カテゴリ:くるまのこと( 798 )

2009年 01月 27日
LKM修理
フォグランプの不定期不点灯現象。

メンテコーナーに同様の質問が掲載されていた。

LKMのハンダクラックにより現象が発生することがあるらしいので、外気温氷点下の中、エンジンルームからLKMを引っぱがしてきた。

マイナスドライバーを駆使してカバーを外し、ハンダをみる。

んが、アラフォー後半になると「ミドルアイ※」が一気に襲ってきて、近くの物が見えにくい。

業務用拡大鏡を取り出して、ハンダをみる。

あ、クラックみ〜つけ!

ハンダごてとハンダ吸い取り機を駆使して、クラックの入っているハンダを除去し、再度イモハンダで修復を試みる。

本来なら全てのハンダを修復すれば良いのだろうが、いじりぶっ壊しにもなりかねないと思い、拡大鏡で明らかに見えた部分の3カ所のみを修復。

再びLKMを車両に取り付け、恐る恐るライトオン!

無事点灯。だが昨日の夜も点灯と不点灯を繰り返していたので油断はならない。

しばらくは経過観察だ。

にしても「先達はあらまほしきことなり」である。感謝感謝m(__)m


え?写真?
余りに真剣に作業をしていたので、写真どころではありませんでしたm(__)m

※「ミドルアイ」=働き盛りの年代で「老眼」という言い方もどうかと思い、業界の仲間と作った造語。まだまだ若いつもりと思うおやじの空回り的心意気を感じて頂ければ幸い。
実際若いと思っているのは自分たちだけで、周囲からは「それなりのオッサン」と思われているのは言うまでもないし、事実若いと思いつつも友人と合う度に「最近キレは悪いし、近くは見えないし、物忘れも酷くなってきてるよね」と話しながら、お互いの病状の進行状況を探りながら生きている。

by wonderfullifewith | 2009-01-27 15:53 | くるまのこと | Comments(12)
2009年 01月 24日
せつない
携帯を換えて数日経過。

ようやく一本の電話が掛かってきた。

「もしもし、○○さんの携帯ですか?」

「いいえ、違います」

間違い電話だった。




a0015198_14511398.jpg
右側のフォグランプが自然治癒していた。
取り敢えず春までは深く考えないことにしよう。

にしても、薄汚れて雪まみれだと、つくづく「ボロい車」に見えてくる。

by wonderfullifewith | 2009-01-24 14:52 | くるまのこと | Comments(4)
2009年 01月 17日
新型CUBE
3列CUBEの初回車検もまだだというのに、営業さんが新型の試乗車を持ってきました。

取り敢えず乗り込んでみますか。
天井の造形が波形になってるんですが、旧い車に乗ってる自分としては、天井が剥がれてきてるみたいで何となく違和感(苦笑)

シートが分厚くなってます。
座り心地はソファーをイメージしたような感じですかね。
営業さんの話では、オプションのシート生地の方がずっと高級感があるらしいです。
2列CUBEよりも全長が長くなった分を、シートの厚さとインパネ周りの造形に回したって感じですか。

へー、プッシュボタン式のエンジンスタートか。最近の流行ね。
2〜3分、その辺ぐるっと乗ってみます。
1.5Lのエンジン音は同じだな。
走り出して、剛性感は上がってるかな。ま、おろし立ての新車だから当たり前かな。
雪道に入れてe4WDの効果を見ますが、モーターの力が強い感じがしました。
個人的にはCVT好きです。
瞬間燃費計がついてるのはある意味目障りかも?
水温計が復活!って、最近の車はオーバーヒートなんて関係ない話なんでしょうね。

オーディオ関係は全てオプションみたいです。

一番高いグレードで200万に届く設定です。
カーテンエアバッグ付けて、バックモニター付けて、ETC付けて、ナビ付けたら、そこそこ良い値段になりそうです。

「今の車は残債無しになります(笑)」って、買い換える話は何もしてませんよ。
a0015198_1613559.jpg


by wonderfullifewith | 2009-01-17 16:02 | くるまのこと | Comments(12)
2009年 01月 07日
春の七草、無くて七癖
タイトルに深い意味はありません。
「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」
言えてもどんな菜っ葉か判りません。

