カテゴリ:しごとのこと( 187 )

2017年 12月 22日
チャンネルじゃないんだお(って若手女優かよ)
9月から行っていた臨時内職も漸く終わりの日を迎え、予め入手しておいたお礼の品を持ってお世話になった職員さん達に手渡す。
そう、仕事を貰えてるからどうにか生活出来てるような自分は、テレビに出ている芸能人や芸人と完全に同じレベルで、次のクールではレギュラーからされて、今度また機会がありましたら一生にお仕事しましょうなんて言われた日にはそれすなわちプロ野球で言うところの「自由契約」って事で、すぐさま次の仕事先を探さなければならない浮き草のような生活者。
てか内職しなくちゃならないような暮らしっぷりって一体どうなのよ。
本当にBMWに乗ってるのか?って話だわ(笑)。

そしてそんなある日にツンベの助手席で「忙しくて疲れる」とか呟いたら「それ俺の前で言います?(笑)」とかオレンジの神に言われちゃって、やっぱ1ヶ月の日報が30枚じゃなくてその2倍くらいになっちゃってて、太陽暦を根底から覆すような働き方をしている人が近くにいると自分はまだまだ甘ちゃんだと痛感する。
働いただけの日報をまともに提出したら、労基が喜び勇んで会社に押しかけてきますって。

そんなオレンジの神が「こんなに働いたら過労死するんじゃないべか?」と心配しているので、「過労死するのは平成生まれの人で、昭和の人はがっつり働いたところでモーレツ社員て言われるだけなので死にません」と言って一同軽く納得してしまうからやっぱり自分たちの周りは少し時空がずれてるのかも知れない。

てか過労死しそうなくらいに寝る時間がないのに、なぜGT4でそんなに車を所有するだけのことになってるんですか?と再度問いただしたいが、自分がそれを買ったら間違いなく廃人になるので買わないぞと心に誓う。
押すなよ、押すなよ、絶対に押すなよ!(笑)。

でもハンドルコントローラーは欲しいと思った。
サンタさん、是非ともハンドルコントローラーを下さい。
だってボタンのハンドルとアクセルブレーキ操作じゃまともにアスファルトの上を走ることが出来ないんだもん、と腕の無さをコントローラーのせいにしてみる。
てかGT4でもゲームでも飲酒運転はダメね。


でもって、戻ってチャンネルじゃないんだおの話だが、
正直な話おじさんにはこの辺の価値観が全く判らないので、それを手渡したときに果たしてどれくらいのリアクションがあるかは想像出来なかったのだが、これが予想を大幅に超えて強烈な好印象だったので、もしかしたらこのままむふふって事にもなりかねないんじゃなかろうかと余計な妄想まで膨らませられるほどやっぱブランドの力って凄いんだなぁと改めて思い知らされる。
受け取ったときに目の輝きが3割増し(当社比)になってウルウルキラキラしてきて、ウルウルしているのは果たして瞳だけなの?とゴリゴリの下ネタを言いそうになったのはここだけの話。
でも仮にそんな事を言おうものなら、一瞬にしてちょっとだけ上がり掛けた好感度がマリアナ海溝を突き破って「ブラジルの皆さん、こんにちは」レベルにまで落ちちゃうに3000点、てか篠沢教授に全部レベル(ってそれダメなパターンじゃん)。

「返礼は申しつけませんから入らぬ気を遣わぬように。でもどうしても、どうしてもお礼がしたいと仰るのなら、直接私の唇に少しだけ戻してくれればそれで良いです」って、どこぞの変態野郎みたいなことを伝えてプラマイゼロ、むしろマ〜〜〜〜イ!な自分、やっぱ前世はミミズだったかも知れないな。

そして当たり前の話だけど当然むふふな事になんてなるわけないから、やっぱ自分は福山じゃなくて温水さんに限りなく近づいているって再認識する休日の夜。

こうなったら前立腺治療薬に一縷の望みを掛けるしか無いかと思うけど、内科の先生は「そんな物が効いたら世の中誰も何の苦労もしないよ」と強烈な説得力を伴った一言を投げかけてくれたのは聞こえなかったことにしたい。
a0015198_17552144.jpg
これだけ買うと流石に店側もちょっと慌てる感じで、加えて担当についた店員さんがどうやら新人ぽいオネイチャンだったから余計に色々と戸惑っちゃって、写真に写ってる小さな箱はオプションらしく、その値段を間違えて先輩店員に軽く注意されたり、リボンの色はどうされますか?って訊かれて色を指定したら「すいません、この色は今品切れでした」とか何だよ一体って感じのやりとりがあって結局店頭で商品注文から1時間くらい掛かって漸く手渡される始末。

挙げ句の果てには「ではこちら(クレジットカード)にサインをお願いします」って言われて紙を渡されたは良いが「あ、ペンを忘れました」って、何だこの三段オチみたいなのはと思わず笑いそうになりながら「ペンなら持ち合わせてるから大丈夫よ」と自分のバッグからペンを出してサインするオジサン、やっぱりデパートの一階で買い物なんて慣れないことはするものじゃないね。
てかデパートの一階の有名ブランドのお店にこんなボケかますような店員を雇い入れるんじゃねーよとか思っちゃうのは、やっぱり自分が店長だからでしょうか?、いいえ単なる暇人です。

わざわざデパートに行かなくたってネットで買えば良いでしょって話もあるけど、ポイントアップポイントアップ○○のカードでポイントアップ3ディーズ♪ってのに合わせて買い物をして、かつ「今年度あとお幾らの買い物で来年度のポイント還元率がアップします」的なDMを貰うとどうしてもその金額まで持って行こうと思ってしまう自分がいるわけ。
つくづく世の中に踊らされてるか判るわ。

