カテゴリ:まぜまぜ( 150 )

2017年 07月 20日
内職の後のドライブは
秋から今世の中を賑わしている文○省って所から内職の延長みたいな仕事の打診をされて軽い気持ちで「良いですよ」なんて言ってしまったものだから、9月から本来の内職って言い方もおかしな話だけど数ヶ月間どえらい休日に為っちゃうことになって、はたして今年度自分の自由時間はどの位あるんだ?と考えるととっても悲しくなるのであまり考えないようにするようにするけど、ぶっちゃけ休日と言ってもその時に本業の仕事の続きが入ってしまえば休日も何もあったもんじゃ無いような生活をしているような人間にしてみれば、休日の午前中に内職、夜からまた内職みたいな生活で次の日に「今日は何曜日だ?」みたいな事を言い始めたところで職場のスタッフは全然意に介さないし世の中の流れは全く変わらないので取り敢えずひたすら働こうと心に決めた。イマココ。


数日前まで何なんだって位の猛暑に見舞われていたのに、いきなり10度以上気温が下がったかと思えばその後は鳴かず飛ばずの一発屋的な気温で、それだけならまだしもいきなり土砂降りになったりするような不安定な天候に見舞われてる北の大地の空模様の中で、内職終わった後にそのまま布団に寝込むのもあまりに不健康だって感じなので何処かに出掛けてみることにしてみるのだが、やっぱり空にはガッツリ雲。

休日と言っても朝から内職だったりして、それでも明け方に目が醒めてそれでも見事に二度寝が成功して「あぁよく寝た」とか言いながら起きて行くとそこには居るはずのない娘がいて、「私も朝勉強していてそのまま二度寝しちゃって遅刻必至、なので学校まで送って下さい」みたいなことを懇願されて朝起きてトイレも行かずに歯も磨かずに顔も洗わない状況で取り敢えず着替えだけ済ませて車に乗り込み娘を学校まで遅刻しないように送り届けて、やっぱり学校は近いに越したことはないなとか思ったけど、近いからこそこの様な事態になるんだからいっそ全然遠い所に通って貰った方が親としては楽だったんじゃなかろうかと今更ながらに思った。でもそうなれば定期代が大変だわ。


いや話はそうじゃなくて内職後のお出掛け。
天気は思い切り曇り空で、ヤホーの雨雲レーダーの動きを見ても時々強烈な雨雲が襲ってくるような状況なのでさて何所に行きましょうかとご家族様に提案すれば、曇り空なのに「アイスクリームの店に行くしかないでしょ」と貴女は今空模様を見てそのような事を仰っているのですか?と問いただそうと思いながらもすんでの所でそれを思いとどまり素直に従う辺りは出来た家人だなぁと何方か褒めて下さい。

てなわけで出掛けたのは千歳方面。
車を走らせているとドンドン雲は厚くなり、フロントガラスには霧雨の感じから微かにポツポツ来たか?みたいな天気の中で、気温も出掛ける時には25℃くらいあったのに、千歳に向かうにつれてドンドン下がっていって、やっぱり千歳って寒いんだなぁと今更ながらに再認識する20度。
20℃の中でアイスってのはどうなの?と思いながらも車を走らせてれば幸せなおっさんはひたすら車を走らせる。

a0015198_19172228.jpg
千歳の農場がやってるようなアイスクリームショップに出向いてアイスを頂く。
気温20度だから客足は全然だったけど、これが先週ならきっと押すな押すなの大盛況必至だったんだろうなぁと思うので、この時期暑いときはキッチリ暑くなくちゃ色々な仕事の人がおまんま食いっぱぐれになっちゃうんだなと気温と経済の関係性を思い知らされる。
ぶっちゃけ自分の仕事も夏はそれなりに暑くなって貰わなければ成り立たないような季節労働者的な部分もあるから、やっぱり夏は暑く冬は適当に寒いのが有り難い。

店の外にはなぜか牧草がラジオフライヤーに乗せられて売られていた。
a0015198_19172452.jpg
何だよこの値付け!。
これで100円は高いだろ!と思うのはその業界をよく知っている人間だからであって、そんな事知らないような人間にとっては「100円ね」と思う程度なのかも知れないし、それを与える相手が乳牛だったりしたらテンションマックスなのは想像に難しくはない。
実際乳牛はお店の裏の牛舎にいるわけで、でも一般人は牛舎に入ることは出来なくて外に繋がってるような場所に牛たちはいるんだけど、乳房(にゅうぼう)をみればまだ未経産の牛たちなのねとかそんな業界的なことを考えながら、100円の牧草を牛たちに与えているカポーを横目に牧草を持たずに来ている牛たちからしてみればどうしようもない客の自分たちは牛を無料で見学。

いやまて、制服を着れば無料で見物どころか無料で診○なんて話になるわけだが、診る事は出来てもそれは資格があるだけで出来る出来ないの話になるとそれはまた別の話になるのでやっぱり見るだけって事で牛たちにしてみればエサを持ってきていないどうしようもない客って括りになってしまってどうもすいません。

a0015198_19172234.jpg
施設内からのワンショット。
そうなんですよ、まだ乗ってるんですよ。
きっともう少し乗ってると思います。

晴れて気温が25℃を超えていればここの砂利の駐車場も押すな押すなの大盛況になるんだろうけどね。

一応goo中古車のサイトを覗きながら「やっぱ800万かぁ」なんて呟いていることはここだけの話。


アイスはイチゴのワッフルときなこのワッフル。
a0015198_19172214.jpg
イチゴのワッフルはまぁ想像通りの味。
バニラアイスにイチゴソースが掛けられてる味でほぼ間違いない。

a0015198_19172239.jpg
以外だったのがこちらのきなこアイス。
白玉が3個くらい入っている。
アイスの下の方にかなり甘い黒糖みたいな味もあったのだが、それは良く判らないがとにかく「あれ?こっちの方が当たりか?」みたいな感想になっていて、自分はこちらをチョイスしたのでちょっとラッキーな感じ。白玉は1個取られたけどね。


