カテゴリ:まぜまぜ( 153 )

2017年 01月 18日
改めて北の大地の実力を再確認する
基本的にエンゲル係数は高くないので、鮨を食べると言えば回ってるものかスーパーで売られているパッカンに入ってるものがほとんど。
回らないお店で大将と対面に座って「取り敢えず穴子炙って」なんて台詞を言う様な店には冗談抜きにご無沙汰だったりする。
てゆーか、最後にそんな店に行ったのはもしかしたら20年位前かも知れないと思うほど本当にご無沙汰。

あまりにご無沙汰だったらクモの巣が張って東京砂漠みたいになっちゃうなんて話もあるが、まさにそんなレベルのご無沙汰なのだがその理由を考えるに、さすがにスーパーのパッカンものの鮨は別物としても回るお店の鮨のレベルが個人的に要求するレベルに充分達しているからに他ならないからかなぁと思うのは北の大地で極々普通に暮らしている庶民の皆様なら異論は無いところではないかと常に自分の懐を基本に考えてしまう悪い癖。

拙宅から車で5分も走れば回る鮨屋が数軒あるような感じで、勿論回らない鮨屋もあることはあるのだが悲しいかな暖簾をくぐった記憶が無い。

そんなある意味恵まれた環境に育っている自分たち、お仲間が来て接待で鮨を食いに行くと言えば回ってる店だったりする。


今回もそんな感じで話は始まるのだが、E39にお乗りの北陸の御大が仕事の関係で北の大地にお越しになるって事で色々と接待したのだが、その時期が「天候を意のままに出来る」てか「その方が動けば天気が荒れる」と噂される例のBASE管理人様が北の大地を離れる時と真っ向からぶつかってしまったために、当然の如く全国的に災害と言っても良い位に大荒れの天気となり、この地でも朝の最低気温がマイナス10度まで下がるという最近では経験したことがない大寒波が押し寄せることとなってしまった。

お陰で出張最終日に北陸の御大も北の御大による送迎で空港まで向かったは良いが、1日1便しかない直行便が見事に「欠航」となり無事延泊決定。
そこにきて自分はその日の夜に業界の新年会があり着慣れぬスーツ姿でホテルにいたのだが、北陸の御大からいきなり「ヒマ?」と、今まで頑なに拒んでインストールしていなかったのに年末にひょんな事から始めてしまったラインに着信。

てっきり機内の人かと思っていたのに、飛行機欠航のためどうやら北の御大とウダウダしているらしい。
a0015198_09290717.jpg
ホテル前にツンベ横付け、ウンコ座りしてタバコ吸って待ってるって、どんだけの人なんだか(笑)。

こちらの用事が終わるのを待って頂き、ホテルまで一緒に夕食と言う流れになった。
あちこち考えられる店を当たってみたが結局最終的に「鮨だな」ってことに落ち着き、トリトンに落ち着く。
そう、鮨だなと言っても当たり前のように向かうのは回る店なのである。

夜の9時近くだというのに店は満員。
相変わらず人気店は凄いわ。

自分はホテルで適当に食べて飲んできてるのでと言いつつ、翌日深い後悔に苛まれるのも忘れて運ばれてきた鮨を適当につまんでしまう。
内地はどうなのか判らないが、自分たちが行く回る鮨屋は回ると良いながらネタはあまりと言うかほとんど回ってなくて、食べたいネタを紙に書いて板さんに直接手渡しするという、パチンコの景品交換所の一手間みたいな何処か法の目をかいくぐってるようなシステムだったりする。

a0015198_18222235.jpg
中トロ?赤身?、良く判らないけどとろりとした食感にびっくり。
回る店って基本1枚の皿に2貫ずつ乗せられてくるが、この様な4貫一気乗せその代わり皿も2枚重ね方式システムもあったりして、一応さりげなくホールのおねいちゃんに「オジサン達親切だから下の皿は(洗うの大変だろうから)要らないよ(笑)」と店のシステムの何たるかを一切無視したようなことを言ってみるが、さすがにその意見は通らなかった。

a0015198_18220904.jpg
あぁこっちが赤身だわ。
その向こうがイカ?、箸に隠れてるのが生のホッキ貝、その向こうの軍艦巻きがイクラ、奥の緑色の皿は何だったかなぁ。
とにかく自分は適当に腹も一杯だし血中アルコール濃度も上昇しているから詳細が良く判らない。
でもいくつかつまんだそれはどれも美味。

自分はと言えば、席に座るなりいきなり壁のおすすめを見て「カタラーナ」というどうしようも無いヤツ。
a0015198_18222201.jpg
「いきなりデザートかい!」と突っ込まれるが、自宅で回る店に行ってもほとんど鮨を食べない自分にとっては、しょっぱなデザートから始まっても何ら不思議ではない。
奇数人数で鮨を食べに行くと、どうしても一人2貫食べなければならないことがあり、小食且つ色々な種類を食べたい人間にとってはそれは解せない要求なので、自ら鮨をオーダーすることなくサイドメニューのそばとか天ぷらとかデザートかでお腹を膨らませてしまう。
じゃぁ鮨屋に行かなければ良いだろうと言うご意見もあろうが、外食に於いて自分の意見が通るわけもなくひたすらアッシーに徹する関係上食べる食べないに関わらず行かざるを得ないのが現状だったりするのはたぶん何所の家でも同じ、でもないかきっと。

a0015198_18220910.jpg
何じゃこの真っ黒い軍艦巻きはと思ったが、どうやらこれはタラバの外子らしい。
感じとしてはトビッコの様なイメージだが色味がかなりドラスティック。
こんなの初めて見たってのが正直な感想だったりする。
奥の青い皿はタコだな。


ここら辺でここの店の真打ちを紹介してみる。
北の大地に回る鮨屋は数多あれど、自分もこれを見たのは正直初めてだ。
てか反則レベルだな。
こんなの銀座で出されたら、それだけでお幾らの請求が来るか判らないって感じのどどーんとした一点盛り。
a0015198_18220842.jpg
丸いお皿に収まることが出来ず、ほっけの開きでも乗りそうな特別なお皿に乗ってやってきたエビの握り。
えびの頭の影に隠れて見えないが、その奥にはミソの軍艦巻きも付いている。
こんなのが回る鮨屋で出て来ちゃうんだから、回らない店も大変だわと本気で思ったりする。

a0015198_18220815.jpg
手前はハマチ?、ブリ?、、その奥は〆めてない鯖。
ねっとりとした食感がなんとも言えず美味。
鯖は基本的に好きなネタだが、ほとんどが軽く〆めているものなのでこの様な生の鯖を頂くのは初めてかも知れない。
足が速い魚をこうして生で供することが出来るのも北ならではかと。
東京でも頂けるとは思うが、今は何かと揺れ動いている水産市場業界だからこの先どうなることやらとちょっと心配になりながらも美味しく頂いてしまう。

心もお腹も充分に満たされて店を後にする。
北陸の御大におかれましては、出張の間毎日色々な所で鮨三昧となったようで、今度我々が北陸に行ったときには是非とも越前ガニの「極み」のタグを見ながら足の折れた安いヤツを食べたいなぁと思う次第であった。
だって味は一緒でしょ?(笑)。

翌日には無事飛行機も飛んだようで、御大も通常業務に戻られたと聞くが、次回は工具と交換部品一式を用意してるオーナー達が手ぐすね引いて待っているので朝から晩まで頑張って頂きたいと思いますm(__)m


