2012年 10月 31日 ( 1 )

2012年 10月 31日
次なる活躍の場へ送り出す
「ちょっと関西で仕事してきます」
お仲間からそんな話がにわかに持ち上がった。

超一流企業であり続けるためには、そこで働く人間が一般人の見えないところで日々精進しているからこそであって、ただのうのうと過ごしているわけではない(と思う)。

そんな企業戦士であるお仲間さんを送り出すために、急遽送別会を開催。
時にふらっとやってきた関東のお仲間と合流して、いきなりの会を開くこととなった。

だからぁ〜突然「ラフィラ裏なう」ってのは止めて下さいって(笑)。


そんな訳で、歓送迎会を開いたのは、我が家から徒歩13分、中央バスでも4区間200円ほどの場所にある「ままかり」なる居酒屋。
自分が12年前まで営業していた場所と同じ町内会にあるお店だが、Motomachi Base主宰のイチオシの店であった。

カウンターと小上がりで20人も入れば一杯になってしまう店内だが、そこで出される料理はどれも美味であった。
さすが舌の肥えたMotomachi Base主宰が選ぶ店だけのことはある。

取り敢えず刺身の盛り合わせ
a0015198_9273052.jpg
ちょっとこちらでは珍しめの白身魚などが入っていて、当たり前の話だが美味。
醤油も刺身専用品を供された。

最初はビールだが、次からは別のお酒ってことで
a0015198_9251251.jpg
くまもんブランドの焼酎。飲んでいないので味はわからないが、酒豪の2名であっという間に空瓶に変身。


a0015198_9255363.jpg
マトンのタタキ。臭みがあるかな?とちょっと警戒したが、その心配は杞憂に終わった。
これ、オススメ。


a0015198_9285156.jpg
兄貴用におにぎり。やっぱ日本人は米食わないとダメだ。
昨今では炭水化物カットダイエットが流行っているようだが、すぐさまエネルギーになる糖質は働く人間にとって大事な食べ物である。
この様な食事をしっかりしているから、240Nmで締め込まれているボルトを「うっ」と言う声一発で弛められるのだろう。

蛋白質
a0015198_9304473.jpg
厚焼き卵、旨過ぎ。色味で判るように醤油だしが効いていてご飯何杯でも食べられそうな旨さ。

臓物
a0015198_93244.jpg
口に入れた途端、舌の上でフワッと溶けてしまう白レバー。
レバー独特の臭み?なんですかそれ?って位に旨い。

写真は無いがタチ(真鱈の精巣)の天麩羅、口に入れた途端に濃厚な旨みが一気に広がりそして喉の奥に溶け行ってしまう旨さ。
うちの娘をこの店に連れて行ったら、三皿は頼みそうな勢いだろう。

あぁ旨いしか書いてない。

写真がピンぼけで大変悔しいのだが、サービス?で出しててくれた白魚の唐揚げ、これは絶品。
a0015198_937252.jpg
来賓のお一人が女将に「(衣は)片栗粉ですか?」と確認。
小麦粉で上げるとここまでカリっとした食感にはならないらしい。
サービスで出してくれたにも拘わらず、思わず「これおかわり(笑)」と言ってもう一皿だして貰った自分たち、図々し過ぎる(笑)。

最後に今回関西に飛ぶお仲間。
a0015198_9334260.jpg
11月から赴任のようなので、見つけ次第「つくしんぼう」でも「吹田」でもどこでも連行して下さい。
良い仕事しますよ〜。

ちなみにこの花束、あのK氏が買ってきてくれたものだが、作って貰ってる間かなりの羞恥プレイの形相を呈したようだ。
そのプレイに耐えて頂いたK氏にはここに感謝する次第である。

もう一人の来賓は・・・・、写真撮影御法度って事になっているので割愛(笑)。

by wonderfullifewith | 2012-10-31 09:51 | くるまのこと | Comments(15)