お金ってさ、誰かが幸せになることに使うのが一番良いよね。
それが色々な事のモチベーションに繋がって、それで自分達の生活が心身共に豊かになれば最高だわ。

ちなみに全部違う色で、職員さんに事情を説明してカタログ色見本を見ながらその人に合う色を選んで貰ったら、「これって(選んであげてる)私たちも買ってくれるんですよね」と時期が時期だけにクリプレとか賞与の現物支給分とかと混同されちゃって完全にやぶ蛇状態で追加4本となったのがこの写真。

時期を気をつけないととんでもないことになるので、店長さんは十分お気を付けください。


by Wonderfullifewith | 2017-12-22 17:50 | しごとのこと | Comments(6)
2017年 12月 15日
2600円だと
ここを時々のぞき見して頂いている皆様、ご無沙汰しておりました。

最近は本業以外の内職に追われまくって、余暇を楽しむ時間も無く、知人の所には書き逃げするのが精一杯の生活を送っていましたが、それもどうにか峠を越えた感じでと言いつつその実来週が最後の仕事だったりするわけですが、それでもその資料もどうにかめどがついたので久しぶりにここに何かを書き殴ろうかと。

まぁネタはあるようで無いようで、無いようであるわけですが、それでも今年一番の劇忙な内職スケジュールをどうにかこなすことが出来、個人的にはちょっとだけホッとしております。

朝9時から昼過ぎまでのダブルヘッダー、そして夜6時から9時までのお国のお役所絡みの内職、それが終わってからの業界の小さい部会の忘年会。
忘年会なので、朝に車で内職に出掛けて、昼に一度戻って来て夕方また交通機関で出掛けてってのもこの時期の路面状況を考えると面倒というかツライというかなわけで、それなら最初っから公共交通機関で行っちゃえば良いだろうと浅はかなことを考えたら、これがまぁ見事にとんでもない事態に巻き込まれちゃって、あんな地獄を年間250日から300日もこなしている世の中のサラリーマンや学生さん達には頭が下がるというか、本当にエラいなぁと思うわけで。

この時期のバスの激混み具合ったら半端なくて、あれなら痴漢の冤罪を掛けられてもどうしようも無いなと考える前に一度その状態で体の位置が固定されたら一切の身動きは出来ないというか、カバンだって手から離しても床には落ちないだろうって位に混雑している中を毎日通われている方々におかれましては本当にご苦労様です。
通勤徒歩14歩の自分が如何に恵まれているか今更ながらに痛感した次第であります。

まぁそんな状況でもどうにかこうにかバスや地下鉄に乗り込み現場到着。
そしてなぜか娘と同じバスの中で隣同士になってるって妙なシチュエーションはなかなか乙なモノだったりするわけです。


朝一番から小テストをやれば、「大喜利やってるんじゃねーんだから、そんなウケを狙うような珍回答をするんじゃねー」って感じの可愛いニョシを相手にひたすら頑張るわけであります。

そしてどうにかこうにか昼になり、日頃の睡眠負債のために心も体もヘロヘロの状況で、それでもやっぱり腹は減るって感じで、折角街に来てるんだからたまには肉でもって事で、肉と言っても自分の場合は肉肉しい肉ってのは正直あまり得意ではないので、練り物の肉を食べに贔屓の店まで市電を乗り継いで行っちゃうわけであります。

a0015198_17445055.jpg
ここのお店、メインも旨いんだけど前菜のサラダに使ってる野菜が最高!。
サラダお代わりしたくなる衝動に駆られるわ。

そんな野菜をムシャムシャ食べてメインを頂く。
a0015198_17445076.jpg
180gのハンバーグ、オプションで300gってのもあるけど、そんなの食べたらきっと胃もたれ地獄に引きずり込まれてこの先夜まで苦しみを味わうのは永年の経験で判っているので、大人しくレギュラーサイズの180gをオーダーするわけ。

箸を肉にプチッと刺せば、あふれ出す肉汁。
これってもしかしてとーっても勿体ない行為をしているのだろうかと一瞬疑問に思い、いきなり手を付けずに肉汁が少し落ち着くまで安置した方が良いのだろうかとか思いながらも和風ダレに肉を浸して一気に口腔内へ挿入。

間違いない。
安心の旨さだ。

でも断面から肉汁がこぼれ落ちるから、もしかしたらちょっとお行儀は悪いかも知れないが、ハンバーグ丸ごとご飯の上に鎮座させて、そこで徐にハンバーグを割りその断面にタレを掛けた方がより美味しく頂けるのではないかと思いついた頃には肉は半分のサイズになっていた。
次回はその食べ方を実践してみようと心に誓って料金を支払い店を出る。

お腹も一杯になって、休日の朝からひたすら喋りまくったことと睡眠負債の影響で強烈な睡魔が襲ってきてどうもすいません状態になってきてしまい、こうなったら何処かで一休みした方が良いに決まってる、ウンその考えは間違いないと自分に納得させてラフィラ裏を徘徊。


ご常連ではない初めてのお店にドキドキしながら突入し、受け付けで初めてであることを告げそのシステムを教えて貰う。
どうやら前金制のようだ。
ま、ご常連様の所も前金制だけどね(爆)。

試行錯誤しながら施設内でしばし爆睡。
風呂に入ったりゴロンと寝転んだり、気づいたら外は真っ暗状態。
夜の仕事までに丁度良い時間つぶしになった。

a0015198_17445023.jpg
お店の名前は「スパサフロ」。
ラフィラ裏のお店なのにセルフで洗体する施設。
よって掛かった経費は2600円なり。
やっぱセルフだとこの金額だわ(大笑)。

岩盤浴で音楽を聴きながらグッスリ眠って睡眠負債の返済はどうにかなったが、代わりに強烈な脱水に襲われて逝くかと思ったのはやっぱりラフィラ裏の魔力か(違うだろ)。

ただここの施設、迷路みたいな感じで何所に行けば良いのか判りにくいのが難点。
休憩室では高いびきで寝てるオヤジがいてクソ迷惑だったり、ちょっと部屋のオイニーが気になったりしたが、風呂は大きいし露天風呂もあるし、1種類だけど岩盤浴施設もあるから試しに1回くらいは行っても良いかな?と。