回る鮨ねぇ、なかなか良いんじゃない?と思われた貴兄、確かに回らない鮨屋も良いのだと思いますが、難しいことを考えずにパクパク食べられるのはやっぱりこちらのタイプでは無いかと思ってしまいます。
なので北の大地にお越しいただいた際は、騙されたと思って回る鮨屋にも足を運んでみて下さい。
競争が激しいので何所の店でもハズレは少ないと思います。
やっぱハズレが少ないってのは大事なことで、時に地雷を踏むラフィラ裏は危険な場所なのでございます(爆)。
てことでクルクルクリック!m(__)m

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

当方、こちらの店の回し者でも何でもありませんので当然の如く店側からの利益供与もありません。
あればもっと宣伝してますから(笑)。


by Wonderfullifewith | 2017-01-18 09:34 | まぜまぜ | Comments(14)
2017年 01月 13日
寒波襲来につき
全国的に寒いらしいが、北の大地の冷え込み具合は半端ない。
自分が住んでいる辺りはさほどでもないが、東に200km位、または北に200km位行くと朝の最低気温がマイナス30度近くまで下がっていると朝のニュースで言っている。

マイナス30℃って家庭用冷蔵庫の冷凍室よりも遥かに低い温度だからね。
屋外注射駐車のクルマだとリモコンエンジンスターターでエンジンが掛からないって事もあるらしい。
真偽の程は判らないが、朝はお湯を持って行ってバッテリーを温めてからエンジンを掛けるなんて話も聞いたことがある。

流石にそこまでは寒くはならないが、それでも朝の最低気温はマイナス10℃。
雪の上を歩くときに「ギシッギシッ」と音がする。
当然そこまで気温が下がると雪玉なんて作れない。

昼前でこの位の気温
a0015198_09253720.jpg
結局この日はマイナス7度位までしか気温が上がらなかった。
強烈に寒すぎて外にいるなんて事が出来ないので、そうそうに映画館にしけ込む算段をする。
財布の中には映画招待券が数枚あったので、予約も無しにシネコンに出掛け上映作品を見るが丁度端境かなのか観たい映画がない。

仕方が無いので中島みゆきのコンサートの映画を鑑賞することに。
特別料金2500円のため招待券は使用不可_| ̄|○。
そうか、招待券は通常の映画にしか使えないんだ。

映画はライブのリハーサル映像とライブの映像。
64才のおばさんが頑張って2時間歌い続けるんだから相当な体力だなぁと感心しつつ自分も頑張らねばと少しだけ思うが、残念な事は自分の知ってる曲がほとんど無かったって事。
それでもそれなりに満足出来たのはやはり音楽の素晴らしさの賜物であろう。
映像も良かったし、演奏も良かった。
いつかは生で見てみたいと思う歌手の一人だ。

64才のおばさんの唄なので、館内にいる客もほぼほぼアラ還の人ばかり。
自分なんてまだ若いグループって感じだった。

生涯現役を貫かなければならない自分にとって「ファイト!」って曲は人生の応援歌となるかも知れない(演奏されなかったけど)。



休日のランチは筋肉を付けるためにタンパク質を摂取しようって事で煮込みハンバーグをチョイス。
だがこれが個人的には好みの反対方向だったことがとても残念。

サラダは添付品的な考えで付いてきてくれてアリガトウ
a0015198_09253783.jpg
今は葉物野菜が高いからこれはこれでそれなりに原価が掛かっていて店側は大変だよ。
有り難く頂戴いたします。

問題はこちら。
煮込みハンバーグって事で、メニュー表の写真を参考にオーダーしてみたのだが、料理の写真撮ったヤツ出てこい!的なまさかのこんな一般的なレストランでススキノ風俗店並みの写真と現物の違うものを見せられるとは思わなかった(と言う話を誰かから聞いたことがあります)。
写真に偽りありも良い所だというのが第1印象。

これがそのような店なら「チェンジ!」的な発言もしちゃうかも知れないと思ったが(やったことないけど、というか行った事も無いけど)、レストランでチェンジも何もあったもんじゃ無かろうって事で、大人しく頂く事に。
a0015198_09253849.jpg
あれ?、煮込みハンバーグってこんな味でこんな食感だったっけ?。
煮込みハンバーグって一応ハンバーグだから最初は少し位焼かなかったっけ?
お肉表面に焦げ目などから出る一切の固さを感じず、全てが均一の柔らかさと言えば聞こえが良いが・・・。
焼かずにデミグラスソースの中に各種食材を混ぜ込んだ挽肉の塊を投入して火入れしちゃうんだったっけ?
食べ始めて頭の中に色々な疑問符が飛び出てきて、トマトはフレッシュ感を保つために最後にちょっとだけ火に掛けて煮込みなのにところどころに冷蔵庫の温度を感じさせるような風にするんだっけ?
てかジャガイモやブロッコリーの色味からして一緒に煮込むことはせずにお皿に盛り付けた際にトッピング的にソースの上に乗せちゃっただけ?みたいな感じ。
確かに煮込んじゃうとそれぞれの食材の色味が消えちゃってあまり美味しそうに見えなくなる嫌いもあるけど、せめて料理の温度は均一化して欲しかったなぁと1000円ちょっとのお料理に対して頭の中だけで色々と意見を述べちゃう。

ここには写ってないが、ご飯も「あれ?水加減少しだけ間違えた?」的な出来上がりにおっちゃんビックリ。
確かに二日酔でもたれた胃に優しい感じで消化には良さそうな感じだが、今現在は二日酔じゃねーし。


世の中的には学生はまだ冬休みらしく、街中や店内は結構な混雑具合。
外が強烈に寒いから誰も外に出たくないって感じなんだろうね。

週末はセンター試験が行われるようだが、受験の皆様におかれましては悔いの無いように頑張って頂ければと思います。
そして店名は出せないが煮込みハンバーグには気をつけろ!。


冷えてるねぇと思われた貴兄、マジ冷えてます。
ニュースでも「不要不急の車の運転は控えて下さい」なんて言ってますんで皆さんも充分気をつけましょう。
この時期の車の制御としては1枚目の写真の通りトラクションコントロールを1段切る位が良い感じでお尻も流れて乗りやすいです(あくまで個人の感想です)。
てなわけで、ドリフトクリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-01-13 17:00 | まぜまぜ | Comments(6)
2017年 01月 06日
甘いものは好きですか?
先日の実家詣ででの会話
「ところで平田満(仮名)さんの好物って何?」と義母に訊かれる。
「好物?」としばし考える平田満(仮名)と配偶者。

そう、自分の好物は誰も知らないのである。
「なんだろう?甘いもの?。アイスとかは自分で買ってくるよね」と配偶者。
適当に頷いてみたが、自分の好物って何だろう?ってのが正月最初の疑問ってのは果たして50年以上生きてきた人間として良いのだろうか。



3日まで完全休日を遂行してしまい4日には激混みになるかと思いきや、いつもの如く何事もなく営業を終えてしまって平成29年ははたしてどうなるんだ?と言う一抹の不安も隠しきれない状況になりながらも、木曜日は定期休業日だからと何の反省材料もなく休んでしまって床屋に行ったりするていたらく。

床屋に行って一通り仕上げて貰い最後に鏡で後頭部を見せられたときに現実を知る悲しみ、娘に言われるまでもなく次回からは潔くバリカンで刈って貰おうと心に誓う。
最後の砦である外用並びに内服5%ミノキシジルに裏切られた切なさを何所にぶつければ良いのかと嘆いてみても、やっぱり何処か心の拠り所にしてしまう小心者。
水谷豊を訴えても良いですか?


