2017年 12月 19日
回らない
首ではない。
首は今更の話ではない。
この仕事を始めてから楽に決算を迎えた事なんてタダの一度も無いと大威張りで言えるほどの実力の持ち主だ。

回らないのはキャップ。

それもなぜこんなものが回らない?って所が回らない。
そしてその回るべき物が回らないと万が一の時に絶対に困るから質が悪い。


それは今から2ヶ月弱前の話。
北の大地はこれから約半年もの間雪に閉ざされる季節を迎える。
そうなると何がどうしたって車は冬支度をしなければならない。
お金持ちの方であれば「冬は別の車に乗る」って選択肢もあるのだろうが、車が唯一の趣味みたいな庶民はそんなに何台も自己所有出来るほどの余裕はないわけで、そうなればローダウンしているFRを冬の間も乗らなければならない。


てなわけでタイヤを交換するのが春と秋の恒例行事なのだが、まぁそこまでは何時もの事だから良いとしよう。
個人的な秘密の場所に車を持ち込み、えっさほいさとタイヤを交換する。
まぁ4本換えたって1時間もあれば終わる作業だ。
1時間で終わらせるために低床油圧ジャッキや電動インパクトレンチ、色男棒などを用意してるのだ。
そこまでするなら素直にプロに頼めよって話も無いわけではないが、「オジサンはねちょしてるだけで良いんだよ」なのでどうしようもないのだ。

この日もいつものように倉庫からタイヤを引きずり出してきてタイヤを交換。
燦然と輝くBMWのプロペラマークのエンブレム。だがその実態は納期が全く読めないRAYSの製品。
これを購入した時も納期は来春3月ですみたいな返事だったのに、確か年末に届いちゃって大騒ぎだったような気がする。
あの納期の設定、いい加減にも程があると思ってるのは自分だけではないと思う。
a0015198_17533691.jpg
某SNSでは「冬タイヤは細い方が良いか?」とか「インチダウンしたら見た目が良くない」とかで盛り上がっているが、正直個人的にはそんな事どうでも良いって感じで、一身上の都合で19インチしか履けない状況にしてしまってるんだから、そのサイズで嵌まるタイヤを嵌めるしかなかろうと言う、良く言えば「潔い」、別の言い方をすれば「やっぱバカじゃないの?」的なタイヤ選択をしている。
それでも冬タイヤは石橋さんを選んでしまうのが北の大地の人間。


まぁバカなのは今更の話だからそこをどうこうするつもりは毛頭無いし(引っかかる単語だなぁ)、タイヤ交換をすることはそれ自身に慣れっこになってるから良いとして新しいGシリーズはホイールのPCDが違うから今の保有財産はどうしようも無いんだよなとか、皮算用しているときが一番幸せなのは何方も異論が無いところだろう。

a0015198_17533627.jpg
最近はデジイチの登場が全然無くて、やっすいコンデジやスマホで撮影ばかりしている。
逆光のフレアがバリバリだ。

この後に恒例のエアーチェックとなるわけだが、自宅に戻ってガレージから窒素ボンベをえっちらおっちら運びだしって程大きいものではない小さいボンベなのだが、それを持ち出してきていざ空気圧チェックと思ってエアーバルブのキャップを回・・・・回・・・・、ん?、回らない?。
キャップが回る気配が一切無く、無理矢理回そうとすると根元から回ってしまう。
このまま無理に回せば、ホイールとエアーバルブの隙間が生じてスローパンクチャーの危険も出てくる。

てか何でキャップが回らないんだ?。
最後に空気圧チェックをしたのはとたどたどしい記憶を遡れば、そういやディーラーで12ヶ月点検をかなり前倒しでやってもらったんだっけ?と思い出す。
その時の記録簿には空気圧がしっかり記載されている。
てことは最後はディーラーでチェックしてるんだからそこでキャップを締めたときに何かが起きたのか?

考えても仕方ないし、キャップが外れなければ空気圧チェックも出来ないし、こうなったらディーラーさんにちょっとお願いしてみようって事でディーラーまですたこらさっさ。

でもって担当営業さんのG30への買換え攻撃を巧みにかわしつつ、でもうっかりハンコ押しそうな見積書を提示されてほんの少しだけ気持ちがグラッと来たけど、やっぱ4発だからねぇとかどうにかこうにか土俵際一杯で持ちこたえてる辺りが可愛いなぁと考えつつ、もしこれが6発だったり6発の四駆だったり6発の四駆のディーゼルだったりしたら果たしてどうなんだろうと別の自分が考えても、そうなればそうなったで絶対的な金額が上がるからうっかりハンコを押すような見積書じゃなくて「人を見て(見積書を)作って下さいよ」と一笑に付すみたいな見積書になってるのが判ったので、大人しくキャップが外れるかを試して貰うことでしばし営業さんとご歓談。

a0015198_17533626.jpg
「外装色はこんな感じの青で今とほとんど見分けがつきませんし、内装もこんな感じの白でオシャレですよ。今の車とも区別がつきませんから周囲の目も誤魔化せます」と強烈なプッシュにはやられそうになったが、こういうときには「アルピナブルーとは微妙に違いますよね」とこちらも力業でかわすしか無い。
でもこれでもし「アルピナブルーのお車もご用意出来ますが」とか言われたらきっとその場で死んだフリをするしかないのは確かなことなのだが。


