2017年 09月 16日
何度目かの夕張、不器用ですから
坂本九記念館を見学していよいよ最終目的地の夕張に入る。
クレー射撃の練習場があるような僻地の道を走りながら丁字路を左折。

夕張駅方面に向かい、今回の目的地の一つに向かう。
それは「うさぎや」

シナモンドーナツが有名な店なのだが、以前お邪魔したときにはシャッターが下ろされていて入店することは出来なかった。
今回は平日だしたぶん大丈夫だろうとある程度の期待を込めて店の前に到着すると、そこには客の車とバイクが路駐。
この辺の道で路駐したって正直何の問題もない。
だってほとんど車は走ってないんだから。

自分も反対車線に車を止めてうさぎやへ突入。
a0015198_19395183.jpg
えーっと、この状態で「開店」なのだ。
3枚のシャッターのうち、真ん中だけがそれも全部上まで上がってない状態で「開店」。
なかなか痺れる商売の構え。
やる気あるのか!と問いただしたくなる気持ちをぐっと押さえて店内に入る。
そこには客が2組。

写真こそ撮れなかったが、客がいない状態でこの店内を見たら10人中12人くらいは「廃業したんだな」と思うだろう。

店内にはショーケースがあるが、そこにはシナモンドーナツはおろか、何のお菓子も存在していない。
照明も点いていただろうかと思うほどに店内は薄暗い。

ドーナツを購入するために並んでいる客は、ショーケースの向こうで一所懸命ドーナツを包んでいる若女将の動きを見ている。

そして徐にドーナツを手渡されその代金を支払うのだが、そこにあったのは手回し式のレジスター。
a0015198_18103409.jpeg
(写真はネットからの拾い物です)

まさかこんなのが現役で使われてるなんて軽いカルチャーショックというか夕張の懐の深さを思い知らされた気がした。

順番を待っていると店の奥から大女将が出て来て自分にいくつ所望なのかを尋ねてきたので、10個と答えるとそのまま店の奥に引っ込み程なくして10個入りのパックを持って来てくれた。
ドーナツを購入して代金の800円だか850円だかを支払って店を出る。
夜の内職(文科省方面ね)のためにニョシ率95%の内職現場に持って行くのに丁度良いお土産が出来た。

ここのドーナツ、自分は好き。
甘くどくなくてシナモンのアクセントが何とも良い感じでお茶請けにピッタリ。

今来た道を車で引き返し、丁字路を曲がらずそのまま通過したところで幸福の黄色いハンカチのロケ地の看板発見。
以前来たときは見つけられなかったが、きっとそれは冬だったためにもしかしたら施設を閉鎖していたからかも知れない。
今回は大した急ぐ旅でもないのでロケ地巡りでもしてみるかって事でハンドルを左に切る。
a0015198_16132025.jpg
幸福の黄色いハンカチ思い出ひろばとある。
有料のようでそれなりの金額だ。
JAFの会員だったり道新ぶんぶんクラブに加入していると100円引きらしいが、生憎自分はどちらにも加入していないため、ましてや夕張市民(だったら300円)でもないので入り口付近の料金所で540円を支払う。

a0015198_16132548.jpg
幼少期の原風景ががっつり。
自分が生まれ育った田舎のあたりはこんな感じの家が沢山あった。
さすがに自分の家は農家だからこの様な長屋ではなかったが、友人の家などはこんな感じの所が多かった。

一気に昭和40年代にタイムスリップした。
泣きそうになった。

長屋を通り過ぎたら黄色いハンカチが飾られていた。
a0015198_16131989.jpg
映画館では観てないが、テレビで見たと思うこの映画、まだ武田鉄矢が長髪のきもキャラの時代だよね。

a0015198_16132118.jpg
長屋を黄色いハンカチ方面から。
このころの家なんて玄関に鍵を掛けておく(こっちでは「じょっぴんかる」と言う)なんてなかった時代だから、何所の家にも玄関を開けながら「ごめんください、誰かいないの?」みたいな感じで入っていったっけ。


長屋の内部に入る。
a0015198_16132513.jpg
黄色く見えるのは黄色いメッセージカード。
これが壁一面、てか天井にも洞窟の中のコウモリレベルでビッチリと張り巡らされていた。
どれも夕張を応援しているメッセージだけど、これが一万円札なら夕張の財政も少し楽になろうにと思う自分。
a0015198_16132484.jpg
長屋の奥に続くところもずっと黄色い紙が貼られている。
白くハレーションを起こしているのはプロジェクターの光り。

何やら奥には赤い物が見えてきた。
a0015198_16131913.jpg
ファミリア!。
懐かしすぎるわ〜。

これ恐らく本物だろうねきっと、知らんけど(笑)。

a0015198_16132027.jpg
再び昭和の原風景。
ブラウン管テレビとか畳とか石炭ストーブとか柱のカレンダーとか懐かしすぎて涙出そうだわ。

a0015198_16131909.jpg
不器用ですから。
そんな言葉をボソッと言いそうな高倉健。
昭和のスターだよねぇ。

a0015198_16132559.jpg
映画の台本、つい読み入ってしまった。
なるほど、ここまで細かく状況も書かれているんだと思いつつ自分が高倉健にでもなったような気分で読んでしまう。