高速を飛ばしてわざわざ来るような所か?と訊かれると返答に困るが、たまに何処かに出掛けないと色々堪ってきちゃうのでこんなこともたまには宜しいんじゃないでしょうか?って事で、内職先の夏休み前の最後の仕事を終えた後に行く場所としてはまずまずだったのではないだろうかと自画自賛。

夏休みって事は内職の仕事が無くなって、つまりはお給金を頂けなくなるって事に他ならない訳で、そうなると必然的に「貧」なる言葉が自分の中に沸々と湧いてくるわけで痛し痒し。
個人的生活費を内職のお給金で賄ってる自分としては夏休みや冬休みってのはツライのよねぇ。


つづくのだ。



by Wonderfullifewith | 2017-07-20 21:10 | まぜまぜ | Comments(4)
2017年 07月 15日
20年ぶりの
6月は低温と長雨で散々だった。

そして迎えた7月、その反動なのか知らないが連日猛暑が続いていて、暑さにあまり慣れていない北の人間にはツライ。
いやそんな事は言ってられない、今この暑さを満喫しなければ、2ヶ月もしたら冬タイヤやストーブのCMが始まってしまう季節に突入してドンドン気持ちが落ち込んでしまう。

今こそ暑さを満喫するんだ!と勢いいさんで外に出ても、さすがに33度の気温では外にいられない。
出て来るのは気合いじゃなくて汗となぜかしら笑い声。
ここまで暑いと笑うしかない。

休日に何処かで掛けようと思っても、あまりの暑さにギブ。
ドライブしてたら「いつの間にか熱中症」で事故を起こす危険性もあるので、近場でお茶を濁すことにする。

季節は7月、旬な食材としてはやはりウニ。
ウニガッツリ系は毎年積丹で堪能しているので、ウニお気持ち程度の食事をすることにした。

ウニお気持ち程度の食事、この暑さとなれば冷製パスタなんてのがオシャレで良いんじゃなかろうかとの判断の末、自分の数少ないライブラリーの中からその手の店を検索すると、出て来たのは街中の池内デパートの地下にあるミラアンジェラなるお店。

まぁいくつも同じ様な店を持つチェーン店なんだけどね。
そこの店はこの時期になるとってか何所のイタリアンでもそうかも知れないがウニの冷製パスタってのをイチオシにしてくるようで、内職先の理事長から教えて頂いた店だったりする。

街中に出て行くときは大体は大丸関連の駐車場に駐めて「無条件3時間無料」の恩恵を受けるのだが、残念かなこちらのお店は大通り。

大通りは個人的にちょっと外様な雰囲気なのだが致し方ない。
駐車料金の多少の出費は目を瞑ろう。

大通り地下駐車場に車を駐めて店を目指すために一旦外に出る。
地下からの階段を上って行くにつれ、外気温がひしひしと伝わってくるのが判る。

晴れて屋外に出た瞬間、暑い以外の感想がない。
そしてなぜかこぼれでる笑い。
笑うしかないくらいの暑さだ。

屋外にいた時間は5分足らずだが、今年の夏を満喫した気分になれた。
この状況で外仕事は辛いなぁ。
だから最近は作業現場の事務所にはAEDが常備されてるんだな、と思った。
てことで先日夜のお仕事会場でAED講習を受講して、いつでも何かあった時には呼んで下さい。
「大丈夫ですか?。何方か救急車とAEDをお願いします。」のかけ声は練習済みだ。

話が逸れるが胸骨圧迫を30秒続けるだけでも結構ヘトヘトになる。
胸の骨が5cmたわむくらいに押すってのはそれなりに体力が要る作業だと思った。
どの位のスピードで胸を押せば良いかって話になるが、大体100回/分位。
おっさん世代だとビージーズのステインアライブが丁度そのスピードになる。
お子さんならドラえもんのオープニングがその速度だそうなので、何かの時にきっと役に立つと思うので覚えておいて下さい。

消防署や大きい病院などでは定期的にAEDの講習会をやってるそうなので、やったことがない人は是非一度経験されることをオススメする。


話戻ってそんなAEDが必要になるんじゃないか?と思われるほどの暑さの中、店の中に早々に避難するおっさん達。

ランチの時間はビュッフェスタイルとなり人件費を浮かす方式をとってるようだ。
今は飲食で働く人間が少なくなって人財確保が大変なのも背景にあるんだろう。
仕事なんていくらでもあるのにえり好みしすぎだ。
それでいて「自分に合った仕事がない」とか訳の判らない事を言ってるような若者は、一度死んでみた方が良いと思う。

メインのパスタを選択し、他の前菜や飲み物はお好きにどうぞって感じ、ただしデザートはあらかじめ決められている物が運ばれてくるらしいので、きっとデザート取り放題にすると採算が合わなくなるのだろう。

そこで選んだのが「別料金になりますが」と但し書きがされるウニの冷製パスタ、それも別料金の上に追加料金が掛かるウニダブル。
ランチビュッフェが1300円位なのにウニダブルにすると別料金代が1300円位。
一瞬どうしようかと思ったが、ガソリン代も使ってないし飛行機代も使ってないしホテル代も使ってないからと自分に言い聞かせて
清水ダイブでオーダーするが、結構な痛手に全治3週間。

a0015198_10000282.jpg

店員さんにフェデリーニかスパゲッティーニか聞くの忘れたけど、通常のスパゲッティの太さではなくもっと細いタイプ。
日本で言えば冷や麦レベルの細さ。
お皿から何からキンキンに冷やして、知覚過敏の人なら歯に滲みると思う位に冷え冷えの冷製パスタだった。

ウニダブルはお世辞ではなくしっかりとウニダブル。
臭みもなく美味しく頂きました。

デザートやら何やらを頂いて店を後にして外に出る。
瞬間的に後悔する暑さだ。

すぐさま地下に潜り込み車中の人となった。

にしてもこの暑さは尋常じゃなく、富良野のラベンダー畑に被害が及んでいるらしい。
これは前年の災害も手伝ってのことだが、ラベンダーが綺麗に咲かなければ富良野・美瑛の観光はかなりヤバイ状況になると思われるので、「訪れて応援」とばかりに皆様におかれましてはドンドン富良野美瑛方面に旅行に出掛けて頂ければ幸いだ。


