カテゴリ:うちのこと( 409 )

2016年 02月 05日
雪祭りを見る
年明けからの休日はガッツリと内職。
それはもうかなりピリピリした雰囲気の中で内職作業をするわけだが、聞いてる相手は本番まであと30日程だというのに緊張の欠片もないことに若干のいらだちを感じつつ、それでもここから全ての情報を脳味噌にたたき込むことに全身全霊を傾ける職人さん的仕事。

「おまえら、全員合格したら叙々苑で焼肉ランチだ!」とハッパを掛けるもノリはイマイチ。
どんなニンジンをぶら下げれば走り出すのか今時の若いニョシは良く判らない。

それでも午前中4時間弱のマシンガントークを終えた頃には心身共にボロボロな状況。
つくづく年は取りたくないねぇと思う瞬間だったりする。

きっと布団の上でクルクル廻ることは出来ないと思う(違うだろ)。
コーラの2Lも持ち上がらないだろう(だから何がだよ)。


昼過ぎに内職現場を出て何時も行くシネコンじゃない方に向かい、そこの施設に入ってるお店でコートとズボンを購入。
少しは大人らしい格好をしないとと思うが、普段作業着で仕事をしている身としてはどんなのが似合うのかサッパリ。
それでも何気に気に入ったコートがバーゲンで安くなってたのでポチッとな、じゃなくて「コレ下さい」。


実はテレビのシリーズ物は見た事が無いのに、完結編のシリーズ物の映画を観てしまう。
年を取ってもあのくらいに格好良く生きていきたいものだ。

基本的に自由席の映画館ってどうも好きになれないから、きっとここのシネコンはこの先来る事も無いなぁと思いつつ、それでも「亀岡卓治」はこっちのシネコンでしかやってないから最低あと1回は来なくちゃならないかも?とボーッとした頭で考えて、ボーッとしつつもauのスマートパスで映画料金が安くなるってサービスを見つけて、これは利用しない手は無いって事で400円の割引をゲットするあたりとってもしっかりしている堅実家さんって自画自賛してるけど、きっとその辺は「誰が堅実家だ?」みたいなご意見が聞こえてきそうなので余り深く掘り下げないで行く。


映画を見終わった頃には空もとっぷり暮れていて、さてさて明日からは雪祭りが始まるから、始まる前日に見に行っちゃうって言う地元民の特権みたいなことをやってみるために大通り方面まで車を走らせる。
駐車場に車を舗折り込み、カメラだけを持ってすたこらさっさと大通りへ。
しまった、車内に手袋を忘れてしまったことに気づいたのは大通公園を歩き始めて5分ほど経過したときだったので、道産子の自分はそのままやせ我慢して道を歩く。
気温がさほど低くなくて助かったと本気で思った。
数年前に夜に写真を取りに行ったときは、手袋を履いてても(手袋はするもんじゃなくて履くもんだよ)手がかじかんでシャッターを押せなかったことがあったが、この日は大丈夫だった。

a0015198_16021404.jpg
スカイツリーも良いんだろうけど、札幌テレビ塔もね。
a0015198_16024072.jpg
おーっといきなりのauグループ。
勢いがあるねぇ。
あそこまで携帯のCMを作り込む必要性がどこにある?と思えるくらい、今の携帯会社のCMは凄いと思う。
よくもまぁ次から次と色々なことを考えてくるものだ。
a0015198_16024093.jpg
やっぱこの時期は北海道新幹線は外せないらしい。
「来るべ、来ちゃうべ、北海道新幹線」ってコピーで宣伝してるけど、北海道新幹線の恩恵を受けられる人はまだほんの少しだけな訳で。
県庁所在地まで延伸してくる頃(2030年)まで果たして自分は生きているのだろうか?と言う素朴な疑問も持ってたり。
毎年の目標として「今年は死なない」って言い続けるしか無いのかも知れない(謎笑)。

a0015198_16024150.jpg
ライトアップされた進撃の巨人。
恥ずかしながら進撃の巨人が何だかサッパリ判らない。
ただ毎度のことだがディテールまでしっかり作り込まれている雪像は見ていて圧巻。

a0015198_16021422.jpg
角度を変えてみるとこんな風に崩れた感までしっかりと作り込まれている。
家の屋根だって芸術的。
これがたった一週間で壊されちゃうんだから勿体ないと言えば勿体ない話だ。

a0015198_16021462.jpg
作り込まれてるねぇ。
シェークスピアの「冬物語」だそうだ。
額がないのでこの辺の話は一切判らないのだが、判る人が見ればきっと面白いのかも知れない。
毎日15分程度の劇が繰り広げられるらしいので、興味がある人は是非!と言っても今時期のホテルは何所もビックリするくらいの高値になってるらしいからなかなか難しいかも?。
こちらに親戚や実家がある人か、我々庶民とは物の値段の基準が二桁くらい違う人なら大丈夫かな。

