カテゴリ:まぜまぜ( 151 )

2015年 11月 06日
クルマのない休日
車が手元に無い休日は何回目だろうか。

そんな時でも内職は否応なしにやってくる(実は有り難い)。
内職をすることによって可処分所得が若干増えてくれる。
自分にとって給料なんて数字だけの世界で、金は動いているが右から左、その実態をほとんど見た事が無い毎日を過ごしているが、内職の手当だけはしっかり個人口座に振り込まれるように仕組んでいる。
勿論きちんと確定申告を行って、これでもかって位に税金をさっ引かれる訳だが。
おじさんはお金が好きだ〜!

源泉徴収されてその上に所得税を引かれるんだから、やってられない。
これでマイナンバー制度なんて導入された暁には、どれだけ持って行くつもりなんだか。

そんな愚痴をこぼしたところで愛車は手元に無い。


手元に無いのでテクテク歩いて内職現場まで向かう。
途中、ラフィラ裏を通過して行く訳だが、昼間のラフィラ裏も静かに営業が行われていたりして、そこで声がけされたりするから困ってる、って困ってるなら敢えてラフィラ裏を通らずに内職現場まで行けば良いのに、それより最寄りの駅まで地下鉄に乗っていけば良いのにと思うかも知れないが、運動をかねてという大義名分のために致し方なくテクテク歩くのである。
そしてたまたまその途中にラフィラ裏があるだけなのである。

ラフィラ裏、判らない人は「ラフィラ、すすきの」で検索して頂ければ、それがどの辺の界隈を指しているのか判ると思うが、検索してガッカリされたとしても当方では責任の採りようもないし、逆に羨望の目で見られてもその様な所に朝っぱらから立ち寄る訳も無いし、と言うか今は内職先に向かってる最中なんだから立ち寄れる訳もない。

おじさんはラフィラ裏が密かに好きだ〜! ぽっ(じゃねーだろ)


内職先で若いニョシ相手にひとしきりトークに花を咲かせ昼となる。
ここ最近は何を食べたいか判らず結局昼食難民になることも多いのだが、この日はなぜか朝から「ラーメン」を体が欲していた。
普段はほとんどラーメンなんて食べないのに、時々猛烈にラーメンを欲する、と言っても半年に一度位なんだけどね。
お前のラーメン愛は皆既月食並みだなって感じだ。


クルマがないから(ってしつこい)昼から特に何をする事も無く、駅ビルにあるシネコンにしけ込む予定にしていたので、昼食のラーメンは「ラーメン共和国」に決定。
シネコンも座席予約をしなければならないため、早朝に財布に入っている招待券を握りしめて事前に座席予約をしている用意周到さを仕事に生かせないものかと考えなくはないが、そんな風なことをしてたら今の自分はきっと無いだろうと思うところに異論を唱える余地はないはずだ。

塩ラーメンの店に入り、「煮卵、メンマ、ネギなどを追加することも出来ますが」という若い女性店員のセールストークに乗る事も無く、一切の追加トッピングなしの素の塩ラーメンを注文。

「じゃぁ塩ラーメンで」という最後の「で」を言い終わる前に出てきたようなスピードで給仕される塩ラーメン。
確かに塩ラーメン押しの店ではあると思うが、余りに早くないか?。
もしかして作り置きしてるんじゃないか?と言う邪推さえ生まれてくるほどのスピードで出てきた塩ラーメン。

a0015198_16080366.jpg
はこだてラーメン


あっさりしていて疲れたおっさんの胃袋には丁度良い。
脂っこい「背脂チャッチャ系」のラーメンはもう無理になってきたのかも知れない。

おじさんはあっさりした塩ラーメンが好きだ〜!


映画は少女コミックが原作の、最近ではテレビアニメにもなっているらしい映画
主人公は「天皇の料理番」で結核を患った兄の役をやった人。

役のためとはいえ体重の増減ハンパないな。
恐らくは30kg位増減していると思う。

ネタバレするから内容は書かないが、おじさん的には面白く観られた映画だった。
何の捻りもないストーリーだが、その何の捻りもないところがおじさんには心地よい。
少女漫画の王道を行く感じ。

そんな王道直球ど真ん中の映画に涙するオッサン、少しだけキモイですがなにか?。

おじさんはそんなベタな映画が好きだ〜!


映画を見終わりデパートの中を見るとはなしに見回るが(徘徊とちゃうよ)、うっかり紳士服売り場に迷い込んでしまい、そこに掛けられているコートを見て「格好良いなぁ」と思う自分。

生地もデザインも良い感じだとコートを手に取り何気なく値札を見て、そのお値段に数歩後ずさりしてしまう。
そうか、今はちょっとしたブランド物のコートってのはこんなにするんだ。
知らないって事は罪になるから一応知っておくけど、こんなお値段のコートを買う人って凄いお金持ちなんだろうなと考え、店員に見つからないようにすぐさま何事もなかったように歩き出す。

てゆーか、ここはしまむらじゃなくてデパートなんだから少しは考えろよって?


フラフラしてたら装飾品や時計売り場に迷い込む。
真珠売り場で何気なくショーケースを覗くと、すぐさま店員駆け寄る。

「何方かへのプレゼントですか?」と問いかけてくるが、いい年したおっさんが大した良い格好もしないでこんな所に来て、何方かにプレゼント出来るような人に見えましたか?と逆質問しそうになるが、それはそれでどうなの?って気がしたので、その質問には「えぇまぁ」みたいな感じで軽く受け流すが、店員も何を考えたのか真珠の説明をしてくる。

豚に真珠って言葉を知らないのか?