20年ぶりのこの暑さ、思い出して当時を振り返ると「取り敢えず棘の道に飛び込んだは良いけどうっかり戸籍に変なマークが付いちゃって挙げ句の果てに住所不定になっちまったよ」的な世間様が聞いたらびっくりする様な境遇に追い込まれながらも、それでも日銭を稼がなければ月末の借金返済が出来ないって事で、エアコンの無い職場に一人佇み誰にも頼ることが出来ない状況で必死に藻掻き続けたのを懐かしく思える今ってやっぱり自分は幸せなんだろうなと思いながら当時と同様の暑さを満喫しようと外に出たら「死にたいんですか?」とスタッフに止められるおっさんになっていた。
いや、ほんとに暑いから。




by Wonderfullifewith | 2017-07-15 15:25 | まぜまぜ | Comments(4)
2017年 07月 01日
雨のない休日
蝦夷梅雨って言葉はいつから出来たんだろうか、と同時に何時から「モーレツ社員」って言葉が消えて「ブラック企業」って言葉に置き換わってきたんだろうか?

そんな事をつい考えてしまうような気候がずっと続いている。
北の大地では春に運動会を行うことが多いのだが、その頃から毎週末には天気が怪しく、てゆーか週の初めはまだ天気が良いのだが、木曜日から週末に掛けてがいつも曇天から雨天。

それが久しぶりに自分の休日に雨が降らないって事でちょっとだけ心ウキウキ。
そんな心ウキウキの日は朝から早起きして、ってそれは何時もの事なんだが、5時過ぎには目が醒めてしまう。

撮りためたビデオを1.3倍で流し見しながら当日の予定を再確認する。
今日は午前中に内職だから、それまでの時間に内職の資料を手直しして、その前に洗車をすれば良い感じの時間になると気持ちの中で予定はコンプリート。

SNS等では高圧洗浄機で洗車するのは宜しくない!等と言われているが、あまりに神経質になると車に乗ることすら憚られることにもなりかねないので、その辺は清濁併せ呑むって感じで「見た感じに自分が満足出来るレベルで綺麗になれば良い」って所で落としどころを見つける。

そう、車の外装なんてものは究極「鉄板に色を塗ったもの」なんだから。
走ったら傷つくよ(笑)。


そんなわけで見た感じ綺麗に洗車してコーティングのムラを新たに発見してそれもやり直せば良いのだろうけど今は時間がないので忘れることにする。
自分の様な素人はドライ施行よりもウェット施行の方式が安心のようだ。


兎にも角にも車も綺麗になった事だし、若いニョシ相手にトーク炸裂のお仕事を無事こなして午後から晴れて自由の身と思ったのもつかの間、この時間になってきて早起きの代償がおっさんの体を蝕んできた。

「眠い、怠い」

空腹も手伝ってアンパンマンの頭が濡れたようなレベルに力が出なくなってくるのを感じたので、取り敢えずはランチでしょって感じで軽く食事を済ませてこれからの行動を考える。

本当に久しぶりに雨が降ってない休日なのでどこかに行かない手はないと思いながらも、睡魔と体の怠さはやはり取れない。

何所に行くともなしに車を走らせていたら気づけば小樽方面にハンドルは向いていた。

この時期に小樽に行っても観光客でごった返してるのにと自分に向かって呟いてみるが、他に行く当てもないドライブなのでこれでいいのだとこれまた別の自分が自分に納得させる一人3P状態。

急ぐ旅でもないので下道をチンタラ走行してるが、やはりとうとうと言うかついにと言うか睡魔の限界が襲い始めた。
コンビニの駐車場に車を駐め、シートを倒す。
するとどうでしょう、あっという間にお昼寝タイム。

自宅のベッドでは二度寝が出来ずに悩んでいるのに、車のシートだったら瞬間で眠れちゃうこの体質、もしかして長距離トラックドライバーの方が職として相応しかったか?。

15分位も意識を失っていただろうか、気持ち良く目覚めて睡魔もスッキリ。
やはり眠たいときは無理をしてもどうしようも無いって事だ。

気分もリフレッシュ出来たので再び車を走らせ無事小樽到着。
目的がないから取り敢えず行きつけの喫茶店に入る。

ここは観光地の一等地にありながら店舗で駐車スペースを確保している為に、店舗使用者は基本無料なのが嬉しい。
店に入るとやはりというか案の定というか大陸方面の方々がほとんど。

それでも比較的大人しい種の人のようで声量は小さめ。
2階に移動してボーッとしていると女性の一人客登場。
片言の日本語、でもそこそこしっかりしている発音でオーダーを取っていたが、その後別の女性客と合流すると大陸の言葉を話し始めた。

「母国語しか話せない先進国の人間って、ホント日本人位だよな。民度とか何とか言う前にこの辺の教育をどうにかしないとマジに井の中の蛙になっちまうよね」と頭の中で考える。


a0015198_09355553.jpg
小一時間ほど時間を潰してから外に出る。
中通りの方に駐車場があるが、大通り方面に出てテクテク歩いてかまぼこ屋へ。

途中にこんな看板を見つけたが、ここにペットを連れて観光に来る客がどの位いるかは判らないが、店頭に並べられていたカットメロンはどれも水分が抜けてて全く旨そうには見えなかった。

a0015198_09355591.jpg
食事の時間にはちょっと早かったせいか、店内に客はいなかった。
呼び込みのおばちゃんに声がけされたが、観光客にでも見えたのだろうか。
観光客と言えば娘はキムチの国で現地人と間違われたようなので、その血族の自分も「南」の顔をしているのかちょっと気になってしまったが、ちなみに知人の中には現地の人に「お前は北だ」と言われたとか言われないとか。