ヨーロッパに行けばハゲはモテるんだ!と言い聞かせてみてもやっぱりここはニッポン。
いっそのことヨーロッパで通用する免許をどうにか取得して、あちらの国で開業し直そうかと思ってみるも、そもそも英語が3歳児レベル以下では如何ともし難い。

ネットで拾った笑い話に
「ハゲだって判ってるんだから今更カツラ被らなくても良いんじゃね?」といったニョシに対して
「ブスだって判ってるんだから今更化粧しなくても良いんじゃね?」といった男子。
そんな事を思い出してしまうが、さすがにカツラを被るまでの気分にはなれない、と言うかやっぱ100万は出せないわ(禿爆)。
でも伸長が後10cm伸びることが出来るのなら、頑張って100万出すかなぁ。
皆さんならどっちに100万出します?(と端からハゲ対象)。
身長高くなればはげも目立ちにくいかなぁなんて思ったりするのだ。


気持ちを新たにして折角の休みだし、ガレージ前もそれなりに排雪が終わったので車を引きずり出して出掛けてみる。
a0015198_21200066.jpg
写真だと汚い車がそうは見えないのが有り難いねぇ

知人のご令嬢がお誕生日なので、お祝いのお菓子をご購入。
毎度毎度の如く訳の判らない客で店員さんには申し訳ないと思うが、あと3回も通えばきっと覚えてくれるんじゃないかと密かに願っているけど行く度に店員さんが違うから馴染みの客になるにはもう少し掛かるかなと白い御常連様カード(ヨシヲ爆)が全然有効じゃないお店に入る。

前回と同じでは芸がないオッサンと思われはしないかと、でも生ものだったらバッティングしてもなぁと思いつつショーケースの前であーでもない、こーでもないと悩みつつ自分だったらこれが食べたいと思うものを家族分だけ包んで貰うが、前々回もそんな感じで家族分包んで貰ったらなぜかパパママの分がそれぞれの口に入らず主賓の口に見事に収まってしまったって話を思い出しながらも、今回はきっとそんなことは無いだろうと願いを込めてチョイスしてみたが、如何でしたでしょうか?、パパの酒のアテにはなったでしょうか?。

でも良いんです、これでパパが外出しやすくなるのなら、一肌でも二肌でもパンツでも何でも脱ぐ覚悟なのです。

a0015198_21200196.jpg
壁との隙間はミラー1個分ちょっと

狭いガレージに、と言うとガレージをお借りしている大家さんに申し訳ないが、とにかくギリギリサイズのクルマを駐めるとなればある程度色々な工夫をしなければならない。
その一つが運転席と反対側の壁にギリギリに寄せて運転席側のドアの開閉を楽にするってのがあるだが、その方法が以前も紹介したことがあるが壁奥に取り付けたセンサーライト、じゃなくてセンサーライトと連動した単なる作業灯なのだが、これを目印にクルマをゆっくりバックで格納すると壁ギリギリに攻め込むことが出来る。
サイドミラーにこのライトが見えてるって事すなわちクルマと壁との間に隙間が発生している事実だったりする。
ライトが点灯していれば外の明るさで鳥目(縮瞳)になった状態で暗いガレージ内が見えない弊害も解消出来る。

つい先日家族車が自宅のガレージの壁に見事にヒットさせてしまったが、なぜこれを自宅のガレージにも設置しないのかと悔やまれることは一切無くて、家族車はぶつかっても別にイイやというある種投げやりの気持ちもあったりするけど、この先やっぱり車を買い換えることもあるかと思うので、センサーライトとこの作業灯は新規に購入して取り付けようかなとちょっとだけ思ったりする。
そんな事を思う年始なので、近日作業に取りかかって次期家族車の入れ替えに備えたいと思う。


おいおい、家族車の買い換えを考えてるのか?と思われた貴兄、なかなか我が家の条件に合うクルマがないのであります。
全長4m以下、ハイトワゴン、駆動方式は4WD。
まぁオキニの車が見つかるまで気長に待つことにします。

てなわけでハッピーバースデークリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-01-06 17:25 | まぜまぜ | Comments(6)
2017年 01月 04日
2017
ネットからの広いものだが、世の中にはとてつもないことに気づく人間がいるものだと感心するしかない。
3つの素数の3乗の和?、なんだそれだ。
a0015198_20160576.jpeg
良く判らないけど凄いわ

そんな2017年、平成29年だが、今年は10数年ぶりに年末年始を全休にしてみた。
仕事のことはほんの少しだけ引っかかるところがあったが、それは出来るだけ考えないようにして大掃除したり日が落ちたくらいには風呂に入って酒を飲んでみたり、でも自己管離も必要だろうって事で元日の朝一番からジムに行ってみたり、つまりは普段の休日とさほど変わらないことをやらかしてあっという間に休日も終了。

世の中の大半の人はこんな感じで年末年始を過ごしているんだなぁなんてちょっと感じたのも事実だったり。
仕事休んでて大丈夫なのか?とか聞かれてもそんな事は誰も判らないと突っぱねてしまうことにした。


年末年始と言えば北の大地の特徴は「大晦日が盛り上がる」。

よっておせち料理も大晦日の夜から頂いてしまう。
a0015198_17292300.jpg
出来合いのおせち料理

今回のおせちは購入してくれた方には申し訳ないがハズレだわ(笑)。
手前の大きなエビは見た目は良いが食べる所なんてほんの少ししかなくて、完全に見かけ倒し。
見た目は良いけどここに別のものを詰め込めば良いのになぁと思うのは庶民の考えなんだって事は十分承知の上。

年越しそばは寝る前に食べることが多いと思うが、大方その時には満腹でそばを食べることが出来ない。
年越しそばを食べると翌年の小遣いに苦労しないらしいが、年越しそばを食べないから毎年小遣いに苦労しているのだなと反省しようと思ったが、そもそも別件で苦労する理由があるって事を思い出してしまい期せずして目からしょっぱい水が出て来た。

お小遣いって空から勝手に降ってくるものじゃなかったんだってことを今更ながらに再認識した。


年始も普段休んでないためにいきなり休みにしたところで特にする事も無く、朝も寝静まってる家族を起こすことなくジムに出掛けたりする位しかやることがない貧乏性。
はたして普通の人は正月に何をしているんだろう・・・。


正月映画もこれと言って観たいものも無いのだが、てゆーかめぼしいものはほとんど観終わってたし、それでも折角だからって事でスターウォーズシリーズ作品を鑑賞するが、やっぱスターウォーズの何たるかを知らない人間が観ても面白みは半分って所だろうか。
きっと前後のストーリーが判ってる人が観れば「あれがあのシーンに繋がって、あれがあの人になって、あれ?あの人は確か亡くなったと聞いていたけど一体何なんだ?」とか面白く観られるのかも知れないけど、自分が知ってるスターウォーズの知識は「ダースベーダーと金色のヒト型ロボットとドラム缶みたいなロボット」だけってんだからきっとあの劇場にいた人の中では底辺レベルだったろうなぁ。
え?底辺にも達していない?