イヤリングとネックレスのセット品で20万、40万、60万(税抜き)とあった。
色々な説明をしてくれるが、その差は凝視しなければ判らないレベル。
もっと凄いのは「値段の高い物には伊勢志摩の鑑定書が付いてます」って一言。

いやいや、真珠のネックレスなんて普通の生活をしてれば冠婚葬祭でしか付けないだろうし、そこに持って来て鑑定書なんて一緒に持ち歩いてる人なんていないだろうし、(素人目には)その違いだけに40万も60万も出せないわと思ったが、そんな雰囲気はおくびにも出さずに「丁寧なご説明ありがとうございます」と言って売り場を後にする。

真珠の玉に付いている傷の大小が値段の差になるのは判らないでもないが、その傷の大小だって老眼にはほとんど判らないし、じっと目をこらして明るい光の下で漸く「あぁ違いますね」くらいの差なんだぜ。


にしても店員さんも大変だ。
こんな風体のおっさんにもきちんとした説明をしなければならないんだからね。
デパートの店員さんなんだから買える客か買えない客かくらいは一瞬で見抜いて欲しいよ。

見るだけ只とは良く言ったものだが、見るだけで行っても疲れるって事が判った。


全く良く判らんと思いながら高級品コーナーを歩いていると王冠のマークが付いた時計が飾られているところに迷入してしまう。

これなら名前くらいは知ってるぞ。
以前ここで鈍器みたいなサイズの時計を見せて貰ったことがあるが、それはもう売れてしまったらしい。
130万の時計を買う人がやっぱりいるんだと思った瞬間だった。

「ここにない時計は取り置きして貰えるんですか?」とド素人丸出しの質問に対して、
「そのような事はしていないんです。なので店頭にお越し頂いてその時に在庫がございましたらお買い求め頂けるというシステムでして」と世の中の物流を思いっきり無視したような商法に半ば呆れそうになりながらも、やっぱり王冠マークってのは自分とは別次元の世界の時計なんだなぁと再認識。


そうか、王冠マークの時計をしている人ってのはこの様に売り場に日参するような涙ぐましい努力の末に入手しているんだと思うと、そんな時計を10本も持ってる人ってのは、金もそうだが時間もタップリ持ち合わせてるって事なんだな。
てか王冠マークの時計を10本も持ってる人なら、デパートの外商さんがちゃんと押さえちゃうか。

金も力以外に暇も持ち合わせてない色男αな自分には到底所有出来る一品では無さそうだ。
でもブラウザのタブにGMTのページや価格.comのページが表示されてるのは秘密だ。


フランク三浦さんの時計に似た製品も飾られていたが、どうしても自分にはフランク三浦さんの時計のことしか頭にないので、それに似たような時計に数百万円の支出をすることは出来そうも無い、ってそもそも始まりから間違ってる認識の仕方だというのはこの際どこかに置いておく。


こんな場違いなところに何時までもいたところで自分にとって何かが変わる訳でもないので、行き慣れている書店に向かって久しぶりに棚から一掴みをして本を購入。
現金はないのでカバンの中に入っていた図書カードで支払いを済ませたが、コミック本を10冊買うと持ち帰りが大変だって事に後になって気づいた。
棚から一掴みも考えながら行わないとダメだと思った。


今日もDから電話が来なかった。
翌日、しびれを切らして営業さんにメールをしてしまった。
納車は土曜日夜。
色もメーカーも変わらない、勿論サイドにストライプなんか入ってない、修理しただけの車が戻ってくる。

引取先は学会が行われるホテル。
夜の懇親会でアルコールは飲めません_| ̄|○
金もねーのにデパートなんて歩くんじゃねーよ、てか懇親会でアルコール摂取出来ないなんて可哀想すぎるわと思ったかたは、下の「車ブログ」(的ネタじゃないけど)をポチッとしてみて下さいm(__)m
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2015-11-06 19:18 | まぜまぜ | Comments(6)
2015年 10月 30日
青文字盤に赤指針
Dのメカニックさんから足周りの修理は終了し、バンパーの修復のために愛車の入院があと1週間ほどになると連絡があり、愛車で行く秋の行楽地散策がほぼ絶望的となった事を休日の内職帰りに電話で知り、そのまま何もすることもない昼過ぎボケラ〜っとしながら久しぶりに映画館へ出向いてみる。


財布の中には何枚か映画招待券引換券が入っているので、それを持って久しぶりに窓口でチケットを入手する。
「座席は後ろの方で真ん中あたり」って条件で席を決定。

映画はなかなか見応えのあるもので、気持ちがほんの少しだけど落ち着く様に見えたが、見終わった後そんな自分が何気なく時計屋の店先を覗いてしまい、ふと1個の時計に目が留まる。


文字盤に指針。
グッときてしまった。


今まで時計に求めてたものは
「止まらない、狂わない」

時計としての超基本事項だが、これが時計にとって一番重要な要素ではないかと思っていた。
基本的に仕事中は時計をしないため、いつも自宅のテーブルの上に放置されて電波と太陽光を浴びて時間が狂わないようにスタンバってるだけのソーラー電波式腕時計。

