<   2004年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2004年 11月 30日
来たぞ大雪
師走が目の前になり、冬将軍もようやく重い腰を上げたのか、どかっと雪を降らせてくれた。
今シーズン初のロードヒーティングスイッチオン!である。
灯油高騰の折、非常に辛いロードヒーティングボイラー灯火式となったわけだが、これも雪捨て場の土地を持たない北の住人にとっては仕方のないことだ。
灯油高騰とは言え、元売り価格が多少安くなるようなことも新聞に出ていたのホッとしてはいるのだが、これはアメリカが暖冬という噂だからだろうか。
何に付け、もうどうでもいい話だけどさ。

で、その大雪の中「お歳暮」を買いに出掛けてみた。
DMを送ってきたお店では、11月中に注文を出すと5%オフの特典がある(笑)。
客の早期囲い込みを狙った方法なんだろう。
だが一般市民にしてみればこれを見逃すわけにはいかない。と言うことで雪の降りしきる中、閉店時間ギリギリになって近所のスーパーへ奥方車を走らせる。
2シーズン目のスタッドレス、フロントガラスは「キイロビン」で油膜取り済み。
当然ワイパーは冬用に変更済み。足元のゴムマットを敷いていないだけで他は冬装備万全。
車は雪の中でも視界良好、グリップ完璧で難なく走破出来た。
生活4WDとは言え、交差点などで4ドリに持ち込むのは至難の業である。
恐るべし石橋REV○1
こうなると4シーズン目のスタッドレスを履いたFRのBMWは、雪が溶ける春までほとんど出番無しになりそうな感じだ。危うし我が家の不要家族(爆)。
と言うことで、去年から恒例となったリヤシガーライターに特製充電器を取り付けた(バッテリーカーか?)。

by wonderfullifewith | 2004-11-30 17:08 | Comments(0)
2004年 11月 29日
地震
夜中3時30分頃に地震が起きた。
結構な横揺れだったので目が覚めた。
この辺は震度3くらいか。釧路は5だったようだ。
我が家は2車線道路の交差点付近にあるので、アスファルトが波打っているせいで普段でも大型車が通ると結構な縦揺れが生じる。
そのせいか多少の縦揺れには慣れているのだが、横揺れは体が驚くようで、ぱっと目が覚めた。
てゆーか、夜の8時30分に寝てしまえば3時過ぎに目が覚めても何らおかしくないわけだが。
で、外を見ると真っ白。
とうとう雪が降ったようだ。本日の予想最高気温0度。
この状態で阪神淡路や新潟並みの地震が発生したらと思うと凄く恐怖を感じた。
3日後に生存者が発見されるなんてことは、ほぼ無理な状態だろう。
生き埋めになった被害者は綺麗な形で「凍死」だろう。
取り敢えず食料と水の確保だけでもしておこうと思った。

「天災は忘れた頃にやってくる」と言われるが、忘れる前にどんどんやってくる最近の天災、どうにかならないものだろうか。

愛車のシガーライターに充電器を取り付ける季節となったわけだ。

by wonderfullifewith | 2004-11-29 10:00 | Comments(0)
2004年 11月 27日
おせち料理
仕事のつきあいから、ホテルのおせち料理なるものを初めて注文してみた。
価格もなるほどそれなりの金額だが、まぁお世話になった家々への「お歳暮」と言うことで何とか処理しようと思っている。
にしても大晦日11時まで営業して、元日も10時から営業しているようなスーパーが乱立して、正月番組も(自分にとって)見る価値のないものばかりの昨今、正月気分なんて無い世なと思っていたのだが、こんなところではまだ「正月」を感じることが出来るんだなぁとしみじみ思ったりしてみる。

ちなみにおせち料理の中では「黒豆」が好きかなぁ。
栗きんとんは甘みが強すぎてパス。
昆布巻きも無くても良いし、伊達巻きを食べるくらいなら普通の卵焼きの方が美味しいと思う。
数の子は、いつまで噛み続けていれば良いのか判らないから適当なところでゴクリ。
紅白かまぼこは、普段食べているものと変わらないから、さほど感動もなし。
エビももっさりした感じで「旨い!」という思いをしたこともない。
となると、おせち料理って何だ?