お店を出るときに受付で施設内のロッカーキーを渡し、オプションの料金は発生していないって事でそのまま靴箱のキーを渡され店を出る。


丁度時間となりました〜ってことでテクテク歩いで内職の現場に向かい、出された500mlのペットボトルのお茶をゴクゴク飲みながら3時間トーク。
今回は下々方面の話で大いに盛り上がる。

その後に忘年会に参加して今年一番の劇忙の一日は終わるのだった。
忘年会でも「不純な動機の方がモチベーションの維持が出来る」って事で満場一致。
「なぜ今更ジムに通ってるんですか?」
「万が一があったときに恥ずかしくない体型になりたいから」。
もうね、人生半分以上過ぎたおっさんがこんな風に答えてるんだから、いっそ死んだ方が良いわ(笑)

休みを潰して仕事をしてると、その内何か良いことが起きるんじゃないかと妄想膨らましてみても、目の前の現実の数字を見たらとてもじゃないけど夢のまた夢な事に打ちひしがれながらも心の何処かで奇跡が起きるんじゃないかと思ってるような脳天気なおっさんは今日もひたすら頑張るのである。
でもオプション入れて1444万は流石に夢ね。

岩盤浴ならやっぱ「ほのか」の方が良いわ。




by Wonderfullifewith | 2017-12-15 18:58 | しごとのこと | Comments(6)
2017年 10月 22日
その先が
「じゃぁ先生お疲れ様でした。これからも宜しくお願いしま〜す」
「こちらこそご馳走様でした。またこれからも頑張りますので今後ともご贔屓に〜(笑)」

内職の打ち上げで食事に出掛け、良い感じに酔いが回ったところで時計を見るとまだ8時を少し回ったところ。
幸いなことに明日は何も予定の無い休日で、まだ帰宅するには早い時刻だ。
内職の女性職員さん集団と別れ、店を出て一人あてもなく歩いていると後ろから声が掛かる。
「先生」
「あ、どうも」
「もうお帰りになるんですか?」
「いや、まだ早い時間だからどうしようかなと思って。先生こそ、他の先生方とどこかに行かないんですか?」
「えぇまぁ」
「明日は祝日で仕事も休みですよね」
「そうなんですよぉ、明日休みだからちょっと私もどこかに行こうかなぁと思って」
「ふーん、みんなとどこかに行かないの?」
「・・・、先生、二人で二次会しません?」
「え?、二人で?。良いけどてか大歓迎だけど、あまり店知らないんだよね」
「そうなんですか?。じゃぁ私の知ってるお店で良いですか?。そこで御馳走して下さい」
「え?、良いけど?」
「じゃぁ決まりですね。そんなに遠い所じゃないんでタクシーじゃなくて歩いて行きません?」
そう言うとその女子職員は自分の腕に自らの腕を絡めてきた。
「え?、あの、その・・・」
それ以上に抗えないのが男の哀しいところである。

程なくして二次会の店に到着。
彼女が時々来ている、と言っても常連で顔なじみって程では無い感じのお店。

「じゃぁカンパーイ」
そう言いながらバーカウンターで普段飲み慣れないカクテルを前ににやけるおっさん。
「先生、いつも大変ですよね。」
「まぁ大変だけど自分の勉強にもなるからね」
「でも大変ですよ。普段の仕事以外に授業の資料作りでしょ?。休みの日にこうやって仕事をしていたら休む暇無いですよね」
「まぁね、確かに休みはないね。資料作りの時間も考えたら決して高い時給にはならないし、引き受けてしまったのはちょっと失敗だったかな(笑)」
「でもそれを断らないのが先生ですよね。うちの上の人達もそれが判ってるから先生にお願いするんですよね。」
「そうそう、絶対に断れない状況を作ってこっちに話を振ってくるところが策士だよね(笑)」
「そうなんですよ、なんだかんだ言って、私を横に座らせて話を始めますからね(笑)」
「だから断れない(笑)」
「へへへ」
「でもそのお陰で私たちとても助かってます、ありがとうございます」
そう言って頭を下げる女子職員。
そんな顔されるとお笑い芸人のネタじゃないが「惚れてまうやろ〜」だ。

そんな他愛も無い話をしていて、何杯かのグラスを傾けた頃、あまりアルコールが得意じゃない彼女は相当酔いが回ってきたのかややろれつが回らない状況で
「次のお店行きます?」とまたまた誘ってきた。
「え?かなり酔ってるんじゃない?。お互い明日休みだから良いけど」
「全然酔ってないですよぉ」
「いや、その口調は酔ってるよ(笑)」
「そうですかぁ?、でもなんだか良い感じなので酔ってないことで良いじゃないですかぁ」
「まぁ本人がそう言うのなら良いんだけど」
「良いんです、次のお店行きましょ!」

良い感じで酔いが回って、支払いの時に600円ほどのお釣りを「取っといて」なんて大盤振る舞い、って程の金額じゃないが釣り銭を受け取らないで店を出たが、領収書を貰ってくるのを忘れたのは痛かった。

三次会はそういう所じゃないホテルのそれも地元ではそれなりに有名なホテルのバーカウンターに突入。
ある程度のの立場になると妙なところには行けないなと思い、でもあまり持ち駒がない自分は差し障りがなさそうな感じの高級感がある店を選択し、結果がホテルのバーカウンターである。
ホテルのバーとなれば逆に「部屋を用意したから」的なそっち方面の妄想も膨らみそうだが、残念かな50年以上生きてきてそのようなシチュエーションに遭遇したことがないので、それ以上の妄想が出来ない。

三次会になると色々な話が出て来て、年上の自分は相手の仕事の愚痴を聞く係になってきたりするのは通例な事だと思う。
「ふーん、そうなんだぁ。色々と大変だよね」
「そうなんですよ。良い職場なんですけどね。やっぱり色々あるんです」
「でも辞める気は無いんでしょ?」
「はい、凄く良い職場なので辞めないですっ!」
そう言いながら敬礼する姿は可愛くてこっちが思わず照れてしまう感じだ。