だから
「ロレックスでも買おうかな?」と何気に呟いても、家族の反応は
「何するの?普段時計なんてしないのに」
と言う至極真っ当なご意見の前に反論することも出来ず暫く新規の時計購入計画は頓挫していた。

その前にお値段的にロレックスなんて到底買えないんだが。


それが今回気の迷いなのか、文字盤に指針のそれに目が留まり、バッグに入っていた商品券でうっかり購入。


デザイナーの意思とは関係なく、勝手にこれは紛れもなくアルピナカラーだと自分の心の中で盛り上がる。
人間と言うのは自分に都合の良い方向に物事を考えるものだとつくづく思う。


時計の値段もB5のアルピナ50周年記念車を買うつもりしたら1000個も買えちゃう位の額なので、愛車が手元にない今、ぽっかり空いた心の隙間を埋めるに必要にして十分な買い物だったと自己肯定する。

a0015198_18413238.jpg
カレンダーは自動じゃないので2ヶ月に1回は調節しなければならない。
これらも全部自動でやってくれるソーラー電波時計ってのは今更ながらに凄く便利な装置だと思った瞬間だ。
血液型占いなんて当てにならないけど、何でも合理的に考えてしまう水瓶座AB型の典型か(って占い信じてるだろ)。

a0015198_18413283.jpg
文字盤に指針。
いつかは自分もこんな文字盤の車を所有してみたいと、取り敢えずこんな所で満足出来る自分ってやっぱり安上がり。
使用頻度がどの位か判らないが、暫くはお出掛けの時にでも使ってみよう。


時計買う前に免責の金の心配しろよ、ってか買った時計は「knot」ってブランドみたいだけど、お前が文字盤に指針のアルピナに乗れるのは、kがない(毛がないではない)「not」だろって突っ込んでみた方は、下の「車ブログ」のバナーをクリックしてみて下さい。


にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


by Wonderfullifewith | 2015-10-30 15:34 | まぜまぜ | Comments(16)
2015年 04月 27日
Momo cafe
a0015198_16135962.jpg


景気の良い会社などはGWが12連休だとか。
あやかりたいねぇ、と言ってもどうしようもないので、今ある休日を如何に過ごすかに全精力を費やす事にする。

午前中の営業を終え、天気も良いから映画って感じでもないのでドライブへ。
行き先は「厚真町」

厚真町?
地元の人間ですらそんな感じになる名前で、正直な話自分も厚真町がどこにあるか判らなかった。

グーグルマップで調べて、ここなら丁度ドライブに良い感じの距離だって事で、昼からぼちぼち出掛ける。

用事らしい用事も無いんだけど、一応の目的を達した後は、さて何をしようになってしまう。


厚真に何があるかちょっと調べたら、食べログでも少しだけ話題になっている喫茶店を発見。
Momo cafeさん

山の中みたいな所にぽつんとある喫茶店で、野生動物が尋ねてきたりするらしい。
その辺の話はググって貰うと色々と出てくるので各自ご自由にお調べ下さい。

店内は10人も入れば一杯になってしまうほどの広さ。
ただそこには看板猫がかごに入ってお昼寝の真っ最中だったりする。
時間が来れば適当に外に出て遊んでるようで、これぞ田舎の猫って感じ。
a0015198_16193930.jpg


そんな喫茶店でお茶するおっさん達。
コーヒーとミルクレープとケーキ盛り合わせ。

ケーキ盛り合わせの方はなにやら店側が十分なサーブが出来ないために盛り合わせでも良いかとの事だったので、店側のシステムをよく把握していない当方はそれで構わぬって事で対応して頂いた次第。
a0015198_16144768.jpg


ミルクレープってのは、どうやって食するのが正式なんだろう?
結構な高さがあるために、フォークを突き刺したら全て崩壊するような勢いだったために、致し方なく途中まで1枚1枚上からペロリペロリと剥がしとるように頂いてみる。

ケーキ盛り合わせのにはキウイのソースが掛けられていた。

客の中にはわざわざこの店を探してきて、それで一度訪問してみたかったなんて言ってたが、そんなに凄い店なのかと思うのが正直なところで、これくらいの喫茶店ならどこにでもあろうと思うおっさん。
でもこんなへんぴな場所でロハスな感じのお店を出来たらきっと良いだろうなぁと思ってるのかも知れないが、これからの季節の休日だからここまで混雑するんであって、これが平日の冬場ならわざわざここまで来るかと正直思ってしまう。

店主一人で切り盛りしているから余計な人件費は掛からないとして、建物も自宅の敷地に建ててるから土地代なしで上物だけ1000万って所か。
客単価から計算しても儲かって仕方ないってレベルではないと思うが、どうにかやって行けてるって感じなんじゃなかろうかと。

商売の現実は厳しいのだよとその客にとくとくと説教してやりたい衝動に駆られたが、果たしてこの店の損益なんて一見の客には判らないから言っても仕方ないわな。

小一時間ほど滞在して帰宅の途につく。
a0015198_16192344.jpg

Momo cafeさん、もしかしたら再訪するかも知れないけど、正直な話厚真って何か用事があるような街ではないんだよね。

a0015198_16191274.jpg

スポーツセンターが充実していて、そこで中学や高校の部活動の合宿などが行われるらしいけど、大人がわざわざ行くような町ではない。

フルサイズで200mmではどうしようもない

by Wonderfullifewith | 2015-04-27 17:05 | まぜまぜ | Comments(6)
2015年 04月 24日
べんべ乗りがべんべやでソフトを食らう
休日は内職ってのがここ何年も定番になってきていて、それでも内職先は有り難い事にその出番をドンドン増やしてくれている。