大した食欲もないからこんなパスタセットを食べてる人の横で
a0015198_17292588.jpg
自分と言えばコーヒーとケーキみたいなものを食べてるんだから、店員さんはどっちにどっちをサーブすれば良いか判らなくなって困ったって事は正月あるある、な訳ないな。
a0015198_17292580.jpg
真ん中はクリームブリュレのケーキ、とどこにでもあるようなコーヒー。
後で考えたらこれが昼食となってしまった(女子かよ!)。


街は何所に行っても混んでて人に酔う勢いだが、人が出て金を使わなければ経済が回らないのでドンドン出て来て貰って財布の紐を緩めて貰おう。
でも給料が上がっても手取りが全然変わらないって嘆かれるような社会保障制度ってどうなんだろう・・・。
社会保障の恩恵を受けられれば良いけど、全然関係なくただ天引きされてる若者を見ていると可哀想になってくる。

そんな事を混雑した人混みを観ながら考えてしまうおっさん。
通勤時に事故に遭うとか、結婚して妊娠出産するとか、それでも子供を保育園に預けてまた現場に復帰するとか、そんなことなんて先ず無い様な業界だからね。
掛け損だわ。
a0015198_17292600.jpg
ロードヒーティングのボイラーは強制循環させてるからどうにか路面の雪が溶けてくれてるけど、スローシャッターで撮影するともの凄い大雪に見えるね。
北の大地の人間はこんな過酷な条件の中でシャコタンFRに乗ってるんだからエライと言って下さい。
でも「エラいことしてくれたよな」とは良く言われますけど、それって褒め言葉じゃないですよね。

そんなとりとめの無いフィクションみたいな話で恐縮ですが、今年もどうかご贔屓の程宜しくお願いいたします。


おいおい、ところで何だよ今年の年賀状の手抜き具合はと思われた貴兄、最初は色々と写真を探してレイアウトしてみたんですけど、そしたらなんと前年の年賀状とほぼ同じになっちゃってビックリですわ。
毎年同じ事をやってるんだなぁと思って、こうなったらたまにはこんなジョーダンもありかな?と思いまして。
そしたらある方からは「実はアイコラで顔が変わってるんですよね(笑)」と強烈なカウンターパンチを頂きましたことをここにご報告させて頂きますm(__)m。

そんな訳でハッピーニュークリック!
アイコラじゃないんだよ〜。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-01-04 21:44 | まぜまぜ | Comments(16)
2016年 12月 30日
夢と現実と大人と子供と
夢であいましょう
夢であいましょう
夜があなたを抱きしめ
夜があなたに囁く
嬉しげに 悲しげに
楽しげに 淋しげに
夢で夢で君も僕も
夢であいましょう
作詞:永六輔 作曲:中村八大

夢の中や頭の中だけの妄想や想像なら誰に何の迷惑を掛けるわけでも無いから、楽しく来年もあんなことやこんなことの妄想をしたいなぁなんてお前は中学生か!と言われそうな今日この頃。



年を取ると1年が早い。この様に感じるのはジャネーの法則と言うらしい。
それは「主観的に記憶される年月の長さ」を指したもの。大人になるにつれ経験を積み、日々の生活に感動が薄れてきているためにあまり記憶に残らないのであっという間に日々が過ぎてしまうことが積み重なり「一年が早い」と感じられるのだとか。
それはこれからのことではなく過去を振り返っての感想。
日記のような雑記を書き始めて10年位になるが、その間には色々なことがあり今思い返せば思い出したくない黒歴史も含まれているけど、それも全て自分の経験したことだから今更どうしようもない。
現実に起きてしまったことは取り返しがつかないので、それをこの先の心の教訓として生きていくしかない。
と判ったようなことを書いてはいるが人間的に全然進歩してないってのは本当に痛感する次第。

それを人は「相変わらずだなぁ」というのかも知れない。でも良いじゃないか、相変わらずでも。年を重ねても若い頃と同じ事をしているというのは、逆に誇っても良いのかも知れないなんて勝手に都合良く自己肯定してしまう辺りが相変わらずという紛れもない証拠だったりする。
「ソリが合わない」と思ってみずに、「元の鞘に収める」的な何処かで妥協と迎合をするのも大人の行動。
「さや当て」位で「つばぜり合い」のケンカをして「ヤキを入れて」もどうしようもないから「単刀直入」にスパッと言うべき事を言おうとしてもやっぱ「付け焼き刃」の知識ではどうしようもなくなって「地金が出てしまう」なんて事にならないよう日々努力日々鍛錬。


運命の人に出会うのではなく、出会った人を運命の人にする。
人生やり直すのに遅すぎることはないって言葉もあるので、どうにかなるように膝をつき合わせて話をしてみるのも一つの方法だと思う、とどの口が言う?と突っ込める人はどの位いるか判らないが、言うだけなら言えるのだ(笑)。

ジャネーの法則を覆すためにも、日々楽しいワクワクした時間を過ごして常に新鮮な気持ちで朝を迎えられるように来年こそはしてみたい(って宮沢賢治かよ)

a0015198_16420727.jpg

確かにサンヨンに乗っていた10年よりF10に乗っているこの5年の方がスピードは遥かに速い気がする。
やっぱドキドキ感が少なくなってるのかも知れない。
もっとドキドキするようなことをしなければ。


おいおい、またそんな大義名分を持ち出して良からぬ事を考えてるんじゃねーだろうなとご想像の貴兄、もしかしたらそうかも知れませんが違うかも知れません。でも必ずやドキドキすることをしたいと思ってその時を虎視眈々と狙っているのは紛れもない事実なのです。
その時がいつかはまだ判りませんが、少なくともあと2年くらいは先になりそうな予感ですので、それまで元気で「免許返納」なんて事にならないよう頭と体を鍛えていくことにします。

ロードヒーティングのボイラーの制御基板が故障しました。
年明け修理、又は本体買い換えの悪寒。
はたしてその請求額はハウマッチ!(泣)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-12-30 12:17 | まぜまぜ | Comments(6)
2016年 12月 14日
糖質無制限週間開始
a0015198_11222498.jpg
ドカ雪に見舞われロードヒーティングも間に合わず、急場しのぎに家族車で雪を圧雪して駐車場を確保したのは良いのだが、真っ白い雪の中では瞳孔が雪の眩しさ故に極度に小さく(縮瞳)なってしまい、その状態で車を車庫にしまおうとしたら暗い車庫内の様子が全く見えずに左フェンダーをガレージの壁にこすりつけるという大失態を引き起こしいつものハッピーさんに泣きつく。
困った時にハッピーさん頼みは今年も健在。

ぶっちゃけ多少擦った程度ならコンパウンドで無かったことにしようと思ったのだが、今回は「塗装が割れた」という最悪の事態を招いてしまった。
寒さのせいか当たり所のせいか塗装が割れたことにより鉄板むき出しになってしまい、このままではフェンダー部分錆びてしまうのは目に見えてるためやむなく修理することにした。

家族車にはもう少しだけ頑張ってもらわないとね。
今のキューブクラスの小さいミニバンで、なんちゃってでも良いから四駆で、そして新しいe-powerシステムの車が出たら買い換えようと思ってるので日産の人どうか宜しくお願いします。
そして出来ればセンターメーターじゃない方が良いなぁ。

冬って何かと出費が嵩むわ、と自分のミスを棚に上げての発言を堂々としてみる。
もしかしたら色々と疲れてるのかも知れない。
疲れてるときには甘いものを摂らないとダメってことを悟られたのか何かは判らないが、娘の誕生日って事で糖質満載のケーキってものをオーダーしている家族。
何をトチ狂ったのか「1万円以上になると送料無料になるから」とこれまた良くあるような理由で職場にまでケーキを購入してしまう暴挙に出られたのは悲しい事実な訳で、なぜに悲しいか・・・、自分は職場でも自宅でもケーキを食さねばならない自体となったからに他ならないではないか。