a0015198_16024074.jpg
台湾ブースの氷像。
マジな話、日本人は台湾に足向けて寝られないよ。
震災や地震の時なんか、ビックリするくらいの寄付金を送ってくれてるのが台湾なんだから。
冗談抜きに「マジリスペクト」しなくちゃならない相手だと思う。
自分は行ったこと無いけど、家族達の話だと「料理も美味しい」って言うから、金と暇がある人は台湾旅行も是非!。

a0015198_16024076.jpg
マカオの聖ポール天主堂跡像
ギャンブルやらないからマカオにも全然縁がないし、マカオで知ってることと言えば「金太の大冒険」って唄の中に出て来る「金太、マカオに着く」位に学のない自分にとってはただただ「スゲー」しか言えない。
そしてここでも超絶細かい所まで作り込んでるのが像の中央上部にある像。
a0015198_16021424.jpg
24-105だったのでこれが限界。
真ん中に女神みたいな像が彫り込まれている。
こんなの300mm位のレンズ持ってる人じゃないときっと気づかないんじゃないかと思う位の場所なんだけど、キッチリ作り込まれてるんだから、やっぱ自衛隊凄いわ。
自衛隊さんと警察と消防の人は忙しくない方が世のため人のための公務員さんだからね。
この辺の人が寝る間もなく仕事をしているなんて世の中は、きっとあってはならないんだと思う。
だから内定に1年以上も掛けて捜査されてたあの人も、ちゃんと更正してくれることを切に願うわけ。

a0015198_16024097.jpg
地元テレビ局のマスコット。
今風に言えばゆるキャラか。
昔この着ぐるみに入っていたのが「下町ロケット」などで活躍していたヤスケンこと安田顕。
北野作品などにも名を連ねていて、カメレオン俳優なんて言われてるけど、地元の人からしたら「あのヤスケンがねぇ」って感じ(笑)。
だって深夜番組で「放屁によって音楽を奏でる」って企画をやってるような連中だからね(面白いから許す)。

a0015198_16024055.jpg
たまたま通りかかったらやっていたトークイベント。
左から2人目は鈴井貴之氏。
大泉洋や安田顕などの俳優が所属する会社の会長さん、と言うよりも「水曜どうでしょう」で旅をしている人と言った方が判りやすいか。
この後ここを舞台にプロジェクションマッピングが行われていたが、iPhoneで録画した物は某SNSにいち早くアップしてみたので、そちらを見て頂ければ幸い。

他にも雪像は作られているし、スキーやスノボのイベントもあるので、是非この目で確かめて頂きたい。

帰り際、駅前通のホワイトイルミネーションをパチリ。
今年は雪が少ないのでイマイチ的な感じだが、それでも少しだけ華やかな気持ちになれるね。

a0015198_16024115.jpg
この先がラフィラ裏方面(違)。
年間50回以上は通過してるけど、わざわざススキノに出ることなんて1年に1回か2回程度。

a0015198_16021471.jpg
ススキノ方面はこの様な氷像が作られている(内職帰りに信号待ちの車中からパチリ)。
夜にはライトアップされてとても幻想的な感じになるので、アルコールで体を温めた後にでも見学されるのが宜しいと思われるし、勿論風呂上がりに湯冷めしない程度に見学するのもオススメだったりする(謎爆)。


地元民ってわざわざ雪祭りに行く事って余り無いけど、こうしてみるとやっぱり凄いと思うわけ。
なので是非とも来て頂きご自身の目でその凄さを体感して頂ければ幸い。
ついでに思いっ切り商品を爆買いして、冷え切った北の経済を潤うように仕向けてくれればなお有り難かったりする。

ちなみにこの時期は大通公園界隈は交通規制が凄いので、車で来ることは諦めて公共交通機関を利用して頂きたいと思いますm(__)m。

そう言いつつ、車で行ってるじゃねーかと思った貴兄、この日はまだ雪祭りの日程外なのでまだ交通規制は敷かれていなかったのだよ、ふふふ。
なんだよ〜つまんねーのと思った貴兄は怒りのパワーで下のバナーをポチッとして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-02-05 18:10 | うちのこと | Comments(12)
2016年 01月 01日
特殊サギ
大晦日、恒例の儀となった義理実家で食事会をしようって事で実家まで愛車で向かう。

