2017年 03月 27日 ( 1 )

2017年 03月 27日
厳しいノルマ
世の中なんだかんだでノルマに追われて暮らしているのは何所も一緒。
期日までにこれだけの売り上げを上げろ、期日までにこれだけの契約を取ってこい、期日までに仕事を終わらせろ、などなどこんなことがない中で仕事をしている人なんているのだろうかと思うが、でもそんな風に書きながらあの業種とはきっとあまりノルマなんてものは無いんだろうなぁと隣の芝生は青いのか本当に正真正銘青いのかは判らないが、それ以外の人は多かれ少なかれノルマに追われていると思う。

「冷蔵庫内がカニで溢れかえってる」とラインが送られてきて、そんなラインを笑いながら他人事のように見てると「カニ追加!」と恐ろしいような内容が書き込まれてくる。
「カニを処理しなければならない」
ノルマが発生した瞬間だ。

ちなみに我々の中で「カニ」と言えばほとんどが「毛ガニ」を指すが、地域によってはズワイだったりタラバだったりするんだろうけど、やはり(そうそう食べ慣れるものではないが)カニと言えばやっぱり毛ガニ。


毛ガニ6杯と美唄焼き鳥(福よし本店)の持ち込みによる豪勢なノルマ達成食事会が開催される運びとなった。
場所は言わずとしれた「超秘密基地」
営業終了と同時にツンベが店先に横付けされ、職員よりも先に職場を後にする店長。
小脇にはロゼワインを抱えて車に乗り込む。

基地内に到着して扉を開けると、そこには北のシェフが慣れた手つきでカニを捌いた後だった。
a0015198_11023784.jpg

ガラステーブル一面に並べられる毛ガニと焼き鳥。
本日のノルマ1人に付きカニ1.5杯。
焼き鳥のノルマは1人20本くらいか?
尿酸値が低くて良かったと思う瞬間だ。

乾杯〜!の後にはみな一所懸命カニの身をほじくって食べる。
「カニを食べると無口になる」なんて事を言うが、そこはそれ我々のことだから無口にはならないで大盛り上がりになってしまう。
オジサン達だけで何がそんなに楽しいのか?と思われるかも知れないが、これがなぜか強烈に楽しい。
あんな話やこんな話。
エンジンキーがピカピカになったり、チルトステアリングのパーツはやっぱり多少ねっぱってなかったらダメだとか、ねじが多少余っても問題ないとか、Aクラス位なら買っても良いって言ったとか言わないとか、いやそれは言ったらダメだとかその場にいなければ判らない話ばかりで恐縮至極だが盛り上がること盛り上がること。

やっぱり湘南のシェフは不参加なんだねって事でせめてオンラインの参加だけでとの事で「現場からは以上です」的に写真を送ったもんだから踏みまくった地団駄で江ノ島辺りに津波が起きなければ良いなと余計な心配をする位にこっちは盛り上がる。
a0015198_11023630.jpg
ノルマその2、冷蔵庫内にある500ml缶を消費せよ!
なかなか厳しいノルマだ(笑)。

ちなみにビールの後ろに写っているのが美唄焼き鳥。
鳥肉の串カツが旨い。
ソースを付けてムシャムシャ、クラシックをゴクゴク。
プリン体?、なんですか?って話だ。
つくづく尿酸値が低くて良かったと思う。

また美唄焼き鳥の「福よし」さんのもつ鍋が食べたいなぁって感想が漏れて、やっぱりこうなったら事前に予約して本店に乗り込むしかないなって話が纏まったような気がしないでも無いけど、酩酊状態の自分なのでその審議は全く定かではない。

馬鹿話をしながらどうにかカニ1杯を完食するも、手つかずのカニがテーブルの上にデデーン。
みんな腹一杯になってもカニが余る食卓、贅沢すぎて笑っちゃう。
あの人も来れば良かったのにと再びラインを送るが、完全にガマン汁がでてる状態でもんどり打ってるのが手に取るように判る返事が返ってきた。

ビールの次はワイン。
ワインを飲む頃には話の内容も脂っこい感じになってきて、皆それぞれの立場に置き換えて頷いたり自分は違うとばかりに首を横に振ろうとしているのを無理矢理縦に振らそうとしてみたり。
「経験者から言わせて頂きますと〜!」とか言いながら演説を打つ者、
「準備はいつでも出来てるから」と危険球並みの牽制球を投げる者、
「みほこさんの法則で相手の話を聞いていくわけです」と思わずメモりたくなるような話をするもの。
ちなみに「’みほこさんの法則」とは
認める、褒める、肯定する、賛成する、の頭文字を取ったものらしい。
ただこの人はそこで終わらないのが凄くて、そこから一気呵成に見事なまでの論証で相手を論破し説得に持ち込んでいくから出来る人間は違うと思わざるを得ない。

宴もたけなわとなりましたって事で、湘南のシェフに習って酔っ払いながらも洗い物を片付けてお開き。
残ったカニは北のシェフ家族にノルマ達成のバトンタッチをお願いすることで話がまとまり、きっと翌日は「パパグッジョブ!」と言われるように仕向ける辺りがおじさんたちの心憎い演出だったりする。

今度は何を肴に集まりましょうかね。
そろそろメンテの季節到来ですから、今度はそっちで盛り上がりますか。


おいおい、カニ三昧とは贅沢な宴を繰り広げてるじゃねーかと思われた貴兄、一応参加費は掛かってますけど中学生の小遣いよりも少ない額でこんな事が出来ちゃうんですから、やっぱり大人って良いなぁと思うわけです。
若くして人生を悲観して自殺する話を見聞きして、自分たちにしてみれば「捨てるんだったらその命分けてくれよ、代わりに沢山楽しんでやるからよ」という勢いなのです。

てなわけで、ボクちゃんクロッチずらしてInが好きなのクリックでお願いいたしますm(__)m(死んだ方が良いのは重々承知の上ですが、死んだら楽しめないのでこの先も死ぬまで長生きする予定のオジサン達なのです)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-03-27 18:04 | くるまのこと | Comments(10)