何のために働くのか的な疑問が沸かない訳でもないが、有り難い事にこの内職があるお陰で家から小遣いを貰わなくても済む生活ができている。

ありがたい。
いや小遣いを貰わないとか、小遣いを自分で稼ぐとか、根本的に何かが間違ってるような気がする。


内職先から受け取る賃金も勿論しっかり確定申告しているから、その分の税金はきちんと二重取りされるような形になってて、実質手取りがどの位になってるのかってのは全く判らない訳だし、ヘタしたら「○○でお金が足りないから貸せ」と家族から言われれば、二つ返事で口座から現金を引き出し家族に手渡すのだからからして、果たして自分の行ってる事は本当にそれで良いのか的な考えもある事に疑問を抱かないのかと訊かれれば、抱かない訳でもないと答えるしかない。

ただ一つ言えるのは、背に腹は代えられないという言葉が答えって事。

まぁそれでも内職のコマ数は年々増加の一歩を辿っている現在、職員さんからは「タイムカード作りますね」と冗談とも本気とも取れるような事を言われて苦笑いしているおっさん、本業は何ですかと自問自答したりする。

その内職に出掛ける前の一瞬の時間を利用して、24時間営業のスポーツクラブに通い出し、端から見れば「そんなに生き急いでどうする、人生は短いようで長いんだよ」と言われそうな生活をしているが、週休二日の経験が無いような底辺チームの人間は、マグロやサメのようにずっと動いていないと死んでしまう恐怖に駆られちゃうのよね。

それにバイク事故で一瞬にして亡くなってしまった俳優さんのように、一寸先は闇なのも間違いの無い事実な訳だし。

てことで、2時間位汗をかいてシャワーを浴びて内職へゴー。
「焼き肉のホルモンってのは内分泌のホルモンとは一切関係なくて、要らない臓物で放るもんって所から訛ってホルモンになったって説もある」とどうでも良い話で盛り上がったりする内職風景、本当に大丈夫なんだろうか。

内職を終えてランチは何にしようかしら的な話を職員さんとして、そうだ広島風お好み焼きにしようって事になって、そう言えば広島の人に言わせれば広島風の「風」ってのはどうしても許せない的な事をテレビで言ってたよなぁなんて思ったりするが、広島からも大阪からも遠く離れてる北の大地では、そんな事は一切関係ない。

でも北の大地でお好み焼きと言えば、大坂風の小麦粉メインのお好み焼きが主流。
大坂風って「風」をつけたら、大坂の人から「風って何やねん、風って」って突っ込まれるかも知れないけど今回はお好み焼きの話ではないので軽く流してしまう。

なので「風」に関して何か言われても全然何も反論出来ないのでしないで下さい。


てことで、ランチのお好み焼きは狸小路6丁目に移転してきた「ひなちゃん」で適当に済ませる。
携帯だけ持ってほとんど手ぶらだったために写真はiPhoneの写真しか無いためにここには載せないでおく。


朝起きてここまでに3つのタスクを済ませてる訳だが、実は結構疲れてたりする。
昼過ぎに疲れが来る辺りがおっさんのおっさんたる所以。

折角の休日なんだから体を休めた方が良いんじゃないかという意見も無い訳では無いが、命短し遊べよおやじをモットーとしているため、どうしても何かをしていないと勿体ないと思ってしまう貧乏な性分。

加えてその日はとても天気が良く、最高気温も20度を超えた晴天だったため、家で撮りためたビデオを見るなんて事に時間を使う事はとてもじゃないが許されない気がしていた。

そこで「本当ならここで海なんだよなぁ」と思いながら、「でも海はちょっとなぁ」って事で、行き先をちょっと離れたケーキショップにする。
なぜそこでケーキショップなのかと訊かれるとよく判らないが、もしかしたら体が糖分を欲していたのかも知れないって、それ単に疲れてるだけだろって気もするがそれは認めたくない。


とにかくケーキショップなのだ。
市内にケーキショップなどあまたあるが、自分が結構気に入ってるのは、町の外れにあるケーキショップべんべやさん。

もうちょっと走ったら隣町って所にあるケーキショップだが、これがどうしてどうして結構な混雑具合だったりする。

町の中心街から15kmほど離れていて、ちょっとしたドライブ気分。
a0015198_14585819.jpg

駐車場に車を駐めると店の外でソフトクリームを食べているカポー発見。
そろそろそういう季節かとソフトクリームで季節を感じるおっさん、きっとあの人もこの人もそうかと思うが、あの方だけは年中無休でソフトを食べてるから季節感なしって事で話を進める。

イートイン施設もある店だが、何となく外でソフトが食べたくなり、取り敢えずケーキを幾つか購入して、最後に「チョコとバニラのミックスソフト」をオーダー。

どうやらソフトが5月から50円値上がりするらしいので、その日に行った自分はラッキーだったかも知れない。

値上げの理由が書かれていたが、原材料と人件費の高騰だそうだ。
人件費の高騰ねぇ、うちもそれで値上げさせて貰おうかなと半ば本気で思ったりする。
だって、職員さんの給料が上がる度に、店長の給料が下がっていくっておかしいでしょ。
物理の質量保存の法則が、人件費のそれに採用されるって話、あまり聞かないもの。

