2009年 04月 24日
振り込め詐欺犯?
最近は銀行に行っても、色々と本人確認の手間が大変なわけです。

父親が昔勤めていた会社の年金漏れが発覚し、その変更手続きが終わったとたんにそれなりのお金が一気に入金されて、母親は普段見慣れない金額のお金に驚いてしまい(と言っても中古の外車が買える程度ですが)、さっさとお金を移動しなくちゃならないって騒ぎ出して、それでまぁ実家まで行ってきたわけです。

写真でも撮ろうかと思ってカメラは持って行きましたが、こちらも寝不足で、運転するのがやっとの肉体疲労状態。
自爆事故以外にあり得ないような道を走って実家に向かいます。

高速走行時、まだ時々車両がブレます(ハンドルは殆どブレませんが、車両が揺れてます)。
ただそれが「必ず」ではなく、「時々」。
それも加速時には出なくて、減速時にその速度域に達するとブレ始めたり。
フロントはバランスを取り直したので、やっぱりリヤも取り直した方が良いのかなぁと思ったり。
旧い車は色々難しいです(^_^;。

んで銀行で新規に口座を開設するに辺り、
「ご本人様に書類を作成して頂きます」って、これまた杓子定規な対応。
目もかすんで指も曲がってるような老人に、何枚もの書類に住所から名前から全部「自筆」でさせるってどうなのかなぁと。
まぁ時代が時代だから「代書」ってわけにも行かないのは判るんですけどね。

キャッシュカードの暗証番号、誕生日とか電話番号とか1234とかはダメって書かれてるので、老人が忘れないであろう番号を考えるのに一苦労。
で、無事総合預金口座を開設することが出来まして、そしてお金を移動させます。

ただ、この光景を第三者的に見てますと、私は「振り込め詐欺犯」にしか見えません(笑)。
声高に「私はこの老人の身内です」って言うのも変だから何も言いませんでしたが、やっぱり疑いの目は掛けられていたんじゃないですかね。

取り敢えずこれで毎月の年金やら仕送りやらの合算で、本人達が死ぬまでの生活費は確保されたようなものでしょう。
ただ私たちがあの年齢になる頃、果たしてお金の心配をしないでいられるのだろうかと、ちょっとだけ心配になった昼下がりでした。

追記
リヤのバランス再測定(セカンドオピニオン)で、
「ウエイト付いたまま測定してみましたが、両輪とも30gほどずれてました」って。
事の顛末をお話ししたら、
「M社のタイヤの場合、装着後に100km程走り込んで測定した方が、ホイールとタイヤが馴染んでくるんで・・・」って言われましたけど、本当なんですかね。
まぁ完璧にブレが消えた訳じゃないですが、それでも以前よりはかなり良くなりました。
シビアな世界です>18吋

by wonderfullifewith | 2009-04-24 11:13 | うちのこと | Comments(0)


<< なぞかけ      ベビーシート >>