2016年 06月 07日 ( 1 )

2016年 06月 07日
布袋さんでは「このザンギなまらしゃっけー」ってことはなかった
ある日、お仲間が「明日は休みですよね。内職終わってから布袋でランチしましょう!」とメールをくれた。

嬉しいお誘いに、返事は勿論「はいヨロコンデー」である。
自分一人で生きていけない状況に於いてお仲間との約束はできる限り果たすのが世の常識なのだ。
それはのちのち回り回って自分のためになることがあることを信じて、「情けは人のためならず」を地でいけばきっと良い世の中になるはずなのだ。

決して自分だけが得をしようとか思ってはいけない。
みんなが得出来る世の中を作っていかねばならないのだ。
そんな事をサンヨン時代からF10になってもしっかり認識させて貰えるお仲間達の存在はまさにプライスレス。



布袋、地元の人は良く知るザンギ定食や麻婆ラーメンで有名なお店。
そのボリュームは「どんな人も食後にもれなくゲップを出させますレベル。

街の中心部からちょっと外れた場所にその店はあるが、昼時となれば行列覚悟の混雑ぶりのお店だ。
ただし小綺麗な店じゃないから初回のデートに使うってのはどうかと思われる。
何度かデートを重ねて、そろそろ焼肉も一緒に行ける位になった頃に行くお店って認識でいて頂きたい。


その店に「みんなでランチに行きましょう!」ってんだから自分もそれなりの心と体の準備を整えなければならない。

休日、その日は朝から内職。
でもランチが布袋だから朝食は抜く。
胃袋に何か入れちゃったらとてもじゃないけど太刀打ち出来ない、てかその前に朝食の内容物が昼頃まで胃袋に存在しているその事実をどうにかしろよって事だが、布袋に行となれば機能性ディスペプシア(暫定)の自分にはその位の覚悟が必要なのだ。
実際、その嬉しさのあまり内職中も全然お腹が空かなかったし(初デートに誘われた女子かよ!)。

内職が終わり、取り敢えず兄貴の事務所に顔を出す。
そろそろ新しい仕事が始まるとかで、事務所は開設準備に追われていた(舎弟が)。


そんな中雑談をしているとT氏登場。
この日は女性同伴。
いきなりの同伴出勤なのか?と一瞬T氏の仕事内容を考えたが、確か同伴出勤をしても手当が付くような仕事ではなかったはずだが、誰しも家庭もある身だから詳細は良く判らないってことにしおいたほうがお互いの幸せってものだろう。
そう、自分たちは(残念な)大人なのだ。

a0015198_18265999.jpg
今回のランチ会はK氏、K氏の舎弟さん、T氏、T氏の同伴女性、そして自分。
黄色いテントの横に書かれているひらがなが剥がれて「はてい」と読めるがそこはご愛敬。

作業着の人もいればスーツ姿の人もいて、でも自分は結構ラフな格好をしてたり、端から見たら何の集まりだと思う様な面々。
でもちゃんと繋がってる仲間達。

これから挑むは「ザンギ定食AとB」


店に入ると店内は満席だがどうやら2階席があるらしく一行はそちらに向かう。

ザンギ定食のAとBの違いは、Aはご飯と味噌汁と漬け物とミニサラダとザンギ7個、Bはご飯と味噌汁と漬け物とザンギ4個とミニサラダとミニ麻婆豆腐。
これでお値段880円なんですから奥さんコスパ良すぎですわよ。

K氏と舎弟さんはAでライス大盛り(!!!)、自分とT氏と同伴女性はB。
ライスを半分にして貰おうかと思ったが、女性の手前つい見栄を張って普通盛りでお願いしたが後々それが大変な事になろうとは。

a0015198_18270675.jpg
ザンギ定食A、ザンギの一片はショートホープとほぼ同じ大きさ。
小児の手拳大位だ。
こんな店が世の中に溢れたら日本から鶏がいなくなると思った。

ご飯は勿論どんぶり飯。
ご飯茶碗に軽く盛ってなんて可愛いもんじゃない。
がっつり食べて昼からも頑張ってってもらまいすよ〜と言う店主の心意気を感じる盛り方だ。
日本昔話盛りと言っても差し支えないだろう。
加えてここのザンギに掛ける甘ダレが美味しいらしい。
勿論鳥肉に下味が付いているから、そのまま食べても充分美味しい。

a0015198_18270671.jpg
こちらがザンギ定食B。
布袋さん、麻婆ラーメンも有名らしい。
別のテーブルではザンギ定食に麻婆ラーメンというオーダーの強者もいて、料理が運ばれてきたときには思わずガン見。
「あれ一人で食べるわけ?」とマジに思ったが、その数十分後には綺麗に空になった食器がテーブルの上に残っていたので、アマチュアのフードファイターみたいな人はまだまだいるんだなぁと世間の広さを今更ながらに思い知らされた。

a0015198_18265970.jpg
舎弟さん、律儀に正座している。
その後「飯食うとき位、足崩せば良いべや」とK氏に言われて漸く胡座の姿勢になった。
つくづくお友達で良かったと思った瞬間だった。

手前のご飯は大盛り。
若いって素晴らしい。

自分も頑張って頑張って何とか完食出来たが、この日は朝食抜きで布袋ランチ、その後にジムに行って汗を流しても夕食が入らない状態だった。
布袋、エコかも?(違)。

ミニ情報として、ザンギを食べきれなくてもお持ち帰りが出来るので安心。
袋に入れてくれるし、もしタッパーを持って行けばそれに詰めて帰ってくれば良い。
その時には甘ダレも確保してくることを忘れずに。


布袋、フードファイターなみにご飯を食べられる自信がある方、是非挑戦してみて頂きたい。
ちなみに赤レンガテラスにも支店があるらしく、そこもいつも行列が出来ているとのもっぱらの噂だ。

食後は事務所に戻り、斯く斯く然々な計画の打ち合わせなどを行って解散となった。

鳥肉を食べて運動すればきっと筋肉モリモリになるかも?と思っているが、リハビリに通いながらジムに通うようなていたらくではどうしようもない。


おいおい、タイトルの「このザンギなまらしゃっけー」って何だよと思われた方もいるかも知れませんが、標準語では「この鶏の唐揚げとても冷たいわ」でございます。

また女性が居るからって変な見栄張らなくても良いのにと思われた貴兄、男は時に見栄を張らなくては為らない生き物なのでございます。
その日は一日胃もたれがしていましたので、その軟弱な胃袋を回復させるためにも下のバナーをクリックして頂ければ幸いです。

てことで、胃薬クリ〜ックm(__)m

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2016-06-07 18:32 | くるまのこと | Comments(12)