現地の人にとってみれば北と南は違うんだな。


晩飯用のかまぼこをちょっとだけ購入して帰宅の途へ。
帰りも銭函ラブホ街を通ってノンビリ走行。

雨が降らない休日にはやっぱ積極的休息を取るのが基本ね。

車のブログなのに車の写真がないのは何時もの事なので許して下さい。
最近は特に何をする事も無くタダ運転を楽しんでおります。
G30ってコンピュータにかなり制約が掛かっていてあまりいじれなくなってるらしいので、本当に「吊し」で乗るしか道はないみたい。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村


by Wonderfullifewith | 2017-07-01 18:40 | まぜまぜ | Comments(8)
2017年 06月 20日
愚痴
ここ何回か、自分の休みの日は雨続き。
a0015198_22045013.png
今週も、休みの日だけ雨。



by Wonderfullifewith | 2017-06-20 22:03 | まぜまぜ | Comments(4)
2017年 03月 24日
限定品
母校が出来た当時は「妾の子」とか散々悪口を言われたらしいが、今では私立の強みからか卒業生の数が圧倒的なために地元では一大勢力となっている。
そんな母校、実はミッション系大学って事からかは判らないが、昔から学内飲酒禁止らしい(笑)。
なのにこの度ワインの基礎研究を始めたとかで、学生が葡萄栽培を行い無事そのワインが誕生。
a0015198_18453914.jpg
ワイングラスが無い貧相な家庭、昔はいくつかあったんだけどグラスの扱いが雑なのでことごとく割れてしまって以来、わが家ではワイングラスの購入は見送られている。
何方かバカラのグラスとか余ってたら分けてくださいm(__)m。

ロゼの辛口とのことだが飲み口はとてもさわやかでグイグイいけてしまうと思ったらアルコール度数が10%と普通のワインよりもアルコール分やや低め。
だが良い気になってこのコップで三杯くらい飲んでるとやっぱり酔っ払ってしまう。
強烈なアルコール利尿作用が働き、トイレに何度も通わなければならない羽目になり、その結果見事なまでの脱水症状を起こし水をしこたま飲んで今度は通常の利尿作用が発生しいつまで経ってもトイレの往復は終わらない。

ちなみにこのワインは同窓生並びにその親族限定販売でその数1000本だとか。
12本まで送料が同じとのことなので勢い余って12本大人買い。
セコマのワインよりは高いが、のけぞるほど高いワインじゃないのでこれも同窓生としての務めと自分に言い聞かせている。
そう「仕方がない」「やむを得ない」行為なのである。
a0015198_18453819.jpg
こいつ、普通に酒飲みます(専門家立ち会いのもとに行っていますので、一般の方は決して真似しないでください(違))。
ソファーに座ってビールなどを飲んでると横にやってきては隙を盗んでコップに舌を入れてチャプチャプ。
酔っ払われて吐かれてもイヤなので直ぐに止めさせるが、アルコールの旨さが判るのだろうか?

おいおい、限定って言葉にそそられるじゃねーかと思われた貴兄、繰り返しますが1000本限定なんです。
あとどの位残ってるか判りませんが、たぶんまだまだタップリ残ってるような気がします(笑)。
なので飲んでみたい人がいれば手渡し前提にお分けしたいと思います。
飲んだら乗るな、乗るなら飲むなってことで、アルコールを摂取した日は大人しく寝ることにしましょう。

飲むと長くなって良いんだよなとか言ってる貴兄は下のバナーをクリッとな(笑)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-03-24 19:06 | まぜまぜ | Comments(6)
2017年 03月 20日
子育て失敗
いい歳してから趣味の繋がりで色々な世界の方とお知り合いになれて、人生って本当に楽しいなぁと思う。
地図に載る仕事をしている人、お医者様の次に人の人生を守る人、我々の年金を支払ってくれる次世代の命を守ってくれる人、他にはその会社名を聞けば国民の9割以上がどんな業種か判る会社に勤めていた人など多岐に渡ってお知り合いになれたのも共通の趣味があったからこそ。

BMW万歳!(別にメーカーは何でも良いと思うが)。


今回の娘のイベントで色々とお世話になり、娘本人は頭の中に?マークが沢山湧いているような事が起きているここ数日だが、ついにそれがマックスになるような出来事が発生。
紅白の水引付き熨斗袋がポストに入っていて、名前の部分に「知らないオジサン」とだけ書かれていた。

「知らないオジサン?、誰?誰?」
娘もそうだが、自分も暫くは一体何方がこれを投函して下さったのか見当も付かず暫く熨斗袋を見つめて玄関でオタオタしているうちに、仕事で出掛けるために乗るはずのバスに乗り遅れるという失態を犯す。

それでも時間軸を色々とたぐっていくとある方の名前が浮かんできて、その方に「もしかして知らないオジサンですか?」とラインを送ったところ程なく「そうです、私が知らないオジサンです」と予想的中のお返事。

なかなか楽しいことをしてくれる知らないオジサン、やっぱナイスミドルは違う。


その通称「知らないオジサン」だが世の中の誰もが知る超一流企業を定年退職され、老後は「仕事なんてしている場合じゃない」と豪語されていたがそんな優秀な方を世の中が放置するわけもなく、あっという間に次なる職場で活躍する羽目になってしまったらしい。

就職難とか何所の世界の話ですか的に、出来る人には仕事の方からガンガン寄ってくるんだな。
潰しが利く仕事って羨ましいわ。

なわけでひとしきりお礼を述べて(ラインだけど)一旦終了。


娘にラインで「知らないオジサン」の正体を説明。


以下その内容

by Wonderfullifewith | 2017-03-20 23:40 | まぜまぜ | Comments(12)
2017年 03月 15日
弥生も中旬となり
世の中が新しい季節に向かってそろそろ動き出そうとしている3月、北の大地も段々雪が少なくなってきて、日中の幹線道路だけなら夏タイヤでも走れるんじゃないかと思われる気温となってきたが、そもそも今年は年末の災害レベルのドカ雪がずっと尾を引いていただけで日々の降雪量はそれほどでもないって事くらいはこの呆けた頭でも理解が出来て、そうなるとその方面のお仕事をされてる方にしてみれば「商売あがったり」なんて話も聞くけど、やっぱり世の中ほどほどが一番ってことを感じながら年間契約している排雪費用が毎年のように値上がりしていることにちょっと不満を覚えつつ、それでも生命保険と同じできっと契約を辞めた年にはドカッと雪が降ってどうしようもなくなるんだろうなぁなんて思うと費用が多少高くなっても辞められないって所に小市民の小市民たる所以があったりして、BMWも4月から車の値段が値上がりするって案内が来て「ご購入は今月中に」ってそんな簡単に買える金額じゃないことくらい判らないのか!と誰に向かって怒りをぶつけたら良いか判らないのでグッとこらえて500円玉貯金に精を出すことで忘れようと努力する小市民。