今年は雪が少なく、いつもなら冬期間には絶対に入っていけないような中通りにある義理実家にも、シャコタンロングホイールベースの車で行くことが出来たのは嬉しい誤算。

今回は業界のスタンプラリーの景品で頂いたホテル特製おせちやカーネルさんのとり肉、地元ではそこそこ美味しい宅配寿司、その他自家製の料理で年越しとなった。
a0015198_10532214.jpg
そう、北の大地は大晦日がメインなのである。
正月の三が日は残り物で食いつなぐのが基本なのだ。


そんな年越しの料理を頂いているとき、義母が一言「この前ね詐欺に引っかかりそうになったのよ」といきなりの爆弾発言。

そう言えば、自分の娘が義理実家に電話をしたときに「この通話は特殊サギ防止のため録音しております」という案内が流れたと言ってたっけと思いだした。

「振り込め詐欺?、オレオレ詐欺?。オレオレっていう人、この家にないでしょ?」なんて言ったら、どうやら別件サギらしく、

「なんだかね、東京海上の人からの電話で地元に老人施設が出来て、それに優先的に入れる権利が当たったからって」

「優先的に?、怪しいね(笑)」

「そうなの、だけど『うちは夫の介護を在宅でしてますから』って言ってお断りしますって電話を切ったのよ」

「なんでそんな個人情報を流すの?」と義母の娘にツッコまれる義母。

「そんな事言ったら鴨が葱しょってるの見えちゃいますよ」と自分。

「そうなのさ、そしたら次の日にまた電話が来て、『お断りされるという話を聞きまして、そうしますと次点に回った方から大変感謝されまして、是非ともお礼がしたいとの連絡が来たんです。』って言うのよ。だから『そんなお礼なんて要りませんよ』って言ったんだけど、どうしてもって、でも忙しいから切ったら次の日にまた電話が来て、今度は東京海上の人から電話が来てなんだか色々話すもんだから、『ところでその施設はどこに建つんですか?』って聞いてみたの」

危ない匂いプンプンの中で、何とか土俵際一杯に持ちこたえてる義母。

「で?」と自分たち。

「そしたらね、区役所の近くって言うのよ(笑)」

一同爆笑。

義理実家の家、区役所の直ぐ近く(笑)。
政令指定都市の区役所の近くにそんな大きな建物を建てるほどの空きスペースはないのは思いっきり明らかなわけで、万が一そんな施設を建てるとしたら、この家は立ち退き対象にもなりかねない。

「それでおかしいなぁと思って東京海上に電話して『そんな話はあるのか?』って聞いたの。そしたらそんな話はないって(笑)。」

「もう、騙されたってその時思ったんだけど」

「だからそんな電話出たらダメなんだって」と実の娘に諭される義母。

「でね、次の日もまた電話があって言ってやったわ。『東京海上に聞いたらそんな話は無いって言ってましたよ』って。そしたら向こうはなんて言ったと思う?」

「『なるほど』だって、全く(笑)。だから消費者センターとか警察とか全部この話をしてやったわよ。」

「あれからは電話来ないけどね」

と息巻いていたが、今のサギはとても巧妙で、電話の通話記録を調べると掛けてる先が何と「東京都庁の会議室」になっていたらしい。

今はそのような感じでどこから電話しているかも色々と設定出来るらしく、ヘタすれば家の前から電話しても全然関係ないところから電話を掛けてくるように仕向けられるらしい。

世の中物騒な話が結構あって、先日も8000万だか1億だか位だまし取られた老人がいたと新聞に載っていたが、さすがに義理実家に現金で8000万円が家の中にはないのでその辺は安心だが、人を見たら悪人と思えって世の中もどうかと思う。


そういうサギ軍団の量刑は「判決を言い渡しますが、先の法改正で詐欺に関してはその大きさに関わらず一律死刑って事になりました」で良いのではなかろうかと思う。
人を騙して何が楽しいのか、小一時間どころか三ヶ月位ずっと問い詰めてやりたいわ。


と言うわけで皆様もサギには十分お気を付け頂き、いささか物騒な話ではありますが新年の挨拶とさせて頂きます。


サギサギってお前もアルピナ買う買うサギじゃねーのか?と思った貴兄、新年一発下のバナーをクリックして頂ければ幸いですm(__)m
ちなみに自分は買う買うとは言っておりません、解体もとい買いたいサギです(笑)、とぎりぎり車の話を突っ込んできて体裁を整えてる辺りが胡散臭い感じもしないでもないですな(^◇^;)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-01-01 10:58 | うちのこと | Comments(12)
2015年 11月 29日
苦しい夕寝
動物に愛されるのも考えものと思える瞬間に遭遇。

腹の上に10kgの犬が乗れば、見る夢も悪夢しかないだろう。
a0015198_19465935.jpeg
11年前に駐車場に段ボールに入れられて捨てられてたクロネコと、コーギーとしては規格外のフラッフィー(長毛種)の母親、そして長い尻尾があって柴犬顔のアウトレット子犬。