と言うわけで(どんなわけ?)、東京からお仲間がお見えになってるという情報をかぎつけ、その宿泊先まで襲撃に行って参りました。

場所はキロロリゾート「ホテルピアノ」。
今はヤマハの資本じゃないんですかね。

ま、そんなことはどうでも良いとして、以前キロロに行ったときには小樽経由で行ったんですが、毛無峠付近で朝里から入ってくる道を発見しまして、

「てことは、朝里インターで降りても良いわけだ」と思って調べてみました。

自宅からキロロまでは55kmほど、で小樽経由よりも約10kmほど近くなるようです。
早速ナビに入力して夜7時半にスタート。
ナビは相変わらず小樽経由を指示しています。

雪で50km制限の高速道路を「元」降級害車(何だよこの変換!)は爆走します。
雪の降り方がかなり激しく、視界も良くないので気持ちは安全運転で走ります。
朝里で降りてナビを無視して走り続けると、なんと途中で行き止まりorz。

「まさか小樽周りじゃないとダメなのか?」と嫌な予感が脳裏を過ぎりますが、ローソンを曲がっていけば何とかなりそうなので、それを信じて走ります。

毛無峠、雪が降ると結構キツいものがあります。
ドリドリならぬ、ズリズリ。
フロントは逃げるし、リヤはいきなりブレイクするし、でも結構タイヤが頑張ってくれて、ABSが効きながらも良い感じで減速してくれて、やっぱタイヤは新しい方が良いですよ>タイチョー(笑)。

ここだけの話、オーバースピードで突っ込んでカーブを曲がれないところがあったんですが、その時とっさに左手がサイドブレーキレバーを探してました。
8年以上乗ってるのに、いざって時にはまだダメなようです。
それでも何とか気を取り直して右手でサイドブレーキを引いてコーナーをクリア。
曲がった後に思わず自分に苦笑い。

途中、峠を攻めているチェイサーがいましたが、上手にドリドリしながら上って行ってました。

ホテルピアノにはナビの予定時刻通りに到着。
a0015198_9484256.jpg

ロビーでは生演奏なども行われていました。
やっぱりこの辺が「ホテルピアノ」です。

a0015198_945281.jpg
ステージ横のツリー。LEDですかね。

お仲間の方とラウンジで談笑。
a0015198_9475567.jpg
照明が大人の雰囲気って感じ。

a0015198_945538.jpg
私はケーキセット。このケーキ、凄く美味しかったです。お仲間のN氏はジントニック。ケーキセット、ごちそうさまでしたm(__)m。

N氏とは業界の裏話や、今後の身の振り方など、多岐にわたる話題で盛り上がりました。なんだかんだ言っても、業界裏話は聞いていて面白いわけです。
あんなことやこんなこと、現場の人じゃなければ判らない話がてんこ盛り。
「○○24時」なんて番組では絶対に判らないことが目白押しです。
a0015198_9491138.jpg
お名刺を頂きましたがN氏におかれましては、これからも世のため人のため、そしてご家族のために頑張って頂きたいと思います。

1時間半ほど談笑し、10時になりましたのでそろそろお暇することにします。
a0015198_9503897.jpg
「元」降級害車(をい、ATOKっ!)をしげしげと見入るN氏。ちなみに車両下に流れている液体は雪解け水であって、不吉な緑色の液体ではありません(笑)。

そう言えばルスツのプチオフの時、ハイビーム不点灯事件がありましたっけね(笑)。

ホテルを出て、再び毛無峠の人となります(うーん、表現が微妙だ)。
a0015198_9523189.jpg
一気にブレーキング、そしてターンイン、ズルズルズル・・・・。

帰り道、札幌ジャンクションが「雪のため通行止め」って事で、札幌西インターで降ろされてしまいましたが、それでも往路よりも5分ほど早いタイムで走ることが出来ました。

キロロ、我が家からは1時間圏内のようなので、いつかスキーにでも行きたいものです。

自宅から手稲山が見えて、いつでも行けそうなのに、自分のスキーを持って行ったのは、かれこれ10年位前になりますかね。
スキー板の主流もカービングスキーに変化して、世の中の流れに全然ついて行けてません。その世界からは完全に取り残されております。

