2008年 10月 02日
Drive
休日、意味なく3時30分に目が覚め、4時過ぎまで悶々と布団の中で眠りと格闘。
何とか寝付くことが出来たら5時30分にまた覚醒。
面倒なので、天気も良いので洗車をしてみます。
フロントホイールがダストで汚れてる・・・。
これが結構許せないわけで。
小一時間ほど掛けて洗車、フロントガラスの油膜取り処置。
コーティングも剥がれてきてるので、磨きに出したいと思う今日この頃。

休日の朝の仕事を片付け、喫茶店で一服。
a0015198_1632430.jpg
無線LANが届くので、普通にネットサーフィン(死語か?)できます。
コーヒーの置き方、基本通りです。さすが喫茶店(当たり前だ!)。
が、ぎっちょの私にはこのまま頂きます。

今日は北方面に足を伸ばしてみます。
275号から美唄に降りて、コアビバイで「やきそば」ゲット。
実家に3分ほど立ち寄り、親の顔を見て生存確認。
学校帰りにいつも立ち寄っていた地元の寿司屋でラーメンを食べてみます。
ちなみにこの寿司屋でスシを食べたことはありません(爆)。
ラーメンは30年前の味とちょっと違ってました。
でも働いているおばちゃん達は、そのまま30才年を取った方ばかり。

275号をまた戻ります。
睡魔が押し寄せてきたので皆楽公園で一休み。
a0015198_16415452.jpg
誰もいません。ボートももうお終いですかね。

その後、コリーナ・デ・ルナゴルフコースの道を通って当別の裏側に向かいます。
なんだか判りませんが工事が至るところで行われてましたが、あと2週間もしたら良い感じで紅葉が見られそうな場所です。

150kmのドライブで8.5km/L。
やっぱりのんびり長距離を流すと、3.5Lでも燃費良いです。

by wonderfullifewith | 2008-10-02 16:45 | まぜまぜ | Comments(7)
Commented by tak@札幌 at 2008-10-02 18:02 x
生まれ故郷が財政破綻しないか心配なこの頃です(汗
Commented by ポコ at 2008-10-02 18:57 x
いいッスね、独りドライブ。
ワタシもね、休日の午前中はいつも独りドライブです。

好きな時に思いついた所へ行き、疲れたら暖かい飲み物をススリ小腹がへったら土地の安くてちょいとウマイモノを食べる。
そしていつも手元にカメラ・・・

なんて贅沢な時間でしょう!

・・・

でもやっぱり・・・

独りドライブって・・・

なんか哀愁漂う、寂しい響きの言葉・・・でもありますw
Commented by plaster_er at 2008-10-02 22:59
当別ダム500億円
かな?
Commented by 管理人 at 2008-10-03 07:55 x
tak@札幌さん
空知は冷え込んでますからね。
特にあの辺り一帯はもう壊滅的な感じだと思います。

ポコさん
「ちょっと○○(実家町名)行ってくる」
「なんかあったの?」
「私的な用事」
ほとんど実家に戻らない私が実家に行くというと、こんなリアクションです(笑。

独りドライブ、思い切り贅沢だと思います。
ま、娘はドライブ嫌いだし、そもそもこの時間帯は学校に行ってますから、誘いようもないんですけどね。
でもちょっと寝不足で疲れました。

Pさん
500億!
確かにかなり広い地域での工事となっていました。
で、あんな場所にダムが必要なんですの?
Commented by miu_north at 2008-10-04 00:54 x
ダムについてお答えしますか?w(ほぼ専門分野w)
概略
札幌の水がめを、ほぼ豊平峡ダムに頼っている状況は、
今後の給水人口の増加や事故などを考えると良くないということで、
安定した別な水源確保が必要となります。
このため、近隣市町村と(一応)共同で水源確保のためのダムを作っています。
10カ年計画も後半ですが、あまり順調とも言えませんね。
ちなみに この計画の責任者に友人がなっています。
(事務所は現在江別市内に設置・・・)
Commented by miu_north at 2008-10-04 00:58 x
追記
実際のところ、 現在札幌市の水源は、
豊平川、琴似発寒川、星置川がありますが、豊平川以外は微々たるものです。
Commented by wonderfullifewith at 2008-10-04 04:39
みうさん
さすが水関係(お水関係ではない)はお詳しい(笑。
考えたら豊平川がメインですね。
豊平峡ダムを封鎖したら、札幌市民はあっという間に干上がりますね。
それであそこにあんな物を作ってるのか・・・。
でも場所的に下流になるような気がするんですが、石狩川の水を使うんでしょうか?


<< ソウルフード      雑多にあるわけです >>