やっぱり経済を回すにはそれなりにお金を回さなくちゃならないんで、どうかうちの職場に入ってくる金額が大きくなりますようにとお星様にお願いすれば良いですか?と夢見る夢子ちゃんみたいなことを言ってるから色々な支払いに四苦八苦せざるを得ない状況になっていることにまだ気づかぬかこのボケが。

そんな感じで日々を過ごしていると業界の夜の部の施設に於いて全国レベル学会で何やら大きな賞を頂いたスタッフがいるって事だったので折角なのでお祝いしましょうと言う流れになり、そうなれば会社の金で旨いタダ飯が食えると喜んでその日が家族の誕生日だというのにいそいそとお店に出掛けてしまうダメな家長、そのしっぺ返しが百貨店の1階に鎮座しているお店の水色の箱に入った宝飾品だったり、娘の卒業にかこつけてほとけさま料理だったりに化けそうなんでプラマイゼロどころか思いっきりマイナスてかこの先3ヶ月に渡って内職の仕事がないというのにこの大出費は吉と出るか凶と出るかと考える以前に大凶以外に答えがないような気がする事位誰だって判るわって話。

お祝いに使われたお店は鮪とモツがメインのお店だが、結局モツは頼むことなく自分は添え物の大根のツマをせっせと食べてご満悦って辺りでこの施設における「取り締まられ役何にも専務」の立場があらわになってきて、所でどうして業界的にも鳴かず飛ばずの自分がそんな役員になってるのって疑問が周囲から湧き上がってきて、やっぱり飛び抜けた人間ばかりだとどうしてもバランスが取れないからこの様などうでも良い人間を混ぜ込んでプラマイゼロに持って行こうとするのが世の中の組織の基本なんじゃないかって事で職員一同納得されたけど結果自分の立場が完全崩壊したような気がしないでも無いけど事実だからどうしようもない。

a0015198_19165309.jpg
手前二つの鮪は陶板で焼いてお召し上がり下さいって事だったが、他のお刺身で頂ける部分に「のうてん」なんて部分があって「のうてん」てのはあの「のうてん」なのか?と疑問符だけ湧いたけど食べた人間に聞いたらとても美味しかったって事なので結果オーライ。
焼いて食べる部分に関してはかなり脂がのっていて鮪の部分によっては味が全然違うんだなぁと半世紀以上生きてきて改めての気づきを感じさせられる宴会。
大根のツマも陶板の上で焼いてみたがそれはそれで旨かったと言うことを書き加えておこう。

a0015198_19165335.jpg
だから鮪とモツがメインのお店って言ってるのに和牛の握りとか頼んじゃう辺りが若者らしいチョイスだと思うけど、若くて可愛いニョシ相手に楽しい会話を繰り広げられるのも「取り締まられ役何にも専務」の役得と感じながらこの瞬間を堪能する。
普通の状況なら薄ら禿げた50過ぎのおっさん相手になんて、お金をタンマリ積まなければお話なんて絶対してくれないからね。

夜のお仕事ゆえこの様な宴会が始まるのは比較的早い時間で、それでも一次会の途中で本日ご出勤される職員さん達はノンアルコールで盛り上がった後に元気に職場に出掛け、残された職員さん達と役員さん達とで引き続き盛り上がる。

宴もたけなわになって二次会も用意されてて地元では有名どころのニューハーフのショーが観られるお店に出掛けるとのことだったが、さすがに本日お誕生日の家族を持ってる家長としてはそのような二次会に参加することは憚れるためにここで断腸の思いでおさらば。
この辺がまだ状況を把握出来ている人間と言って良いと自分では思い込んでいる辺りがメデタイですか?

a0015198_09225971.jpg
卒業式も無事終わり、義務教育が済んだので取り敢えず親の義務は果たしたと思っているが、世の中的にはまだまだそんな事は許されるわけもなくヘタしたら今までと同じだけの年月の学生時代を過ごす勢いの娘を持った父親はその行く末を最後まで見届けることが出来るでしょうか?ってのが今のところの最大の課題だったりする。
死んだら死んだでお金で解決って事になって一件落着とか言われるのも悔しいけど、結局家長の立場ってそんなものだよ。
a0015198_09225927.jpg
お前も舌を出してる場合じゃなくて、最期の看取りを娘がしてくれるかどうかの瀬戸際の第一関門なんだから心して生活しろよと言ったところで判る訳もないか。


ふーん、若いニョシと楽しいおしゃべりが無料で出来るとはずいぶんと恵まれた環境にいるじゃねーかと思われた貴兄、まさにその通りでございましてこれを「役得」と言わずして何を「役得」と言いましょうか。
そんな環境に身を置く自分ではありますが、B5が発表されてその内M5が発表されて、うっかりD5が発表されてその金額に卒倒して悶絶する姿を自分でも想像しながらこれからの繁忙期を乗りきろうと思っていますが、何やら身の回りでお金が沢山必要になることが必至な状況で528iをずっとずっと骨の髄までしゃぶるくらいに乗り続けなければならない事になっても笑わないで下さい。
えぇクルマは長いことのる事に慣れてますから(謎笑)。
てか4945mmなんてサイズの車が5m車庫に格納されるのかって問題の方が本当に大きいんですけどね。

てな訳で卒業式と言えば第2ボタンでしょって事で、斉藤由貴クリック!(懐)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-03-15 17:28 | まぜまぜ | Comments(12)
2017年 01月 18日
改めて北の大地の実力を再確認する
基本的にエンゲル係数は高くないので、鮨を食べると言えば回ってるものかスーパーで売られているパッカンに入ってるものがほとんど。
回らないお店で大将と対面に座って「取り敢えず穴子炙って」なんて台詞を言う様な店には冗談抜きにご無沙汰だったりする。
てゆーか、最後にそんな店に行ったのはもしかしたら20年位前かも知れないと思うほど本当にご無沙汰。

