2009年 09月 11日
施主
「施主」
家を建てるとき、葬式を行うとき、決定を迫られる係。
「祭壇、どのレベルにしますか?」
「小さくて良いですよ(苦笑)」

息つく間もなく、
「香典返しはいくつ用意しますか?」
「ハガキは何枚?」
「葬儀委員長はどのように?」
「焼香順は?」
「香典の読み上げ順は?」
「お花の手配は?」
「お弁当は?」
「火葬場へは何人?」
「お手伝いさんの手配は?」
これの3倍位の決定事項を、ほぼ半日で行う。
脳内CPUが熱暴走寸前。
・・・・・
a0015198_7531841.jpg
今日から通常営業です。
また一人、自分の過去を知るものが居なくなった。
少し気楽になったと感じるのは、なぜだろう。
やはり生粋の親不孝なのかも?

by wonderfullifewith | 2009-09-11 07:58 | うちのこと | Comments(22)
Commented by あるぴな小僧 at 2009-09-11 09:33 x
ご愁傷様です。(-人-)
Commented by 庭師@ at 2009-09-11 09:38 x
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

自分の大切な人を送る儀式ながら、本当にビジネスライクに
(でも365日・24時間対応の大変なお仕事です)やられます
よね。E34のトライアングルも遠方のためにお役に立てずに
恐縮です。

お仕事頑張って下さい! 良い加減に・・・ (^^ゞ
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 11:39
あるぴな小僧さん
ありがとうございます。
順番ですから、仕方ないです。
余りにこの世に長居しますと、後がつかえますので(;^_^A アセアセ…
あ、自分の車もか?(自爆)
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 11:40
庭師@さん
ある種ビジネスライクに進めないと、事が進みません。
だから仕方ないんだと思います。
「形あるもの、いつかは壊れる、これ世の必須なり」

暫くは残務整理に追われます。
Commented by at 2009-09-11 12:31 x
ご愁傷さまです(ナムナム)。

ま、順番どおりと言う事で良かったと思います。
と、自分勝手ながら私の父が亡くなった時
「よし、順番たがえず親孝行した。」とほっとしたのも事実です。
それまで親孝行なんて一つも出来ませんでしたからね。
そんな話をしてたら「これからは親に恥かかせんように生きていくのも
亡くなったお父さんへの親孝行と供養だかんね。」と
云われつづけております(笑)。
Commented by みやちゃん at 2009-09-11 12:51 x
ご愁傷様です、謹んでお悔やみ申し上げます。
自分も考えておかないと。
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 14:51
えさん
確かに順番通りなので、ホッとしております。
病気の母親が「あんたが喪主やってくれれば良いのに」と言ったので、
「心配しなくても、次はやってやるから」と言っておきました。
納棺の儀の時に六文銭の代わりの10円入れ忘れました。
書類の不備で、三途の川を渡れなかったらどうしようか?とちょっと真剣に考えたりして(^◇^;)。
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 14:53
みやちゃん
田舎の農家のオヤジでも大変なので、現役で働いていたりすると、それはもうかなり大変なことになるかと。
Commented by つっち~@過疎地 at 2009-09-11 15:06 x
この度はご愁傷様です。

葬儀を実施シテいる時は、何が何だか理解出来ないまま時間が過ぎますね。
ウチは色々な意味で、未だに何が何だかワカラン事が沢山あります。
Commented by コロすけ at 2009-09-11 16:05 x
謹んで御冥福をお祈り申し上げます。
Commented by tak@札幌 at 2009-09-11 17:24 x
謹んでご冥福をお祈りします

不謹慎ですがこれで少し身体楽になりますか?
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 19:13
つっち〜@過疎地さん
最中はそれこそ「あっ!」という間ですね。
決めごとの方が多すぎて、感傷に浸ってる暇もありません。
葬儀の翌日から通常営業するような輩で、そしたら溜まっていた仕事がワンサカ押し寄せてきて、何が何だか判らない状態です。
ま、その方が良いのかも?
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 19:14
コロすけさん
ありがとうございます。
順番なのでどうしようもないですよ(^_^;)。
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 19:15
tak@札幌さん
ここ数ヶ月のガソリン代は、ちょっとヤバイものがあります(笑)。
この前9万kmだと思ったのに、直ぐに1500km走破してました。
少し休みます(と言いつつ、集まりには出たりします)。
Commented by やま at 2009-09-11 20:23 x
ご愁傷様です、謹んでお悔やみ申し上げます。

写真を見て、去年の自分を少し思い出しました。

>やはり生粋の親不孝なのかも?
そんなことは無いと思います。
親に対してできる、最後の仕事を無事に出来たのですから。
Commented by mi-bar at 2009-09-11 20:27
ご愁傷様です。
順番とかなんとか言いながらも、今まであったものがなくなるのは寂しいものですよね。
ご冥福をお祈りします・・・。
Commented by miu_north at 2009-09-11 20:55 x
このたびは 誠に・・・

生粋の親不孝な私は、
「無事見送られてほっとしたでしょう。
 お父さんも向こうで のんびりできるようになりますよ。
 た様もおとうさんも よくがんばりましたね」
と管理人さんに言葉を贈ります。
Commented by Merck at 2009-09-11 21:58 x
このたびは、お悔やみ申し上げます。
残った人ががんばってください。
私のところも、過去に経験しました。
絶望感の中に、しっかりと仕切り締めなければならないのと
決定をしなければならなかったこと、
思い出しました。

私も、がんばります。
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 23:16
やまさん
ありがとうございます。
うちは最近続いてます。
ついに一周忌と四十九日がドッキングです(^_^;)
来年の三回忌と何かがぶつからなければよいのですが・・・。
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 23:17
mi-barさん
確かになくなるのは淋しいのかも知れませんが、ここ20年位はまともな接触もなく、お互いの存在はほとんど意識の中に無かったかも知れません。

参列した方が、半分冗談に
「あの世って所は本当に良いところらしいよ。だって未だかつて戻ってきた人いないもの(笑)」って。
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 23:18
みうさん
のんびりしてくれると良いですが、どうですかね。
なんにも知らない親ですからね。
何たって、定食屋に行ってメニューを訊かれて
「じゃぁ、ライス」と言った人です(爆)。
Commented by wonderfullifewith at 2009-09-11 23:20
Merckさん
不思議なことに、絶望感も何もなかったです。
ひたすら「数だけはきっちり合わさなければ」という使命感だけの日々でした。
久しぶりに涙一粒出ない葬式でした。


<< プチメンテ      チョイ辛 >>