この度は誠にご愁傷様である。

そう言うお前は動物に全然好かれてないんだろ、と図星な事を思ってしまった貴兄は見立てが正解ですが、これ以上愛車に嫌われないように頑張れると思うのでバナーをポチッとしてみて下さいm(__)m


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2015-11-29 19:45 | うちのこと | Comments(6)
2015年 11月 27日
マイケルジャクソンと植木等の共通点について考察する
この時期にしては珍しくどか雪に見舞われた北の大地。全国ニュースでも取り上げられたらしいが、基本ヒッキーな毎日を過ごしている自分にとって雪が降ろうが雨が降ろうがあまり関係ないのだが、仕事の売り上げ的には大打撃を受けるって事をすっかり忘れて気温以上に心が冷え込んだ神無月の月。どか雪が降るとクライアントさんも身動き取れなくなるって事をすっかり忘れていた。そんな冷えた心を温めようと、長崎で美味しいチャンポンの店はどこですか?と地元の人に聞くと、大体の人が「リンガーハット」と答えるって話を聞いたからではないが、休日のランチにイオンのフードコートでリンガーハットのチャンポン(ミドルサイズ)を頂く。

とその前に、でこぼこ道を走ると今度は右後ろから何やら異音が発生(イオン繋がりってわけではない)。
出てる場所は足回り近辺のような気もするが、その音は
「金属音のようでちょっと違う」
「プラスチックがぶつかる音の様でやっぱりちょっと違う」
「金属とプラスチックの中間のような音」がでこぼこ道の通過に伴って生じている。

まさかアッパーマウントか?と思ったが、件の時の音とは若干違うため、リヤシートに乗り込んで原因を探る。
トランクを開けてシートを倒すレバーを引き、シートを倒す。
そこから色々な場所を叩くとある一点で異音発生。

場所はトランク内張。
そこを叩くとプラスチック音とも金属音とも違う例の音が出る。
何の音かとトランクの内部を詳細に調べたところ、内張を留めるプラスチックのリベットの所が緩んでいて、内張裏のプラスチックとボディがぶつかっている音。
これは確かに「金属音でもプラスチック音でもなく、その中間の音」って事で合点がいってしまったので、そのリベットの部分に恒久的応急処置としてビニルテープで固定。
これにより異音は消えた。
本来ならもっとガッチリ留めなければならないのかも知れないが、それは「次に音が出た時」って事で今のところは静観することにしたが、4年経過すると色々なところにガタが出てくるのかと思うとちょっと哀しい。


話戻して、
この長崎チャンポンのミドルサイズってのは何?と店員さんに聞いたところ、通常の量よりも少なめとのことで、これなら胃袋のサイズが小学生並みの自分でも大丈夫って事で、体とと財布に優しいミドルサイズ大歓迎。
a0015198_21364435.jpg
その後久しぶりに岩盤浴のある銭湯に行って小一時間体を温めると出るわ出るわ、これでもかって位の汗が全身の毛穴という毛穴から噴き出してきて、久しぶりに代謝が良くなったような気がするところで一気にクールダウンと称して新食感アイスってのを頂く。

a0015198_21364404.jpg
アイスクリームをかき氷みたいにした食感で、口に入れるとフワッと溶けるその味はまさに新食感。
甘党の人は是非一度お試し頂きたいが、これが頂けるのは手稲にある「ほのか」って所。
場所はモトーレン札幌西の近所だから、新型7シリーズの契約書にぽんとハンコを押した後にでも寄って頂ければ幸い。

そんな感じで取り敢えず体は温まったが、肝心の売り上げの方は温まったかどうかは「蟹のみそ汁」って所だ。



これのおもしろみが判る人は、結構いい年の人だと思う。





あいつ車と一緒についに壊れたかと思った貴兄、そろそろ師走って事で人車ともに走らねばならないのでポチッとして頂ければエネルギー源になりますm(__)m、てゆーか車になんも関係ねーべさ。




by Wonderfullifewith | 2015-11-27 21:51 | うちのこと | Comments(4)
2015年 08月 31日
天かすを入手する
異音の話はまだ続いているが、あまりに連投も切なくなるので目先を変えてみる。



とある日の休日の、天気も宜しくないし遠出する気にもならない。

愛車の異音も気になるところだが、自分一人ではどうにも出来ないので悶々とした日々を過ごす。


昼飯時になったので近場に何か無かろうかと色々考えて、「そうだ、うどんを食べに行こう」って思い立つ。

自分も以前に行ったことがあるし、クライアントさんからも「あそこのかき揚げ食べて」と言われてたので、さほど遠くない場所のうどん屋さんまでプチドライブ。

出掛けた先は当別町(とうべつちょう)のかばと製麺所。

R275沿いにある季節限定、と言うか冬の間はこの辺は過酷すぎる環境なので閉店して札幌に降りてくるうどん屋さんだが、店長がTeam NACSの大泉洋に似ていることでも有名だったりするうどん屋さん。

