2017年 08月 14日 ( 1 )

2017年 08月 14日
桃好きなので
果物は嫌いじゃない、むしろ好き。
甘い物は全般に好き。
なのでビール飲みながら普通にケーキも食べられる。

ただ最近の果物は品種改甘が進んで果糖摂取量が高くなるのがちょっと心配。
ま、血糖値も尿酸値も正常値だから良いんだけどね(軽度の貧血だけど)。

好きな果物の中でも「桃」が好物の上位にランクする。
が、やはり桃はお値段がちょっとねぇってことでそうそう易々と庶民の自分は口に出来ないのが現状だったりする。

桃の皮をつるりと剥いて、てか桃の皮をつるりと剥くのもちょっとしたコツがあって、いくつかの方法があるが自分はトマトの湯むきと同じ様な感じで「熱湯20秒、すぐさま冷水投下」方式を採用している。
ツルッと剥けるととても嬉しいが、実は桃の甘みの最高点は皮と実の間なんだとか。
先日の鉄腕ダッシュでもやっていたが、本当は皮についてるヒゲを取った状態で丸かじりが1番甘く感じるらしい。

いやそうじゃなくて、桃ってのは果物の中では高価格帯に位置しているので、スーパーで見つけても「今度ね」とか「内職のお給金が入った時にでもね」とか呟いて後ろ髪を引かれつつ(本人の後ろ髪はかなり減ってきたが)果物コーナーを素通りすることが多い。

それに値段が高いだけ高くて甘さがイマイチだったときにもショックも大きいので、ちょっと桃でもなんて容易に手を出せないってのも正直な所なんだが。

そんな桃好きがじゃらん(好きだねぇ)を見てて、近場で桃を丸ごと1個使ったパフェを出す店を発見してしまったものだから、それは行くしかないでしょ!って事になるのは当然のことなのは誰もが否定出来ないだろう。

出掛けたのは市内でもちょっとオサレな地域、円山(まるやま)地域。
北海道神宮や高校野球の地区予選が行われる円山球場がある方面だ。

そこに出来た「マルヤマクラス」なる商業施設にあるお店で桃丸ごと1個使用したパフェが提供されているらしい。
とにかく「ある!」だけを確認した一行はそのお値段なんてものまでは調べることをせずにマルヤマクラスを目指すのだった。

マルヤマクラスには施設内に駐車場があるのでそちらに車を進める。
a0015198_18451863.jpg
さすがセレブが住む地域だけあって、自分の後ろには銀色のおベンツ。
他にもサソリだったり四つ輪だったりVWだったりが普通に駐められている駐車場、自分の住む地域ではなかなかないなぁ。


車を駐めてお店へテクテク。
店内は昼下がりにも拘わらず優雅なマダム達が談笑している。
こんな光景、自分の住む地域にはなかなか見られない。

そんな店内に紛れ込んで店員さんに桃のパフェをオーダー。
さすがに桃のパフェのみって訳には行かないので、お飲み物もオーダー。

そして程なく出て来た桃のパフェがこれ。
a0015198_18451937.jpg
桃1個丸ごと使われてるパフェ、ホイップクリームがのせられているが、非常に崩れやすいので食べるのにテクニックが必要な感じだ。
撮りようによっては「インスタ映え」すると思うが、センスの無い自分では「インスタバエ」って何だか虫が集ったような写真しか撮れないのが残念だったりする。

このパフェ、桃の味が良く判らない。
その要因はホイップクリームじゃないか?と自分は推理している。
ホイップクリームは桃の甘みを引き立てるためにケーキのそれよりもやや甘みを抑えているような感じがしたのだが、桃の甘みを引き立ててるか?と訊かれれば、何となくだが「桃の甘みをぼかしているんじゃないか」と思われた。

あれ?これってもしかして逆効果なの?
お店には申し訳ないが、桃ってのは他の人工的な食品を押しのけるような強烈な甘さを前面に主張しているグループの果物ではなく、どちらかと言えばみずみずしさってのも魅力の一つとして売り出していると思う。

想像して欲しい、桃を丸かじりするときの様子を。
果肉が潰れないようにそっと手に持った桃の表面に唇を当てて、桃の果汁を一滴たりとも逃さぬよう若干の吸引を掛けつつジュルッと音をさせつつやや線維を感じる果肉に歯を立てて口腔内に果肉片を搾取せしめる行為を行うと思うのだが、やはり桃の魅力は「果汁」だと自分は思っている。
その果汁こそが桃のみずみずしさの根底てか全てだと自分は思うのだ。

皮を微かに押すだけで果肉が凹むほどに軟らかくなり、果肉への果汁飽和点が最高潮に達したような桃、まさに「完熟」「熟れ熟れ」」「こんなになっちゃってもう(謎)」の状態の桃、想像しただけで唾液が分泌される。

もしかしたらそのみずみずしさをパフェのホイップクリームはマスクしてしまってるんじゃないか?とまで思ってしまった。

この桃のパフェ、お値段は確か1400円だったと思う。
正直ビックリだった。

確かに原価が掛かっていてそれなりに技術も必要な桃のパフェ、当然高価格になるのは想像に難しくない。
だがこの時自分はハッキリと確信したことがあった。

「桃は桃のまま桃として頂くのが最高に旨い!」。

妙なアレンジをするのではなく、素材そのものの旨みを感じた方が断然良いのだと(あくまで個人の感想です)。
桃のパフェはインスタ映えはするが、桃そのものを味わうにはイマイチなのではないか(あくまで個人の感想です)。

a0015198_18451919.jpg
一緒にオーダーしたトロピカルなジュース。
オタマジャクシの卵みたいなフルーツをトッピングして飲むように指示された。
20年近く前にハワイに行ったときに乗ったハワイアン航空の機内でだされたジュースを思い出す味だった。
それ以来自分は海外には行ったことはない。
娘は「パスポート2冊目」だというのに・・・・。


甘い桃が食いたい!
こうなりゃ今流行りの「ふるさと納税」で桃を購入してやろうと思ったが、悲しいかな桃の収穫には季節が少しずれていたのが今年の残念な出来事。
来年は桃をゲットしてやろうと、この時心に誓ったのだった(来年以降もふるさと納税制度があればだけどね)。


自分が桃好きだから娘の名前に桃の漢字を使ったわけではないことを最後に記す。
結婚して名字が変わっても「木」の文字が残ってくれればとの思いからと、王貞治氏の娘さんの名前には王偏の付く漢字が使われているという話に倣っている(王貞治氏の娘さんはまた王の名字に戻ったけどね、苦笑)。

いやぁBMWは一枚目の駐車場ショットだけだなぁ(何時もの事だろ)


by Wonderfullifewith | 2017-08-14 22:31 | くるまのこと | Comments(4)