2018年 01月 07日 ( 1 )

2018年 01月 07日
62%
車両用バッテリー充電器を購入して、日々充電に勤しむオーナー。
一応今のところ冬期間におけるエンジン始動には何ら問題のないレベルなのだが、バッテリーの突然死ってのはシャレにならないので念のためにCCAってのを測定してみた。

バッテリーのお手入れが良ければどの程度長持ちするのか判らないが、なんだかんだどんなことをしても新車購入から6年経過すればそろそろヤバイ時期に差し掛かろうって時期だと言えば間違いではないと思うよ、と自分に言い聞かせようとしている自分もそこに見え隠れしている。

それでもひたすら充電に勤しむ小市民。
そしてその充電レベルを見て一喜一憂する小市民。

確かにバッテリーを充電すればそれなりの効果はあるんだろうけど、今はバッテリー評価には単なる電圧だけではなくCCAなんてモノを基準に評価するらしい。

CCA、コールドクランキングアンペアの略で、その辺は適当にググって貰えれば色々と出てくるんだが、北の大地ではやはりコールドという言葉には敏感になってしまう。
やっぱ冬の間は毎回の乗車時に間違いなく「ポーン」の洗礼を受けるのだから。
それも数字の前に「ー」ってのがつくのがデフォなのだから。

そんな状況で今は特に問題ないのだが、バッテリー上がりとともに愛車への愛着が薄れてしまってはどうしようもないので、そこはどうにかしなければならないと思っているので、色々と悪足掻きをする第一弾としてバッテリーチャージャーを導入し車庫に入ってるときはタダひたすらに充電、充電、また充電。

だが前出の通り今はCCAってのが主流ってことで、果たして充電バッテリーの状況はどの様なモノだろうとバッテリーチェッカーでチェック。

バッテリーチェッカーの取説を開いてみると、どうやら「全ての電装品を切って」とある。
バッテリー単体であればなんてことはないのだが、こちらはバッテリーを車載した状態で測定するために、どうしてもトランクを開けておかなければならない。
そうするとバッテリーの室内灯が点灯してしまう。
これって本来の測定方法として宜しいのかは良く判らないが、とにかく測定してみた。

あとでよくよく考えれば、トランクの蓋を開けてリヤシートを倒して、その後トランクを閉めてトランクスルーの状態で測定しても良かったのにと思ったのは作業が終わって一段落してからの事だった。

なので今回の測定法は正規の方法では無いと言う事を予め伝えておく。

リヤトランクの蓋をはぐってバッテリーにアプローチ。
その後バッテリー端子にチェッカーを接続してCCAにセット。
a0015198_18091556.jpg
これは点滅するLEDなのだが、点灯している状態で撮影したもの。
CCAとある。
あとは取説に従って測定するだけなのだが、そこで出て来た値が驚愕の数値。

これ本当なんだろうか?と目を疑ったが、6年経過してるので信じることにした。
但しこの状態ではトランクの室内灯は点灯している状態だ。

a0015198_18091507.jpg
搭載されているバッテリーのCCAは900、そしてこのバッテリーのCCAは564。
70%以上あればまずまずらしいのだが、それを大きく下回る62%。
一応LEDの表記は緑と黄色で、これは取説によるとバッテリーは良好ですが、充電が必要です、らしい。
ずっと充電してるのに_| ̄|○

頭の中で「お前はもう死んでいる」って言葉が繰り返されていた。


そしたらそれを知ってか知らずか、とてもタイミング良くBMWから「バッテリー交換しましょう」ってメールが来て、そこには20%オフの数字が。
DIYで作業するのなら、ネット通販から5万ほどでバッテリーを購入してPCを繋いで車のコンピュータをリセットすれば良いのだろうけど、この手のものはメーカー保証って事を考えてDで作業する方が何かと安心ってことで、ちょっとお高くなるがDに交換の予約を入れてしまう。


バッテリーを交換すればあと6年乗ることが出来る。
その間にオイル漏れとか水漏れとか、ナビのブラックアウトとかそんな洗礼が待ってるかも知れないが、その時はその時と言う事も出来ないだろうから、適当なところで次の車のことを考えなければならないだろう。

G30も良いけど、やっぱサイズがなぁ。
XDrive、凄く良いですよなんて年賀状で悪魔の囁きをしてくるお仲間もいるしなぁ。

取り敢えずバッテリー交換した後は家族車のバッテリー充電に勤しむことにしよう。

皆様もバッテリーの突然死には十分お気を付けください(うちのはまだ死んでないけどね)。



by Wonderfullifewith | 2018-01-07 21:09 | くるまのこと | Comments(12)