昼時には行列が出来るほどの人気店となっている。

この日も霧雨が降るあいにくの天気にも関わらず、自分が店に到着した昼過ぎには10人以上の客がレジ待ちをしていた。
a0015198_10391927.jpg
ここのスタイルは
注文の品を先に伝えて会計を済ませて番号札を受け取り、その後商品受け取り方式。
大手讃岐うどんチェーンのような商品先取り、後会計とは逆の方式だ。

今回はかき揚げメインで攻め込むので、うどんはあくまでシンプルに「温かいかけうどん」、トッピングに「半熟ゆで卵天」と「かき揚げ」。うどんつゆに載っているゴマはご自由にお使い下さい方面のもの。
a0015198_10390252.jpg
日替わりメニューとして地元で採れた野菜の天麩羅なども出てくるが、この日は長なすの天麩羅が非常に旨そうだった。
そう、この辺はほぼ農村地域。
見渡す限り畑と田んぼしかないようなド田舎。

それと近所にある医療大学付近の覆面取り締まりが有名な場所。
自分も数年前に一度お世話になったことがあり、そのことを知人に話すと「なんであの有名な場所で?」と笑われる位に取り締まり最重要チェックポイントだったりする場所。
それくらいしか話題がない場所だったりする。
傍観者でいられなかった自分が悔やまれる。


そんな場所でうどん屋が流行るんだから世の中よく判らないものだ。


うどんとかき揚げをオーダーした際に、レジ横商品にふと目が留まる。

「天かす、1袋、50円」

ご、ごじゅうえん?
確かに天かすなんて天麩羅を揚げた時にうっかり出てしまう副産物的なもので、普通ならそのままゴミ箱に入っても良さそうな物ではあるが、その味に目を付けた人がいてそれが商売になるのは本当にステキな話だとは思うけど、それが言うに事欠いて50円の値付け。
たったの50円である。

袋に入ってる天かすが50円也の量であれば何もわざわざこんなにも驚かないがそれがこの量で50円。
a0015198_10445877.jpg
自分のこの筋だらけの手と比べて貰えば判ると思うが、普通のスーパーなら200円位の値付けがあっても良さそうな量だ。

それが50円。

正直な話、かき揚げのことはすっかり吹っ飛んでしまって少々舞い上がり気味の自分だったりする。
レジ横には都合2袋残されていたが、さすがに全部買い占めるのはどうかと思い、一袋だけ買ってきた自分は奥ゆかしい性格だと思う。

うどんと半熟卵天とかき揚げを食べて、天かすを持って意気揚々と家路につくおっさん、可愛すぎると思っているのはきっと自分だけかも知れない。

かばと製麺所、プチドライブの昼食にオススメ。


by Wonderfullifewith | 2015-08-31 10:57 | うちのこと | Comments(10)
2015年 08月 12日
暑中お見舞い申し上げまする
北の大地としては異例の蒸し暑さのこの夏。
動物も暑さに結構やられてる感じがある。

熱中症予防グッズも色々あるが、我が家ではこのアルミ板を使用。
犬たちも結構気に入ってくれて、この上でごろりと昼寝をしてたりする。
さすが親子、同じ格好で寝ている。
この場所は丁度良く風が通るらしく、いつも昼寝はこの場所だ(夜はサークル内)。
a0015198_16020287.jpg
犬の向こうに見える扉の所にあるのは高さ30cmに満たない格子状の柵。
これさえしておけば別の部屋に行かないんだから短足ってのは有り難い。

とくに奥の娘の部屋は本人曰く「廃墟」らしいから、何を拾って食べてしまうか判らないし。
我が家において掃除の「治外法権」となっているので、毎朝の職場の掃除序でに行う掃除においても自分は娘の部屋だけは掃除機を掛けない。

にしてもだ、どうして娘の部屋ってのはこうも汚いのだろうか。
鞄は放置、学校から持ってくるプリントもその辺に散乱している。
友人の娘さんの部屋もさん兄妹の中で一番汚いと言ってたし。
ルンバなんて一瞬にして殉職するレベルだ。
どこの家もそんなものかね ┐('〜`;)┌。


とにもかくにも人も動物も熱中症には十分気をつけてこの夏を乗り越えて頂きたい。


by Wonderfullifewith | 2015-08-12 16:48 | うちのこと | Comments(4)
2015年 07月 10日
ボチボチいこか
孝行したい時に親はなし。