高い車だってさ、頭金600万くらい入れれば月々は問題ない支払いになるんだろうけどさ、てか頭金600万入れるってどんな車だよって話だわ。
「黒字減らしに如何ですか」とか「全額経費になりますよ」とか言われたところで、日々職場の保険やら税金やらの支払いに追われてるような零細企業の店長が気楽に乗れるような車じゃないのよ、BMWってのは!。
清水ダイブしたら全身打撲で全治4ヶ月レベルの重症を負いつつ乗ってるのよ。


暫くしてメカニックさんが来て「やはり外れないです」って、ついにプロも白旗降参。
解決策としてはホイールの内側から外すしか無かろうって事になって、ホイールからタイヤを外して裏からのアプローチでどうにかこうにか力業でエアーバルブを外して貰ったは良いけど同じ形の代替品なんてディーラーさんにあるわけも無く、でもそんなところに一切の拘りはないので(冬タイヤだし、RAYSの鋳造だし、RAYSユーザーの一ごめんなさい)、取り敢えず何でも良いから取り付けて下さいって事で話がまとまり新しいバルブキャップを取り付けて貰って解決。

結局なぜバルブキャップが外れなくなってしまったかは謎だが、融雪剤などが固着したのか、砂のようなモノがねじ山に挟み込まれてしまったのか、誰かが意地悪でアロンアルファでも塗りたくったか真実は闇の中。

こんなトラブルは普通あまりないと思うが、てか先ず起きない事象だろうけど、時々はエアーバルブのキャップの脱着をしておいた方が良いかも知れない。
いやこんなトラブルはイタズラを除いては万が一レベルかも知れないので他の方には一切参考にはならないトラブルでございました。



by Wonderfullifewith | 2017-12-19 15:15 | くるまのこと | Comments(8)
Commented by 地区男 at 2017-12-20 09:58 x
私が謎を解き明かしましょう、真実は一つ!(←また、お前かっ)

この事件は、完全にアロンアルファによる接着が濃厚でつねっ!(キリッ!)
代表様が『チッ、何だよぉ~、キャップ取れね~のかよぉ。なら、ホイールごと下取りに入れっから、G30を早く納車してくりぃやぁ~、あ~んっ!?』
って言葉を、営業さんは待っていたんだと思われます。
今となっては、誰が実際にアロンアルファを流し込んだかは判明しませんが・・。

でもまぁ、タイヤを剥がしての復帰ってのはビックリでしたが、治って良かった良かった!♪☆彡
二度と、キャップが取れなくならない様に、きっちしローションでも塗っとかないとですね!?(逆に取れすぎちゃうべよっ)爆



Commented by at 2017-12-20 11:47 x
RAYSさんの納期は確かにいい加減ですね。
僕も2ヶ月って言われていたのに3週間で届いちゃって慌てた事があります。
でも・・・自動車のアフターパーツ業界っていい加減な連中の集まりだと思っているので諦めてますが、我々の業界だと一瞬で撲殺されるよな~なんて思ってますよ(苦笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2017-12-20 15:53
地区男さん
やはりアロンアルファが有力な説になりますか(笑)。
私に色々な力業が出来れば良いのですが、ジャンプしてもジャラジャラって音しか聞こえないようなお金しか持ち歩いてない自分には、やっぱどうにかしてでも乗り続けなければならないようです。

キャップにローションですか。
お帽子の上からローションてのは知ってますが、ヌルヌルし過ぎてエラいことになりそうですね。
Commented by Wonderfullifewith at 2017-12-20 15:55
樵さん
全てではないんでしょうけど、どうしてもそのような業者さんが目に付いてしまうのは仕方ないですね。
そしてそのことが業界のデフォになっちゃって、誰も得をしない。
困ったものです。
信用を築くのに何年もかかるのに、失うのはほんの一瞬、それも瞬間だというのに、判らないんですかね。

うちらの世界も信用を失ったら社会的死亡確定です。
Commented by DORA-Q at 2017-12-20 21:19 x
こんばんは(^^)

ずいぶんとまぁ、乱暴なことをおっしゃる担当様ですね。どんなお顔か拝見したいです(笑)

リッチな冬タイヤは羨ましいです。漢ですね(^∪^)

バルブキャップの件はそんなこともあるんだと勉強になりましたm(__)m

4気筒で4WDがあればいいなぁとは思いますが、残念ながら…。
4WDに乗って私は考えが変わりました(笑)

担当様から、もう少しで強烈なミサイルが撃ち込まれ、wonderfullifewithさんが反撃で判子を押してしまう姿がなんとな~く想像できる自分が怖いです(゜o゜;)
Commented by f10-d5 at 2017-12-21 22:42
こんばんは、マル運です。

D5試乗車は、早くて1月下旬以降だそうですよ
分かり次第ご連絡致しますね

F10用のスタッドレスは、今シーズンで使い切りましょう(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2017-12-22 12:51
DORA-Qさん
さすがトップセールスウーマンだと思いました。
うっかりその気にさせるような数字をいとも簡単に出してきちゃうんですからね。
色々と裏道があってのことのようですが、あれは反則的な見積書でした。

LCIで4WDのラインナップは増えると思いますが、6気筒のディーゼル4WDセダンが出たらきっと何かが変われば良いのになぁと心の中でだけ祈ってます。
Commented by Wonderfullifewith at 2017-12-22 12:52
マル運さん
試乗車は来年ですか、ってあんまり現実味の無い話ではありますけど、話のタネでお邪魔するかも知れません。

スタッドレスはホイールを換えればGシリーズでも使えます(笑)。


<< チャンネルじゃないんだお(って...      13年 >>