カテゴリ:しごとのこと( 184 )

2011年 02月 01日
無題
a0015198_18192631.jpg
焼き菓子。
特に何がどうって事もない焼き菓子。
ケーキショップで売られている焼き菓子。
頂き物の焼き菓子。

パッケージの上方面に、ここから開けろと言わんばかりの切欠きが付いている。
そして英語で「open」とまで書いてある。
だがこの切欠き、実は非常にくせ者である。
店側、はたまたパッケージ材料製造メーカーの思惑通りにこの部分から袋を開けると、大概は悲惨な目に遭う。

どのような事がこの先起きるか。
切欠けの部分の両端をつまみ、一辺が短い方を下方に下げるように袋を開けると、その包装資材のもつ剪断強度の強さから、中にある焼き菓子は包装紙が破砕される行為と共にその一部が欠ける。
硬く焼いてある菓子ほど、その崩壊度は高い。
せっかく職人が丹精込めて作った菓子なのに悔しい。

菓子店のスタッフは、このパッケージを自らの手で開けたことがあるのだろうか?
そしてその結果、綺麗に原形を留めた形で袋から出すことが出来るのであろうか?
せっかくの作品が、この包装材料のお陰で代無しになることを知っているのだろうか?

店側、放送材料製造メーカー側は
「わざわざ切り欠きを作ってやったんだから文句あるまい」というのなら、それは大きな傲りだと言わざるを得まい。

切欠き等作らず、
「開封にはハサミをお使い下さい」の方が潔いと思う。

by wonderfullifewith | 2011-02-01 18:42 | しごとのこと | Comments(12)
2011年 01月 31日
BOSCH
仕事の話を聞きに、日曜日の夜からホテルへGO!。
我々の業界の集まりは、その殆どが夜。
皆、営業が終わってからゴソゴソと集まる。
猫の集会じゃねーんだからよ。

a0015198_10193615.jpg
無線のイヤフォン装置、こんな所にもBOSCHが活躍しているのか?
メインは外国人講師の話だが、いつも思うのが「通訳の人だけいれば良いんじゃね?」だ。
会場に来ている9割以上の人間が、同時通訳の人の音声を聞いている訳だし。
講師の人だって、会場毎に話を変えてる訳でもないだろうし。
ま、こんな風に考えてるような輩だから、いつまで経っても「うだつの上がらない」ぺーぺーなんだろうな。
ちなみに「うだつ」とは・・・、まぁ適当に調べて下され。

そんな事を思いつつ、このお話しを開催しているメーカーさんは、ケータリングに力を入れてくれてるから有り難い。
久しぶりに旨いものをチョコチョコと味わえた。
まぁこの話を聞きに行く理由の7割が「食事」なのは内緒だ。

ただ、いい気になって食べ過ぎたせいか、今朝は腹痛で目が醒めた。
やっぱり体は正直だ。

頂いた資料は早速スキャンスナップで読み込み、Evernoteにアップした。
良い時代になったものだ。

by wonderfullifewith | 2011-01-31 10:25 | しごとのこと | Comments(2)
2011年 01月 15日
会議
月例の夜間関連事業会議が行われた。
新年会も兼ねて、場所はいつもの会議室ではなく「ススキノ」の小料理屋。
札幌東急イン、プラザ109の地下1階にある、車屋。
焼鳥屋のようだが、色々な料理が堪能出来た。
a0015198_16191618.jpg
牛タンの煮込み。
羽振りの良い客と思われたのか、サービスも申し分なかった。
自分の財布で食べないのなら、オススメ(大笑)

by wonderfullifewith | 2011-01-15 16:23 | しごとのこと | Comments(0)
2011年 01月 12日
2shot
インコにいじめられる猫。
a0015198_1038433.jpg

傷口と目を狙う無情な鳥だ。

by wonderfullifewith | 2011-01-12 10:38 | しごとのこと | Comments(6)
2010年 12月 29日
ふと・・・
写真の整理をしていた。
a0015198_15231620.jpg
何気ない可愛い子猫の写真だ。
撮影したのは一年ほど前。
その時は何も感じなかった。
と言うか、仕事中にそこに目が行く事なんてあり得ない。
そう言う目で見る事は皆無だから。

だが、1年が経過してふと目が行ってしまった。

猫も可愛いが、唇もギザカワユスw。

by Wonderfullifewith | 2010-12-29 15:25 | しごとのこと | Comments(14)
2010年 12月 29日
癌の疑い
職員さんが居候の左肘に変なしこりを見つけた。
「肘にコリッと何か出来てるみたいです」
「大きさは1cm位だな。でもゴツゴツしてるねぇ」
念のためにそのしこりに針を刺して調べてみた。

「うーん・・・、宜しくない感じに見えるねぇ。小さいうちに処置した方が良いね」
と言う事になり、準備に取りかかった。

職員さんが走ってきて一言、
「肺に陰が見えますっ!」
「あらまぁ、ますます宜しくないねぇ」
転移なのか、原発なのか、レントゲン写真だけでは区別は付かないが、とにもかくにも体の幾つかの部位に宜しくないものが出来ていることは間違いない事実。