それを補填するかのように内職のコマ数が増えていって、きっとこれで経済が成り立ってるなんてのはやはり間違ってる理論だろうし。

うん、人件費高騰って事で値上げをお願いしよう。


そんな訳でソフトを手に持ったおっさんは晴天の元にソフトを持ち出し食らう。
a0015198_14595917.jpg
乳臭い味ではなく、初めて食べたような味。
これ好き。
ソフトの巻きがちょっと小振りなのは頂けないけど、濃すぎず、乳臭すぎず、自分が好きな味のソフト。
小振りと書いたけど、実際全部食べ終わった時にはお腹の中でずっしり存在感を誇示してくれた辺り、自分の胃袋ってどれだけ小さくなったんだよとこんなところでも老化を感じるおっさん。

件名のべんべ乗りがって、今時BMWをべんべって呼ぶ人なんてまずいないだろうけど、時々そんな風に言う人がいた場合、その人はベンツとビーエムの区別がイマイチ付かないような人だったりするレベルなのであまり気にもしないけど、つまりはべんべ乗りがべんべやでソフトクリームを食べるってのはネタなのかと訊かれたら、そうですまんまネタですと答える自信満々100%濃縮還元。

だってこの日はこれから娘の歯医者の送迎と夕食の支度とワイルドスピードのレイトショーを観に行く予定があるんだから、こんなところでケーキ買ってソフト食べて「リヤタイヤ結構ツライチだよな」とか思って写真撮ってる場合じゃないんだわと言う前にたった1日しかない休日に予定入れすぎって事を少し反省した方が良いじゃないかと。
a0015198_14595445.jpg

12.5mmのスペーサー噛ましてギリ。
マッドフラップもあまり効果無いって感じ?

ワイルドスピード、結構面白かったり。

by Wonderfullifewith | 2015-04-24 15:23 | まぜまぜ | Comments(6)
2015年 04月 20日
ダルセーニョ ドゥエでランチ
4月になり、世の中的には新年度。
つまりは「内職が始まる」季節となった。

今年度は色々とカリキュラムも変更して貰い、ある程度基礎的な話を聞いてから自分の話を聞いて貰う時間割にしたため、新年度の内職相手は「ちょっと知ってるニョシ達」。

取り敢えずは早朝からスポーツクラブで健康的に汗を流し、シャワーを浴びてスッキリしたところで現場に向かう。

おしべとめしべの話のイントロダクションをしてその日は終わり。
これからドンドン濃い話になっていくので、どの辺まで突っ込んでいけば「引かれずに食いつくか」を探っていくおっさん。

さて昼で仕事が終わったから、昼飯!。
今日のランチは気分的にイタリアンを体が欲していたため、ダルセーニョドゥエへ。
a0015198_17391841.jpg

オタク系コミックなどが売られてるビルの裏側に店があるが、ここは以前恵庭にあるバイソンって店が入っていたテナント。
もしかしたら居抜きで借りたのかも知れない、なんて情報はどうでも良い。

ピザにしようかスパゲティにしようか一瞬だけ悩むが、前回ピザを頂いたので今回はスパゲティをチョイス。
ランチタイムなので、前菜のサラダから始まって、メインディッシュ、そして最後はドルチェとなる。
前菜はにんじんサラダ、フィノッキオ風味のマリネサラダだそうだ。
それからポテトサラダとトマトとハムとサラダレタス?
a0015198_17392759.jpg

何がフィノッキオ風味なんだか判らないが、とても複雑な味で今まで食べた事がない味。
美味しかったなぁ。

そして海の幸と山の幸のパスタ
色味が黄色主体でイマイチか。
海の幸と山の幸に色をつけるとしたら、考えられるのはパプリカくらい?
a0015198_17393130.jpg
お値段がちょっと高めのランクにあったものだったが、よくよく考えれば山の幸と言えばキノコじゃないか。
正直キノコは「凄く好き」な食材ではなかったのに、なぜこれを頼んだのか判らない。
きっと「山の幸」というネーミングに踊らされたとしか思えない。
海の幸は貝類がメイン。
味がちょっとだけ薄味だったのが残念。
塩をもう一降りしてくれればベスト。
なんせこっちは2時間運動した後に2時間トークしてるんだから、体の塩分が抜け切れてるんだからね。
まぁこっちの都合なんて考えちゃいないだろうから、もしかしたら普通のOLさんならこれで全然問題なかったのかも知れない。

ドルチェはパンナコッタ。
a0015198_17393482.jpg

店員さんに「パンナコッタってどんなモノでしたっけ?」と訊く田舎者のおっさんだが、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥と申すので勇気を振り絞って聞いてみたら「牛乳のプリンのような物です」との回答を得る。

じゃぁそれでっってことになり、食後の飲み物はコーヒーをお願いした。
コーヒーもクレマが立ってて美味しく頂いた。

お腹もふくれて会計を済ませ、昼からの次なる目的地に足を向けたのであった。

by Wonderfullifewith | 2015-04-20 18:27 | まぜまぜ | Comments(4)
2014年 12月 30日
クリスマスだから?
内職も冬休みに入り、期せずして全休の休業日をゲットしてしまった。

何をする予定もなかったが、映画を観たいが安く観るためにシニア割を適用させたい、ついてはシニア相当年齢に達した自分をダシに使いたいが如何なものだろう?と提案されたので、断る理由も見つからなかったし、支払いは先方様持ちとの事だったので快諾。

