2009年 02月 25日
Night Drive
訃報が届き、実家方面まで車を走らせる。

「おじさん、亡くなったから」

って、いきなり言われても困るんですけど。

ここ最近は半年ごとに不祝儀があるが、皆そんな感じの報告だ。

できればもう少し心の準備をさせて頂きたいと思うわけ。

家にお邪魔して線香を上げ、通夜の段取りなどを聞いてくる。

色々事情もあるんだろうけど、近い親戚には出来れば自身の健康状態を伝えておく方が良いと思われる。

a0015198_1041595.jpg
運転席の視界から見えるのは、前方を走るトラックのテールランプと、道路と歩道の境界を示す標識だけ。
降りしきる雪と、トラックが舞い上げる雪で前方が視界不良になることしばし。

日付が変わる前に帰宅して、駐車場に止める寸前に「ブレーキライニング」の警告が出るが、エンジン再始動で消滅。
そろばん道路みたいな道を走り続けてきたから、何か機嫌を損ねてしまったのだろうか。
どこかのハンダクラックか?
それとも単なる気まぐれなのか?

車令も18年目になれば、色々不具合が起きてくるってものだ。
何かあったときには、香典宜しくm(__)m。
葬儀はやっぱり「火葬」じゃなく「はぎ取り」か。

by wonderfullifewith | 2009-02-25 10:06 | うちのこと | Comments(2)
Commented by medama1go at 2009-02-25 19:39 x
>降りしきる雪と、トラックが舞い上げる雪で前方が視界不良になることしばし。

それでも、そんな中でこんな写真撮ってるたにやんさんって...(怖
Commented by wonderfullifewith at 2009-02-27 16:13
medama1goさん
基本的にほぼ直線道路で、人がいない地域ですから、前走車を信じていれば何とかなります。


<< Disposable      0→1 >>