2009年 07月 24日
タンクバンド交換
ダメだわ、ボロボロだわシリーズ第何段になるだろうか。

前回「燃料タンク、フィルター交換オフ」の際に見つけてしまった燃料タンクと燃料フィルターのバンド腐食。
冬期間に融雪剤を、それこそ湯水の如くまき散らす地域では、殆どの車の下回りがやられている。
実際GSでも冬期間には「下回りのみ洗車コース」ってのがある位だ。

そんなわけで、バンドを交換しようと思い、パーツを取り寄せたが、やはりというかSOパーツ。
本国発注である。

程なくして部品が到着し、時間を作っていざ勝負!
取り敢えずリヤバンパーを外す。

「うっ、重い。これは一人で外す事が出来ても、一人で取り付ける事はかなりの困難を強いられるのは目に見えている」
いきなりの挫折方面への思考変更。
この作業を一人で行っているボーべんさんって・・・。
まぁ駆動系を一人で脱着している人だから、バンパー位はなんてこと無いのかもしれないなぁ。

それでもバンパーを外し、ジャッキアップしてめいっぱい高くウマを掛ける。
ぼーべんさんのサイトでタンクバンドの記載があったので一応予習しておいたが、そこにはバンドを緩める部分までの作業しか掲載されていなかった。
果たして摘出は?

だが、北の大地には救世主が沢山いるわけで。
忘れ物を取りに自宅に戻るためにテクテク歩いていると、反対車線を見慣れた車が通りすぎた。
神様降臨!
これで何とかなる(いきなり他力本願)。

「こんちは、どうっすか?(笑)」
「へへへ(苦笑)」

二人で車の下に潜る。
色々と状況を説明し、早速作業に取りかかる。
自分の手にはスパナじゃなく、カメラと照明が(爆)。

下回り、物凄い事になっていて、車を構成する鉄という鉄が地球に還元されたがっている状況であった。
一応、ネジを緩めやすくするためにスプレーしておいたが、なかなか強敵であった。ねじ山2割増しになっていて溝が見えない。
a0015198_15141068.jpg
ナットそのものが消えてしまいそうな状況だ。

燃料タンクのバンドを除去するには、燃料タンクの前方にある遮蔽板を除去しなければならない。
これは10mmと8mmのナットとボルトで固定されている。
ナットを外すためには燃料フィルターが邪魔になる。
まぁ燃料フィルターのバンドも交換するわけだから、これはサクッと摘出。
a0015198_1512356.jpg
のはずだが、ナットを緩めると、重力に逆らわず錆びた鉄材が作業者の顔面を容赦なく襲撃する。
「うわっ、眼に入った」
「大丈夫っすか?」
そんな会話をしつつ、何とかフィルターを外し取り敢えず邪魔にならない部分に避けておく。
a0015198_15133937.jpg
邪魔な物がないので工具が入る。
a0015198_15152878.jpg
ナットを外す写真を撮りながら、マフラーが腐食によって肉厚になっている状況を目の当たりにする。
ステンのマフラーかぁ・・・
あらぬ煩悩が脳裏を過ぎる。

遮蔽板を固定しているナットは10mm4個、マフラー横8mmボルトは2個、これらを全部外す。
a0015198_15164090.jpg
ここはラチェットが入らず、スパナでシコシコと回す。
何とか知恵の輪状の遮蔽板を撤去する事が出来た。
a0015198_15181394.jpg
これで漸くバンドの固定部分が見えた。バンドは単に引っかかっているだけのようだ。
右側はこんな感じ。見事に朽ち果てている。
a0015198_15195189.jpg
まさに「ダメだわ、ボロボロだわ」である。18年の歳月は、見えないところをこれでもかと蝕んでいるわけだ。
一応識者の指示により、タンクを「面」で固定する。
a0015198_15204362.jpg
内容量はまだ40L程入っている状態だ。
次は車両後方のバンドを固定しているボルトを緩める。ここまではぼーべんさんのサイトにもでていたが、ここは6角。そして以上にボルトが長い。
a0015198_15213869.jpg
見て判るように、固定部分もサビサビ。サビチェンジャー持ってくれば良かったと一瞬思ったが、このサビを取ったら、車そのものが消えてしまいそうになるので見なかった事にした。

かなり硬く締まっていたので、六角が舐めそうになったため、急遽バイスでボルトの頭を摘んでグイッ!ボルトそのものがねじ切れるかとも思ったが、これは換えがあるので躊躇無く行ってみた。
a0015198_15235060.jpg
緩んだら後はラチェットでクルクル。
バンドが緩んだ。
a0015198_15251862.jpg
あとは前方の引っかけを取るだけだ。
ちょっとしゃくらないと上手く取れなかったが、これらはもう不要品なので容赦なくグイッ。
a0015198_1526538.jpg

次いで新しいバンドを装着する。
a0015198_1527814.jpg
思い切り不似合いなだけ真っ黒な新品バンド。
取り敢えず仮止めしてみる。
こちらは右側
a0015198_15273797.jpg
タンクとの空いだに若干の隙間が生じていた。

「どうします?」
「どうしましょう?」
「ちょこっとだけ(緩衝材を)入れてみますか」
「その方向で行きましょう」

そんな会話を行い作業を進める。
その前に遮蔽板の取り付けと、燃料フィルターのバンドの交換が残っている。
ピンぼけで申し訳ないが、デフ側から見たタンクバンドの固定部分。
a0015198_15324190.jpg
本当にこんな感じで単に引っかかってるだけだ。
が、この引っかかってる部分の鉄板もかなり来てる。ヤバイかも知れない。
タンクバンドも新しくして、何とか交換。
a0015198_15335063.jpg
この部分はタイヤを外して作業すれば楽なのだが、場所が狭くタイヤを外す事が出来ない状況だったので、止むなくこの位置からの取り付けとなった。
不釣り合いな位に黒いバンドだ。
最後にバンパーを取り付けてお終いだが、このバンパーステーもかなり来てる。
a0015198_15353412.jpg
この辺のパーツは、雪の降らない地域の部品取り車から頂くのが得策であろう。