N氏さん、また来年キロロで会いましょうね。
そうだ、来年は家族ぐるみでスキーツアーオフなんて良いかもしれませんね。

by wonderfullifewith | 2009-01-07 10:16 | くるまのこと | Comments(7)
2008年 12月 17日
今のところ暖冬
こちらも暖冬です。

原油価格下落もあり065.gif(しかし、最高値の時の1/3ってどういう事よ。ごく一部の世界の大金持ちに完全に弄ばれてますね)、生計的には非常に助かっております。今シーズンはロードヒーティングの稼働がまだ1回ですから、暖冬様々です。

愛車もまだこの程度の埋もれ具合。
a0015198_17181428.jpg
日中には天井の雪もなくなります。

ま、この少雪も札幌近郊だけって話もあって、先日実家方面に行ったときにはしっかりと路面は圧雪状態でした。

6MTだとスタック時の前後のあおりも、今までのようなミッションの心配をしなくて良いから、気兼ねなく思いっきり出来るでしょうね>若頭。

高校三年の時も雪が遅かったのですが、その時化学の先生が「余り雪が降らないと、お前達の所にもサンタクロースがプレゼントを持って来ないかも知れないなぁ」なんて不吉なことを言っていたのを今でもしっかり覚えてます。えぇ昨日の晩ご飯は忘れても、20年以上前のことはしっかり覚えてますから。


受験、懐かしい響きです。

by wonderfullifewith | 2008-12-17 17:26 | くるまのこと | Comments(3)
2008年 11月 29日
速度レンジ
血縁者から「親が転んで立てないらしい」って連絡があり、営業終了後に実家まで行って来ました。
通勤割引時間帯なので、高速道路を利用。

料金所でETCじゃないレーンに黒のアリストが並んでいます。
何となく普通じゃない、でも国庫金納税促進委員会方面の車両ではなさそうです。
さくっとETCを抜け、高速をながします。

するとどうでしょう、後ろからピッタリくっついてくる車が一台。
レーダーは無反応なので、少し速度を上げてみます。
と言ってもこちらはQレンジのタイヤ装着中ですし、ここは日本でありますから、それなりの速度でしか走りません。

あまりにピッタリくっついてくるので走行車線に戻ると、後続車は一気に私を抜き去ります。
「クロのアリスト!」

そうですか、そういう事ですか。
てことで追撃開始します。
まぁ時間帯的にもそこそこ車がいますし、あくまでここは日本。
常識的な速度で追随します。

ジャンクションからインター方面に左折して再び料金所。
アリストはチケットを取るために一時停止、私はETCで楽々通過、一気に加速します。
が、追いつかない。
キックダウンスイッチまで踏み込みます、踏み込みます、踏み込みます、踏み込みます・・・・・、5krpmまで回しても追いつきません(;。;)。

「あのアリスト、リミッター外してる!」

ちなみに私のタイヤはQレンジ、完全な条件下での最高安全速度はかなり低いはず。
アリストだってそうそう変わらないはずです。なんせここは北国、ブラックアイスバーンのメッカですから、ピレリなどを装着しているとは到底思えません。

それでも路面が出てますので、頑張って追いかけてみます。
やっぱりフロントの接地感が乏しいです。そんな中でもこの直進性は、ロック率25%のLSDに助けられているものと思われます。やはりOSの100%を導入したいところですが、サンヨン用はありですか?

何とかアリストに追いついて、私が降りるインターまでの約30分、ずっとランデブー。途中でランエボが混じってきましたが、これからの時期は4WDですね。

救急車で病院に運ばれた親は、レントゲン検査の結果で骨盤の骨には異常なく、痛み止めの座薬を頂いて帰ってきました。

アリストさんはどこまで行くのか知りませんが、事故など起こさずに走って頂きたいと思うわけです。

若頭の愛車なら追いつけたなぁと、ちょっとだけ思った夜でした。

Q160km/h
S180km/h
T190km/h
U200km/h
H210km/h
V240km/h
W270km/h
Y300km/h
Z240km/h  +

by wonderfullifewith | 2008-11-29 08:05 | くるまのこと | Comments(8)
2008年 11月 25日
CD誌
東方面でM5にお乗りの方から教えて頂きました。
Car&DriverにM5が掲載されていますって。