「先生・・・」
「え?」
「・・・」
「え?」
「・・・、ちょっと飲み過ぎたみたいで、トイレ行っても良いですか?」
「あ、も、勿論」
何を言われるのかとちょっとだけ期待した自分が恥ずかしい。


「失礼しました」
「大丈夫?」
「えぇ、ちょっとスッキリしました。でもまだちょっとこの辺りが」
と言って自分の手を鳩尾に持って行く。
「いやいやいや(照)」
「え?、あ、ごめんなさい、でもセクハラ〜(笑)」
「え〜、そう来るわけ〜?(笑)」

続く

いやぁ家のベッドの上でする妄想って楽しいわ

こんなおっさんなので死んでも良いですか?
てか死んだ方が良いですか?(笑)。



by Wonderfullifewith | 2017-10-22 23:21 | しごとのこと | Comments(2)
2017年 02月 27日
劣化
「ゲホッ、ゲホッ、ゴホッ、ゴホッ、カーッペッ」
口から黄色い喀痰の固まりが排出されること数日。
痰が気管の入り口に絡まると喋ることもままならず、うがいしながら喋ってるような感じの声質になり、ついムキになって痰を排出しようとして声帯を痛める結果となって、一体どうしたものかと周りを見渡せば、辺り一面マスクだらけ。

職場内がパンデミック状態の風邪ひき集団。

ゲホゴホ咳をして思いっきり鼻をかんでる者、そのままで黒柳徹子やYOUの物まねが出来そうなくらいに鼻づまりの者、扁桃腺の痛みから上手く喋られない者など多種多様。

事の始まりは恐らく一人が「病院に行ったらマイコプラズマ肺炎だって言われました(笑)。レントゲン撮って貰ったら肺が真っ白だって(笑)」って笑い事じゃねーよと思いながら、元気なふりを装ってはいるもののその言動にいつもに輪を掛けたくらいのおかしくなってるためそのまま数日間自宅待機を命じ、ネットでマイコプラズマ肺炎を調べてみたら潜伏期が強烈に長くて、何時何所で感染したかなんてほとんど判らないような感じらしいし、その次に似たような症状を呈した者もいたがそれはいつもの風邪っぽくて、良い加減にしろよなとか言いながらついに自分までその日のこの餌食となる。

最初は喋ってる途中に痰が絡む程度だったのに、ある日突然の発熱と言っても36.9℃だが平熱が35度台の人間にとってこの発熱は尋常では無く、まさかインフル?この時期にインフルにでもなったら試験まであと2週間後に受験が迫ってる受験生の親としては申し訳が立たないだろうって事で、予防的にタミフルとイブプロフェンを服用。まてよ、インフルの発熱には一般的な解熱剤は無効だよなとか思いながらも一晩寝たら熱はそれなりに下がり取り敢えず自分の中でのインフル疑惑は解消された(と勝手に思っている)。

それでも体の怠さと咳はあまり落ち着かず、喀痰を染色してみてみようかと一瞬だけ科学者の端くれみたいな事を思うが、万が一にもZiehlNeelsen染色で引っかかるような菌が出て来たらそれこそ一大事と思い何事も無かったことにして排水溝へ痰を流す。
だが咳はあまり治まった感じもせずに今日になって左上胸部痛まで出て来て、まさか心臓か?と痛みのある部分を軽く押すとそこには肋骨。
咳のし過ぎであばら骨が痛くなったようだ。
昔咳のし過ぎで腹筋が痛くなったことがあったが、これに似たものなのかも知れないけどそれってどうなの?。

勝手にまだまだ若いつもりと思っているが、この様な症状を呈したときに回復にはかなりの時間を要するようになってきた。
これが老化というか体の劣化なんだろうと自分を納得させる。

年を取るって事はこういうことの積み重ねなんだなぁ。
a0015198_09440369.jpg
葵ちゃんから誕生日プレゼントの折り紙と髪留め用の輪ゴムで作ったブレスレットを頂き、そのパパからはケーキを頂く。
葵ちゃんはまだ保育園児なので漢字は書けない為お姉ちゃんに代筆をお願いしたらしいが、漢字の全てにふりがなが振られているのには思わず苦笑い。
「オジサン、この位の漢字は読めるから大丈夫だよ(笑)」

a0015198_09440402.jpg
レミパンもどきのフライパンで作製されたパエリア、スペイン人はほとんど食べないんだとか?。
インディカ米じゃ無くてもそれなりの炊き方をすれば美味しく出来上がるのね。
米はサフランを入れて色づけをしているらしいが、魚介から出て来るエキスはなんとも滋味。

a0015198_09440473.jpg
いつもの義務食い。
軽い感じのケーキで良かったと思いながら、そろそろホールケーキを食べるのも苦痛になってきている年齢に差し掛かっているので出来れば来年からは普通のショートケーキの盛り合わせにして頂けたらなぁと心の中だけで思う誕生記念日。

この年まで長生き出来たことに感謝しながらゲホッ、ゴホッ、カーッペッな生活はもう少し続きそう。
病院に行けば良いのかも知れないが、貧乏暇無しの生活をしている身としてはひたすら睡眠を取って体力温存でどうにかならないかと甘いことを考えてる。

皆様も体調管理にはくれぐれもお気を付けくだされ。
後でレントゲン撮ってみようっと。


車はまだ古くないのに肝心の体の方が「ダメだわ、ボロボロだわ」になってきたなと思われた貴兄、その名台詞を唱えた娘ももはや受験生ですわ(あははは)。
時の流れを感じる瞬間ですなぁ。

てことで、下のバナーをポチッとして頂ければ私の咳も少しは落ち着くかも知れませんのでどうか一つm(__)m。
ビーエムダブルル〜アタッククリック!(飲んでるのはパブロンの安いヤツだけどね)