結局その後3食ともケーキって食生活を余儀なくされる悲しいおっさん。

a0015198_11222513.jpg
職場に届いたケーキ。
後ろに見える文化包丁のサイズから想像して頂ければ判るが、これを5人で完食するのはフードファイトそのもの。
「72度に切り分ければ良いから」ってことでスマホアプリでキッチリ分けつつ義務食いを強いられる。
キツイ。

にしてもこれでもかって位のイチゴクリーム。
その一つ一つが薔薇の花びらのようにデコレートされている。
この技術料がケーキの値段なんだろうなぁと感心しきりだ。
リボンの結び方もお店のロゴが綺麗に見えるようにしているのだからほんと細かいところにまで配慮が行き届いているわ。
a0015198_11222575.jpg

技術料と言えば、我々の業界はアメリカと日本の技術料の考え方に大きな違いがある。
アメリカは自分たちが言葉を発した時点で技術料が発生するが、この国では言葉を発しただけでは技術料は発生しない(ことがほとんど)。
言葉を発するために要した費用の換算が為されないのが日本である。
金を掛けて仕入れた知識をフル動員して「大丈夫」と発した事への評価が為されない。
素人の「大丈夫」とプロの「大丈夫」と発するのは大きな違いがある、ってことが評価されない。
ちょっと見て「大丈夫」って言うだけでその金額は何だ!みたいな風潮。
悲しい。

おっと、愚痴ってしまった。
ま、良いか。


このサイズの1/5のケーキをどうにか完食し帰宅すると、そこにはまたケーキ_| ̄|○
a0015198_11222433.jpg
太いろうそく1本と細いろうそく5本で15才だそうだ。
おっさんがろうそくを立ててもらうようなことがあったら、亀山ローソク一本かも知れない。

このケーキを一人1/4義務食い。
残り1/4は・・・、世帯主が義務食い。
糖質制限ダイエットくそ食らえ状態週間がまさに開催される運びとなった。

そんな感じでケーキ相手に格闘している横で「クリスマスはこのケーキが良いね」とチラシを見ながら相談しているので、もしかしたら甘いものは別腹ってのは冗談抜きでありなのかも知れない。

本日の教訓
家族計画は本当に計画的に行わないと、他の行事と重なると悲惨なことが生じてしまう。
でも「いちゃいちゃ」するのに時と場合なんて考えられないよね(笑)。


旨そうなケーキじゃねーかと思われた貴兄、確かに一口くらいなら美味しく頂けますけど、これが何口も何口もってことになると少々ツライものがあるのです。
「あとでスタッフが美味しく頂きました」的なテロップを流すことも大体が自分たち以外にスタッフもいないので、全ては自己責任で消費するしかないのです。

休日には朝から昼まで若いニョシ相手にノンストップでトーク炸裂、来週にはまた新たなケーキが届くかと思うと、少しだけ憂鬱なアラフィフに愛のクリックを!
そして自分の車、先日の大雪で出せなくなってる悲しい事実。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

このネタはフィクションです。


by Wonderfullifewith | 2016-12-14 19:00 | まぜまぜ | Comments(6)
2016年 12月 11日
罰ゲーム並みの降雪の日は
芸能人の薬物報道で持ちきりの今日この頃だが、北の大地は冬らしい天気が一気に襲ってきて、幹線道路は勿論、高速道路も通行止め、空の玄関口も閉鎖されるという「良くある話」が一気に訪れてしまうこととなってしまった。
新聞も空港で足止めを食らって一夜を明かす旅行客の画を掲載していた。
硬くて冷たい地べたに毛布一枚だけで夜を明かすってのは、本当に辛いだろうねぇ。

市電も円形の箒のようなブラシで雪を払い飛ばして線路を確保する「ささら電車」すら、あまりの雪の降り方に運休という普段はほとんどあり得ないような状況になっている。
こんな雪の降り方は雪で慣れている北の大地の住人もちょっと閉口。

こんな天候では当然商売あがったりで、普段は相手にしていない「閑古鳥」を迎え入れなければならないという不運に見舞われることとなってしまった当店、はたしてこの先の運命は?と次週の予告みたいな話は聞きたくもないし書きたくもない。

ドカドカではなくボチボチ雪が降ってくれれば大した問題にもならないのだが、こうして一気に一晩で50cm以上も雪が降られると色々なところに弊害が出て来てしまう。
確か去年は1階部分の屋根の雪おろしは必要なかったと記憶しているのに、今シーズンはいきなり屋根雪下ろしの洗礼を受けてしまい、またその時に「自宅部分のエアコン室外機のカバーをかけ忘れる」失態に気づかされてしまうとは痛恨の極み。
室外機の上には30cm以上の雪が積もっていてそれを見た家主は「確か火曜日には最高気温が0度くらいにまで上がるからその時にでもやろう」と呑気なことを思っているが、はたしてそれは本当のことになるかは神のみぞ知る事実。

最高気温が0度、何かおかしな事言ってます?


a0015198_20375308.jpg

寒くなると潤いがなくなってしまうアラフィフは日ごろのお手入れが欠かせない。
特に接客業で指先が命のような仕事をしている身としては、出来ることなら綺麗な指先をしていたいのでハンドクリームを塗りたくっているのだが、そのクリームの保湿を長時間維持するためにこの様な「ブルーマン」になってしまいそうな青いゴム手袋を装着して睡眠する日々。
美しさのためには他人に見えないところで努力するのよ、と言ったのは一体誰だっただろうか。
でもこれ、見た目以上に効果的だったりしてビックリ。
朝起きたときに手の皮膚がしっとりうるつやになっている。
やっぱ皮膚の保湿って本当に大切なことを再認識される瞬間だ。

これならスベスベお肌であんなことやこんなことをしても絶対に嫌われないと思う、と言う妄想も当社比2倍で出来るってる自分は一度ならず三度くらい死んだ方が良いですよねってきちんと自己理解出来てる自分が可愛い。


にしてもだ、この雪の降り方はどうしたものかと思ってしまう。
離れのガレージの前も柔らかい雪が50cm位積もっていて、それだけならどうって事ないところに加えて除雪車がガッツリ置いていく硬い雪の塊が愛車の出庫を阻んでいる。

兎にも角にも翌日からガソリン代が値上げされる旨のメールをガソリンスタンドから頂いているので、なんとしてでも車をガレージから出庫しなければならないので頑張って雪かきに励むアラフィフ。
こんなことならジムに行かずとも雪かき作業を行っていれば十分な体力維持が出来るであろうと思うのだが、そこはそれやはり色々と不純な動機があるのでジムに行って頑張らねばならない。
「言葉の浸透力はハンパない」のである。

上腕二頭筋が軽度の炎症を引き起こし軽度の筋断裂の末に筋肉が太くなる現象(超回復)がジムに通うこと2年弱で漸く日の目を見る頃となってきた。
あとは腹筋が割れるシックスパックだけだが、昔取った杵柄の有り余る皮下脂肪故そのような状態になるには後数年の歳月が必要と自己分析。
大胸筋は誤差範囲で少しだけ動くような気がするのだが、はたしてシックスパックは実現するのであろうか。

