2012年 10月 13日 ( 1 )

2012年 10月 13日
タイムアウト
休日、予定では内職が終わったあと、次の予定まで若干の時間があるスケジュールだった。

昼食はスープカレーだな。
そんな事を思いつつ内職をこなしていたが、予想を30分ほど押して終了してしまった。
終わった後も事務所で今後の内職の打ち合わせを20分ほどこなす。

仕事が押して、それでも当初の予定を遂行すべく近所の有名店である奥芝商店に車を走らせた。
さすが有名店だけあって、ランチ時を過ぎたのに店内には行列が出来ていた。
もしかしたらこれはヤバイかも?と一瞬思ったが、それでも初志貫徹とばかりにその列に並ぶ。

ラーメンやと違い、カレー屋は客の回転がイマイチ。
こりゃマズったか。

そう思ったが後の祭り、ここまで来たら気持ち的に引き返せない。
オーダーして直ぐに料理が運ばれれば何とかなる。
その一縷の望みを託して呼ばれるのを待つ。

待合のコミックを半分位読んだところで漸く席が空いて呼ばれる。
メニューを一瞥してオーダー。
さぁここからは時間との勝負だ。
タイムリミットは20分。
これ以上待つようだったら次の予定があるため、色々とアウトと成ってしまう。

くの字型カウンターの席の隣では、主婦のランチとおぼしき2名が食後の談笑に花を咲かせている。
「食べたらさっさと席を立って会計しろよ、こう言う客がいるから客の回転が悪くなるんだよ」と心の中だけで叫びつつ、iPhoneでYouTubeを見ながら料理が運ばれるのを待つ。

一日千秋の思いとはこの事か。
タイムリミットが刻々と近づいてくる。
次の予定のためには少なくともここを20分前には出なくてはならない。
あと5分。
やっと料理が運ばれてきた。
が・・・。

スプーンをとり、具材のレンコンを一齧りしたところでタイムアップ。
悲しみにうちひしがれ、カウンターの横にあるレジに向かう。

「次の予定があるんで、残しちゃってごめんなさい」
そう言ってお代の980円を払う。
店員もなにやら訝しげに見ているが、それも当たり前で「残しちゃって」ってレベルの残し方じゃない。
スプーンでカレーを一口啜っただけだから、見ようによっては
「こんな不味いものは食えん」と美味しんぼに出て来る海原雄山の様なことをしている客にも見えなくはないのだ。

来週も内職だから、その時こそはリベンジを誓う客だった。
a0015198_17172283.jpg


教訓
時間が無いときのランチはファストフードにすべし。

by wonderfullifewith | 2012-10-13 17:27 | うちのこと | Comments(2)