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-02-27 10:27 | しごとのこと | Comments(10)
2017年 02月 22日
暇人なので
仕事の合間に仕事で使っている顧客管理ソフトの会社から電話があり、ヒマなので対応してみる。

「今度新しいクラウド式の顧客管理ソフトがでるんですが、今までのとは違ってパソコンは何台でも接続可能となり、バックアップは有名なF通のサーバーにバックアップされるのでとても安心なんですが、如何でしょう?」

なんて営業の電話が掛かってきて、掛けてきた先方さんの声から想像するに30代半ばの兼業主婦というか、もしかしたら派遣社員かも知れない女性だったので適当に相づちを打ちながら話を聞いてみる。

「それって今までのソフトと違ってどの様なメリットがあるんですか?。そしてそれはお幾らなんですか?」

「月々○○円ほどですが、クラウドにデータをアップしますので、店長様がご自宅に戻られてから顧客データの整理をする事も可能となりますし・・・」ってところで一気に反撃開始。

「えーっと、今お電話頂いている方がどの様な立場の方かは存じませんが、もしご家庭をお持ちの主婦の方だったとして、ご主人が仕事を家に持ち込んでくることをどの様に思われます?。嫌じゃないです?。それじゃなくても我々の業種って休みは無いし職場の拘束時間は長いし家にいる事なんてほとんど無いような人間が、やっとの思いで家に戻って来てまでパソコンに向かってパチパチキーボードを打って仕事してるんですよ。それってご家庭を守る奥様としてはもの凄く嫌じゃありません?。家庭と仕事とどっちが大事なの?とか思いません?」

「えっ、まぁそうですね(困笑)。そう思いますし言うと思います。」

「ですよね、家にいるときくらい仕事のことを忘れて家族との団らんを楽しんで欲しいって思いますよね。それなのにそのことを遮るようなソフトを、今までのソフトよりも何倍も高い金額で売りつけようとしているなんて、どうでしょう?。我々の業界の人がそんなにお金を持ってると思います?。そのことはその業界にいるのですからきっと思いませんよね。高いお金を払って家に帰ってまで仕事をするソフトを、もし貴女の旦那さんがこの業界の人だとしてご自身の旦那さんに勧められますか?。これを勧めるって事は我々の業界の人間の家庭不和を助長するようなことにもなりかねませんかね(笑)」

「そ、そうですね(困笑)」
a0015198_09440434.jpg
こいつですよ、髪を短く切ってきた飼い主を二度見した犬は!
まさか犬が二度見するとは思わなかったですわ。



「ですよねぇ、だからそのようなソフトの体験版を送って頂くのは結構ですけど、私はたぶん採用しないと思います(笑)。それに3月になれば新しいバージョンのソフトが出来上がるって案内も来ていますし、それに伴ってこちらもパソコンを新調しようとしているんですから、そこに持って来てそのような高いソフトを導入するなんて事は恐らくはしないです(笑)」

「ですね(困笑)」

「そうなんですよ、当方としましてもそちらのソフトの開発当初からずっと利用させて貰ってますし、この先もずっと使っていこうと思ってますから、妙な色気を出すのは顧客を一件逃す危険性もありますので、どうかその辺をご考慮頂ければ幸いです(笑)」

「はい承知しました(困笑)

「じゃぁ頑張ってお仕事してくださいね。お疲れ様でした。また宜しくお願いします」

電話終了。
a0015198_09440360.jpg
この後、ソフトを送ってくるかどうかは判らないが、まぁ送ってきたところできっとゴミ箱にポイって事になるんじゃないかなぁと思う。

何台ものパソコンからアクセス出来るって言ったって、職員が何十人もいるのならまだしもしがない零細の職場なんだから受付の1台が普通に動いていれば良いし、バックアップだって外付けのHDDなりに保存しておけばそれで済む話だからね。


もしかしてヒマなのか?と思われた貴兄、正解!(笑)。
ちょっと大工仕事みたいな工房作業が終わって一段落してたときなんです。
そんな時に掛かってくる勧誘電話の相手さんは可哀想です(笑)。

クルマとは全然関係ない話ですけど、宜しければ下のバナーをポチッとしてみて下さい。
勧誘の電話が私から掛かってくるかも知れませんけど(笑)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-02-22 17:41 | しごとのこと | Comments(10)
2016年 03月 22日
ニョシと叙々苑に行く
生活のために内職を初めて20年くらいが経過する。
内職現場も3カ所くらい変わって今のところが一番長く勤めているが、この内職業界も色々と改変があり国家資格ではないがそれなりの統一試験を受けるような時代になってしまった。

そうなると内職側としては「合格率○○%」とかが会社の経営上もの凄く大事になってきて、その矢面に立たされる非常識講師はどうしても必死になってしまう。
そんな事を知ってか知らずか当の学生達はポケらーっとこっちの話を聞いちゃってるからこっちもやりきれなくなる。
如何にこちらの話を聞かせるか、そんなところにもない知恵を絞ってみたり。

話の合間に雑談を仕込んでみるのだが、その雑談だって全く聞き耳を持たないから若いニョシが食いつきそうなレベルで話を探してみる。

トークの内容上、下の話もあったりするのだがそこを如何に下ネタっぽくなく普通の学術的内容で話しつつ、それでも何処かにそれらを匂わせるレベルで盛り込んで頭の片隅に引っかかってくれることを願ってギリギリの所を攻めたり。

休みの日の度に映画を観るのもこの様なネタを仕込むための1つの「必要経費」だったりする、と言ってもきっとそれは税務署的には認めてくれないと思うけど半分はやっぱりネタの仕込みだったりするから半分経費で認めてくれよ〜と誰に懇願しているのやら。