自分の筋肉はどうでも良いとして、1階屋根部分の雪かきをする事で暖房ボイラーの排気口確保しFF暖房器具の不完全燃焼を未然に防ぐことが出来たのは嬉しいのだが、持って生まれた軽度高所恐怖症はいまだかつて克服出来ていない。
屋根に登って下を見るとなぜか無性に飛び降りてしまいたくなる衝動に駆られる(単にストレスなのか?)。
よってシンガポールのホテルからのダイビングとか、恐らく幾ら金を積まれても出来ないと思う(ただし提示額によってはやると思うが)。


とにかくこの罰ゲーム的な降雪は色々なところに弊害をもたらす以外に何も無いので、どうかこの様なことは今シーズン1度切りにして頂きたいと切に思うので、空の神様どうか宜しくお願いします。


寒いなぁと思ったら気温がー5.5度とか訳の判らない温度になっているので、夕食はトマト味のロールキャベツ。
そう、TBSテレビの東京噂のマガジンの人気コーナー「やってTry」でやっていたのでほぼそのままのレシピで調理してみたが、家族の反応は「人が作ってくれた料理は何でも美味しいわ」とこれまたつれないリアクションに意気消沈。
今度強烈にまずい料理を作ってその反応を見てみたいと思ったが、自分もそれを食べることを考えたらやっぱり出来るだけ美味しい料理を作った方がやっぱ幸せになる事を直ぐに再認識。
でロールキャベツの出来は、娘がおかわりして食べていたのでまずまずであろうと自己満足。

これから真冬に掛けてはホントに出不精となってしまうので何か他の趣味でも見つけようかと思うが、はてさてどんな趣味が良いかしらん。


高所恐怖症ねぇ、あれは克服出来るのかねぇと思われた貴兄、何か良い方法があればご教示下さい。
煙と何とかは高いところが好きと良く言いますが、時に例外は居るものであります。

各航空会社の時刻表をにらめっこして、日帰りで伊勢神宮にお参りすることは現実可能なことは判りましたが、学業の神様が祀られている九州の太宰府天満宮への日帰りお参りはちょっと無理って事が判ったので、菅原道真公のお守りをどうしようかと真面目に考えてる高校受験生を持つ父の心境を少しでも感じ取って頂けた方は下のバナーをポチッとして頂ければ幸いです。
そう、全国屈指レベルの御利益をお願いしなければならない成績の娘を持った父親の悲哀な訳です。

てなわけで伊勢うどん、飛び梅クリックm(__)m
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

このトピはフィクションです。


by Wonderfullifewith | 2016-12-11 21:42 | まぜまぜ | Comments(16)
2016年 12月 09日
運命の人とかゴソゴソやるとか
仕事柄一日に何十回も手洗いするお陰で不織布のガーゼを指でつままずとも持ち上げられるくらいのマジックテープ並に荒れた指先をどうにかしようと夜な夜なハンドクリームをタップリ塗った上にゴム手袋をして何とかケアするような無駄な努力をしているのは、妄想の中だけでももちもちすべすべの指先で可愛いおねいちゃんの肌をなで回そうと思っているわけではないことをここに誓うことが出来ない弱い心をどうにかしたい。

最近はドラマ「逃げ恥」を自宅で見て、ジムに行った際にスマホを使ってTVer経由で見直す妄想オヤジ、チャリを漕ぐ太ももにも力が入るってもんですわ(笑)。
やっぱ行為を継続する動機は不純な方が良いと本気で思えてくる。

そんなドラマの中で「運命の人に出会うのではなく、出会った人を運命の人にする」なんて言葉があったが、不意を突かれてドキッとしてしまうおっさん、この年まで一体何を考えて生きてきたのだろうかとマジ凹む。
きっと何も考えずに今まで来てしまったことに深い後悔の念を抱くが、人生はやり直せないのでこれから何とか挽回したい。

確かに一時は「ビビビ婚」なんて言葉も流行ったが、そういうことはやっぱりほとんどなくて大半は色々な目論見とか打算とかその一瞬の感情とか良い匂いに心が惑わされてそのような関係になってしまうのが本音って所だろう。

そしてそれも月日が経過すればその時の一瞬の感情なんてものは何処かに消え去り、残ったものは「惰性」みたいな身も蓋もない色気も何もない感情だけで、パンドラの箱に残ったのは「希望」ってのがもの凄く有り難く感じてきてしまうのも年を取った証拠だろうか。

そんな事を考えつつ冬場になると途端に行動範囲が狭まってきてしまうのが北の大地のおっさん、クルマで30分も走ればオリンピック会場になったスキー場に行けるのに、ケガが怖くてウィンタースポーツからは一気に遠ざかってしまっているからやることと言えば「映画館にしけ込む」くらいしかないという極めて寂しい行動パターン。
たった3週間で映画を5本も観てしまうってのは何処か病気かも知れない

もっとアグレッシブに生きろよと思わないでもないが、傷病手当も有給休暇も何も無い自分ではあまりアグレッシブな行動はどうしても自主規制してしまうが、他にも自主規制しなければならないことは山ほどあるだろうってツッコミは聞こえないフリをすることにする。

なので愛車でドライブすることもなくゴソゴソと室内であんなことやこんなことをしでかす事に時間を費やすのだが、今回そんな中で何をトチ狂ったかこれまたテレビドラマに出ていた料理の改訂版の「鳥肉のコンフィを作る!」(ドラマでは鴨肉のコンフィ)とか突然思い立ち一人でいそいそとスーパーで買い物カゴを押しながら買い物をするおっさん、哀愁漂いすぎ(笑)。

前日から鳥肉に下味を付けるべく、その辺にある塩や香辛料を鳥肉に擦り込み密封バッグ入れて空気を抜いて一晩冷蔵庫で放置。
密封バッグの空気を抜く方法ってのをSNSで知るが、ボウルに水を張ってその中に鳥肉の入った密封バッグを静かに沈めていく事で空気を逃すって方法、これ使えるわ。

そんなギネスブックにも掲載されている星沢先生の「奥さんここでもう一品」みたいな事を台所でやっちゃう事に歓びは得られるのだろうかと多少疑問も感じながら気持ちはほんのちょっとだけ高揚しているんだからやっぱり自分は台所作業は嫌いじゃないのかも知れない。
得意技は洗い物です。

あとは68℃で3時間くらい熱を加えて、最後に鳥肉の皮目に焼き色を付けるためにフライパンで軽く焼き上げれば完成、って料理名の割に簡単な料理じゃんみたいな感想を得たが後で知人に聞いたら「温度管理は炊飯器の保温モードでやるともっと楽だよ」ってアドバイスを頂いたので次回はそっちの方法でやってみようと心に誓うって程のことでもないか。

ガスコンロに掛けた鍋のお湯の中では幾らとろ火でやってもどうしても温度が上がり過ぎちゃうんで、この料理を作るのならIHのコンロか、炊飯器か、ヘルシオの低温料理モードみたいなヤツでやることをお薦めする(やらないか)。
a0015198_15470767.jpg
75℃以下に抑えたいのにちょっとうっかりしていると一気に湯温が上がってきてしまって調整がなかなか大変。
ちなみに肉の表面に見えてるお茶っ葉みたいなのは香辛料のタイム。
本当は枝みたいな奴を使うと良いのかも知れないけど、近所のスーパーにはそんなオサレな物は売られてなかった。

味としては結構タイムが自己主張してきて、食べたときに今まであまり味わったことが無い感じの匂いだったが、これはこれで結構イケる味になってて、やっぱり料理ってのは「手間」が一番大事なんだなぁとビリーバンバンが歌う「やっぱりお料理うまくないけど、貴方のためならせっせとやるわ♪」って歌詞を口ずさみながら、所でその貴方って誰だ?みたいな話になりそうなのをグイッと引き戻して、今度湘南の兄貴が来たときには超秘密基地の台所で思う存分腕を振るってもらう事で恐らく異存はないだろう。