あまりにご無沙汰だったらクモの巣が張って東京砂漠みたいになっちゃうなんて話もあるが、まさにそんなレベルのご無沙汰なのだがその理由を考えるに、さすがにスーパーのパッカンものの鮨は別物としても回るお店の鮨のレベルが個人的に要求するレベルに充分達しているからに他ならないからかなぁと思うのは北の大地で極々普通に暮らしている庶民の皆様なら異論は無いところではないかと常に自分の懐を基本に考えてしまう悪い癖。

拙宅から車で5分も走れば回る鮨屋が数軒あるような感じで、勿論回らない鮨屋もあることはあるのだが悲しいかな暖簾をくぐった記憶が無い。

そんなある意味恵まれた環境に育っている自分たち、お仲間が来て接待で鮨を食いに行くと言えば回ってる店だったりする。


今回もそんな感じで話は始まるのだが、E39にお乗りの北陸の御大が仕事の関係で北の大地にお越しになるって事で色々と接待したのだが、その時期が「天候を意のままに出来る」てか「その方が動けば天気が荒れる」と噂される例のBASE管理人様が北の大地を離れる時と真っ向からぶつかってしまったために、当然の如く全国的に災害と言っても良い位に大荒れの天気となり、この地でも朝の最低気温がマイナス10度まで下がるという最近では経験したことがない大寒波が押し寄せることとなってしまった。

お陰で出張最終日に北陸の御大も北の御大による送迎で空港まで向かったは良いが、1日1便しかない直行便が見事に「欠航」となり無事延泊決定。
そこにきて自分はその日の夜に業界の新年会があり着慣れぬスーツ姿でホテルにいたのだが、北陸の御大からいきなり「ヒマ?」と、今まで頑なに拒んでインストールしていなかったのに年末にひょんな事から始めてしまったラインに着信。

てっきり機内の人かと思っていたのに、飛行機欠航のためどうやら北の御大とウダウダしているらしい。
a0015198_09290717.jpg
ホテル前にツンベ横付け、ウンコ座りしてタバコ吸って待ってるって、どんだけの人なんだか(笑)。

こちらの用事が終わるのを待って頂き、ホテルまで一緒に夕食と言う流れになった。
あちこち考えられる店を当たってみたが結局最終的に「鮨だな」ってことに落ち着き、トリトンに落ち着く。
そう、鮨だなと言っても当たり前のように向かうのは回る店なのである。

夜の9時近くだというのに店は満員。
相変わらず人気店は凄いわ。

自分はホテルで適当に食べて飲んできてるのでと言いつつ、翌日深い後悔に苛まれるのも忘れて運ばれてきた鮨を適当につまんでしまう。
内地はどうなのか判らないが、自分たちが行く回る鮨屋は回ると良いながらネタはあまりと言うかほとんど回ってなくて、食べたいネタを紙に書いて板さんに直接手渡しするという、パチンコの景品交換所の一手間みたいな何処か法の目をかいくぐってるようなシステムだったりする。

a0015198_18222235.jpg
中トロ?赤身?、良く判らないけどとろりとした食感にびっくり。
回る店って基本1枚の皿に2貫ずつ乗せられてくるが、この様な4貫一気乗せその代わり皿も2枚重ね方式システムもあったりして、一応さりげなくホールのおねいちゃんに「オジサン達親切だから下の皿は(洗うの大変だろうから)要らないよ(笑)」と店のシステムの何たるかを一切無視したようなことを言ってみるが、さすがにその意見は通らなかった。

a0015198_18220904.jpg
あぁこっちが赤身だわ。
その向こうがイカ?、箸に隠れてるのが生のホッキ貝、その向こうの軍艦巻きがイクラ、奥の緑色の皿は何だったかなぁ。
とにかく自分は適当に腹も一杯だし血中アルコール濃度も上昇しているから詳細が良く判らない。
でもいくつかつまんだそれはどれも美味。

自分はと言えば、席に座るなりいきなり壁のおすすめを見て「カタラーナ」というどうしようも無いヤツ。
a0015198_18222201.jpg
「いきなりデザートかい!」と突っ込まれるが、自宅で回る店に行ってもほとんど鮨を食べない自分にとっては、しょっぱなデザートから始まっても何ら不思議ではない。
奇数人数で鮨を食べに行くと、どうしても一人2貫食べなければならないことがあり、小食且つ色々な種類を食べたい人間にとってはそれは解せない要求なので、自ら鮨をオーダーすることなくサイドメニューのそばとか天ぷらとかデザートかでお腹を膨らませてしまう。
じゃぁ鮨屋に行かなければ良いだろうと言うご意見もあろうが、外食に於いて自分の意見が通るわけもなくひたすらアッシーに徹する関係上食べる食べないに関わらず行かざるを得ないのが現状だったりするのはたぶん何所の家でも同じ、でもないかきっと。

a0015198_18220910.jpg
何じゃこの真っ黒い軍艦巻きはと思ったが、どうやらこれはタラバの外子らしい。
感じとしてはトビッコの様なイメージだが色味がかなりドラスティック。
こんなの初めて見たってのが正直な感想だったりする。
奥の青い皿はタコだな。


ここら辺でここの店の真打ちを紹介してみる。
北の大地に回る鮨屋は数多あれど、自分もこれを見たのは正直初めてだ。
てか反則レベルだな。
こんなの銀座で出されたら、それだけでお幾らの請求が来るか判らないって感じのどどーんとした一点盛り。
a0015198_18220842.jpg
丸いお皿に収まることが出来ず、ほっけの開きでも乗りそうな特別なお皿に乗ってやってきたエビの握り。
えびの頭の影に隠れて見えないが、その奥にはミソの軍艦巻きも付いている。
こんなのが回る鮨屋で出て来ちゃうんだから、回らない店も大変だわと本気で思ったりする。

a0015198_18220815.jpg
手前はハマチ?、ブリ?、、その奥は〆めてない鯖。
ねっとりとした食感がなんとも言えず美味。
鯖は基本的に好きなネタだが、ほとんどが軽く〆めているものなのでこの様な生の鯖を頂くのは初めてかも知れない。
足が速い魚をこうして生で供することが出来るのも北ならではかと。
東京でも頂けるとは思うが、今は何かと揺れ動いている水産市場業界だからこの先どうなることやらとちょっと心配になりながらも美味しく頂いてしまう。