で、幾らかでもやる気が起きる様にと数年前からニョシ達にあることを公言していた。
「全員合格したら叙々苑の焼肉ランチに連れて行ってやる!」

そんなある意味博打的な約束をしたのだが、ここ数年はやはり「全員合格」は果たせず「叙々苑焼肉ランチ会」は有名無実のものとなっていた。

今年も内職現場ではそんな話で盛り上がり、でもこちらとしては「あいつとあいつはヤバイから今年もきっと全員合格ってのは難しいだろうなぁ」と高をくくっていた。
合格率がそれなりに高いとは言え、100%になるってのはなかなか難しいのがテストの世界。

集中講義でひたすら喋りまくった数週間の後に試験、そして卒業式。
シネコンでモーニングショーの映画を観ようと駅にたどり着いたところで教え子とばったり遭遇。
袴姿のニョシに詰め寄られたときはどうしようかと思ったが、知ってる人間だと判りほっと一安心。
ヘタしたらいきなり手を捕まえられて「この人痴漢です」と冤罪で訳の判らないことになりそうな世の中だから怖いのよね。
まぁそういう風に見える風体って所にも問題があるって事はこの際横に置いておくのでわざわざ持ち出してこないようにお願いしたい。
a0015198_12101553.jpg
駅中で記念撮影。
数日後の試験発表のことはすっかり忘れて何だか浮かれてるニョシ達。
この時も「全員合格」なんて夢の話だと思っているおじさん一人。


そしたらなんと今年は見事に全員合格してしまったではないか。
内職現場の担当者から「全員合格しました!」と連絡をもらったのは合格発表日の午後。
丁度工房作業も山場を終えて最後の仕上げに差し掛かっているときだったろうか。

職員さんが電話を取り次いでくれたのが、その時のリアクションは「げ〜っ!うわ〜!」(笑)。

「どうするんですか?」と心配してくれる職員さん。
平静を装いつつも20人からのランチ代となればそれなりの金額になっちゃってこりゃぁ大変だぞって思ったのは本当の話。
でもニョシ達が必死になって頑張った結果だから、ここは一肌でも二肌でもなんだったらパンツも脱ぎましょうとなるのがオジサンのオジサンたる所以。

早速予定を決めいざ叙々苑へ!
大方のニョシはまだ叙々苑デビューを果たしていなかったらしいので、これは今後社会人になったときに1つの思い出になるのではないかと思われる。

「ついに(スマップの)中居君と並んだな(笑)」と。

当初の目論見としてはランチコースの一番安いものでと思っていたのに、店側に聞いたらそのコースを全員分用意することは出来ず、中間コースなら大丈夫とのこと。

一人あたり1000円以上アップ_| ̄|○。

店側にまんまとやられてしまった感満載。

「仕方ないよね、約束だもの」ってお前は相田みつをかよって感じで、それでも楽しくランチタイム開始!
a0015198_12092016.jpg
結構盛りの良いご飯と叙々苑ドレッシングがストライクな野菜サラダ、ナムル、ワカメスープ、キムチ、そして肉。
食後に杏仁豆腐と飲み物が付く。

a0015198_15585956.jpg
肉が7〜8切れとエビが2匹。
ニョシ達との焼肉、プライスレス(笑)。

ワイワイがやがやの中、お腹いっぱいになってランチ終了。
お会計の際にカードで支払ったら、店員さんが差し出したカードをしげしげと表裏じっくり見てたのにはちょっと笑ってしまった。
何処かから他人のカードを持って来た怪しいオヤジに見られたんだろうか、きっとそうだろうな(盗爆)。

同席してくれた先輩非常識講師の方が「援護射撃するね」と半分負担してくれたんで個人の経済的負担は軽くなったけど、それでもあの人のラフィラ裏で落とす金額くらいがほんの1時間ちょっとですっ飛んでいったのはやっぱりイタい(苦笑)。

今回は無事全員合格でこの様なことになってしまったけれど、まかり間違って1名だけ不合格とかだったらそれはそれで色々な方面に傷を残すかも知れないから、人生の中で今まであまり勉強なんてしなかったニョシ達にハッパを掛けるつもりでやった事とはいえ今後は自粛しなくちゃならないなと思った気持ち良く晴れた午後だった。

これから社会の波にもまれる若いニョシ達へ、業界発展のために健闘を祈る。


おいおい、若いニョシと焼肉って美味しさ3倍増しなのか?と思った貴兄、いいえ5倍増しです(笑)。
なんだと〜と思った貴兄におかれましては下のバナーをポチッとして頂ければ幸いです。
にしても車から遠ざかって飲んだり食ったりばかりのブログに成り下がってるのがちょっとどうかと思う今日この頃。
欲しがりません、雪解けまではなのです。
タイヤを替えたらまた何処かに出掛けますんでm(__)m

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-03-22 16:30 | しごとのこと | Comments(12)
2016年 02月 26日
仕事してます
a0015198_15453433.jpg
一応科学者と教育者の片隅に籍を置く人間だからさ、こうやって日々勉強してるんだよ、と言う言葉がもの凄く薄っぺらく感じるような愛読書のレパートリー。
科学者の方は「詐欺師ペテン師方面の師業」、教育者の方は「非常講師」という肩書きだけどね(ってダメじゃん)。


教えるって事は自分がきちんとその事の本質を理解していないと出来ない訳で、そうなれば判りやすく教えたり人に説いたりすることが出来るかって事を考えると、日本が生んだこの漫画という文化はもの凄く素晴らしいわけ。

文字ばかりの本を読んでると、このインクには間違いなく催眠作用のある成分が含まれてるに違いないと断言出来るくらいに睡魔に襲われるようなていたらくな人間なので、こうやって文字以外に書かれているものを見ながら読み進めていくと何か判ったような気がするから不思議だ。

この様な部分から軽く知識の再確認をし、それよりも深いところはさすがに漫画というわけにはいかないので、本棚にある漬け物石の代わりになる位の重さの本を持ち出して、でもって裏に書かれている値段を見たら「1ページ100円かよ」って位の値段に一瞬目が眩みそうになりながらもその部分を読み解いていく。

