2008年 10月 26日
車検の後片付け
1万cd以下に戻されたフォグランプを、再び明るいタイプに変更しました。

昼から生憎の雨。車庫を借りての作業となります。

モールを外して、バンパーのナットを外して、フォグのコネクタを外して、バンパーを少し引き出してから温度センサーのコネクタを外して。

バンパーの裏を見て、切れた配線を確認します。
「無理矢理引っ張ったな・・・」

まぁ良いでしょう。
外れるようなギボシの付け方をした方が悪いですから、今回はハンダも併用してみました。
バーナーへの配線には汎用のワンタッチ防水コネクタを利用していたので、それを再利用します。
コネクタを分解するのが結構大変なんですが、業務用のいろいろな道具を駆使してバラバラにし、配線のやり直しをします。ここもハンダ併用にて対処。
カチッと留まって良い感じ。
にしても、DENSO製のバラストの信頼度はピカイチだと思います。
これをISE方式で加工したものは、中華の国の製品なんか足元にも及びませんね。

バンパーを戻して温度センサーを挿入して、バンパーのねじを止めて、モールを付けて、フォグのコネクタを付けてできあがり。

1時間ほどの作業でしたが、手際は問題なし。
エンジン始動後にフォグ点灯。
無事回復しました。
2年後にまたH1に戻されますかね(笑。

by wonderfullifewith | 2008-10-26 22:34 | くるまのこと | Comments(0)


<< 買いました      スタビリンク >>