当時の記事のようですが、今もまだ現存している車両なんでしょうか。もしかしたらお知り合いがオーナーさんかも知れませんね。
a0015198_1545040.jpg
水温がヤバくね?(笑)。

初期型のホイール、車体色はソリ黒。
a0015198_15452254.jpg
良いねぇ。


初期型M5、綺麗な個体は内地のショップで300万弱の値を付けて売られてるようです。

by wonderfullifewith | 2008-11-25 15:19 | くるまのこと | Comments(5)
2008年 11月 20日
M+S
いきなり来ました。
これからはるまでは発掘作業が続くでしょう。

で、今日の掘り出し物。朝一番に遠方から発掘救出してきました。
a0015198_8193347.jpg
里でこの位ですから、山はもっと凄いんだと思います(笑)。

「足腰を冷やすと良くないんだよ、おじさんがタイツ買ってあげようか?」と言いたくなるようなスタイル。寒さに当てると身体は防御反応で脂肪を付けようと努力するんですよね〜。なのにご本人達はこんな格好をしつつ「痩せたい」って。
矛盾だらけですから〜残念!
a0015198_8212081.jpg


04年製造のM+S
a0015198_822147.jpg
凍結路面以外だと全然問題ないですが、こちらのようなミラーバーンではそろそろ限界を感じます。ロードインデックス89だって(爆)。推奨は95なのに・・・。

by wonderfullifewith | 2008-11-20 08:22 | くるまのこと | Comments(2)
2008年 11月 17日
いつかは
「いつかはクラウン」
有名なキャッチコピーです。

近所にもクラウンを扱うディーラーさんがあります。
ときどき営業マンが来て「どうでしょうか?」と言ってきますが、
「どうでしょうか?」と言われても、どうにもならないのも現実な話な訳で。
500万からする車、とてもじゃないですが買えませんよ。

それでも3日間試乗キャンペーンなどに募集なんかをしてみますと、当たり前のごとくに残念賞になって、負け惜しみのようですが「あの手の応募ってのは潜在的ユーザーを募るための手段に決まってる!」と思ったりするわけです(完全に負け惜しみだわ)。

で、その残念賞にハンカチを頂きました。
a0015198_1530539.jpg


「いつかはクラウン」
暫く無理かも知れません。

でもきっと私も
「最期はクラウン」に乗れるんだと思います。
うちの婆ちゃんも、最期に黒いクラウンの長いヤツで逝きましたから。

by wonderfullifewith | 2008-11-17 15:44 | くるまのこと | Comments(7)
2008年 11月 03日
グレー?
明日はみぞれ交じりの天候だとか。
てことなのか、車に冬タイヤを積んでスタンドにタイヤ交換に行った家族。
タイヤ交換をして貰おうとしたら、スタンドの店員さんに「片べりが酷いから交換した方が良い。この状態だと横滑りが酷くて危険だ」と言われたとか。
購入後2年で、総走行距離が1万km弱の車のスタッドレスタイヤが、片べりが酷くなるものでしょうか?

冬期間の走行距離なんて、4000kmも無いでしょう。

中古車で購入したというのなら、アライメントが狂っていてとかもあるでしょうけど・・・。
完全にカモにされたようです。

まぁ連休最終日の午前中に、車のことを何も判らなそうな中年女性一人が、タイヤを積んでスタンドにタイヤ交換を依頼に行けば、店側としてみれば「上客」ですわ。
赤子の手を捻るよりも簡単でしょう。

仕事中に電話が掛かってきましたので、すぐさま戻るように説明。
昼にタイヤを見れば、確かに外側が内側に比べて減っています。背の高い車の特徴的なタイヤの減り方です。
が減っていると言っても、走行距離、使用年数からして「即交換」を促すようなレベルではありません。
ま、ぶっちゃけ私のタイヤより遙かに上物です(笑)。

にしてもねぇ、どうなんでしょう?
ノルマがあるのは判りますが、これはかなりグレーなセールスだと思いますけどね。

「明日は天気が悪いのにタイヤはどうするんだ」とかぐちゃぐちゃ言われましたので、土砂降りの雨の中、サクッとタイヤ交換を行いましたよ。

その車で昼から・・・・(続く)

by wonderfullifewith | 2008-11-03 20:25 | くるまのこと | Comments(5)