来月初旬に内職は一段落。
そしてまた新学期が始まり、新しい若いニョシ達と戯れ、頑張ることにしよう。


なわけで、来年度から内職の現場に使おうかな?と思う通勤バッグをあさっているのだが、ひらくPCバッグミニってのがちょっと気になるんだけどお値段が2万ほどするんで二の足踏み中(貧爆)。
MacBookAirの出し入れに若干大変っぽいようなレポートを読んだのも二の足を踏む要因だったりする。
そこで普段着を買いに行くお店でリュック、肩掛け、手提げの3Wayなバッグを見つけて、加えて1000円引きクーポンを持っていたので1万円でおつりが来るくらいのバッグを購入。
ここでもトートバッグとどちらにしようか20分くらい迷ってるんだからどうしようも無いけどね。


隣のタリーズでまったりしながら時間を潰す久しぶりに何も無い休日の午後。
a0015198_19062097.jpg
フリーのWi-Fiが飛んでることを良い事にコーヒーが冷めるくらいノンビリしてしまった。
駅ビルのWi-Fiは30分きざみで切れちゃうんだけど、ここはそんな事も無くて超便利。
a0015198_19062037.jpg
やっぱこの時期に全然雪が無いんだから、今年は(この地域だけ)は庶民の味方だね。
これで30kmも北に行けば「例年以上」みたいな降雪量なんだからね。

a0015198_19062088.jpg
帰り道、意味無く赤色回転灯を回している車に追尾されビビるドライバー。
何も悪いことはしていないんだけど、やっぱりドキドキしてしまう。




本日の悲しかったことと嬉しかったこと。
「私事ですが、結婚します。」(えええええええええ?)
「でも仕事は暫く続けます」(ほっ)
優秀なスタッフをつなぎ止めておくのは、何所の業界も大変のようですわ。
ご存じの方はご存じだと思うけど、うちで一番愛想の良い職員さん。
上にまだ行かない人がいるのに出し抜け的に行っちゃうんだから、この先風当たり強くならなければ良いんだけどと余計な心配しちゃう店長だったのだ(笑)。


へー、あんたが非常講師ねぇ、大丈夫なの?となぜか訳知りな方は下のバナーをポチッとして頂ければ幸いです。
良い子紹介しますよ〜(違うし)

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-02-26 19:35 | しごとのこと | Comments(6)
2015年 12月 28日
年の瀬にパシリ
a0015198_19515524.jpg

泣きたいほどに道路が滑る。
ブレーキを踏んだ瞬間に加速する感覚、判ります?

今日は久しぶりに家の前で事故。
ご存じの方はどの位いるか判らないが、うちの前の交差点は事故多発交差点。
今日はどこをどうやったらそうなる?って感じで、向かいのアパートの玄関に軽自動車がツッコんでた、そんな師走。


でも本人的には年の瀬って感じがせずに日々仕事に忙殺される毎日を送っているが、自営業者が何贅沢なことを抜かしてるんじゃ、働けるときに働かないでどうする、給料なんて名目はあっても、店長の給料なんてものは所詮完全歩合みたいなもので(上限あり、下限なし)、欲しがりません儲かるまではって事を忘れたかこのたわけ者がと罵られると困るのであまりその辺のことは言わないが、それでも職場の大掃除もまともに出来ない位に今年は有り難く仕事をさせて貰っている。


そんな有り難く仕事をさせて貰ってる年末に、業界の会長さんがどこかの環境大臣から表彰されたとかで、その祝賀会をホテルでやるからお前カメラマンね、って先輩から言われれば返事は一つ、

「ハイ喜んで」

「ノーと言えない日本人」とか「都合の良い女」とかそんなフレーズが脳裏をかすめたが、いや待て自分は女じゃねーしと思いながらも、声を掛けられる内が華だよと何でも前向きに考えるが、やっぱり体の良い使いっ走りじゃねーかと冷静になって思い直す師走の夜。


何でもこの受賞ってのは年に3人位しか選ばれないらしいから、そういう意味では業界としても有り難い話なんだろうけど、あまりに上の話だから参加してる自分にとってホテルで食事をしてるのってのは結婚式の披露宴みたいな感覚しかなく、でも披露宴と決定的に違うのは壇上に登っているのが若い新郎新婦ではなく初老のおっさんとその奥様って事とか来賓挨拶があって乾杯があった後に「それでは新婦はお色直しの為にしばし中座いたします」みたいなアナウンスは全然なくて、と言うか式の進行をしている人間も同業者(同級生)で元テレビキャスターだったりするから、結局自分の周りはパシリで固まってるんだなぁとどこまで身内で固めるんだよこの業界とか思っちゃう。

つまりは便利な人間の集まりてゆーか、みんな器用貧乏なのか?

a0015198_19515446.jpg
ホテルの花束ってのはホテルの中に入ってる花屋さんが作るんだろうけど、どんだけホテルがマージン取ってるんだよって思うくらいに値段とその出来に乖離があったりして、その辺を「花束贈呈の儀」を仰せつかった業界のお局様が「だからホテルで花束なんて頼まなきゃ良かったのに」と、そんな事を自分に言われても、自分が無職の時に花屋で配達のアルバイトをしていたのは遙か20年も前の話だからその時と今とでは全然違うだろうしと言ったところで、「何、あんたそれなりの資格を持ってるのにそんな事をしてたの?」って話を持ち出されてまた振り出しに戻ると大変だから言わないけど、やっぱり値段なりの花束を作らないとホテルの信用問題にもなりかねないからKOプラザホテル様にはその辺一考して頂きたい。


曲がりなりにもカメラマンを仰せつかっているから、普段のように心神喪失状態にまで酩酊するわけにも行かず、何かあれば壇上の近くまで走って行ってバシャバシャとシャッターを切らねばならないのだが、果たしてこれって会費を払って仕事をしてるわけでその辺はどんな風に考えれば良いのだろうか。