今回、作業の1〜9までを執り行って頂いたコロすけさんに深く感謝致します。
一応自分は「ジャッキアップしてウマ掛けした」ので、作業分担比率として「1」だけ頂いてみた(^_^;。

その後、コロすけさんの会社にお礼を言うために顔を出してみたが、車の下に潜っていたときの嬉々とした顔とは全く違う顔を見てしまった(笑)。

こんなの交換するオーナーさんは、きっと東北北海道方面だけだと思うので、あまり参考にならないから、アップはここだけにしておこう。

by wonderfullifewith | 2009-07-24 15:52 | くるまのこと | Comments(16)
Commented by コロすけ at 2009-07-24 17:05 x
昨日は、「残念な大人の隠れ家」への御訪問及び、陣中見舞い有難う御座いました。((ノ(_ _ ノ)

後半、へろへろ状態時の燃料フィルター装着は、鬼人降臨のごときの御手さばき、しかと、勉強させて頂きました。

ぇ~仕事は…で…あのような参考書も導入しているわけでして

占用出来る場所が広くなっておりますので、うだうだするも良し・並べて撮影会も良し
もちろん、メンテもOK!ですかな
隣には、焼肉屋さんが有りますョ~~d(゚-^*)
Commented by tak@札幌 at 2009-07-24 17:19 x
確かに何とかなってましたね!(笑
Commented by おく at 2009-07-24 17:31 x
あ゛ぁ゛ーバンド交換されたんですねー・・・
ぜんっぜん行ける時間無かった・・・
Commented by MASA坊 at 2009-07-24 17:45 x
「捨てんの?マフラー」(爆)
ってなわけで逝っちゃいましょう!>ステンまふりゃ~
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-24 19:25
コロすけさん
昨日は本当にありがとうございました。
貴殿がいなければ、あの車はバンパーが外れたまま放置民だったと思います。

隠れ家、またお邪魔しますm(__)m
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-24 19:26
tak@札幌さん
まぁ私は照明とカメラを持っていただけなんですけどね(笑)。
一応集いには自車で行く事が出来てホッとしました。
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-24 19:27
おくさん
コロすけさんのお力の元、交換終了しました。
ところで、もう戻られましたでしょうか?>ご令室
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-24 19:29
MASA坊さん
>「捨てんの?マフラー」(爆)
ぷぷっ、オヤヂギャグ。

ステンのまふりゃ〜、どこかに落ちてませんか?
それよりバンパーステーが先かも(笑)。
Commented by コバ at 2009-07-24 20:11 x
なかなか詳細なレポートですね!
でも、一人で作業するとなると、結構大変な作業になりますね。

ここはmikamikumaさんも交換されてましたので、やはり雪国
ならではのメンテになるのかな。

私のはどうなっているんだろう???
怖くてとても見ることができないけど...(苦笑)
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-24 22:19
コバさん
一人で作業する際に一番大変なのは、バンパーの脱着だったりします。
それも装着が一番大変そうです。重さよりもその大きさが面倒ですね。
ボディに傷を付けないように一人で装着するのは、それなりに苦労だと思います。
他は外すネジは15個ですから、それほどではないかも知れません(なにもしていない自分が言うのも何ですが(^◇^;))。
でも、手はたくさんあった方が絶対楽です。
そして「ゴーグル」はあると便利ですね(苦笑)。
もれなくサビサビの鉄くずが、顔面の天然孔に降り注いできます。
Commented by ゴンザレス at 2009-07-25 09:01 x
ウチに捨てん・・・いやステンマフラー落ちてます。。( ̄ー ̄)
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-25 09:19
Gさま
えーっと、kgあたり幾らでしょうかm(__)m
Commented by boven7 at 2009-07-25 12:00 x
バンドの摘出ですが、「燃料タンクのガタ その2」(2008.8.6)
で、一応紹介してますよぉ。。(^^)b
って、もう遅いですね。(^^ゞ

んで、遮熱板ってそんな風に付いてるんですね。。
私のは付いてなかったんです。(^^ゞ

参考になりました。(#^.^#)b

Commented by BONBY at 2009-07-25 13:07 x
下回り錆び止め塗装しようかなって

自分の心配してるし・・・・
以前そんな高くなかったような・・・・
近所で見積もりだけでも・・・・  

下回りちゃんと見た事ないし 一度見てから検討しましょか~。
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-25 14:09
boven7さん
今回は大変参考にさせて頂きましたm(__)m。
バンドの摘出、もう経験済みだったんですね。
見逃していました(^_^;。
遮蔽板、無かったですか?
前記事の12番が遮蔽板になって、素材は「アルミ」って事になってます。
英訳的には遮蔽板と言うよりも、熱避けみたいな意味だったような。
マフラーからの熱や飛び石などからタンクは守れると思います。
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-25 14:13
BONBYさん
これ、北国にどれだけ居たかによって、サビ具合が違ってくると思います。
雪の降らない地域で活躍している(た?)車では、ここまで酷く錆びてる事はないと思います。
ちなみに下回り防錆剤処理で、35kくらいって言われました。
ノックスドールとか色々あるみたいですね。
右側にリンクしている車屋さんのブログには、塩カルに襲われた日本車(結構新しめ)の惨状が掲載されていますので、ドイツ車はまだ丈夫なのかも知れません。


<< 舌の根も乾かぬうちに      緩衝材 >>