2016年 08月 11日 ( 1 )

2016年 08月 11日
ワインとチーズでしめる
当時はどうかしていた。
今ならこんなことは恐らくしないだろう。
吊し、次はこの言葉を忠実に守ることにしたい(と思う)。
a0015198_09341927.jpg


緑色の青い池を後にしてあとは帰宅の途に就くだけなのだが、ここまで来てそのまま帰ることはしないで、富良野の名物を入手しなければ気が済まない人がいる。

ワインとチーズを買う!
そんな一言で向かうところは「富良野チーズ工房」。
良く判らないが富良野に出掛けるとなぜかこちらにお邪魔してしまう。

個人的には山羊のチーズなどのあまり強いオイニータイプは苦手なのだが、3ピーの2倍って意味じゃない6Pチーズ、モッツァレラとカマンベール位なら大丈夫なので適当に付き合うことにするのだが、試食のチーズのレイアウトの美しいこと。
a0015198_10013886.jpg
ちょっとぼけてしまったがパーティなどでこんな風盛りつけたらテンションが上がりそうだ。
よく見ると店員さんが専用カッターで丸い白カビチーズを綺麗に切っていた。

他にもイカスミを混ぜ込んだ真っ黒いカマンベールも販売されていたので、ご興味がある方は是非お店まで足を運んで頂きたい。

ここの施設は基本的に製造工場となっているので、1階は工場見学が出来るようになっている。
お邪魔した時間帯が閉店間際だったのだが、そこでは今まさに水牛のチーズを丸めている最中の人がいた。
完全カメラ目線でこちらを見てくれているので、最小限のモザイクで掲載させてもらおう。

a0015198_10024749.jpg
ガラスがちょっと反射してしまったが、右手でチーズを持って左手でちぎって丸めていた。
この一塊で末端価格600円位。
トマトと水牛チーズの挟み料理(カプレーゼだろうが)、そこにバジルソースをチラリと掛けると旨いよねぇ。

ここでは安物のワインとチーズを入手。
安物のワインなので購入したワインはの栓はスクリューキャップだったが、アルコールなんてものは酔っ払えば皆一緒の感覚しかない自分には充分なのに、なぜだか一滴も飲まないうちにワインの空き瓶がゴミ箱に入っていた。
なんとなく理不尽。

個人的に自宅でアルコールを摂取する際は、つまみの類は一切必要としない極めて安上がりな飲み方をするのでおつまみのチーズの類があろうが無かろうが大した問題ではないのだが、つまみがどうのという前にワインが空ってのは切ない。
どことなく不条理。


ワインとチーズを無事入手したので、次なる場所に移動。
a0015198_10012223.jpg
前回お邪魔した「デリす」(フラノデリスだろうが)。
そこで今回はソフトクリームをゲットだぜ!ってポケモンGOもやってないのに、こういう所だけ流行に乗ろうとするところが浅ましい。
オジサンってやーねーと言う声が血の繋がっている身内から聞こえてきそうだ。

ここのソフトはコーンの味を選べて、普通のコーンとやや苦めのココア風味のコーン。
今回は後者を選択してみたが、通常のコーンでも良かったとちょっとだけ後悔。
苦みがちょっとじゃなくてそこそこあったのよ(あくまで個人の感想です)。

a0015198_09343046.jpg
前回職場にお土産に買った「ふらの牛乳プリン」。
今回は自分の財布は出さないと決め込んでいたので購入は見送ったが、実のところ財布の中にはほとんど金が入って無かったのは何時もの事。

話はがらりと変わるが、自分が勤務人だった25年位前には自分住んでいる地域でも時々ひったくり事件が起きていた。
当時の職場の上司に「お願いだから財布のひったくりに遭ったときに、職場の名前は出さないでね」と念を押された。
「現金2000円入りの財布を盗まれた」なんてテレビで言われたら、あの業界はそんなに貧乏なのか?といわれのない誹謗中傷を受ける恐れがあるからだ。

ぶっちゃけ当時の財布の中には2000円も入っていれば、久しぶりに大金が入ってるってレベルの生活だったからね(笑)。
実は内緒だけど今も生活っぷりは当時とほとんど変わらない。
その昔NHKのアナウンサーが「財布には年齢の1000倍の現金を入れておきなさい」なんて本を書いてたらしいけど、もうね絶対無理だから(笑)。
貴方の財布に現金、一体幾ら入ってます?(笑)。


日帰りであっちに行ったりこっちに行ったりと大変だったが、北の大地の短い夏を満喫するためにはこの位生き急がなくちゃならないと思う中高年なのであった。


チーズっちゃあ、モッツァレラとかも旨いけど、カチョカバロもフライパンで焼いて食べると旨いよなぁと思われる貴兄、なかなか通でございます。
チーズってのは世の中に色々種類があって、でも基本的な味を決めるのはやっぱ「牛乳」だと思う訳でございます。
なもんですから来たるべき夏休みにはその牛乳が旨い北の大地へ是非遊びに来て頂ければと思う訳でございます。
搾りたての牛乳を一口飲んで頂ければ、その旨さに感動すること間違いなしですので、その感動を一度味わいたい方は下のバナーを押しつつ、ジェットの予約の方もポチッとして頂ければ、ご家族揃って幸せな気分になれること間違いなしでございます(と思います)。

道路交通情報センターから送られてくる「関越道ナンチャラトンネル付近35kmの渋滞です」なんてのよりは、きっと何倍も楽しいと思いますよ(あくまで個人の感想です)。

てことでサマーバケーションクリック!(って自分には夏休みはとくにないんだけどね)

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-08-11 22:11 | くるまのこと | Comments(12)