2007年 11月 11日 ( 1 )

2007年 11月 11日
地鶏亭
いきなり独身になっちゃって、それで夜間施設のカンファレンスに出たら、

「そうだ、会議を開こう!」って事になり、澄川にある地鶏亭までドライブです。

なんでこんな場所にって感じなんですけどね。

「地鶏亭 澄川」でググっていただければ、情報が沢山出てきます。
a0015198_95847100.jpg
個人的には食べ物屋の看板としてはどうかと思う色遣い。

4人で行ったのですが、私以外はお店経験者。てことで全てお任せです。それに私が運転手ですから、飲み物も烏龍茶だし。

使ってる鶏は「薩摩地鶏」だとか。この時代、この手を鵜呑みにするのは危険かも知れませんが、そろそろ地元の銘菓「White Lover(一応伏せ字)」も再会することですから、余り細かいことは気にしないで行きます。
お料理は、水炊き、たたき、塩焼き、最後は雑炊だったかな。

a0015198_1022524.jpg
いつからですかね、こんな所に水菜なんて野菜が加わるようになったのは。これって京野菜の一種ですよね。でも旨いから全然許しちゃいますけどね。鶏の皮は少し炙ってる感じでした。

白濁した鶏ガラベースのだし汁に具材を投入して待ちます。ほどよく煮えたところで、撮って(取って?)食べます。
もぐもぐ・・・・・・、ん?味がしない。

「あれ?これって何かタレとかいるんじゃないですかねぇ」
「そうだね、素材の味だけではちょっと弱いよね」
でもテーブルの上にはポン酢などのタレの類はありません。あるのはタタキ用のたまり醤油みたいな物だけ。

1/3位食べたとき、やっぱりなんか物足りないって感じになり、恐る恐る店員さんに聞いてみました。
「これは何かタレのような物はあるんですか?」
「あ、す、すいませんっ!」
程なくポン酢が到着。

そういや何年か前の忘年会でも、鍋料理をほとんど食べ終わってからやっぱり味がないって言い出して、店員さんに味のことを訊いたら、そこの店長さんが青い顔して鍋にだし汁を入れてくれたこともありましたっけ。
「作り直しますか?」って訊かれたけど、もう満腹状態だった訳で。

a0015198_10105052.jpg
つくねですね。これが鍋料理と別料金かどうかは判りませんが、美味しかったです。

a0015198_10114587.jpg
塩焼き。下にスライスしたニンニクが敷いてあったのですが、そちらも大変美味でした。
翌朝、部屋の中はかぐわしいニンニク臭で充満(^_^;)。

食べて飲んで、お一人3000円ちょっと。ススキノでは無理な価格ですな。

帰りに地下鉄駅下のたこ焼き屋さんで、夜間の職場へのおみやを大人買い。
12時閉店のお店のようでしたが、最後の最後に8人前の売上(プラスビール1本)があったので、都合30分の超過勤務は大目に見てくださいな。>店員さん。
(それにたこ焼き屋で「領収書下さい」って言われても、そんなのないから(笑))。

澄川から手稲の端っこまで送って帰宅したら2時でした(勿論翌日は通常営業、眠っ)。

by wonderfullifewith | 2007-11-11 12:32 | Comments(7)