しょっちゅう夜に足の爪を切ってたからかは不明だが、自分は親の死に目に会っていない。

いつも「今死んだよ」とか「明け方らしい」とかそんな連絡を貰ってから出掛けていた。

業界の集まりでそんな話をしたら、結構な人数でそのような境遇にあるので、つくづく因果な商売だと再認識した次第。

そんな訳でせめて今出来ることって事で義理の親に少しだけ孝行してみる。

パソコンのカレンダーには日々の予定とともに身内や知り合いの命日を登録しているので、あとは繰り返しを「毎年」にしておけば忘れることはない。
これはオススメ。
当然自分の親の命日も入れてる。

親の命日も忘れてしまうのか、と言われてしまいそうだが、現実に忘れてしまうから仕方がない。
Lewy小体型かも知れないのでその辺は勘弁だ。
完全に忘れてるわけではない。
大体この辺の辺りだなってのは覚えている。
有り難いことに自分の祖先は皆9月頃に鬼籍に入ってくれている。
ただ日にちがイマイチ覚えきれないだけなのだ。


そんな訳で先日も相方方面の身内の命日がやってきたので、それを家族に伝えると「あぁそうだっけ」って返事。
まぁそんなものだ。
もしかしたら揃ってLewy小体型なのかも知れない。

そんなこんなんで休みに義母、義姉らを墓参りに行くことに決定。

お墓ってのは大体が町外れにある訳で、そこまで適当なドライブ。


義母は流石に色々な衰えは否めないが、今年になってフォレスターから軽自動車に買い換えてその辺をちょこちょこ移動している元気な人で年齢の割にはしっかりしている。
さすが元税○署員の妻である(関係ないか)。


果たしてこのクルマに4人乗車で移動するのは何年ぶり?、もしかしてお初?って感じだったが、(後部座席よりも)助手席が広いだろうって事で義母を隣に乗せていざ出発するも、そんな時にも義母は結構色々と観察している。
やはり現役ドライバーだ。

センターコンソールの木目を見ては「ツルツルね」とか、アクティブステアリングの切れ角に感動したり、4人乗車で何の苦もなく上り坂を普通に走ることに感心したり。

悪い気はしない。

比較対象が黄色いナンバーのクルマだからね。
660ccと3000ccのクルマを比べることが土台ナンセンスなんだが。


そんな他愛もない会話をしながら墓地到着。
途中狭い道があって、義母は「大きい車で行けるかしら?」と心配していたが、墓地までの道で普通車が通れないようでは誰も墓参に来れまいって事であまり気にしていなかったが、流石に対向車が来たらすれ違えないような幅の道が2kmほど続いたのには驚いた。

a0015198_10521274.jpg
光りによって色々なカラーに変わるディープシーブルーメタリック。
悪くない。
なんたって基本ハイライン仕様限定色だからね。

バネが縮む時に限り左後ろのショックから「ギシッ」と異音がするのだけが今のところの悩み。
ゆっくり縁石を越える時に顕著に聞こえる。
ショックがダメなのか、何か建て付けがダメなのか、検討しようと思ってるけど面倒なので放置民を決めている。


そしてこの日の最高気温24度。
暑い(笑)。
内地の人には怒られるかも知れないが、北の大地の人間にとっては十分暑い。


流石に時期はまだお盆じゃないので、墓参に来ている人もまばらだが
a0015198_1053247.jpg

もしかしたら今年の夏のピークかも知れないような良い天気の元での墓参り。

同行した義姉(同年齢)も「いっつも晴れてて気持ち良い空だよね」と言ってたあと直ぐ「考えたら雨の日にお墓参りすることなんてないわよね」とちょっと発言が天然だったりするから侮れない。


いくつかあるご先祖様の墓を綺麗に掃除して墓参終了。

この時期の天気の良い日はタイトル通り「墓地墓地行こか」なのである。

by Wonderfullifewith | 2015-07-10 11:19 | うちのこと | Comments(4)
2015年 06月 04日
初パンケーキ
パンケーキの店ってのが大流行になって久しいが、流石に敷居が高かったため今まで足を踏み入れる事が出来なかったが、今回は意を決して入店してみた、と言っても付き添いで入っただけだから自分の意思で入ったという確固たる信念ではない事を先に伝えておくって誰に言い訳してるんだか。