まぁ良いか。
おせち料理に飽きたらカレーでも食べれば良いんだし(って古すぎ!)

by wonderfullifewith | 2004-11-27 18:03 | Comments(1)
2004年 11月 26日
今度は身内かよ
小学生殺人事件があってまだその話題も冷めないうちに、今度は肉親殺し事件が連続して発生。
もうどうにでもしてくれ状態。
自分が普通に生きていられるのが不思議な感じになってくる今日この頃。
明日道路を歩いていて、背後から見知らぬ人に(知っている人でも)刺されても何も不思議はない感じがする。
やっぱり日本の国のどこか根底の部分で、何かが狂い始めているような気がする。

この国には「働かなくても食べていける人間が100万人いる」らしい。
もちろんそれは「巨万の富を得ている」とかそんな理由ではない。
いわゆる「(家族に)寄生している」のような生活をしている人間のことなのだろう。
金銭的に恵まれていても、精神的には、世界一貧乏な生活をしている国なのかも知れない。
果たしてこの国が再生するには、一体どのようなカンフル剤が必要なのだろうか。
今一度考えてみなければならないような気がする。

ところで、OBCで2.5km/Lを示した燃費計だが、100kmほど走行した状態での燃費表示は3.2km/L。_| ̄|○
をい!もう1/3くらい燃料減ってるぞ!
どこか漏れてるのか?
確かに昨日は札幌駅と家の往復を2回ほどしただけだから、燃費が良くなるような場所ではないのだが、それにしても悪すぎ。

by wonderfullifewith | 2004-11-26 16:27 | Comments(4)
2004年 11月 24日
記憶
昨日のテレビ番組で、人間の記憶について特集されていた。
もの凄く興味があったのだが、見ている途中で睡魔のせいで最初の30分くらいしか見られなかった。とても残念である。
どうやら風邪を引いたらしく、この前の日曜日くらいから体の怠さが取れない。
日曜日7時、月曜日10時、火曜日9時過ぎ、ここ数日の就寝時間である。
起床時間は朝7時。
3才児と同じくらい寝ている。
風邪薬を服用しているのだが、NK細胞の活性が落ちているのか際だった効果が見られない。一進一退って感じ。
気合いが足りないのかも知れないので、少し頑張ってみたいと思う(何をだ?)。
年を取ると色々な部分が弱くなってくるので、皆さんも気をつけて頂きたい。

ところで、誰かポニー(馬)飼いませんか?
雌のポニーが余ってるんで、誰か買って下さい。
価格応談です。
ちなみに室内では飼育不可能です(笑)。

by wonderfullifewith | 2004-11-24 12:02 | Comments(3)
2004年 11月 23日
勤労感謝の日
今自分には仕事がある、有り難いことだ。
ほんの少しだが社会に貢献している気がする。
「働く場があって本当に良かった」と思う日、勤労感謝の日。

さて、GSで傷つけられた車だが、結局ドア一枚塗装することになった。
保険を使っての仕事となったようだが、ドア一枚の塗装ってどの位するのだろう。
MBのボンネット塗装で、ディーラー経由だと25諭吉なんて話を聞いたが、果たして真相は。
見た目には色合わせもきちんとされてるように見える。
だがその修理の際、何故か前ドアの内張を剥がして作業したらしく、そのせいで助手席のドアロックが動かなくなってしまった。
状態を伝え、直ぐに修理してもらったのだが、一つだけ腑に落ちない点が。
自分は給油して戻ってきただけしか車を動かしていないのに、それ以外の修理の都合で動かした距離に対して、ガソリン減りすぎ!
OBCで見ると2.5km/L。_| ̄|○
アイドリング状態で作業したとしか思えないような燃料の減り方だ。

ついでにタイヤも替えた。
GSで換えてもらうはずだったのだが、ボルトが一本足りないとかで保留となってしまった。
果たしてボルトはガレージ内に転がっていた。
ジャッキを出してゴソゴソタイヤ交換、腰が痛い。
昨シーズン頑張って打ち込んだ外付けスパイクピンは、見事に半分くらい無くなっていた。
「2シーズン位持ちますよ」なんて言われたのに、これじゃぁダメじゃん。
まぁゆっくり走ろう。

外した夏タイヤ(こちらではこう言う)をきれいに洗って、来春まで実家に保管してもらう。
にしても205/65/15のタイヤって軽すぎ(笑)。
エンジンが変わったような錯覚すら覚える。
235/40/18ってやっぱり転がり抵抗大きいのね。

by wonderfullifewith | 2004-11-23 09:32 | Comments(2)
2004年 11月 22日
一体・・・
少しの間お休みを頂きました。
心配頂いた方に、お礼並びにお詫び申し上げます。