「腎臓も悪くなってますっ!」
検査データを持ってきた。
いやはやなんとも、次から次へと出てくるわ。

そんなことを言ってもいられないから、サクッと処置。
摘出したものを専門家に診て貰う。

「悪性度の高い腺癌です。原発巣は不明ですが、肺野に影が見えると言う事ですので病変は肺腺癌の転移の疑いが強いです。」
なかなかファンキーな答えが返ってきた。
a0015198_94525100.jpg
術後一週間。食欲安定、傷口良好。
年末サービスショットのお御足もなかなか(笑)。

by wonderfullifewith | 2010-12-29 09:50 | しごとのこと | Comments(6)
2010年 12月 17日
生物の授業に使えそうな動画
グーグル、凄すぎる。
立体的で判りやすい。
次は出来れば動物編でお願いしたいところだ。

by Wonderfullifewith | 2010-12-17 17:25 | しごとのこと | Comments(2)
2010年 12月 09日
心の余裕
心と財布に余裕のある方は、色々な場面でそれが出てくる。

「うちで頂いた物なんですけど、誰も食べないので皆さんでどうぞ」
a0015198_2162714.jpg
そんな風に言われて頂いたチョコ。
激旨。
写真を撮る前に2個消滅。

頂いた方のその指先を見れば、本当に綺麗にモディされたマニキュアが。
あれはきっとどこか専門店で施工して頂いてるんだろう。

そのようなクライアントさんに生かさせて貰ってますm(__)m


「上から頂きましたよ」
「え?誰から?」
「いや、だから、奥様から・・・」
「へ?そうなの?なんで?」
「先日のお礼なんじゃないですか?」
「ふーん」

a0015198_2183913.jpg
今回はロールケーキなので人数分で切ることが出来て良かった。
前回は自分の分が入ってないショートケーキの詰め合わせだった。
頂きましょうと言って箱を開けた瞬間に流れた気まずい雰囲気。
職員さんは何をどう思っただろうか?


心の余裕、欲しいね。
勿論財布の余裕もだけどね。

by wonderfullifewith | 2010-12-09 21:13 | しごとのこと | Comments(10)
2010年 12月 07日
めんそーれ
「あぁ、スーッとするヤツね」

「それはメンソール」

「あぁ、のだめのヤツね」

「それはカンタービレ」

「あぁ、北海道のサッカーチームね」

「それはコンサドーレ」

「あぁ、エスプレッソの有名なお店ね」

「それはデルソーレ」

「あぁ、牛肉の缶詰ね」

「それはコンビーフって、全然違うやん」

めんそーれの土産と言えば「ちんこすう」
a0015198_17214898.jpg
スタッフさんが夏休みで(雪が降ってから?)沖縄旅行に行ったお土産。
「沖縄旅行なんて、優雅だねぇ」
「えぇ共稼ぎなんで(笑)」
DINKS(もう言わねーよ)ってそんなに優雅なのか?
やっぱり給料取りになれば良かった。

ちんこすうは色々な味があるらしい。
買うときに試食も出来るらしい。
他のスタッフさんのオキニ(お菓子にオキニって言うな!)は「塩味」だそうだ。
だが今回のお土産に塩味のそれはなかった。

理由を聞いてみた。
「試食で食べ過ぎて、もう要らなくなりました(笑)」
をいっ!

で、
「向こうで2カ所も蚊に刺されちゃいました」と。
これで彼女も来春には立派にフィラリア症患者だな。

沖縄、行ってみたい。

by wonderfullifewith | 2010-12-07 17:32 | しごとのこと | Comments(14)
2010年 12月 04日
一日二回
爆弾低気圧の影響で、朝から大雨と強風。
そんな天気でも仕事は仕事。

昼休みに街まで内職に出向く。
気温が高いから雨だけど、これで雪だったらきっと暴風雪になって交通網は大打撃って感じだろうな。
地球温暖化に瞬間感謝した。

2時間喋りまくって帰宅。

午後の営業が終わり、夜は夜でメーカー主催のお勉強会に参加。
一日二回も街に出掛けていくことになるなんてなかなか無いぞ。
ちなみに愛車の街乗り燃費はOBCで4.1km/Lと表示されていた。
相変わらずの高燃費に呆然。
4kmの距離に1Lのガソリンを撒いたら、きっとシミとして残るだろうね。

主催の会社は今まではそれなりの待遇をしてくれたメーカーだったが、と言っても本業界の待遇評価は「どれだけ旨そうな夕食が出るか」が基準という極めて低次元の話となる訳だが、例外に漏れず不況の波はこの会社にも押し寄せていた。
それでも「パンの厚さ並の具」のサンドイッチは一定の評価をすべきであろう(にしても余りにセコい評価基準だ)。
a0015198_8565294.jpg
最初の講演は物凄くスッキリした話し方なので判りやすかったが(さすがT大)、2番目に講演した教授の話は、何時聴いてもよく判らない。
何となく酔っぱらいの話を聞いてる様な気さえする。
有名な人なのに・・・。

22時30分帰宅。
この時間からまた営業で出掛けることになるとは・・・、サービス業は辛いよ_| ̄|〇。

by wonderfullifewith | 2010-12-04 10:45 | しごとのこと | Comments(2)