映画はMIRACLEデビクロくんの恋と魔法
ジャニーズの映画を観るとは(苦笑)。

てことでいつものシネコンに向かい劇場内に入ってビックリ。
ある程度は予想していたが、観客のほとんどが女子。
確かにレディースデーって事もあるけど、あまりにあまりだ。
自分が確認した中では、男子は自分を含めて3人。
勿論男子一人で見に来ている雰囲気は一切無い、と言うか来ていたらそれはそれでなかなか勇気ある行動と賞賛したいが。
恐るべしジャニーズ。

映画はまぁそのぉ何というか、そういうヤツだ。
決して面白くない訳ではない。

映画が昼過ぎからだったので遅めの昼食
自分はピザをオーダー
a0015198_15403116.jpg
ランチメニューは1000円ちょっとから3段階あったが、その中で一番高い1580円のピザ。
他のメニューとは違い、サラダがつかないのに一番高いのか?と思ったが、ピザの大きさを見て納得。
一人で食べるにはちょっと大きすぎるサイズだ。

同伴者はパスタランチとドリンクサービスは昼からのビール(笑)。
a0015198_15403335.jpg
ドリンクサービスで一番お得と考えたらしい。
確かに合理的な考えではあるが・・・。

ガッツリ食べ終わった後は適当に買い物。
まぁクリスマスだから。
a0015198_15402197.jpg
せめてものクリスマスプレゼントって事で、仕事上のアンケートに答えた際に貰った商品券3枚を差し出す。
自分は優しいなぁ。

自分は本屋を散策して、欲しい本の表紙確認。
中古になったら購入しようっと。
a0015198_15401969.jpg
以前「地図の読めない女、話を聞かない男」って本もあったが、どう違うんだろう?

a0015198_15444966.jpg
この人の書く本も面白いが、イエス高須クリニックとはどうなった?。

a0015198_15445419.jpg
お前が読んでどうする?って本ではあるが、何となく表紙が綺麗だったので候補に入れてみた。

休みになったら読んでみようって思ってるが、休みなんてほとんどない生活してる事を自分が忘れてるんだから、この先も思いやられる気がする。

でもクリスマスだから、そんなことも良いよね。

by Wonderfullifewith | 2014-12-30 16:35 | まぜまぜ | Comments(4)
2014年 12月 15日
あんなことやこんなことの週末
この時期、本業は比較的穏やかに過ぎるのだが(ってそれも経営的には問題があるが)、内職は3月の年度末に向けてこれからがある意味本番だったりする。

「試験に全員合格したら叙々苑のランチをおごってやる!」と発破を掛けた去年、かなりやる気モードが上がってちょっとだけドキドキしたけど、幸か不幸か2人ほど不合格になってしまい叙々苑ランチはお流れとなった経緯があるので、今年こそは「全員合格」に向けて頑張ってみようかと。

そんな感じで予定表を見ればものの見事に本業の休日に内職オンパレード。
「来年はもう少しコマ数が増えます、ぐふふ」と事務長に言われ、果たして自分の仕事って何だっけ?みたいな雰囲気になってる「天命を知る」おっさん、冗談抜きに死ぬまで働きます状態。

確かに我が業界の人を見ていると、仕事を辞めたとたんに鬼籍に入る方が多い。
たまたまなのか、それとも命の続くギリギリまで仕事をしているのかは判らないが、老後を悠々自適に過ごしているって人はあまり見ないから、正直な話あまり良い仕事じゃないのかも知れない。

果たして自分は何歳まで仕事をしなければならないんだろう?等と考えつつファクトリーで買い物をしたり。
世間様では年末特別手当の季節となり、弊社でも「雀からクレームが来る」ってレベルの「雀の涙」の額が支給されたようで、受け取る方は「(・д・)チッ」と舌打ちしているが、出す方は「右から左へ受け流す」みたいに自分の前をマッハの速度で通り過ぎていく諭吉様を見ながら涙を流しながらただただ手を振るだけ。

ここで出る涙の量は雀なんてもんじゃなくて特別措置法が発令される災害レベル。
この時ばかりは大企業と公務員さんが羨ましく思う。

a0015198_10453752.jpg
ファクトリーの巨大ツリー、これらの電飾がちゃんと光るのも、あの方の陰の力があっての事と感謝しながらしばらくボーッと眺めてみる。
もうちょっと右が真正面だったか。

部屋のタンスを見ると毛玉だらけのトレーナーしかなかったので、仕方なく何店かの洋服を買いそろえる。

洋服の選択基準は至って明瞭で、ずばり洗濯が簡単なもの。
「優しく押し洗いして陰干しして下さいね」とか「ドライクリーニングに限る」とかはまず一番先に購入対象外となる。
洗濯機に入れて他のものと一緒にガーッと洗っても全然問題ない生地で作られているものに限る。


週末には娘の誕生日って事で、ここは一つ父親の威厳を見せつけようって事になり、魚彩酒家またつさんへ。

清水ダイブも良いところだが、以前の「エレベータ開けたらいきなりいらっしゃいませ」でお一人様1.5万円なりってステーキハウスとは違って、今回は覚悟の上での来店。

事前に娘の好みを伝えておいたので、何品目かでその料理が出てきた時には娘の奥二重の細い眼が一気に開眼したのを見逃さなかった。
それがこれ
a0015198_10454014.jpg
タチポン、って将来が何となく見えてくるような嗜好。