映画、新宿スワンを見た後に小腹が減ったって事でテーブルに店名が焼き印されてるようなオサレな店に入る。
a0015198_1911284.jpg

休日などはそこそこ並んでいるらしいが、時間も時間だったためかそれほどの混雑ぶりではなかった。

ストロベリーパンケーキをオーダー。
と言っても一人一皿は多いので、シェアする形にしてドリンクだけ2つ。
a0015198_19124368.jpg

なるほどねぇ、確かに美味しいけど「超絶旨い」みたいな感じではなくて、どちらかというとクリームの力を思いっきり借りてます的な感じ。
ロイホのホットケーキよりも軽い感じがするが、これは生地の中のクリーム成分の含有量に関係しているのかも知れない。

時折パンケーキを食べてるのかクリームを舐めてるのか判らなくなるような時があるから、自分は今パンケーキを食べているんだと言う事を忘れず心して頂かなくてはならない。

a0015198_19124695.jpg

カフェモカはスタバの方が旨いかな。

これで初パンケーキ制覇ってことで、次回は円山パンケーキにでも行ってみようと思う50才割引の午後だった(で結局食べるのかよ)。

by Wonderfullifewith | 2015-06-04 16:42 | うちのこと | Comments(10)
2015年 05月 20日
権利と義務と中華と
義務を果たさないヤツは権利を主張するべからず。

一応我が家の家訓的なものとして娘には伝えているが、簡単に言えば「四の五の言ってないで、やらなくちゃならない事はやれ。話はそれからだ」なのだ。
その代わり「やる事やったら、あとは公序良俗に反しないレベルで何をしても良い」的な事は言ってある。

あまり縛り付けると、発作的に殺られる恐れもある時代だから困ったものだ。.


てな感じで数日後に試験が待ち構えているらしく、社会の出題範囲が鎌倉後期から江戸までらしい。
「(範囲)広すぎるから」と叫んでいたが、「高校入試の出題範囲は全部だから」で話おしまい。

そんな状況でも「今日は外食〜」って号令が掛かれば、自分以下娘はそれに従うのが我が家の習わし。

a0015198_1634585.jpg
恥も外聞もかなぐり捨てて、取り敢えずは時代の流れを把握しろって感じで副読本はマンガ。

ビリギャルもこれで頑張ったらしいから、うちのビリギャルもどうにかならないかなぁ。


油淋鶏風な鳥の揚げ物はとても美味だった近所の中華料理屋。
a0015198_1634798.jpg
自宅の近所にある大衆中華料理、鎮海楼さん。
麻婆ラーメンは辛みが少なく子供でも食べられるが、山椒の痺れはほとんど無いのがちょっと残念。
でも山椒の痺れはラーメンには不向きか。

by Wonderfullifewith | 2015-05-20 17:43 | うちのこと | Comments(2)
2015年 05月 19日
友遠方より来たる、また楽しからずや
先日、大学の同級生がこちらの大学へ「公務員への求人募集要員」として出張がてら遊びに来てくれた。

「今度の月曜日に行くから、どこかで落ち合おう」ってメッセージが携帯に届く。

「承知しました」って返事を送るのだが、相手はドコモのスマホで、なぜかしらメッセージもメールも自分のiPhone(au)から送信不能。
パソコンからは送信可能なのになぜに携帯同士で送信が出来ないのかしばらくググってみたがよく判らかったが面倒くさくなったのでこれ以上の原因究明に関しては放置を決め込む事に決めた。


こっちもこの時期はバタバタしているため、営業終了時刻とともにベルさっさ出来ず、待ち合わせをどうしようかと考えたが、えーいままよとばかりに「麻生(あさぶ)に出てこい」と連絡。

先方にしてみれば麻生がどれだけのモノかもわからないだろうし、基本的にH大学や隣町のR大学に行くのが本来の目的だから、H大学よりもちょっとだけ北まで足を伸ばさせてもバチが当たらないだろうと考え、こちらは暢気にチャリで指定した店に向かう。

麻生で待ち合わせと言えば、言わずと知れた「和kyo」さん

ススキノに出て変なチェーン店の店に行くよりも、地元の安心出来る店の方がずっと幸せ。
てことで、適当に乾杯をして適当に料理をオーダーして、昔話に花を咲かせる。

「この前来たの何時だっけ?」と聞けば、もう5年も前になるという。
光陰矢の如し!。
これだもの年取るはずだわ┐('〜`;)┌
5年が一瞬だからね。

その間に息子達は二人とも国立大学に進学して、一人は同じ世界の学部に無事進学して勉強しているという。
思わず「そんなに頭良い家系だっけ?」と失礼千万な事を言ってしまったが、大学時代の同級生の事を考えるとそんな質問も全然不思議じゃなく、結論として「嫁さんの遺伝子だな」と言う事で話が纏まる。

ちなみに我々が入学した頃と今とでは大学の偏差値に雲泥の差があり、同級生は皆「今だったら絶対には入れない」と異口同音に言う位に難しくなっているが、正直な話うちらの業種って頭脳よりも気持ちだろって気がする。
変に頭でっかちなのは要らない、てゆーか理屈ばかりこね回して全然使えなかったりする。