地区男さん、待ってますm(__)m。


a0015198_15470605.jpg
ガレージに鎮座する愛車からの風景、ここのガレージもあと何年借りることが出来るのだろうか。
勝手にセンサーライトを付けたり、兄貴と一緒に振動ドリルで地面に穴を開けて輪留めを固定したりとやりたい放題、で極めつけはリモコン電動シャッター取付(笑)。
普通、借りてるガレージにそんなもの付けるか?。
取り付けたい旨を相談したら家主さんの粋な計らいで業販価格で取り付けてもらったのは良い思い出だわ。

そしてガレージの思い出として一番は「車庫に入ったら(クルマを)買う」って一言。
今ではあまり気にしないけど、当時は後ろの壁まで3cm、シャッターまで4cm程の隙間に痺れたものだ。
G30はF10よりも全長が数cm長くなるから、万が一にも万が一な事が起きたらまた痺れるのかも知れない。
でも540xiが1000万オーバー、アルピナなんて一体幾らになるのか考えたら痺れるを通り越して気絶もんだね。


相変わらず妄想力満載だなと思われた貴兄、まさにその通りでございます。
詐欺師、ペテン師と同じ師業の身分故、それなりに師走はバタバタしている日々を過ごしておりここの更新もままならい状況ではありますが、それでも未来は誰も判らないって言葉を胸に日々を生きているのであります。

クリスマスには七面鳥はちょっと買えないと思うのでチキンの丸焼きに挑戦してみようかとか、スペアリブを焼いてみようとか、再びローストビーフに挑戦してみようとか思う訳であります。

人生、何時終わるか判りません。
死ぬときに後悔だけはしたくないので、皆さんも日々を大事に過ごしましょう。
そして健康が一番の贅沢って事を今一度心に刻み、明るい明日を迎えるようにしましょう。

てことで「言葉の浸透力ハンパねー」クリックm(__)m

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

この内容は全てフィクションです。


by Wonderfullifewith | 2016-12-09 19:07 | まぜまぜ | Comments(6)
2016年 11月 25日
羊とアルコールと若いニョシで
まだ11月だが、北の大地は極寒に見舞われてしまった。
極寒なのは北の大地だけではなく江戸も凄い事になっているとかで、「観測史上初の11月積雪」なんて話題がワイドショーを賑わせていた。
あぶないと思ったときには会社を休むくらいの気概が欲しいが、勤勉な皆様はきっと何が何でも会社に行っちゃうんだろうなぁ。

北の大地でも豪雪で名高い朱鞠内(しゅまりない)では積雪が1mを超えたなんて話もあって「やっぱすげーや」と地元の人間ながら感心しちゃうんだけど、幸いなことに自分が住む地域は最高気温と最低気温が同じって訳の判らないながらも雪はそれほどでもなかったりして助かってはいるのだが、個人的には「雪が降ったら寒い」って刷り込みがあるのに「雪が降ってなければ寒くない」って思い込んでる所に来てマイナス気温は堪える。

どの位寒いか、上着のポケットにiPhoneを入れて音楽を聴いていたら、バッテリー45%位あるはずなのにいきなり電源が落ちる位。
再起動を試みても行ってQの出川よろしく「何だよこのマイクみたいな画は!」ってマークしかつかなくて焦りまくり。
iPhoneって熱すぎても寒すぎてもダメなことを再確認。
その後クルマに戻って充電ケーブルを挿したらいきなり46%って出て_| ̄|○。
凍死かよ!。

そんな事を感じた休日だが、休日のようで休日じゃないところが自分の素晴らしいところ。
前夜に久しぶりにススキノで盛り上がっちゃって、夜間施設の可愛いニョシ達と非常に楽しい時間を過ごしてオジサン大満足みたいな状態で帰宅しての休日朝一番から内職現場で工房作業。
ただその状況をとある人だけはほぼリアルタイムで知っていて、今考えると写真付きの凄いメッセージを送ってしまったので出来ればあれは忘れてくださいm(__)m。

そんな大騒ぎの大宴会の開始には
a0015198_12284663.jpg
みんな〜、準備は良いかい?とクルクミンの力を借りて猛ダッシュ。
隣には事前に決められていたようだが可愛いニョシ、勿論サービス料はコミコミ(違)。
ビールの味が3割増しに美味しく感じるのはなぜだろう?
そして家呑みなら中ジョッキ1杯でそれなりに酔っ払ってしまうのに、外呑みで楽しい環境だと全然酔いが回らないで飲めるのはなぜだろう?。

こちらの店、チェーン店の体をしているが結構料理が良くて軽い接待にも使えそうなのでキープ確定。
場所はラフィラ表ってかR36を挟んだビルの6階。

勿論この時期だからタチの天ぷらも用意されているが、向かいに座ったベテランニョシにパクリとやられてしまう失態。
「君がそんなタンパク質を摂取してどうしようってんだよ!」みたいなセクハラギリギリの会話も軽くスルーしてしまう辺りは流石に場数を踏んでいるなと感心する事しきり。
a0015198_12284640.jpg

タチ天の向正面には鯖の炙りのようなものが添えられていて、これまた美味。
刺身もガッツリだったが、競争が激しくボタンえびはゲット出来ず。

二次会も大いに盛り上がり時計の針がてっぺんを向く頃にお開き。



翌朝の工房作業ではやることなすことおっかなびっくりな可愛いニョシ達を宥め賺し叱咤激励、作業の合間に時々チラリと見える自分の上腕二頭筋のコブに「センセー、ギャップ萌え〜(笑)」とか言われて良い気になって、そんな事を言われても工房の仕事は真剣そのもののうちに終わるけど、絶対的に筋肉量が少ないから本格的な人から見たら全然なんだけどやっぱ不純な理由ほど動機づけは強くなるって事が自分のこの体験談で実証されたので皆さんも何かを続けようとしたときには動機は思い切り不純な方向に持って行くことを強くおすすめめする次第。

不純な動機、じゃなくて健全な意識の中で内職を終えて向かったのは士別(しべつ)バーベキュー。
a0015198_12284862.jpg
ここは狸小路(たぬきこうじ)7丁目にある羊肉専門店。
羊肉でも特別なサフォーク種と言われるあまり世の中に流通されてない種類の羊肉である意味特別な肉(らしい)。
北の大地の人間としては羊肉は離乳食の頃からお馴染みで何かのイベントがあればジンギスカンをするって揶揄されるほどの羊消費地域だが、正直な話、北の人間的にはラム(若羊)かマトン(成羊)かロール肉(加工肉)位の区別しかなくて、あとは味付きかタレ後付けの区別くらいで、サフォーク種の味がどの程度の肉かと思って訪ねてしまっただけの軽いのりだったりする。
ここに来ていきなりの「羊の種類」違いって話が出て来て正直戸惑ってしまったってところが正直な話。

ちなみに「関西の家にはどの家にもたこ焼き器がある」なんて話があるが流石にどの家にもってのは大げさで8割くらいの家ってのが本当らしいけど残りの2割は「空き家」って嘘みたいな話は本当ですか?

