2009年 06月 12日
常識からの脱出
紙パックの飲み物を飲むとき、良く付いてくるのが2段式のストローですが、普通はこのように細い方を差し込み、太い方を飲み口にして使用すると思います。
メーカーもこれを推奨するかの様に、細い方は紙パックのアルミ部分を突き破りやすい様に斜めカットしてあります。
a0015198_16305962.jpg
大人が飲むにはこれで何ら問題ないわけですが、幼稚園就学前あたりの子供にこの飲み物を渡すとどのようなことが起きるか?

大体は紙パックを強く握りすぎて、中身がストローからこぼれたり、また子供の様子を見ていますと、吸引することにより紙パック内の圧が陰圧となり、吸引が結構大変な風に見て取れます。

実際に飲んでみれば判りますが、ストローを吸うと紙パックは凹みます。
そして飲むのを止めた瞬間にストローから空気が入り元に戻ります。
大人はこれで特に問題はありません。
ですが、子供はこれが結構大変そうに見えるのです。

そこで一度指したストローを抜き、
a0015198_16351953.jpg

このように刺し直します。
a0015198_16354730.jpg

ストローと紙パックに間に若干の間隙が生まれます。
a0015198_16361695.jpg
この若干の間隙が、この後素晴らしい感激に繋がるわけですσ(^◇^;)。
空気の逃げ道が出来上がります。

空気が逃げることにより、紙パックを強く握ったときにも、ストローから飲み物が噴出することも防げ、かつ吸引時に紙パック内が陰圧にならずに済みます。
つまり子供には大変飲みやすいわけです。
不意な圧力によって飲み物が吹き出ず、親に怒られることも減るわけです。

ただ一つだけ注意点があります。
a0015198_16382739.jpg
ストローの先端が鋭利になるため、口の中を傷つける危険性が出てきますが、これも普通の飲み方に於いてはまず大丈夫っぽいです。実際姉の孫はこれで怪我をしたことはありません。

もしご心配であれば、ストローのこの鋭利な部分をはさみでカットしてしまえば、問題ほぼ解決。

実は孫がいる姉がこの飲み方をしていて不思議に思って訊いてみたわけですが、これはまさに常識からの脱出ではないかと思われたのでした。
既成概念から一歩外に出る勇気。

皆さん、もしお暇なときにでもお試し下さい。
てゆーか、メーカーも太い方に斜め切り口をつけてくれれば良いと思うんですけどね。
どうなんですかね。
ストローと紙パックの間隙からこぼれる危険性と、不意な握力によりストローから吹き出る危険性。
どちらが高いのかなぁ。

by wonderfullifewith | 2009-06-12 16:52 | うちのこと | Comments(17)
Commented by とい at 2009-06-12 17:13 x
深い!!

日本テトラパックに突っ込み入れましょう~(^○^)
Commented by chandra at 2009-06-12 21:05 x
私は、吸ったあとに ずずーとヘコミがもどったり
最後にズズー となるのが嫌で かならず 鍵に付いている
ビクトリノックスのナイフで穴を開けてから飲みます (^ o^;)ゞ

Commented by wonderfullifewith at 2009-06-12 21:10
といさん
テトラポッドは興味ありますが、テトラパックは・・・(^_^;
Commented by wonderfullifewith at 2009-06-12 21:12
chandraさん
ビクトリノックス・・・、ググってみました。
なるほど、このような七得ナイフ(をいっ!)みたいなのがあれば、それも有りですね。
この手のナイフって、私は持ち歩く習慣がないのですが、どのくらいの所有率なんでしょう?
Commented by mi-bar at 2009-06-12 23:48
娘が小さいときには、パックの折り返しを開いて耳のようにして、そこを持って飲むようにしてました。
「耳もって飲みやー」ってね
Commented by ma at 2009-06-13 03:07 x
すべてでは無いですがストローの太い方脇に縦凹みがそのような圧縮バキューム回避構造とみたのですが・・・
でも、その使い方は刺したあとストローをグルグル回し開けた穴を安定させないと密着してしまい結局ゴボッゴボッってなっちゃいますね@@)
Commented by noraneko-yome at 2009-06-13 06:42
下のオチビがよく「ブシュー」とやってますので、実験してみます(^.^)b
Commented by wonderfullifewith at 2009-06-13 07:25
mi-barさん
折り返しを開く。
なるほど、持ち手を作るわけですね。
合い言葉は「耳もって飲みやー」。
Commented by wonderfullifewith at 2009-06-13 07:26
maさん
縦凹みみぞ付きストローなんてのもあるんですか?
実は小さく色々頑張ってるメーカーがあるんですね。
Commented by wonderfullifewith at 2009-06-13 07:27
noraneko-yomeさん
ぜひお試し下さい。
うちの職員さんは
「あ、たくさん入ってくる」って喜んで飲んでました。
Commented by at 2009-06-13 11:07 x
常識からの脱出って、、、、、、、w
ただでさえ、いい歳こいた大人の非常識っぷりが目に付く昨今
(お前が云うかぁ(怒)ということは置いといて(笑))、
最低限の常識ぐらいは持ち合わせていたいなぁ、と思っております。
なので、タイトルは「既成概念からの脱却」の方が、今回のテーマに
副うような気がしますw