心もお腹も充分に満たされて店を後にする。
北陸の御大におかれましては、出張の間毎日色々な所で鮨三昧となったようで、今度我々が北陸に行ったときには是非とも越前ガニの「極み」のタグを見ながら足の折れた安いヤツを食べたいなぁと思う次第であった。
だって味は一緒でしょ?(笑)。

翌日には無事飛行機も飛んだようで、御大も通常業務に戻られたと聞くが、次回は工具と交換部品一式を用意してるオーナー達が手ぐすね引いて待っているので朝から晩まで頑張って頂きたいと思いますm(__)m


回る鮨ねぇ、なかなか良いんじゃない?と思われた貴兄、確かに回らない鮨屋も良いのだと思いますが、難しいことを考えずにパクパク食べられるのはやっぱりこちらのタイプでは無いかと思ってしまいます。
なので北の大地にお越しいただいた際は、騙されたと思って回る鮨屋にも足を運んでみて下さい。
競争が激しいので何所の店でもハズレは少ないと思います。
やっぱハズレが少ないってのは大事なことで、時に地雷を踏むラフィラ裏は危険な場所なのでございます(爆)。
てことでクルクルクリック!m(__)m

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

当方、こちらの店の回し者でも何でもありませんので当然の如く店側からの利益供与もありません。
あればもっと宣伝してますから(笑)。


by Wonderfullifewith | 2017-01-18 09:34 | まぜまぜ | Comments(14)
2017年 01月 13日
寒波襲来につき
全国的に寒いらしいが、北の大地の冷え込み具合は半端ない。
自分が住んでいる辺りはさほどでもないが、東に200km位、または北に200km位行くと朝の最低気温がマイナス30度近くまで下がっていると朝のニュースで言っている。

マイナス30℃って家庭用冷蔵庫の冷凍室よりも遥かに低い温度だからね。
屋外注射駐車のクルマだとリモコンエンジンスターターでエンジンが掛からないって事もあるらしい。
真偽の程は判らないが、朝はお湯を持って行ってバッテリーを温めてからエンジンを掛けるなんて話も聞いたことがある。

流石にそこまでは寒くはならないが、それでも朝の最低気温はマイナス10℃。
雪の上を歩くときに「ギシッギシッ」と音がする。
当然そこまで気温が下がると雪玉なんて作れない。

昼前でこの位の気温
a0015198_09253720.jpg
結局この日はマイナス7度位までしか気温が上がらなかった。
強烈に寒すぎて外にいるなんて事が出来ないので、そうそうに映画館にしけ込む算段をする。
財布の中には映画招待券が数枚あったので、予約も無しにシネコンに出掛け上映作品を見るが丁度端境かなのか観たい映画がない。

仕方が無いので中島みゆきのコンサートの映画を鑑賞することに。
特別料金2500円のため招待券は使用不可_| ̄|○。
そうか、招待券は通常の映画にしか使えないんだ。

映画はライブのリハーサル映像とライブの映像。
64才のおばさんが頑張って2時間歌い続けるんだから相当な体力だなぁと感心しつつ自分も頑張らねばと少しだけ思うが、残念な事は自分の知ってる曲がほとんど無かったって事。
それでもそれなりに満足出来たのはやはり音楽の素晴らしさの賜物であろう。
映像も良かったし、演奏も良かった。
いつかは生で見てみたいと思う歌手の一人だ。

64才のおばさんの唄なので、館内にいる客もほぼほぼアラ還の人ばかり。
自分なんてまだ若いグループって感じだった。

生涯現役を貫かなければならない自分にとって「ファイト!」って曲は人生の応援歌となるかも知れない(演奏されなかったけど)。



休日のランチは筋肉を付けるためにタンパク質を摂取しようって事で煮込みハンバーグをチョイス。
だがこれが個人的には好みの反対方向だったことがとても残念。

サラダは添付品的な考えで付いてきてくれてアリガトウ
a0015198_09253783.jpg
今は葉物野菜が高いからこれはこれでそれなりに原価が掛かっていて店側は大変だよ。
有り難く頂戴いたします。

問題はこちら。
煮込みハンバーグって事で、メニュー表の写真を参考にオーダーしてみたのだが、料理の写真撮ったヤツ出てこい!的なまさかのこんな一般的なレストランでススキノ風俗店並みの写真と現物の違うものを見せられるとは思わなかった(と言う話を誰かから聞いたことがあります)。
写真に偽りありも良い所だというのが第1印象。

これがそのような店なら「チェンジ!」的な発言もしちゃうかも知れないと思ったが(やったことないけど、というか行った事も無いけど)、レストランでチェンジも何もあったもんじゃ無かろうって事で、大人しく頂く事に。
a0015198_09253849.jpg
あれ?、煮込みハンバーグってこんな味でこんな食感だったっけ?。
煮込みハンバーグって一応ハンバーグだから最初は少し位焼かなかったっけ?
お肉表面に焦げ目などから出る一切の固さを感じず、全てが均一の柔らかさと言えば聞こえが良いが・・・。
焼かずにデミグラスソースの中に各種食材を混ぜ込んだ挽肉の塊を投入して火入れしちゃうんだったっけ?
食べ始めて頭の中に色々な疑問符が飛び出てきて、トマトはフレッシュ感を保つために最後にちょっとだけ火に掛けて煮込みなのにところどころに冷蔵庫の温度を感じさせるような風にするんだっけ?
てかジャガイモやブロッコリーの色味からして一緒に煮込むことはせずにお皿に盛り付けた際にトッピング的にソースの上に乗せちゃっただけ?みたいな感じ。
確かに煮込んじゃうとそれぞれの食材の色味が消えちゃってあまり美味しそうに見えなくなる嫌いもあるけど、せめて料理の温度は均一化して欲しかったなぁと1000円ちょっとのお料理に対して頭の中だけで色々と意見を述べちゃう。

ここには写ってないが、ご飯も「あれ?水加減少しだけ間違えた?」的な出来上がりにおっちゃんビックリ。
確かに二日酔でもたれた胃に優しい感じで消化には良さそうな感じだが、今現在は二日酔じゃねーし。