ちなみにここの店の隣はラーメン赤星とちょっと贅沢なジェラート屋さんなので判りやすいと思う。


昼間っからアルコールとともに羊肉の焼肉を食することが出来るようで、今回は頼まなかったが次回はちょっと挑戦して食べてみたいと思った。
a0015198_12284784.jpg
ハーフサイズもあるのが小食の自分には嬉しいが、何より嬉しいのがハーフサイズがノーマルサイズの半額って価格設定だったりする。
ハーフサイズの料理でも人による手間は一緒だから半額にまでならないのが通常なのだが、ここは見事なまでに半額。
嬉しい。

今回はランチタイムのみ提供のラムチョップスープカレー。
a0015198_12284723.jpg
カレーの味は・・・、やっぱスープカレー専門店じゃないからなぁってのが正直な感想。
サフォーク種のラムチョップも肉の柔らかさは見事だがそれなりに羊特有の臭いが感じられるものだったので来週にでもその辺を本気で検証してみたいと思った。
正直あそこまでの臭い(匂いではなく)では北の大地の住人はともかく内地の人はちょっと辛いだろうなぁと思う。
ただメニューがカレーってことで正確な判断が危ぶまれるので次回は本格勝負の「炭焼き」での勝負を挑みたい。

ま、どっちにしても自分は羊の肉の臭さは人生の中ですり込まれてるから問題ないんだけどね。

つづく


なんだか楽しい毎日じゃねーかと思われた貴兄、まさにその通りでございます。
明日の事は誰も判らない実際、今のこの瞬間の人生楽しまなければ損なのでございます。
なので辛いことも楽しいものに変換して日々を過ごしましょう。

可愛いニョシの写真はワールドワイドには出せませんが、どうしても見てみたい貴兄は下のバナーをポチッとしていただきつつ直接北の大地に来て頂くって事でどうか一つm(__)m


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

でもこのネタはフィクションですってことにしておいてください。



by Wonderfullifewith | 2016-11-25 22:19 | まぜまぜ | Comments(4)
2016年 11月 11日
動機が不純なほどやる気は維持出来る
唐突ですが平匡さんとみくりちゃんのドラマ、録画して欠かさず見てます。

加齢に伴う体の劣化を最小限に抑えるためにジムに通うことして早幾歳が経過したが、はたしてその成果は如何ほどのものだろうかと考えるまでもなく夢のシックスパックなんて夢のまた夢、その半分の三段腹ならどうにかってレベルから全く脱却出来ていない(気がする)。
体を鍛えるために通ってるのに、その一方でジムに行ったら体が痛くなって整骨院に通おうかと思うほどに疲労困憊したこともある位だ。
本末転倒も甚だしいにも程があるって話だな。

だがほとんど体の変化がないのにその事実にめげずにジムに通うこのモチベーションはどこから来ているのだろうかと考えるに、どう考えても単に「体の劣化を防ぐ」為だけではないのはこのまだらボケみたいな脳味噌でも判断可能で、そこにはBACK TO THE FUTUREも真っ青なくらいの構想3年製作1時間的な理由だったりする。

そう、動機は不純なほどやる気は維持されるのである。
もしかしてだけど〜♪ではないが、万が一にもそのようなシチュエーションになったら、ってどんなシチュエーションなんだという疑問は沸かないでもないが、とにかくそのようなシチュエーションが来るようなことがあれば、その時に年齢なりの緩い体型よりもやや若めの体型の方が印象が良いのではないか、とまずあり得ないような事のために頑張ってるって言ったら判ってくれる人はどの位いるだろう。

勿論そのもしかしてなんて世界は実社会の話でも何でもなくて、だって普通に考えて50過ぎのおっさんがそんな事になったらあまりに生々しい話になって思わず女子高生じゃなくても「キモっ!」て思うから、そこは完全に妄想の世界をフルに駆使して、もし今から20年若かったらみたいな話の世界の中で考えてジムに通ってるって言ったら、それこそ「お前大丈夫か?熱あるんじゃないか?」と本気で心配されそうになるからあえて誰にも言わないけど、その位の勢いで不純な妄想をかき立てて動機づけにしている自分って何処か夢見る夢男君でしょうか?いいえヨシヲ君ですってツッコミは今回は不要です。

で、最初の平匡さんとみくりちゃんみたいな話になって、自分をまんま平匡さんに置き換えて妄想したりして、そうなればやっぱり少し鍛えておいた方がガッキー、もといみくりちゃんに失礼に当たらないかな?とかもうどうしようもない世界にまで妄想を広めていけるのは中坊時代から築き上げた妄想力のなせる技だったりするのには異論がないと思われるが、そんなところに異論を唱えないのはほぼ同年代の人達だけで若い人、とかく物心ついた時にはインターネットがあったり、電話は各自が携帯を持ってるのがデフォで電話は家庭に一台しかなくて彼女に連絡するにももしかしたら父親が出ちゃうんじゃないだろうかとドキドキしたりしたことが無い人には到底理解出来ない世界だと思うけど、え?同世代でも理解出来ないですか?、そうですか。

つまりはTシャツが似合う体型ってのが理想だよね。
さりげなく判る胸板の厚さとか、ポッコリ出ていないお腹とかそう言うレベルさ(って誰に言ってるだか)。
だから全然脱いでないのさ。
それで良いのさ。

でもそんなどうしようもないような動機づけで体が鍛えられるのなら(実際は現状維持がやっとだけど)それはそれで楽しいんじゃないかと思うのも事実な訳で、こんな話を真面目に読んで「あいつとことんいかれてるわ」とか匿名で何処かに悪口書いて炎上させて楽しむようなことをするような人はとっととお帰り頂くとして、実際に休日の内職現場で若いニョシと顔と顔が接近遭遇するようなことがある場面で流石にその時は仕事と割り切ってるから一切の妙な感情は湧かないけど、事が終わってから、って書き方も妙な感じがするけど「これってもしかして世間的にはもの凄く役得なのかも?むふっ」とタッチの上杉和也みたいな感じで頭の中に妄想を描いてるなんて事は一切ない、と出来ることなら信じたい。


そう、この映画の中の台詞で、理想の男性の条件が「健康な人」ってのがあるが、自分も死ぬまで健康で生きていられるようにやれる範囲で健康を維持する努力をしてみたい。

WHOの健康の定義は「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」と定められているが、この様な戯れ言を書いている自分ははたして精神的に良好な状態であるのだろうかとちょっと疑問に思えるって事は、きっとギリギリ健康なんだろうと勝手に思い込むことにする。
意義は受け付けません!。

a0015198_18212869.jpg
内職現場に久しぶりに乗った愛車をガツンと横付けして、若いニョシ相手にあんなことやこんなことをひたすら頑張ることにします。

「センセー格好良い車に乗ってますね」
「そうかぁ?、じゃぁ今度デートするか?」
みたいな会話は一切ありませんのであしからず。


おいおいずいぶんと妄想が凄いじゃないかと思われる貴兄、きっと自分と同年代でしたら同レベルと拝察いたします。
それに妄想は頭の体操にもってこいだと信じて疑わない自分はある意味幸せ者なんだと思います。
20年若かったらその先の人生は大いに変わったかも知れないなぁ、なんてどの面下げて言ってるんだよと仰りたい気持ちは是非とも下のバナーにぶつけてみてください。
きっと何かが開けると思います(たぶんそれは単に別ウィンドウでしょう)。


雑誌の黒塗り部分にバターを塗ってもダメなんだと知ったのは何時だったでしょう。
てことでイマジネーションクリック!
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村


by Wonderfullifewith | 2016-11-11 19:00 | まぜまぜ | Comments(8)