裕次郎記念館が閉館してしまった今、ここは昭和のスターを見られる数少ない場所になってしまった(と思う)。


ひとしきり幸福の黄色いハンカチ思いでひろばを堪能して、本日のメインイベントの場所へ移動する。
a0015198_19400208.jpg
夕張の道の駅、めろーどに併設されているBernie's(バーニーズ)。
ここのマンゴーパフェが今回の目的だったりする。
相変わらずやっすい目的だわ。

a0015198_19401147.jpg
夕張ならマンゴーじゃなくてメロンだろ!って感じなのかも知れないが、自分はメロンよりもマンゴーの方が遙かに好き。
だってメロンは正直食べ飽きたから(笑)。

美味しいマンゴーとバニラアイスを堪能して、あっという間に本日の目的終了。
道の駅でお土産を買うこともなく帰宅の途につくのだが、今日は夜からまた内職。

a0015198_16132637.jpg
道東(どうとう)方面にもあるようなアップダウンのある真っ直ぐな道を走りながら、途中道の駅マオイの丘公園に立ち寄り遅い昼食、と言っても午後3時を回っていたためそこのビュッフェスタイルのレストランは「本日の営業は終了しました」の絶望的張り紙を見て、途方に暮れつつも売店にあったパンを2つ購入。
ついでにもこみちの料理に良く出てくる「紫タマネギ」とか自分の大好きなプルーンや枝豆を購入。

だがこの時購入したパンがまさか救いのパンになろうとはその時は思ってもいなかったわけで。


捨てる神あれば拾う神あり、でも自分の髪は誰も救ってくれないどころか虚しく風呂場の排水溝へ流れるのみ。
髪は長い友達とCMで言ったヤツ出てこい!
あんな薄情な友達はいまだかつて見た事が無いぞ。
おっと深層感情がつい漏れ出てしまった。


帰宅後にそのまま夜の内職に出掛け、午後9時半過ぎに帰宅。
ヘトヘトに疲れてさてちょっと遅い夕食でも頂きましょうかと台所を見渡すが、そこには夕食を済ませた形跡は何所にも見当たらず。
いつもなら適当な残骸がその辺に残っているはずなのに、その姿はいっこうに見当たらない。

あれ?晩飯は?との問いには「え?外で済ませてきたけど?」とよく考えればわが家ではさほど驚くような事でも無い返事が戻って来てカウンターパンチを食らった気分になるのは自分まだまだ修行が足りないようだ。

致し方なく自分の心の中で「もう夜は遅いから夕食は軽い方が体には良いはず」と、休日の夜に3時間ぶっ通しでトークを炸裂して、喉もカラカラになってる状況を忘れさせるかのように自分を奮い立たせ、そう言えばさっき買ったパンがあったと思いだして夕食にあてがうことが出来た。
まさに救いのパン。

パンがなければケーキを食べれば良いと昔の貴族は国民に対して言ったかもしれないが、パンがあって本当に良かったと思う夕張ツアーアンド夜の内職。


夕張は大したものは無いけれど、芦別(あしべつ)に抜ける道とか桂沢湖(かつらざわこ)に抜ける道などもあるので、ちょっとドライブがてら走ってみるのもありかも知れませんよ〜。

うさぎやのシナモンドーナツはあの本店に行かなくても市内のコンビニや札幌地下街にあるの北キッチンでも売られてたりするんで、興味のある人は一度食べてみて下さい。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

by Wonderfullifewith | 2017-09-16 10:33 | くるまのこと | Comments(4)
Commented by TAK at 2017-09-17 17:04 x
こんにちは

実は初めての北海道は、この黄色いハンカチロケ地ツアーなるツアーチケットがあたっての家族旅行でした。

流石に一寸・・・だったので、ツアーの中身はキャンセルして貰って、往復の航空券として使った記憶が(苦笑

はじめてロケ地の写真見ましたが、目が痛くなるほどの黄色っぷりに驚きです。
Commented by Wonderfullifewith at 2017-09-18 11:05
TAKさん
高倉健さんの熱烈ファンじゃなければ、これを観に行くツアーってのはちょっとツライものがありますね(^◇^;)。
だって夕張なんて他に何にもないですから。

遠慮のない黄色っぷりには、思わず「ばんばひろふみの元嫁か!」とツッコミ入れたくなりました。
Commented by f10-d5 at 2017-09-21 20:46
マル運です。

うさぎやさんのドーナツ、札幌でも買えるんでする~
知らなかった。。。今度、買ってみます。

長屋の中、前よりさらに黄色のカードが増えたように思うのですけど(って、行ったのは20年ぐらい前ですが)
高倉健・・・私は新幹線大爆破の映画で犯人役がいつまでも心の中に残ってます(^^ゞ

マオイの丘から札幌方面の道道、よく、シルバー色のレガシィちゃんがご活躍していますよね
Commented by Wonderfullifewith at 2017-09-23 09:58
マル運さん
うさぎやのドーナツは札幌でも購入が可能のようです。
ただそれが常設されているかどうかまでは未確認なので、今度確認しておきます。

黄色い紙、その数たるや本当に凄いです。
書き込む時に1枚100円で販売すれば、夕張の財政は潤うかも?(笑)。

今回は幸いなことにレガシーには遭遇しませんでしたが、常に傍観者でありたい気持ちをしっかり持って運転しました。


<< 男性更年期障害なの?      何度目かの夕張、その前に >>