さて、先日奈良でとんでもない事件が起きた。小一女子児童殺人事件だ。
あまりに卑劣で久しぶりにはらわたが煮えくりかえった。
犯人捕まえたら三倍返しの刑だ。
親御さんの気持ちを考えたら、三倍じゃ済まないかも知れない。
あまりにむごすぎる。
一体いつからこんなおかしな世の中になってしまったのだろう。
このような猟奇殺人はサカキバラ事件頃からだろうか。
何がイケナイのだろう。
自分には全く判らない。

少女の携帯電話にはGPS装置が備わっていたようだが、今回それも余り役に立たなかったようだ。勿体ない。色々制約があるようだが、犯罪捜査に必要と思われる場合はその限りにあらずの一文を付けてもらえばいいと思う。

何に付け、早期の解決を祈るだけだ。
犯人が見つかり、刑の執行が行われる際、出来れば両親にその係を任せてやりたいと思うのは、自分だけではないはず。
「判決、刑の量刑決定並びに執行は保護者に一任する。今から24時間は警察、裁判所その他の関係各所は関与しないし、どのような刑に処したとしても一切関知致しない。その結果犯人の命に万が一があってもそれは不問とする。刑を施すに当たり必要と思われるものは、申し出れば「核爆弾」以外のものは手配することとする。」

つまりは「好きにやっちゃって良いですから」。
こんな犯人に「人権」だとか訳のわからないこと言う必要なし!

あまりに暗い話なので、最後にブタ丼の写真でも。
職員が帯広の友人結婚式に出席した際、帰りに有名店で食べてきたブタ丼である。
こちらでは「超有名」なお店なので、知ってる人はいるかも?

a0015198_10514652.jpg


by wonderfullifewith | 2004-11-22 10:52 | Comments(5)
2004年 11月 17日
ちょっと休みます
更新、少しの間休みます。
車今無いし、色々寒いし(笑)。
掲示板で愉しんでください。

by wonderfullifewith | 2004-11-17 17:22 | Comments(0)
2004年 11月 16日
GSにて
ガソリンが高騰している中、給油に出掛けた。
いつもの貝印スタンドだ。
M30エンジンはレギュラーガソリンなのでまだ財布に優しいのだが、それでもタンク容量が80Lなので、「レギュラー満タンお願いします」と言うときでも、諭吉さんを握りしめながら言わなくてはならない。
昨日は58Lだった。
で、お金の受け渡しをするとき、「バン!」と激しい音が。
最初何が起きたのか全く判らず、店員さんと「なになに?ワイパー倒れた?」なんて話をしていたのだが、走り出して直ぐに「ガガガッ」。
どうやら展示用の棚(鉄製)が突風にあおられて愛車を直撃したようだった。
右後ドアにザクッと擦り傷が。ちょうど10円パンチのような感じで傷が入った
スタンド職員が慌ててスプレーコンパウンドのような物でボディをこするが、深く掘れてしまった傷は消えない・・・。
夜になりスタンドの所長が菓子折を持って謝罪にみえた。
美味しそうな洋菓子の詰め合わせだった(嬉)。
修理の手配を支給して貰い、近日入庫予定。
「全塗装か?」
「色は何色にする?」
等と盛り上がったが、堅気の人間としては、傷が判らなく修復してもらってコーティング掛けてもらえばそれで良しとする(事にする)。
傷つくとほら、下取り査定に響くから(大笑)
にしても、鉄製の棚がぶつかったときの音だけ聞いたら(限りなく爆発音)、かなりやばいことになったと思ったのだが、単に線傷だけで済んだのは、鉄板の厚さが要因なのだろうか。
最近の車で言われる「クラッシャブルゾーン」などの言葉からは全く無縁の硬さのようだ。

ところで車は修理に持って行かれるんだけど、外は冷たく白い物が気持ち良く舞ってるんですが・・・。まだ夏タイヤだし、最高気温一桁だし。

by wonderfullifewith | 2004-11-16 09:28 | Comments(0)
2004年 11月 15日
一門会
仕事の修業先の関係で一門会が開かれた。
退職者の送別会を兼ねて近所の居酒屋に席が設けられた。
自分はそこの一応「一番弟子」と言うことになっているが、稼ぎ高を考えるとあまりおおっぴらに「一番弟子で御座います」と言えるレベルではない。正直静かに末席を汚させていただきますレベルだ。
それでも酒席では師匠の横に座らされてしまう(辛い)。
非常に出来る師匠だけに、出来の悪い弟子を良く可愛がってくれている。
有り難くて足を向けて寝られない。
取り敢えず、師匠に恥を欠かせないように仕事をするしかない。

全ては本日最悪の事態でお終いとなった。

by wonderfullifewith | 2004-11-15 12:15 | Comments(2)