世の中的には学生はまだ冬休みらしく、街中や店内は結構な混雑具合。
外が強烈に寒いから誰も外に出たくないって感じなんだろうね。

週末はセンター試験が行われるようだが、受験の皆様におかれましては悔いの無いように頑張って頂ければと思います。
そして店名は出せないが煮込みハンバーグには気をつけろ!。


冷えてるねぇと思われた貴兄、マジ冷えてます。
ニュースでも「不要不急の車の運転は控えて下さい」なんて言ってますんで皆さんも充分気をつけましょう。
この時期の車の制御としては1枚目の写真の通りトラクションコントロールを1段切る位が良い感じでお尻も流れて乗りやすいです(あくまで個人の感想です)。
てなわけで、ドリフトクリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-01-13 17:00 | まぜまぜ | Comments(6)
2017年 01月 06日
甘いものは好きですか?
先日の実家詣ででの会話
「ところで平田満(仮名)さんの好物って何?」と義母に訊かれる。
「好物?」としばし考える平田満(仮名)と配偶者。

そう、自分の好物は誰も知らないのである。
「なんだろう?甘いもの?。アイスとかは自分で買ってくるよね」と配偶者。
適当に頷いてみたが、自分の好物って何だろう?ってのが正月最初の疑問ってのは果たして50年以上生きてきた人間として良いのだろうか。



3日まで完全休日を遂行してしまい4日には激混みになるかと思いきや、いつもの如く何事もなく営業を終えてしまって平成29年ははたしてどうなるんだ?と言う一抹の不安も隠しきれない状況になりながらも、木曜日は定期休業日だからと何の反省材料もなく休んでしまって床屋に行ったりするていたらく。

床屋に行って一通り仕上げて貰い最後に鏡で後頭部を見せられたときに現実を知る悲しみ、娘に言われるまでもなく次回からは潔くバリカンで刈って貰おうと心に誓う。
最後の砦である外用並びに内服5%ミノキシジルに裏切られた切なさを何所にぶつければ良いのかと嘆いてみても、やっぱり何処か心の拠り所にしてしまう小心者。
水谷豊を訴えても良いですか?


ヨーロッパに行けばハゲはモテるんだ!と言い聞かせてみてもやっぱりここはニッポン。
いっそのことヨーロッパで通用する免許をどうにか取得して、あちらの国で開業し直そうかと思ってみるも、そもそも英語が3歳児レベル以下では如何ともし難い。

ネットで拾った笑い話に
「ハゲだって判ってるんだから今更カツラ被らなくても良いんじゃね?」といったニョシに対して
「ブスだって判ってるんだから今更化粧しなくても良いんじゃね?」といった男子。
そんな事を思い出してしまうが、さすがにカツラを被るまでの気分にはなれない、と言うかやっぱ100万は出せないわ(禿爆)。
でも伸長が後10cm伸びることが出来るのなら、頑張って100万出すかなぁ。
皆さんならどっちに100万出します?(と端からハゲ対象)。
身長高くなればはげも目立ちにくいかなぁなんて思ったりするのだ。


気持ちを新たにして折角の休みだし、ガレージ前もそれなりに排雪が終わったので車を引きずり出して出掛けてみる。
a0015198_21200066.jpg
写真だと汚い車がそうは見えないのが有り難いねぇ

知人のご令嬢がお誕生日なので、お祝いのお菓子をご購入。
毎度毎度の如く訳の判らない客で店員さんには申し訳ないと思うが、あと3回も通えばきっと覚えてくれるんじゃないかと密かに願っているけど行く度に店員さんが違うから馴染みの客になるにはもう少し掛かるかなと白い御常連様カード(ヨシヲ爆)が全然有効じゃないお店に入る。

前回と同じでは芸がないオッサンと思われはしないかと、でも生ものだったらバッティングしてもなぁと思いつつショーケースの前であーでもない、こーでもないと悩みつつ自分だったらこれが食べたいと思うものを家族分だけ包んで貰うが、前々回もそんな感じで家族分包んで貰ったらなぜかパパママの分がそれぞれの口に入らず主賓の口に見事に収まってしまったって話を思い出しながらも、今回はきっとそんなことは無いだろうと願いを込めてチョイスしてみたが、如何でしたでしょうか?、パパの酒のアテにはなったでしょうか?。

でも良いんです、これでパパが外出しやすくなるのなら、一肌でも二肌でもパンツでも何でも脱ぐ覚悟なのです。

a0015198_21200196.jpg
壁との隙間はミラー1個分ちょっと

狭いガレージに、と言うとガレージをお借りしている大家さんに申し訳ないが、とにかくギリギリサイズのクルマを駐めるとなればある程度色々な工夫をしなければならない。
その一つが運転席と反対側の壁にギリギリに寄せて運転席側のドアの開閉を楽にするってのがあるだが、その方法が以前も紹介したことがあるが壁奥に取り付けたセンサーライト、じゃなくてセンサーライトと連動した単なる作業灯なのだが、これを目印にクルマをゆっくりバックで格納すると壁ギリギリに攻め込むことが出来る。
サイドミラーにこのライトが見えてるって事すなわちクルマと壁との間に隙間が発生している事実だったりする。
ライトが点灯していれば外の明るさで鳥目(縮瞳)になった状態で暗いガレージ内が見えない弊害も解消出来る。

つい先日家族車が自宅のガレージの壁に見事にヒットさせてしまったが、なぜこれを自宅のガレージにも設置しないのかと悔やまれることは一切無くて、家族車はぶつかっても別にイイやというある種投げやりの気持ちもあったりするけど、この先やっぱり車を買い換えることもあるかと思うので、センサーライトとこの作業灯は新規に購入して取り付けようかなとちょっとだけ思ったりする。
そんな事を思う年始なので、近日作業に取りかかって次期家族車の入れ替えに備えたいと思う。


おいおい、家族車の買い換えを考えてるのか?と思われた貴兄、なかなか我が家の条件に合うクルマがないのであります。
全長4m以下、ハイトワゴン、駆動方式は4WD。
まぁオキニの車が見つかるまで気長に待つことにします。

てなわけでハッピーバースデークリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-01-06 17:25 | まぜまぜ | Comments(6)