「呼ばれるうちが華だよ」と思うしかないですか?。あぁそうですか。


a0015198_19515650.jpg

綺麗なワイングラスにワインをなみなみついでゴクゴク飲んでみたかったけど、そんな事も出来ずにおビールだけを軽く頂戴して200枚位写真撮影。
全部印刷したらインク代がかなり掛かりそうな気もするけど、これってどこに請求したら良いのか考えたら哀しくなるので素直に自腹切ります。



今年も残すところ4日ほど。

そろそろ仕事納めの方もいらっしゃるかと思いますが、今年一年ありがとうございました。
自分は30日まで働かせて頂きます。
新年は1日より不規則ながら営業開始といたします。

それでは皆様良いお年を!、って俺はもう仕事納めだぜって人も、まだまだずっと仕事だぜって人も下のバナーをポチッと押して頂ければ労働意欲が向上しますm(__)m

ってか、全然車の話じゃねーじゃねーかよ。
ちょこっとだけ「道路が滑る」って所だけで車の話題に持って行こうとするその強引さに惚れた、って人もポチッとお願いします。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2015-12-28 20:08 | しごとのこと | Comments(4)
2015年 12月 26日
一億円
年末ジャンボは発売ギリギリに何とか入手した。
これで億万長者になる夢は繋がった。

内地の大きな売り場では「特バラ」とか「縦バラ」ってのがあるらしいので、とても羨ましい。
いつかは当てるぞ一等7億!



そんなおり、出入りのメーカーさんが新しい装置の見積もりを持ってきた。

a0015198_11230532.jpg

定型の見積書だが、表紙を捲ると何やら色々と書かれているが、そんなのは大した問題ではなく、大事なのはそこに書かれている数字。

数字の桁を見ると、一、十、百、千、万、十万、百万、千万、一億、ん?、一億?


a0015198_10195963.jpg
いちおくひゃくじゅうきゅうまんごせんえんなり

営業さんと顔を見合わせて、思わず苦笑い。

「なんでこういう数字になるの?」
「どうしてなんでしょうね(笑)」

業界の常識としてこの様な金額はあくまで表向きの金額であり、ってゆーかこの様な数字にする理由がどこにあるのか一度メーカーの人と腹を割って話をしてみたいが、もしかしたら国家間でやりとりするようなときにこの様な数字を出して、実売以外の金は表に出ないところにそっと行ってしまうんじゃないかと邪推してしまう悪い考えがよぎる師走、実売はビックリする位安くてって一個人商店主がこんな高い買い物出来るわけもないし、それでも確か5年前は一発60,000,000円だった気がするが、世の中の物価はこんなにも上昇してしまったのだろうか。

この国はジンバブエか?と思うような瞬間でもあった。


でもって機材を購入してもなかなかペイラインに持って行けなくて、業界内では「うちらの仕事って半分以上趣味だよね」と自虐的な会話が繰り広げられる。

この装置は何とかペイラインに持って行って、その結果左うちわでウハウハと言えるような生活をしてみたい。

そうすればアルピナも夢じゃない!(かも知れないような気がする気が何処かでしたつもりになれそう)。


かも知れないとか、気がするとか、つもりとか言ってないで夢を叶えたければ休まないで働け!と仰る貴兄。

年末年始も定休日以外ひたすら働きますので、下のバナーをポチッとして頂ければ幸いですm(__)m


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2015-12-26 11:24 | しごとのこと | Comments(4)
2015年 07月 07日
良い国作ろうキャバクラ幕府なのか?
業界の夜のお仕事の関係にも首を突っ込んでいる関係上、時々スタッフとともに慰労を兼ねて飲み会が開かれたりする。

夜のお仕事はそれなりにストレスが掛かるようで、この日も出勤のスタッフ以外は一次会を終えたあと二次会三次会と流れていく。

出勤のスタッフに大きく手を振って次のお店、と言っても角を曲がって直ぐって感じなのだが、実は実は施設のある界隈(8丁目界隈)には穴場と言えるような店が沢山あるのだ。

ススキノだけが北の大地じゃないを再確認する瞬間だったりする。


連れて行かれた場所は、ダーツが置いてあるようなちょっとオサレなお店。
入店時は我々だけだったが、次第に客が入ってきたのでそれなりに有名な店なんだろう。

ストレスが溜まってるスタッフの話を聞くが、とてもじゃないが公共の電波などには載せられないような単語がポンポン出てきて、それを聞いてる自称「百戦錬磨のおじさん達」もちょっと退いてしまう。

確かに仕事柄その手の単語が山ほど出てくるのは判るが、うら若き綺麗なニョシ達が専門用語ではなく俗語でそれらを表現するのは如何なものかと思うよ。

たぶん異業種のおっさん達がその場にいたら、退店時に間違いなく「システムは幾ら?。アフターは出来るの?」って聞いちゃうんじゃないかと言う位に周り大盛り上がり(笑)。

「キャバクラじゃないんだからさぁ」って誰かが言っていたが、自分は行ったことないけどほとんどそんな感じで盛り上がってしまった。

いや、行ったことないからキャバクラがどんなところか判らないし、内地のそれと北の大地のそれではかなりシステムが違うって話を聞いたこともあるんで、やはり一度勉強のためにお店に出向いた方が良いだろうかと思うのは物凄く都合の良い解釈だって意見は一切受け付けない。

てゆーか、夜の職場のスタッフのトーク力と接客力を持ってすれば、直ぐさまお店のトップに君臨出来るんじゃないかと思う。
勉強が出来るって意味じゃない方向でも頭が良いから直ぐに機転が利くし、相手の気持ちを慮る心はハンパない。
人材の宝庫と言っても過言ではない。

a0015198_10434012.jpg
グラスはひしゃげてるけど、働いているスタッフの心は真っ直ぐなのよ。


ちなみに、鎌倉幕府は1192年ではなく1185年に変更になったらしい。
なので今は「良い箱作ろう鎌倉幕府」と覚えるのだとか。

by Wonderfullifewith | 2015-07-07 11:04 | しごとのこと | Comments(8)