「やっぱりスーパーで買ってきて味噌汁に入ってるのとは全然違うね」と一言。
いやいや、それ当たり前だから(笑)。

生臭みも一切無く、舌の上でねっとりと溶けるその食感はまさに滋味。
ポン酢にも手間が掛かっていて、お酢のつんとくるような噎せ返る匂いは一切無く、同席者一同「これ持って帰りたい」と言い出す始末。
流石に液体は持って帰れないでしょうって事で、自分は最後の一滴まで飲み干してしまった。

量的に完食出来そうもないと気づいたのか、大将は料理の順番を若干変更してくれたり、〆のご飯物は「持ち帰り可能」な鮨にしてくれたので、それはお持ち帰りとさせて頂いた。
この辺の臨機応変の対応は流石としか言いようがない。
誕生日という事で、ケーキもしっかり準備して頂いた。
他にも美味しい料理を頂き、家族全員大満足の晩餐となった。

朝から昨日のケーキを食べ、これがまたクリームがあっさりしていて全然くどくなく、あっという間に完食だったのには驚いた。
そんな感じなので写真を撮るまもなく家族等の胃袋へ格納されてしまった。

そして夜もケーキ、ってどんだけケーキ好きなんだよって感じだが、それはそれ、これはこれなのがなぜか我が家。
a0015198_10453082.jpg
ちなみにこの日の夕食はこのケーキのみ(笑)。
そしてお供はコーヒーではなく緑茶ってんだからどうかしてるぜ!。

そんなこんなの週末、今年もあと2週間ほどとなったけど風邪などひかずに頑張るしかない。
巷ではインフルエンザが猛威を振るっているが、ワクチン未接種の自分としては「風邪をひかないためなら死んでも良い」くらいの気合いで乗り切る事にする。

by Wonderfullifewith | 2014-12-15 12:04 | まぜまぜ | Comments(8)
2014年 12月 12日
ラフィラ裏からの生還
この時期はどこもかしこも忘年会。

ご多忙に漏れず、我が業界でも小さな単位で忘年会が開かれた。
幹事さんはあまりこの手の催事に精通されてなかったようで、ギリギリになってから温辛子を捲って店探し。

だがめぼしいところはどこも一杯で、ようやく見つかったのがラフィラ裏にある居酒屋。
立地条件最高すぎる(笑)。
a0015198_1536770.jpg
世俗の煩悩を断ちきる最終試験を受けるような感じがするシチュエーション。

徒歩数歩で歓楽街まっただ中だ。
この辺はあの方がその昔に色々とお仕事をされていたらしく、界隈のボーイさんや接客業を営む女性とも顔なじみだったと聞く。

聞いた話では、接客業務を終えた女性がこの数mの道を挟んだ先にあるラフィラに飛び込み、クラークケントがスーパーマンに変身する為に電話ボックスに入るがごとく、接客嬢(嬢?)がOLに変身するのがラフィラだったりする(らしい)。


そんな店の近くにある居酒屋に入って2時間ほど大騒ぎしたのだが、正直ギリギリになっても20名以上の団体を受け入れる事が出来る理由はしっかり存在していた訳で、次回再訪はきっと無いような気がする。
少なくともあの方やあの方達と行く事はきっと無いと思う。

温かかったのは鍋料理だけって感じで、揚げ物や焼き物の全てが「猫舌の方、お年寄り、赤ちゃんでもすぐさまお召し上がれます」くらいの温度になっていたのだから。
何をどうしたらここまで冷える?って位に冷え冷え。
供された刺身が生だった事がせめてもの救い(違)。

まぁ店の名前は伏せておくが、この辺は凄い店もあるが「地雷もある」って事だ。
つまりはそういうことだ。

そんな訳で、忘年会の恒例行事となったビンゴ大会で引き当てた「こしひかり」460g。
a0015198_15361069.jpg

デパートで購入したらしいから、恐らくは混じりけのないものなんだろう。
自慢の炊飯器で美味しく炊いて、おにぎりを作って食べてみる事にしよう。

ラフィラ裏。
なんと響きの良い言葉か。


一応ご報告、
店から出て歓楽街に行く事無しに、素直に地下鉄に乗って帰宅した事だけはここに記しておく。
やはり翌日も仕事となればあまり遅い時間にふらふらしている事が出来ない年になったという事だ。

by Wonderfullifewith | 2014-12-12 15:51 | まぜまぜ | Comments(10)
2014年 11月 27日
さしすせそ
珍しいことに仕事に忙殺されて、車に乗ることもままならない日々を過ごしているうちに、あっという間に車検になって、代車にX1を貸してくれたのは良いけれど、今自分が借りている車庫は後ろに棚があってトランクがないSUVを入れるのがなかなか大変で、加えてパークディスタンスコントロールやバックカメラにならされてしまった自分は車庫入れ一つにも、車から出たり入ったりして後ろの棚とのクリアランスを見ながら何とか格納する始末。

X1は下ろし立てみたいな車で、当然の如くアイドリングストップが付いてたけど、エンジン始動時の軽い振動などがどうにも馴染めなかったりする。

色々世の中的にはあるんだろうけど「やっぱ6気筒が良い」

お借りしている分際でやいのやいの言うのはどうかと思うけどね。


ってそんな話はどうでも良くて、さしすせそ。
つい先日、昼食を終えて歯を磨いているところに家族が仕事から戻ってきて、女性特有の「オチの無い一人しゃべり」が始まったのを聞くとは無しに聞いていたら、ってちゃんと聞けよって話だが、この日はちょっとおもしろい話だった。