ナイフ携帯ですが、身に一点の曇りも無い清廉な方であれば
職務質問でも一定の長さ以下の刃物ならば、「取扱には注意して
くださいね。」で済むかもしれませんが、少なからず心辺りがありそうな
人は「不審人物として任意同行される」可能性もあるので、刃物類の
携帯は一市民としてお勧めいたしません。
昔話ですが、護身用にトランクの中にバットを積んでおり、アリバイ作りで
一応、グローブとベースも積んでおいたので、職質で停められても
「君、野球が好きなんだね。今度ウチの署と試合でもどぉ?」と言われる事が
あったのですが、当時のお仲間で私と同じようにしていても「一緒に
署まで来てね。」といわれ一泊した馬鹿がいました。
やはり普段の言動や身なりが分かれ目なんでしょうね。管理人様もお気をつけあそばせ。
Commented by wonderfullifewith at 2009-06-13 14:42
えさん
常識じゃなくて、既成概念ですね。
うちのスタッフこの事を見せたら、
「細い方を刺すのが普通じゃないですか?」と言われ、
「何が普通で、何が異常なの?」と聞いてみました。
ちょっと返答に困っていましたが、普通って一体何?と思う瞬間でした。

ナイフ
私は職務質問よりも「自分が怪我をする」方が先に立って、持ち歩くことを考えたことがありません。
時々持ってる人がいて、何かの折りに「あぁあると何かと便利だな」と思うことはありますが、やっぱり怪我しそうで怖いです。

>管理人様もお気をつけあそばせ。
「署までご同行願います」って言われた噂を聞いたときは、思い切り笑ってやって下さいm(__)m
Commented by 庭師@ at 2009-06-14 07:13 x
既成概念・既得権益・日本的・浪花節〜♪・・・すべて嫌いです!

うちの娘達は、耳を持って飲むように躾けられていますが、ストロ
ーの袋を吹き飛ばす礼儀の悪さはいくら注意しても直らず・・・私
が拾っています。三つ子の魂〜何とやらで、もうすでに遅し!デス。

ちなみに、我が家に赤ちゃん用のパックに被せる折りたたみ式のプ
ラスチック製のカバーがあります。老いて子に従う頃には、また必要
かと思います。(笑)

揺り籠から墓場まで・・・生まれた時と死ぬ前の人間の姿はほぼ同じ
ように思います。PPKがよろしいようで・・・(^^ゞ

Commented by wonderfullifewith at 2009-06-15 09:49
庭師@さん
女の子はもう少し年齢が行きますと「恥ずかしい」と言う事を知ります。
これもある意味「既成概念」かも知れませんが、私はそのような行為は「恥ずかしい」事だと言っています。
三つ子の魂も、連日連日言い続けると、どこかで変化していくようなので、挫けず頑張って指導して、そして飛んでいった袋を拾ってみて下さい。
そのうちその行為自体が「いけないこと」とじんわり認識してくれると思います。

今の世の中、生まれて間もなくと死ぬ間際の姿は、ほぼ同じって感じですね。
寝たきりで抑制を掛けられて・・・。
Commented by あ〜さ〜 at 2009-06-15 13:23 x
私も吸いづらいのが嫌で、差し込むときにちょっとぐりぐりってして穴を広めにしてます。
そうすれば普通の向きに差し込んでも大丈夫ですよ。

たいていストローに溝が切ってあって、ある程度は隙間ができやすいようになっている気がします。でもちょっとそれじゃ足りないんですよね。
Commented by wonderfullifewith at 2009-06-15 16:11
あ〜さ〜さん
そうそう、グリグリもありですよね。
でも逆刺しは結構な空間が開くので、凄く吸気効率が良いです。
Commented by 出会い at 2009-12-15 06:15 x
初めての喜びを感じあってください


<< はんきゅう      ドライブ >>