まぁそうは言っても彼の兄も国立大学4年まで行って、急遽「弟がその筋に進むのなら、俺は人間の医者になる」宣言をして、あと半年したら卒業なのにそのまま大学中退、半年間受験勉強して翌年には国立の医学部合格ってんだから、その遺伝子の一部を共有している彼の脳みそもそれなりに凄かったのかも知れない。

彼曰く「兄貴は自分が大学受験勉強している横でこっちの間違いをいとも簡単に見つけだし、それだけならいざ知らず瞬時に正解を出して部屋を出て行った。大学4年生が現役大学受験生より頭が良いってなんなんだよと思った」ってんだから、頭の良い人って本当に凄いのね。

今は臨床に進まずに病理方面に進んで日夜顕微鏡を覗いているらしい。
お医者さんって聴診器やメスを持つ仕事以外にも色々あるのよね。


そんなこんなで普通に生活していれば自分たちの年齢になるとその子供らはそれなりの年齢になっている訳で、そうじゃない人は色々思うところがあったのか、または(自分を含め)途中で何か人生の回り道をして「振り出しに戻る」みたいな事をしている人だと思う。

振り出しに戻る行為そのものも誰に後ろ指を指される訳ではないし、今ではそんな人の方がかえって「モテる」なんて話も酒の席で聞くが、どうやらそれも「絶対」ではなくあくまで確率論の話である事は自分の事を顧みればよく判る訳で。
と言うか酒の席ってところで胡散臭さ倍増って事に早く気づけよって話もあるけどさ。
一言で言えば「社交辞令」。


ビールを飲んだ後は何か日本酒の熱燗を頼んでいた友人
a0015198_1764182.jpg
こんな湯灌に入ったお酒を美味しそうに飲んでいた。


料理も外すところはなく、刺身盛り合わせ
a0015198_1754288.jpg
やっぱり北の魚は旨いねぇと言いながら食べてくれてたのでわざわざ街中のホテルからここまで地下鉄で来させた甲斐があったというもの。


この時期のおすすめは何?と女子大生アルバイト店員さんに聞いたところ、一言「アスパラです」
そこまで断言されたら注文しない訳には行かないでしょって事で、アスパラを注文。

その手の店じゃないから客のオーダー数によって歩合で時給が変わるって事も無いんだろうけど、おじさん達は可愛い女子大生に言われたらホイホイとそれに乗っかってしまう悲しい性の持ち主だったりする。

だからといってその先に何かがあるかとか、余計な事は妄想こそすれども自制心がそれ以上の行動を阻むし、当然相手がいる事だからして先方さんに「何言ってる訳?、死ねば良いのに」と思われるのが関の山なのは想像に難しくないことくらい瞬間に理解出来るほど年齢を重ねている訳で。


戻って
焼く、茹でる、揚げるなどから料理法を選べるようだが我々が選んだのは天麩羅。
a0015198_1754546.jpg
当たり前の如くこれも旨いねぇ。

ここに来たらシャモロックの盛り合わせは外せないでしょうって事で
a0015198_1763861.jpg
野性味あふれる鶏肉、旨いねぇ。

鮭のハラスも食べたいって話になり
a0015198_176449.jpg
脂ノリノリで13じゃなくて14、じゃなくてジューシー(おやじかよ)。


楽しい時間はあっという間に過ぎ、明日からの就職斡旋業務の為にお別れとなった。

帰宅時に、酒を飲んで自転車に乗るととんでもなく危険な事がサドルにまたがった瞬間に判明したので、家まで自転車を押して帰ったのは言うまでもないというか自転車でも飲酒運転は絶対無理だわ(笑)。
無理して漕いだら間違いなく事故るね。
相手がどうのって言う前に自爆必死。

歩くのさえやっとなのに、平衡感覚も何も無くなった状態で自転車なんて漕げないんだから、ってそこまでへろへろになるまで飲むなよって?。


世の中では公務員になるのが大変なんて話を聞くが、業界によっては「是非和が県職員になって下さい」なんて事もあるようで、所変われば品変わるとはよく言ったものだね。

我々の業界に進むには全国に16しかない大学に進学して、出る時にも国家試験に合格しなければならないが、公務員になるなら結構楽かも知れないと最後に付け加えておく。

ただし、自分が赴いているようなその筋の業種に付くと強烈に地獄を見ることがあるので、正直これからはあまりおすすめ出来ない業界だったりする。
隣の芝生は思い切り青いのよ。


by Wonderfullifewith | 2015-05-19 18:07 | うちのこと | Comments(8)