2017年 09月 04日 ( 1 )

2017年 09月 04日
BS履いてミシュランの店に行く
a0015198_15201090.jpg
清水ダイブでBSのGRーXIへ履き替える。
よって必然的に暫くこの車に乗るって事が確約された。

パターンノイズなどはかなり少ないレベルのタイヤだが、グリップ性能などは001の方がきっと遥かに高いんだろうけど、ジェントルな自分は超高速レベルからの急制動なんてしないし、通常の速度域で静かにタイヤが回ってくれればそれで充分。

a0015198_18043687.jpg
このトレッドパターンがブランドの証なの?


そんなタイヤを履いて出向いたのはラ・ロカンダ・デル・ピットーレ洞爺
a0015198_18041726.jpg
以前も洞爺湖までドライブに来て立ち寄った店だが、最近になってミシュランのビブグルマンを獲得したとか。

高台にあるウィンザーホテル洞爺の系列店だけあってその辺が評価されたのかも知れないが、自分の様な身分では「星3つです!」的なお店には到底足を運ぶことが出来ないので、ギリギリ頑張ってお一人様5000円以下で楽しめるミシュランのお店って感じのこちらに再訪することにした。

ここはWebsiteを見て貰えば判るが、イタリアンと景色が売りのお店。
窓際の席からは洞爺湖が綺麗に見える。
a0015198_15200080.jpg
ちなみに洞爺湖の中にある中島にはシカが生息していて、そのシカの中には妙に観光客慣れしているというか、営業的な態度を取るものもいるで個人的にはどうかと思っている。
遊覧船が中島の船着き場に到着する頃あいを見計らって島の奥から出て来て客に何かをねだるのだ。
向こうも生きていくのに一所懸命だから仕方が無いのかも知れないが、どうにももう少し野性味を持っても良かろうと思う。
これも処世術ということなのか。

店に入り窓際の席に通され、前後を異国の客に挟まれた状態でオーダーしたのは店の売りなのかピッツァマルガリータのセットとサラダ。
a0015198_18043688.jpg
取り敢えずテーブル備え付けのグリッシーニで小腹を落ち着かせるが、これってなんなんだろうね。
プリッツみたいなものかと思ったらどうやらパンの類だとか。
だから適当なサイズに折って口に運ぶのが正解らしい。


ピザはカットしないで丸いまま出て来るのを、店員さんがピザカッターで等分にカットしてくれた。
ここで「何ピースにカットしますか?」と聞かれるのだが、その数は奇数でもカット出来るそうで「7ピースでも大丈夫ですか?」と訊いたら行けますよとの返答だっだ。
凄い技術だと思った。

ただ、ピッツァの場合はピザカッターで切るのではなくナイフとフォークを使って食べるのが基本って感じだと思うのだが、ここのお店はピザカッターでカットしてくれる。
それはアメリカ式だろ!、ナポリピッツァならそんなことするなよ!とか目くじら立てることでは無く、単にお店側のサービスと取らえた方が良いのかも知れないし、店員さんの話では「お客様自身でカットされる方もいますよ」と言っていた。
ただその場合も丸い刃のピザカッターを使ってピッツァをカットするそうだ。

a0015198_18041716.jpg
出来映えは安定の味というか、まぁこんなものなんだろうなと言う味なんて言うと「貴様ビブグルマンに選ばれた店のピザの味がわからないのか!、眼鏡を外して歯を食いしばれ!」と言われそうだが、芸人のリアクションのように「うんまっ!」って程のものでもきっと無くて、極々普通に美味しい、てか不味くないレベルってか自分どれだけ上から目線なんだか。

たぶんそんなにピザを食べ比べたことがないからそのような陳腐な感想しか言えないのだと思うが、普通に食べて「失敗した!」と思う様な味ではないと思うので安心して頂きたい。

ほんとはね、この下のサラダとピザのランチセットで済ませて少し胃袋に余裕を持たせて店を出ようと思ってたわけなのよね。
胃袋に余裕を持たせれば、その先にソフトクリームだとか色々楽しめるでしょ?。
え?この程度でお腹が一杯になるって、女子か!って突っ込まれるかも知れないが、年を取ると沢山食べられなくなる物なのよ。
a0015198_18043734.jpg
サラダは旨いハムが数切れと後は葉っぱとトマト。
個人的にはこれで十分なんで、正直な話、その後どう出て行くのか事の成り行きを見守っていた。

そしたらやっぱりかって的に「パスタ追加オーダー!」なの。
a0015198_18043809.jpg
フェットチーネかタリアテッレかはその地域によって呼び名が違うらしいけど、とにかくきしめんみたいな平たいパスタね。
これのクリームソース仕立て。
ガッツリとゴルゴンゾーラチーズが利いてて、胃袋にドカンと溜まるタイプ。
美味しいんです、美味しいんですけど、次に予定しているデザート方面の空間がこれでほぼ埋め尽くされる事態は如何ともし難い。
それに腹一杯になると貧血の体にはツライものがあって、体の優先順位的に血液が分配されるようなことが本当にあるのなら、それはすなわち脳への血流が低下する事態になるわけで、そうなれば当然のように「睡魔」ってのが襲ってくるわけで、案の定その先の運転はちょっと辛かった。

a0015198_18043509.jpg
きっと芸術なんだと思うけど、斜めになってるコーヒーカップ。
ろくろを回しているときにちょっと失敗しちゃったとか、そんな理由だったら泣ける。

店を出ると馬がいた。
a0015198_18043751.jpg
どうやら乗馬体験やホーストレッキングも出来るらしい。
お客が6名ほど居て、その人達はこれからホーストレッキングに出掛けるらしかったが、馬も素人を乗せて歩くのが面倒くさいのかなかなか歩きたがらないような感じで、やっぱり仕事したくないと思うのは人間も馬も一緒なんだなぁと。
さすがにこんな時にカウボーイのように拍車をつけたブーツを履いてるようなことはないから、お腹の辺りを軽く足でポンポン蹴ってやれば仕方ない感じで歩くわけだが、これも仕事だと思って頑張ってくださいと馬を送り出してみる。
世の中楽しい仕事ばかりじゃないのよね。
a0015198_18043871.jpg
一応鞍を付けているからきっとこの馬も体験乗馬などで活躍するんだろうけど、たいそう大人しいらしく「触っても大丈夫ですよ」と店の人に言われてさりげなく鼻付近を触る。
てか体験乗馬に使う馬が荒くれ者でどうするって話だわ。

「去勢してますから」と言われたが、馬の去勢って結構残酷で、軽く鎮静した状態で玉袋に一刀両断で睾丸を出し、その後はバルザックの挫滅鉗子で精巣動脈や精管を鈍性に潰すだけって時代はきっと終わって、今はもう少し現代的な方法で手術して貰ってると思いたいけど真相はわからない。
きっと溶ける糸で血管を縛ってるんだと思いたいけど、その辺詳しい人がいたら教えてください。

体重どの位なんだろう?って言うから、ぱっと見で450kgじゃないの?と答えたら、店の人が430kgですねと教えてくれて20kgのニアピン賞にちょっとガッツポーズ。
こりゃ行けるぞ(なにがだ)。

a0015198_18041545.jpg
6のGC、なまらカッチョイイわ。
全長5m以上の大きなガレージを確保出来る身分なら、この車も良いよね。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-09-04 19:14 | くるまのこと | Comments(8)