、これで暫く「新聞配達員は危険だね」って言われちゃうだろう。
ほとんどの新聞配達員さんは真面目に仕事しているのに、こうやって一部の人間の不祥事で全体が悪く言われちゃうってのも、悲しい事実だよなぁ。

これって「公○員」も同じ事言われてるか。
ほとんどの人は真面目に働いてると思うけど、一部のていたらくな人間が「給料泥棒」みたいな事している(らしい)から。
「ていたらくな公○員をお前は見た事あるのか?」とお叱りを受けるかも知れないが、
「はい、この目で見ました。それはもうビックリする位に」と言えちゃうから悲しい。

あ、金属バット殺人事件。
何が原因か判らないけど、バットはボールを打つ物であって、人の頭を殴る物ではないと言う事は、今のうちから教えておこうと思う。

by wonderfullifewith | 2005-03-21 10:29 | Comments(2)
2005年 03月 20日
DV決定
a0015198_981270.jpg

新旧比較写真

数店の家電量販店で話を聞いた結果、PC55に決まった。
「静止画を重視するのであればPC350ですが、動画だけですとPC55で充分だと思います」
との心強い意見が大半であった。
静止画は一眼で、動画は軽量DVでという自分の意見が認められた結果となった。

で、価格だがA店で「週末特別値下げ価格」が提示されていたので、B店で「A店で○○円だったのですが」と相談したところ、気持ち良く「その価格で結構ですよ」とのお言葉をいただき、即決してしまった。
5年保証と予備バッテリーを付けて購入。サービス品としてDVテープ3本、三脚、キャリーバッグを付けて貰った。
堪っていたポイントを充填しての購入だったので、思った以上にお安く買い物が出来た。

軽量DV、ナイトショットはないが今年のTDRでは威力を発揮してくれるものと思われる。

by wonderfullifewith | 2005-03-20 21:43 | Comments(3)