「(家族が勤めている)上の階の診療所、ギリギリになるまで受付を開けないんだわ。それに勤めてるスタッフさんも廊下で合っても挨拶一つないし、最近の若い子ばかりだからどうしようもないのかな?。職場の雰囲気も余り良くないらしいし」

「ふーん」と一応軽く相づちを打ってみる。

「そこに勤めてるママ友が言ってたんだけど、さしすせそが全然なってないんだって。」

「さしすせそ?」

「うん、さしすせそ。あれ?さしすせそ?」と良いながら首をかしげている。

「さしすせそ?」、自分の頭の中にも色々なことが連想される。さしすせそで思い出すのが調味料の入れ方の順番くらいだが、今は仕事の中でもさしすせそがあるのか?

さ:砂糖
し:塩
す:酢
せ:醤油
そ:みそ

今の若い人に聞くと「そ」をソースと答えるらしい。


話戻って
「さしすせそ?なの?」

「あれ?違ったかな?、さしすせそ、さしすせそ・・・あ、間違ったほうれんそうだ!

合ってるの「そ」だけじゃん!

「さしすせそなら料理だよね(笑)」と一人で笑っていたが、あまりのおかしさに歯ブラシを加えたまま床に倒れ込んで歯磨き粉を吹き出すのをひたすら我慢する自分。

詰まるところ最近の若い子は「報告・連絡・相談」が出来ないのよって言いたかったらしいが、どこでどう間違ってさしすせそになるんだか。

実際の話、報告・連絡・相談が上手く出来なくて、うちの職場でもほとほと困ってしまう場面もあって、それを何度も指摘してもどうしても直ってくれない場合、その人は職場としてはどう対応したら良いでしょうか?って相談をここに書いても仕方がないのでこの辺でやめて仕事に戻ろう。

久しぶりの内職に無い全休だったはずなのに、やはり神様はそんな事は許してくれずに「油断なんかさせないぜ」とばかりに職場と家の往復を余儀なくされる休日。

by Wonderfullifewith | 2014-11-27 17:05 | まぜまぜ | Comments(22)
2014年 11月 17日
休日は内職でも楽しみを見つけるのよ
今の内職場にお世話になって、かれこれ10年近くになる。
おかげさまでどんどん内職の回数が増えていき、来年度はまたもう少し回数が増えると事務長から通達されている。
そのうち内職場にタイムカードが作られるんじゃないかって話も出てくる位。

本業、おろそか(苦笑)。

ま、本業に絡めた仕事だから自分の知識の再確認の意味も含めて良いんだけどね。
休日が無くなっちゃうから全日の動きってのがとても制約されちゃうんだけど、それでも限られた時間の中であんなことやこんなことをするのも楽しかったり。

映画の趣味だって、昔は映画館に行くなんて事はなかったのに、いつの間にか今は「趣味は何ですか?」って質問に「映画鑑賞です」って言える位になっちゃった位に通ってる。
財布の中には映画の無料券が6枚位溜まって、でもそれはネットで座席予約出来ないからなかなか使えないし。
使えないものを貯め込んでどうする?って気もしないでもないけど、あると何となく嬉しかったり。

てことで、先日もこんなのとか、こんなのを観てきた。

結論としてはどちらも面白い。
観に行って損はない映画と言える。

自分が行くのはデパートの上にあるシネコンなので、食事もそこで済ませちゃったりするが、今はレストラン街の半分近くがリニューアルオープン準備状態。

今月末には綺麗になって完全オープンするようだが、そのうち先に工事が終了していて、ちょっと気になった店におっさん一人でズカズカ入ってみる(てへぺろ)。

いつかはフレンチのフルコースをお一人様で行くのが夢だったり。


a0015198_18273536.jpg
何となく車高が低いような気がしたので、メジャーで測ってみたら以前より5mmまで行かないけど下がってる。
バネがへたったんだろうか?。
来たるべき冬に向かってお皿クルクルか?

映画の前に先ずは腹ごしらえ
壁の穴グループのグランディーバ・チェターラ
a0015198_1827954.jpg
お一人様だからカウンターに通されるが、可愛らしい人形が飾られていた。

ランチセットをオーダー
昼を少し過ぎた時間だったが、店内はかなりの混雑で前菜のサラダが出てくるまでにしばらく時間が掛かった。
a0015198_18271276.jpg
よくあるタイプのサラダ。
ドレッシングもよくあるタイプだが、手作り感があって良かった。

a0015198_18271758.jpg
鶏肉の味が強い感じがしたが、ぴりっと辛くて美味。
ゆで加減も「大変美味しゅうございました」って感じ。

食後のお飲み物は?って事だったが、人形の後ろにエスプレッソマシンがあったので折角だからエスプレッソをオーダー。
a0015198_18271969.jpg
苦みの強いエスプレッソをグイッとひと呑み。

労働の後の美味しいご飯と趣味の時間、とーっても幸せ。


定年退職もなくその結果当然のごとく退職金を貰うこともないから、きっとこの先もずっとこんな感じで休日のない日を過ごして、ある日家族が部屋に見に行ったら布団の中で死んでいた、なんて事になるのが自分の最期の希望。

目指せピンピンコロリで、死ぬまでひたすら働きます。

by Wonderfullifewith | 2014-11-17 19:03 | まぜまぜ | Comments(6)