2017年 01月 09日 ( 1 )

2017年 01月 09日
スモールカー乗り比べ
そろそろ家族車も入れ替えようかって話がちらほら出て来て、いくつかの条件を満たしそうな車を探すがなかなかコレだ!と言うのが出てこない現実、それでも最近発表されたクルマをちらほらと見に行く休日午後。

一応の条件は5ナンバーサイズの背の高いスモールカー。
でもガレージの使い方の都合上全長は4m以下。
駆動方式は4WDがマスト(なんちゃっても可)。

この候補に入ってくるのは最近トヨタ、ダイハツ、スバル3社合同で出て来たルーミー,タンク軍団と、スズキ、三菱のソリオ、デリカD2軍団、トヨタポルテ、スペイド軍団位か。
日産はキューブの後継が今年の秋以降に出てくるかも知れないって噂があったりなかったりで、現時点では候補から外れてしまう。

でも個人的には永年お付き合いしている担当営業さんがいるので出来れば日産で行きたいなぁと思ってるのだが・・・。



そんな感じで取り敢えず拙宅から一番近くのトヨタにノコノコと出掛ける。
店内には最新型のC-HRがメインでどどーんと置かれているが、目的はそれではなくルーミー。
ルーミーは取扱いディーラーでそれぞれ色々な名前が付いているが、基本的スペックはどれも一緒で微妙にフロントの外装デザインとステアリングセンターの意匠が違うだけ。

試乗車があるとのことだったので用意して貰っていざ出発、その前にエンジン音チェック。
エンジンは1Lの3気筒。
グレードによってはターボもあるが4WDはノンターボのみ。
屋外から3気筒エンジン(恐らく直噴)のそれは、正直萎える(苦笑)。
誤解を恐れず言えば静かなディーゼルエンジンレベルだ。
そしてターボ以外に設定されてる14インチタイヤも何だか強烈にショボくて萎える。

車に乗り込みドラポジを合わせるが、室内を広く使うためなのかポジションが乗用車のそれとは違う軽トラック的な雰囲気に感じてしまう。
この点で言えばキューブはもう少し乗用車感覚でポジションを整えられる。
それでも何とか自分の体に合うようにステアリングのチルト機構などを駆使して座り込み、インパネから生えているセレクターレバーをDレンジに入れいざ発進。
エンジン音は容赦なく室内に入ってくるが、これはこのクラスの車では致し方ないのかも知れない。
遮音を高めるには遮音材を沢山使用すれば良いが、そうなれば自ずと重量が増してしまうしコストも掛かってしまう。
売値500万からのクルマならそれも可能かも知れないが、200万以下のクルマでそれを望むのはムリ。
ここは目を瞑る、いや耳を瞑るしか無いのかも知れない。

走行に関しては「まぁこんなもんなんだろうなぁ」ってレベル。
女性ユーザーもターゲットになっているからなのか、ステアリングアシストを含め操作系が全て軽い。
思わず「軽っ!」と言ってしまった。

実際この車に走りに関する何かを求めてはいけないと思う。
峠の登りがどうのとかステアリングの初期応答とか言われても困るってものだ。
でもクルコンが付いていたり、最大9インチのナビが取り付け可能だったり、それに絡めてBluetoothが付いていたり、パノラミックビューが付いていたり、各種衝突回避システムが付いていたり、両サイド電動スライドドアになったりと一世代前の高級車にしか無かったものがほぼ全て付いている辺りがこの車を選択するユーザーの心をくすぐるのかも知れない。

でもねぇ、この車の性格としてはたしてクルコンって必要なの?と言う気がしないでも無い。
お買い物とか子供の習い事の送り迎えに最適なクルマって感じがするんだけど・・・、なんていうとこの車をファーストカーに使うユーザーさんが聞くと怒るかも知れないが、そのような人はたぶんここなんて覗いてないだろうから良いか(笑)。

フルオプションでも250万くらい、でもやっぱり3気筒エンジンの音がどうにもねぇってのが正直な感想だったりする。
身分を明かさず車に乗り込んだのだが、試乗中に拙宅前を通ってしまいそこで身分がバレる。
「お仕事お忙しいと思いますので、今度ポストに見積書入れておきます」と言われる。
見積書も何も、マックス250と考えればそれでお終いって感じでしょ?。
試乗のお礼を言って店を後にする。


次はスズキのディーラー。
対象車種は勿論ソリオ(バンディット)。
ソリオは最近になりハイブリッドが出て来たが、4WDはマイルドハイブリッドのみ。
何がマイルドなのか説明を聞いたが良く判らない(笑)。
詳しくはカタログを見て貰えば良いと思う。
きっと何某かのモーターアシストがあるのだろう。

スズキのディーラーはトヨタのディーラーよりも店舗規模が小さく、小さな修理工場に毛が生えたレベルと言うとこれまたスズキユーザーに怒られるかも知れないが、少なくともこちらのスズキディーラーはトヨタのそれとは規模が全く違うのは紛れもない事実だ。

客層はごく普通のファミリー層という感じ。
訳の判らないヤンキーもいなければ、会社の重役レベルもいない。

試乗車の確認をしたらやはりあるって事だったので早速試乗をお願いする。
ドアを開けてシートに座ると、ルーミーとは全く違うシートの座り心地。
Z12のキューブのようなソファー的な座り心地にビックリ。
シートの固さは好みの問題かも知れないが、トヨタのそれとは全く違うのでちょっと驚いてしまう。
ドラポジに関してはルーミーとほぼほぼ同じな軽トラック風だが、一番の違和感は「センターメーター」であること。
カタログで予め判っていたが、こればかりは慣れが必要だと痛感した。

ナビは最大8インチまでだが、ナビ周りの造形はルーミーの方が好み。
空調パネルの操作性に関しても個人的にはルーミーの方が好感触。
調整ダイヤルの大きさレベルだが、スズキのそれは小さくてちょっとだけ使い難い。
まぁ一度設定すればそうそう弄る場所じゃないから良いのかも知れないけどね。

エンジンは4気筒なので屋外で聞いても違和感のない慣れた音でちょっと安心。
それにNA1.2Lエンジンは200ccのアドバンテージ。
「隣の車が小さく見えま〜す」という昔のカローラサニー対決のような様相だろうか(そんな昔の話は誰も知らないか)。

走らせて直ぐに3気筒と4気筒の差を感じる。
だがやはりセンターメーターに慣れてないせいか、逆に視線の移動が大きくなってしまった。
前方視界から視線を下に降ろしてもそこには何も無く、それで目をキョロキョロとしてメーターを探す。
これは逆に慣れるまで危ないかも知れないと思った位だ。

操作系はトヨタのそれとほぼ同じ位の軽さでやはりこの辺も対象ユーザーを意識した作りだろう。
安全装備はほぼ互角。
ただしタイヤはルーミーの14インチに対して15インチ。
この位の方が見た目のバランスは良いと思う。

乗り心地はこの時期の北の大地の路面は強烈に悪路で、それでも剛性感は微妙にルーミーに軍配が上がるかなぁと言うレベルだが、試乗コースが違うのでなんとも言えないってのが正当な判断かも知れない。

試乗を終えて見積もりの話になったところで、後付けするとしてもナビとエンジンスターター、ETC位でやはり250以下。
完全にがっぷり四つのレベル。


家族車の車検はまだまだタップリあるし、壊れて動かないわけでもないから今すぐ乗り換えなくても良いので、取り敢えずキューブの後継車が出てからでも良かろうという判断に達した。
でもソリオがセンターメーターじゃなければ判らなかったというのが正直な感想。
個人的にはウィンカーレバーが右か左か以上の違和感だったからね。


おいおい肝心の車の写真は無いのかよと思われた貴兄、写真は一切撮ってません(笑)。
写真は各メーカーの写真を参考にして頂ければと思います。
にしても今のスモールカーの装備ももの凄い事になっていると再確認した次第であります。
パワーシートやメモリー機能が付いてない位で他はほぼほぼF10と同レベル、いやそれ以上であります。
グレードによってはLEDヘッドランプまで付いてるんですからねぇ。
走行性能、色々な意味での安全性能(ここがクルマにとって一番大事ですが)を別にしたら800万のクルマと200万のクルマの装備が一緒って事になっちゃうんですから、ウカウカしてると外車は「単に高いだけの道楽品」なんて言われる可能性も無きにしも非ずであります。
まぁそうは言っても外車に乗ってる自分ではありますが(笑)。

なんだかんだ言いつつもやっぱり「やっちゃえ日産」を心待ちにしておりますので関係各位におかれましてはどうか一つm(__)m
てことでBMWの話は一切無いですがヤザワクリック!ってことでポチッとしてみて下さい。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-01-09 22:03 | くるまのこと | Comments(12)